2021年02月12日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2021年02月
2021-02-12 (Fri)

2021/02/12 高梨沙羅選手 ジャンプW杯連勝 60勝まであと1つ

2021/02/12 高梨沙羅選手 ジャンプW杯連勝 60勝まであと1つ

高梨沙羅選手が、ここ数年表彰台の一番高いところに立つ姿を見られなくなっていた。 それまでは、連勝また連勝でW杯の優勝回数記録を塗り替える活躍だった。体格の良い、若い外国選手の台頭で勝てなくなったことと、ジャンプのルール変更の問題が確かあったと記憶している。 ジャンプに限らず、日本の選手が強くなると、その勢いを削ぐようなルール変更が行われるのが世界のスポーツ競技だ。今回も、スーツ違反とか訳のわからな...

… 続きを読む


高梨沙羅選手が、ここ数年表彰台の一番高いところに立つ姿を見られなくなっていた。
 それまでは、連勝また連勝でW杯の優勝回数記録を塗り替える活躍だった。

体格の良い、若い外国選手の台頭で勝てなくなったことと、ジャンプのルール変更の問題が確かあったと記憶している。
 ジャンプに限らず、日本の選手が強くなると、その勢いを削ぐようなルール変更が行われるのが世界のスポーツ競技だ。

今回も、スーツ違反とか訳のわからない理由で、優勝を取り消されたが、それを乗り越えて実力で優勝したものであり、飛距離もK点を超える大ジャンプだった。

この機会に優勝回数を70回以上に伸ばし、大記録を打ち立てて欲しい。


「ジャンプ女子ワールドカップ2020 21 ヒンツェンバッハ大会 最終日」


https://youtu.be/r-U3CW2t4_c



『高梨沙羅2連勝! 通算59勝目で歴代最多更新「ようやく方向性が見えてきた」/ジャンプ

clip_image002
ジャンプ女子個人第7戦で今季2勝目を挙げ、笑顔の高梨沙羅=ヒンツェンバッハ(共同)【拡大】
その他の写真(1/4枚)

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は7日、オーストリアのヒンツェンバッハで個人第7戦(ヒルサイズ=HS90メートル)が行われ、高梨沙羅(クラレ)は89メートル、92・5メートルの合計234・1点で前日の第6戦に続いて優勝し、今季2勝目を挙げた。歴代最多を更新する59勝目。

 丸山希(明大)は18位、伊藤有希(土屋ホーム)は20位、勢藤優花(北海道ハイテクAC)は28位。岩渕香里(北野建設)は36位だった。

 有利な向かい風を生かした高梨が2回ともトップの得点を出して快勝した。1回目はヒルサイズまで1メートルに迫り、2回目は最長不倒をマークした。「内容は飛ぶごとに良くなっている」という言葉通りだった。


 高いレベルで安定した飛躍を繰り出せるようになり「ようやく方向性が見えてきた」と手応えを感じている。5、6日に続き、この日も予選を首位で通過した。シーズン2勝は2017~18年シーズン以来。個人総合女王だった頃の強さを取り戻しつつある。(共同)

高梨沙羅の話「風が強くて難しい条件だったが、私はいい風をもらえた。(世界選手権に向けては)今回いいテクニックができたので、ベストを尽くしたい」

SANSPO.COM




2021-02-12 (Fri)

2021/02/12 日記  雪見

2021/02/12 日記  雪見

2021/02/12 (金)  旧暦: 1月1日  祝日・節気・雑節・朔望: 旧正月、朔  日出: 6時31分  日没: 17時19分  月出: 7時02分  月没: 17時40分  月齢: 0.33  潮汐: 大潮  干支: 辛卯  六曜: 先勝  九星: 一白水星  今日のあれこれ: 雪見 「旅行 この冬行きたい!雪見風呂を堪能できる温泉地 【5選】」 https://youtu.be/yKpU4yGmV-k 『雪見: 雪見の宴、雪見船、雪見酒、雪見行、雪...

… 続きを読む

2021/02/12 ()  旧暦: 11日  祝日・節気・雑節・朔望: 旧正月、朔  日出: 631分  日没: 1719分  月出: 702分  月没: 1740分  月齢: 0.33  潮汐: 大潮  干支: 辛卯  六曜: 先勝  九星: 一白水星 


今日のあれこれ: 雪見

「旅行 この冬行きたい!雪見風呂を堪能できる温泉地 【5選】」


https://youtu.be/yKpU4yGmV-k



『雪見: 雪見の宴、雪見船、雪見酒、雪見行、雪見笠、雪の友、雪の人

 晩冬

雪景色を愛でつつ、料亭、舟上などで酒宴などを催すこと。
花見、月見と同じように風流を楽しむ。』
(季語と歳時記)



雪見の俳句:


・唄で越す早瀬いくつや雪見舟   鈴木漱玉


・一晩の雪に三晩の雪見酒   高島正比古


・句会終へ肴は蕎麦の雪見酒   森岡陽子


・酒讃むる詩を吟じて雪見宿   丹生をだまき


・雪見酒に酒の八徳談義かな   萩原すみ


・雪見酒なんのかんのと幸せよ  星野椿




今日は212日。
暦では春だが、まだ、まだ寒い時節だ。
今日は日差しはなかったが、風もなく穏やかな日だった。
場所によっては、3月の陽気だったそうだ。

今年は雪が多い。
雪が多ければ、それを楽しむのが一番積極的な方法だ。
雪を楽しむにはスキーが一番だが、自信の無い人にも方法はある。雪見だ。

雪を見て楽しむのだから簡単だ。
いける口なら雪見酒が良い。
俳句をやるのなら雪見の句会がある。
温泉好きなら雪の露天風呂がある。
雪を楽しむ方法は工夫次第だ。

動画の紹介する雪見の温泉の第1位は、奥飛騨温泉郷。
以前、同好の士の懇親旅行で奥飛騨温泉に雪見酒を楽しみに行ったことがある。
 露天風呂の中、肩まで沈めば寒くはない。雪見をしながらお湯に桶を浮かべ、中に徳利とお猪口を入れ、雪見酒を楽しんだ。利き酒をしているのではなく、陶然として雪を楽しむ風流だった。
 良い思い出になっている。

今は、不要不急の外出は自粛しなければならない。
それはしなければならない。
 自粛が解除されれば、大人数で電車、バスは避けなければならないが、45名で車1台でなら許されるだろう。

今日は、そんな雪見の夢を見ながら過ごすことにしよう。