2021年02月07日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2021年02月
2021-02-07 (Sun)

2021/02/07 日記  春光

2021/02/07 日記  春光

2021/02/07 (日)  旧暦: 12月26日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 6時36分  日没: 17時14分  月出: 2時34分  月没: 12時33分  月齢: 24.92  潮汐: 若潮  干支: 丙戌  六曜: 先勝  九星: 五黄土星  今日のあれこれ: 春光 「金平糖はこうやって作っている!京都老舗の職人技「緑寿庵清水」」 https://youtu.be/g6J7Zd-rHn8 『春光(しゅんこう、しゆんくわう)  三春 ...

… 続きを読む

2021/02/07 ()  旧暦: 1226日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 636分  日没: 1714分  月出: 234分  月没: 1233分  月齢: 24.92  潮汐: 若潮  干支: 丙戌  六曜: 先勝  九星: 五黄土星 


今日のあれこれ: 春光

「金平糖はこうやって作っている!京都老舗の職人技「緑寿庵清水」」


https://youtu.be/g6J7Zd-rHn8



『春光(しゅんこう、しゆんくわう)  三春

子季語: 春の色、春色、春望、春の匂、春景色、春景、春の光
関連季語: 春日
解説: もともとは春の風光、春の景色をいったが、春の日の光としても用いられる。
来歴: 『俳諧大成新式』(元禄11年、1698年)に所出。
文学での言及: 
 誰か言つし春の色東生より到ると、露暖かにして南枝花始めて開く 菅原文時『和漢朗詠集』

 野煙の春の光に嘯いて、各々一句を吟じ、山霞の晩の色を酌んで、忽ちに数盃に酔ゑり  橘在列『新撰朗詠集』

(季語と歳時記)


春光の俳句:


・春光やこぼれてはづむ金米糖  龍野よし絵


・父と子に春の光のをしみなし  松藤夏山


・春光を得てやはらかき薔薇の棘  後藤比奈夫


・白味噌に春の光を和へにけり   高橋将夫


・春光や快癒者ものを撫で撫づる  中村草田男


・春光や嫁して子を成し乳も足り  関森勝夫




昨日は、春の光が一杯で、風が止めばその儘春になる陽気だった。
 今日は、朝は良かったのだが、予報は外れて昼前から雲が出て、次第に厚く空を多い冬空に変わってしまった。

そうなると、今日の季語は春光、春の光にしたくなった。

春光、春の光の句は読んでいても快い、明るい景色が広がっていく。

お菓子の金平糖は明るい。
勿論子供は好きだが、大人でも金平糖が好きな人は多い。
明るさと夢があるからだ。
 京都の老舗の金平糖、口の中に入れれば、春の光が輝くだろう。

白味噌に春の光を和えるのなら、春菊などはどうだろう。
少しほろ苦い山菜の風味に似て大人の味になるのでは。

春の光にはめでたい事がよく似合う。
死の病から生還した人の目には、目に見えるすべてが、美しく愛おしい。
 撫でて、撫でて、撫でて、撫で尽くす。
それが、恋人の髪だったり、幼子の頬だったり、愛犬の頭だったりすれば勿論の事、そこらにある椅子や茶碗や橋の欄干も良いのだ。
 蘇った眼には、春の光の中のすべてが美しい。

めでたく子供を賜った女性が、春の光の中、赤ちゃんに乳を含ませている光景は、めでたい、めでたいとしか言えない。