2021年02月04日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2021年02月
2021-02-04 (Thu)

2021/02/04 日記  寒明

2021/02/04 日記  寒明

2021/02/04 (木)  旧暦: 12月23日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 6時38分  日没: 17時11分  月出: #NAME?  月没: 10時32分  月齢: 21.92  潮汐: 小潮  干支: 癸未  六曜: 仏滅  九星: 二黒土星  今日のあれこれ: 寒明 「ねむいワン 散歩中寝る 超マイペース犬(2021年2月1日)」 https://youtu.be/9D05W5ijSsE 『寒明: 寒明ける、寒の明け、寒過ぐ  初春 ...

… 続きを読む

2021/02/04 ()  旧暦: 1223日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 638分  日没: 1711分  月出: #NAME?  月没: 1032分  月齢: 21.92  潮汐: 小潮  干支: 癸未  六曜: 仏滅  九星: 二黒土星 


今日のあれこれ: 寒明

「ねむいワン 散歩中寝る 超マイペース犬(202121)


https://youtu.be/9D05W5ijSsE



『寒明: 寒明ける、寒の明け、寒過ぐ

 初春

節分までの約三十日間が寒であり、それが終わるのを寒明けという。節分のころのこと。』
(季語と歳時記)



寒明の俳句:


・寒明くる犬と散歩のマイペース   羽賀恭子


・寒明くる指して指先ほどの富士   布川直幸


・寒明けて空の近しと妻の言ふ  瀧澤伊代次


・寒明けしこと音に出て水車小屋  遠藤若狭男


・せせらぎに日の小躍りや寒明くる   大橋伊佐子




昨日は立春、今日は寒明。
言葉のイメージは違うが、どちらも暦の寒の期間が終わったことを表す言葉だ。
 同じことを反対の方向から見ることはよくある。冬から見るか春から見るか。
 冬にお別れをいうか、春にいらっしゃいというか。

俳人たちは、冬の終わりの兆しを見て歓んでいる。
感じる心は僅かなことにも感じている。

遠藤の句も、
 ・春立しこと音に出て水車小屋
と詠んでも、同じ光景が広がる。

寒くなったり、寒さが緩んで春らしくなったり、その場しのぎで彷徨いながら季節は移っていく。