2021年02月03日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2021年02月
2021-02-03 (Wed)

2021/02/03 日記  立春

2021/02/03 日記  立春

2021/02/03 (水)  旧暦: 12月22日  祝日・節気・雑節・朔望: 立春、初午  日出: 6時39分  日没: 17時10分  月出: 23時06分  月没: 10時00分  月齢: 20.92  潮汐: 中潮  干支: 壬午  六曜: 先負  九星: 一白水星  今日のあれこれ: 立春 「立春朝搾り 出荷 縁起ものの日本酒 島田市」 https://youtu.be/BmEQnamsCqg 『立春(りっしゅん) 初春 【子季語】  春立つ、春来...

… 続きを読む

2021/02/03 ()  旧暦: 1222日  祝日・節気・雑節・朔望: 立春、初午  日出: 639分  日没: 1710分  月出: 2306分  月没: 1000分  月齢: 20.92  潮汐: 中潮  干支: 壬午  六曜: 先負  九星: 一白水星 


今日のあれこれ: 立春

「立春朝搾り 出荷 縁起ものの日本酒 島田市」


https://youtu.be/BmEQnamsCqg



『立春(りっしゅん) 初春

【子季語】
 春立つ、春来る、立春大吉、春さる
【解説】
 二十四節気の最初の節気で、二月四日ころ。節分の翌日になる。
 厳しい寒さはまだ続くが、温かくなるにつれて梅の花もほころぶころ。』
(季語と歳時記)



立春の俳句:


・酒量凛凛立春大大吉  上村占魚


・羽ばたきす鳳凰に春立ちにけり  阿波野青畝


・格子戸のすべりよき春立ちにけり  鈴木真砂女


・結ひ上げし髪にさす陽も春立ちぬ  大谷句佛


・許されぬ外が恋しく明日立春  阿部みどり女


・幾たびも立春の空仰ぎ見る   岡田正義




今日は23日だが立春。
立春という言葉の響きは良い。
響きの中に上昇に向かう機運を感じる。

日本酒の世界では、立春の朝搾られ瓶詰めされたピチピチのお酒が、立春朝搾りとして出荷される。
 酒屋は蔵元に駆けつけ、急いで店に戻る。
待っていたお客は、それを買い求め、夕餉の一献を楽しみ、機運を養う。

上村占魚は立春の酒を凛々と飲むそうだ。

動画は、静岡の酒蔵だが、愛知でも空の蔵元関谷醸造が立春朝搾りを提供している。
 予約していないと入手は難しいかもしれないが、探せばどこかにあるかもしれない。
 販売店
https://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=1638


明日から週末にかけて寒気が入り寒くなるが、来週は寒さが緩む予報だ。
 立春という言葉には、文字通り春の気分が籠もっている。

寒さに縮んでいた身体も少し緩む感じがある。
目に映る髪や、日常生活の些末な格子戸の滑りに春らしさを感じる。

阿部の句は、コロナの時代ではないだろうが、外が許されないという、今年はコロナの自粛なのだから、特に立春の日は外が恋しい。出られなくとも立春なのだから。

岡田の句は、立春らしい。
何度も何度も空を見上げ、立春、立春、立春...と呟く。
立春、立春、立春...と念じる。

そうするうちに、寒さとコロナの圧迫に耐えられる力が蘇る...