2021年01月25日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2021年01月
2021-01-25 (Mon)

2021/01/25 日記  新海苔

2021/01/25 日記  新海苔

2021/01/25 (月)  旧暦: 12月13日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 6時45分  日没: 17時01分  月出: 13時39分  月没: 3時37分  月齢: 11.92  潮汐: 中潮  干支: 癸酉  六曜: 赤口  九星: 一白水星   今日のあれこれ: 新海苔 「養殖ノリの冷凍網張り込み始まる(2021年1月9日)」 https://youtu.be/o4IA4OWpH18 『新海苔: 初海苔、寒海苔   晩冬 冬から、春にか...

… 続きを読む

2021/01/25 ()  旧暦: 1213日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 645分  日没: 1701分  月出: 1339分  月没: 337分  月齢: 11.92  潮汐: 中潮  干支: 癸酉  六曜: 赤口  九星: 一白水星  


今日のあれこれ: 新海苔

「養殖ノリの冷凍網張り込み始まる(202119日)」


https://youtu.be/o4IA4OWpH18



『新海苔: 初海苔、寒海苔

  晩冬

冬から、春にかけて採れる海苔のこと。
荒波の襲いかかる磯で、岩海苔などを採取するのは骨の折れる作業である。採れてすぐ干した海苔は、やわらかく際立って香りがよい。』
(季語と歳時記)



新海苔の俳句:


・新海苔の初糶沖にきらめく日  伊藤幸吉


・新海苔の艶はなやげる封を切る  久保田万太郎


・新海苔と炊きたて御飯あれば足る   稲畑汀子




寒さの厳しい季節には、良い品質のもの、美味しいものが生まれる。
 水ですら寒の水として貴ばれいるのだから、この時期だからこそ良いものが作られることは確かだ。
 

洋食海苔の場合、11月から12月は種付をしてから期間が短い為、海苔はまだ若々しく、柔らかな口どけと独特の甘みがあるそうだ。
 年末から新年に掛け、新海苔の収穫が始まり、「一番摘み」、「初摘み」といい、収穫量も少ないので貴重品とされる。

柔らかな一番摘みの海苔は、口に入れると海苔の旨味が口の中一杯に広がり、同時に甘い香りが鼻に抜けて行く、これが新海苔の醍醐味とされる。

新茶にしても新そばにしても、若いもの、初々しいものをいただく歓びがあり、海苔も同じ様に楽しまれる。

季節を感じながら初物をいただくのは贅沢な趣向と言える。
久保田も稲畑も、その辺りは怠り無く楽しまれている。


you
ubeの動画を見ていて、気になる動画があった。

「一体何が?「海苔」が売り上げ好調…でも“行き場”を失う(202118日放送「news every.」より)」

https://youtu.be/sCM9dZpzSlU


この時期、やむを得ないとはいえ、廃業する海苔業者が出ないようにして欲しい。
 自粛生活はしても、恵方巻きはしっかり食べ、海苔を肴に燗酒を楽しみ、海苔を沢山消費することにしよう。