2020年11月26日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2020年11月
2020-11-26 (Thu)

2020/11/26  日記  時雨忌

2020/11/26  日記  時雨忌

2020/11/26 (木) 旧暦:  10月12日 祝日・節気・雑節・朔望:  三の酉 日出:  6時27分 日没:  16時29分 月出:  14時28分 月没:  2時16分 月齢:  10.91 潮汐:  中潮 干支:  癸酉 六曜: 先負 今日のあれこれ: 時雨忌 「松尾芭蕉の墓」 https://youtu.be/xt1-Ffx7Jqs 『芭蕉忌: 翁忌、桃青忌、時雨忌、芭蕉会、翁の日   初冬 松尾芭蕉の忌日...

… 続きを読む

2020/11/26 () 旧暦:  1012日 祝日・節気・雑節・朔望:  三の酉 日出:  627分 日没:  1629分 月出:  1428分 月没:  216分 月齢:  10.91 潮汐:  中潮 干支:  癸酉 六曜: 先負


今日のあれこれ: 時雨忌

「松尾芭蕉の墓」


https://youtu.be/xt1-Ffx7Jqs



『芭蕉忌: 翁忌、桃青忌、時雨忌、芭蕉会、翁の日

  初冬

松尾芭蕉の忌日。元禄七年陰暦十月十二日その生涯を閉じた。
旅を愛し、俳諧を芸術にまで高めたひと。遺言により近江膳
所の義仲寺に葬られた。』
(季語と歳時記)



時雨忌・翁の忌の俳句:


・時雨忌とよべば親しむ心あり   稲畑汀子


・時雨忌に時雨ありたるめでたさよ  高野素十


・山国のまことうす日や翁の忌  長谷川素逝


・しぐれ忌や木曾の地酒の澄みを酌み  上田五千石


・どつしりと据る歳時記翁の忌   酒本八重




今日は、芭蕉の忌日。
松尾芭蕉は元禄71012日に亡くなっている。
その日は西暦では、16941128日になるが、旧暦を西暦に変換すると、日が定まらない。
2020
年の旧暦1012日は、1126日になるので、今日を忌日とした。

忌日を季語とした句は、数多いが、故人毎に見ると必ずしも多くはない。昨日の三島由紀夫でも憂国忌・三島忌と合わせ、ざっと探しただけではあるが34句しか見つからなかった。

芭蕉は、忌日の季語も翁忌、桃青忌、時雨忌、芭蕉会、翁の日と沢山あり、句数もざっと480句もある。
 忌日の俳句としては本当に多い。

個人的には、季語として用いる忌日の名としては、本人が特定されるものが望ましいと思う。芭蕉忌、桃青忌は定まるので問題はない。時雨忌は、俳句に関心を持つ人であれば判るからまあ良いだろう。
 翁忌、翁の忌はどうかと思う。俳句の世界では暗黙の了解がある。句を書いたりする際に姓は省略し、名だけ書くことがよくある。姓を書くと他人行儀、余所余所しいということなのだろうが、何か排他的な親しさで、心の寛さが感じられない風習だと思う。
 翁は、一般的には年老いた男を表現する言葉で、尊称でもある。俳諧・俳句の世界では、翁は松尾芭蕉ただ一人というような暗黙の了解があるのだが、どうしてもそう呼ばなければ他に方法がないのではなく、桃青忌も芭蕉忌も使用できる。
 翁という文字、音、響きが表現上どうしても必要とされる句があれば別だが。