2020年11月20日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2020年11月
2020-11-20 (Fri)

2020/11/20  日記   初時雨

2020/11/20  日記   初時雨

2020/11/20 (金) 旧暦:  10月6日祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  6時21分 日没:  16時31分月出:  11時21分 月没:  21時21分 月齢:  4.91 潮汐:  中潮 干支:  丁卯 六曜: 先負今日のあれこれ: 初時雨(bashou008のブログhttps://ameblo.jp/bashou008/entry-12500925821.htmlより転載)『初時雨(はつしぐれ) 初冬【解説】 その年の冬の初めての時雨。冬になっ...

… 続きを読む

2020/11/20 () 旧暦:  106日祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  621分 日没:  1631分月出:  1121分 月没:  2121分 月齢:  4.91 潮汐:  中潮 干支:  丁卯 六曜: 先負


今日のあれこれ: 初時雨

clip_image002
bashou008のブログ
https://ameblo.jp/bashou008/entry-12500925821.html
より転載)




『初時雨(はつしぐれ)
 初冬
【解説】
 その年の冬の初めての時雨。冬になってしまったという気持ちが、この季語には込められている。』
(季語と歳時記)



初時雨の俳句:


・濃きは山淡きは雲か初しぐれ   鷹羽狩行


・北山杉越え来て京の初しぐれ   河口仁志


・唐崎は松に音きく初しぐれ  中村君永


・木の根這ふ鞍馬の山や初しぐれ   岡本尚子


・武蔵野の端に蕎麦食む初時雨  田中治夢




秋でもない冬でもない小春日和の日々が続いた。
地域によっては、史上初の真夏日もあった。
その穏やかで明るい陽が溢れた日が終わり、今日は初時雨。
 流れる雲が、定めのない雨を降らす日になった。

季節が変わる時は、何か不安定な気分がある。
千葉の浜辺では、大量のハマグリが砂の上に身を隠すこともないそうだ。
 漁業関係者も記憶がないほどの数しれぬハマグリだそうだ。
 原因はわからない、海水の温度の上昇説もあるがエビデンスはない。
 もっと気になる説が、大地震、富士山の噴火などの予兆説だ。続いている異臭騒ぎと相俟って、一笑に付することも出来ない。大地震も噴火も何時かは予言できないが、周期的にはいつ起きてもおかしくない状況らしい。

いたずらに不安を感じて、ストレスになる事は避けなければならないが、備え、心の準備は必要だろう。


来週は、冬らしい寒さが戻るそうだ