2020年11月11日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2020年11月
2020-11-11 (Wed)

2020/11/11  日記  秋灯

2020/11/11  日記  秋灯

2020/11/11/ (水) 旧暦:  9月26日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  6時12分 日没:  16時37分 月出:  1時06分 月没:  14時21分 月齢:  25.31 潮汐:  若潮 干支:  戊午 六曜: 仏滅 今日のあれこれ: 秋灯 「maiko dance "gion kouta" , KYOTO 京舞「祇園小唄」」 https://youtu.be/EuLDVigSL8Q 『秋の灯(あきのひ) 三秋 子季語: 秋灯...

… 続きを読む

2020/11/11/ () 旧暦:  926日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  612分 日没:  1637分 月出:  106分 月没:  1421分 月齢:  25.31 潮汐:  若潮 干支:  戊午 六曜: 仏滅


今日のあれこれ: 秋灯

maiko dance "gion kouta" , KYOTO 京舞「祇園小唄」」


https://youtu.be/EuLDVigSL8Q



『秋の灯(あきのひ) 三秋

子季語: 秋灯、秋ともし
関連季語: 灯火親しむ
解説: 秋の夜に灯す明りのこと。
長い夜を明りのもとで静かに味わい、語らい、書に親しむ。
夜学や夜業のための明りでもある。』
(季語と歳時記)



秋灯の俳句:


・客船の千の小窓や秋灯し   島玲子


・海老舟のともしてあかき秋の灯よ  鈴木真砂女


・格子戸の多き家並や秋灯し   木暮剛平


・居残のみなうつむけり秋の灯に  日野草城


・京舞はしづか秋灯華やかに   藤岡紫水




日が短くなり、日の暮れが早くなる。
陽が傾いたと思えば、もう暮れている。

気付いたときには、暗さの中にいる。
明るいところに身を置きたいのだが、時すでに遅い。

肌寒い空気の中で、目の行く先は、灯り。
暗さのなかに浮かぶ灯り。

その明るさの中に、温かさ、安堵感を感じる。
足を一歩前に出し、秋の灯の方向に歩み始める。

灯火親しむ秋ももう残り少ない。