2020年06月10日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2020年06月
2020-06-10 (Wed)

2020/06/10 日記 入梅

2020/06/10 日記 入梅

2020/06/10 (水) 旧暦:  閏4月19日 祝日・節気・雑節・朔望:  入梅、時の記念日日出:  4時24分 日没:  18時56分 月出:  22時56分月没:  8時24分 月齢:  18.39 潮汐:  中潮 干支:  甲申 六曜: 仏滅今日のあれこれ: 入梅、梅雨に入る(京都の闇に魅せられてhttps://moon.ap.teacup.com/komichi/273.htmlより転載)『入梅(にゅうばい、ついり、つゆいり)は、梅雨入りの時...

… 続きを読む

2020/06/10 () 旧暦:  419日 祝日・節気・雑節・朔望:  入梅、時の記念日日出:  424分 日没:  1856分 月出:  2256分月没:  824分 月齢:  18.39 潮汐:  中潮 干支:  甲申 六曜: 仏滅


今日のあれこれ: 入梅、梅雨に入る

clip_image002
(京都の闇に魅せられて
https://moon.ap.teacup.com/komichi/273.html
より転載)




『入梅(にゅうばい、ついり、つゆいり)は、梅雨入りの時期に設定された雑節である。現在の日本では、太陽黄経が80
°の時[1]またはその日である。新暦(グレゴリオ暦)で611日ごろ。

対義語は出梅(しゅつばい、つゆあけ)だが、日本ではほとんど使われない。

気象上の入梅
本来は「梅雨入り」の漢語表現である。もちろん、地域と年により日付は異なる。

西関東方言では、梅雨の季節全体を「入梅」と呼ぶ。普通にいう「梅雨入りする」は「入梅に入る」という[2]

時候の挨拶で用いる「入梅の候」は、宛先の地で梅雨入りが発表されていることが前提となる。

暦学上の入梅
その名のとおり、梅雨入りの時期を前もって示すために導入された雑節である。農家にとって梅雨入りの時期を知ることは田植えの日取りを決めるのに重要だった。

ただし、入梅の厳密な定義は一定していなかった。
...』
Wikipedia



入梅・梅雨に入るの俳句:


・洛南に塔浮き立たす梅雨入かな  松崎鉄之介


・木曽川に信濃の入梅の濁り哉
   正岡子規


・腐れ鮨漬けて近江は梅雨に入る  田中冬二


・入梅を転機と木々もなす如し  相生垣瓜人


・梅雨入前蝶が別れに来りけり  相生垣瓜人


・梅雨入りの例年通りなるがよし  右城暮石




暦の上の話だが、今日は入梅。
現実はどうなのかと天気予報を見ると、沖縄は大雨を済ませ梅雨明け、九州南部から四国は明日にかけて大雨。
 南に停滞していた梅雨前線が北上し、湿った南の空気を本州に送り込み、関西までは大雨になる予報だ。

東海地方も昨日までの真夏状態から、天気は下り坂、今日は曇り時々雨。
 東海地方は来週15日月曜日まで傘マークが並んでいる。今日梅雨入りの宣言が出た。それでも、昨年より3日、平年より2日遅いそうだ。

梅雨は鬱陶しいが、雨は雨なりの、梅雨には梅雨なりの情趣がある。
 洛南の塔は、推測すれば東寺の五重塔だろう。青空を背景とした等は勿論良いが、梅雨雲を背景とした五重塔も悪くはない。

人も樹々も蝶々も梅雨になれば梅雨に合わせて生きてきた、今年もそうだろう。

世の中に戻ると、コロナ禍は日本では自粛は解除されたが、閉じこもりの社会的な傷に苦悶している。第2波への警戒も緩められない。

世界を見れば、ブラジルは今真っ只中、自粛より経済の優先で感染拡大、死者激増、ついには大統領はデータを隠すことにした。
 南半球はこれから冬、コロナ流行の季節を迎える。
コロナの泥濘む未来は、残念だが、まだ続くだろう。


お天気は、例年どおりが一番良い。
心穏やかにいられるから。