2020年06月08日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2020年06月
2020-06-08 (Mon)

2020/06/08 藤井七段 棋聖戦第1局 勝利!!

2020/06/08 藤井七段 棋聖戦第1局 勝利!!

最年少タイトル挑戦の記録を塗り替えたばかりの藤井七段が、タイトル戦第1局で渡辺棋聖に勝利した。勢いのある伸び盛りの強さを示している。将棋はわからないので、解説を読んで理解するしか無いが、今日は先手の藤井七段が渡辺3冠の得意の矢倉に誘導して、渡辺3冠の不意をついたそうだ。中盤は、藤井七段有利の展開だったが、終盤追い込まれ互角の形勢になり、1分将棋になって、渡辺3冠の連続16王手をしのいで、勝ちを収めた。 ...

… 続きを読む


最年少タイトル挑戦の記録を塗り替えたばかりの藤井七段が、タイトル戦第1局で渡辺棋聖に勝利した。

勢いのある伸び盛りの強さを示している。
将棋はわからないので、解説を読んで理解するしか無いが、今日は先手の藤井七段が渡辺3冠の得意の矢倉に誘導して、渡辺3冠の不意をついたそうだ。

中盤は、藤井七段有利の展開だったが、終盤追い込まれ互角の形勢になり、1分将棋になって、渡辺3冠の連続16王手をしのいで、勝ちを収めた。
 弱冠17歳の少年の堂々たる戦い方は、驚く他はない。

これで面白くなった。
あまり気負わず平常心で、実力を今後も発揮出来れば、タイトル獲得の可能性もある。



『藤井七段が初タイトルへ先勝 スーツ姿、初手はお茶
6/8(
) 20:06配信

clip_image001
91期棋聖戦5番勝負第1局に臨んだ藤井聡太七段(日本将棋連盟提供)

将棋の藤井聡太七段が8日、1710カ月20日のタイトル戦史上最年少挑戦記録を白星で飾った。東京・千駄ケ谷で行われた、第91期ヒューリック杯棋聖戦5番勝負第1局で、渡辺明棋聖(棋王・王将=36)を下した。屋敷伸之九段(48)が1990年(平2)に達成した186カ月という初タイトル獲得最年少記録の更新に向け、好スタートを決めた。第2局は今月28日、同所で行われる。

【写真】藤井聡太七段の勝負メシ「カツカレー」

   ◇     ◇     ◇

初のタイトル戦でも、藤井はいつも通りだった。紺のスーツ姿。「大きな舞台で袖を通したい」と昨年5月、地元愛知県瀬戸市で行われた「瀬戸将棋まつり」で話していた、着物にはかま姿は、着付けの際の「密」回避で、封印した。マスク姿で盤の前に座ると、初手「お茶」で、最初の1手を指す前にお茶を口に含む。大一番は意識せず渡辺棋聖を封じる形で勝利した。

4
10日に王位戦挑戦者決定リーグ戦を指した後、対局がなくなった。同月17日に予定されていた棋聖戦挑戦者決定トーナメント準決勝は延期。新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う緊急事態宣言の全国的な解除を受け、62日の開催が急きょ、決定。同時に4日決勝、8日は5番勝負第1局と、異例の強行日程に。結果的にこれが後押しとなり、史上最年少でのタイトル挑戦が実現した。

千駄ケ谷対局では、地方転戦時のような前日移動や前夜祭などの行事はない。今回は朝8時に集まり、対局室の照明や盤、駒の検分をしただけ。普段とほぼ同じ場所と雰囲気で臨めた。

デビュー3年目、確実に力をつけてきた。17年はデビュー29連勝の連勝新記録を達成後、上州YAMADAチャレンジ杯、加古川青流戦、新人王戦と、準々決勝で敗れている。

18
年は朝日杯準々決勝で、当時名人の佐藤天彦九段を倒した。前年越えられなかった壁を初めて突破すると、朝日杯で156カ月の史上最年少で、全棋士参加棋戦初制覇を果たした。

さらなる高みへの挑んだ19年には、「1勝の重み」を思い知らされた。同年2月、8連勝で迎えた順位戦C1組で近藤誠也五段(段位当時)に敗れ、B2組への昇級を逃した。11月の王将戦挑戦者決定リーグでは広瀬章人竜王(肩書当時)との直接対決で敗れ、タイトル初挑戦はならなかった。

王将リーグの戦いぶりを見た師匠の杉本昌隆八段は、「実力は示した。タイトル挑戦はもう手の届く位置にある」と評していた。今年、史上初の3期連続勝率8割超えを引っ提げて臨んだタイトル戦初挑戦で、白星を得た。第2局で連勝なら、史上最年少でのタイトル獲得がより現実味を帯びてくる。【赤塚辰浩】
』(日刊スポーツ)




2020-06-08 (Mon)

2020/06/08  日記 七変化

2020/06/08  日記 七変化

2020/06/08 (月) 旧暦:  閏4月17日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  4時24分 日没:  18時55分 月出:  21時28分 月没:  6時21分 月齢:  16.39 潮汐:  大潮 干支:  壬午 六曜: 友引 今日のあれこれ: 七変化 「権現堂堤の紫陽花 【開花情報】咲き始め2020年6月2日」 https://youtu.be/PRoEn_leEfA 『植物「あじさい(紫陽花)」の異名。《...

… 続きを読む

2020/06/08 () 旧暦:  閏417日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  424分 日没:  1855分 月出:  2128分 月没:  621分 月齢:  16.39 潮汐:  大潮 干支:  壬午 六曜: 友引


今日のあれこれ: 七変化

「権現堂堤の紫陽花 【開花情報】咲き始め202062日」


https://youtu.be/PRoEn_leEfA



『植物「あじさい(紫陽花)」の異名。《季・夏》
※去年の梅(1970)〈立原正秋〉二「紫陽花がひらきはじめている。この花は、萌葱色から白に、〈略〉さらに紅紫色と変化するので、七変化ともよばれているそうである」

(日本国語大辞典)




七変化の俳句:


・黄緑が最初の色で七変化   出口誠


・海よりも深き青へと七変化   吉川隆史


・一雨に一色重ね七変化   遠藤清子


・一群に一花一花の七変化   二瓶洋子


・あぢさゐや我もこの世に七変化   田中みのる




東海地方は今日も暑い日になった。
このまま夏本番になりそうな勢いだが、その前に梅雨が待ち構えている。
 雨の季節を通り過ぎて、初めて夏本番になる。

雨に似合う花は、七変化と花菖蒲。
どちらも雨の中に風情を感じさせるが、七変化の方が雨との相性が良い。

紫陽花は花の色が薄く緑がかった白から始まり色が時と共に変化していくのだが、紫陽花の花の群生の中に立てば始まりから完成の色まで色の移り変わりを一時に見ることができる。


田中は自分も七変化と言っているが、カメレオンのように意のままに変わるような能動的なものではなく、時と共に変化するのは避けられないという受動的なものだろう。
 淡い色の諦観のようなものではないか。