2020年05月03日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2020年05月
2020-05-03 (Sun)

2020/05/03 アビガン未承認、レムデシビル特例承認の医薬行政への疑問(その1)

2020/05/03 アビガン未承認、レムデシビル特例承認の医薬行政への疑問(その1)

  医療の専門家ではなく、一般市民に過ぎないが、最近の日本のコロナ感染者への治療についての報道に疑問と怒りを禁じ得なくなった。  そこで、国民の一人として、意見を述べるために記事を書くことにした。  意見を同じくする方は、それぞれの立場で意見表明をお願いしたい。     <問題の所在: 感染者の積み重なりと医療崩壊> 東京都での感染者数は、オーバーシュートこそないものの、...

… 続きを読む

 

医療の専門家ではなく、一般市民に過ぎないが、最近の日本のコロナ感染者への治療についての報道に疑問と怒りを禁じ得なくなった。

 そこで、国民の一人として、意見を述べるために記事を書くことにした。

 意見を同じくする方は、それぞれの立場で意見表明をお願いしたい。

 

 

<問題の所在: 感染者の積み重なりと医療崩壊>

東京都での感染者数は、オーバーシュートこそないものの、日々感染者が積み重なり、医療崩壊がすぐにでも起きる状況になっている。北海道も同様だ。

 

医療崩壊を防ぐためには、肺炎のため呼吸ができなくなり人工呼吸器やECMOの様な機械による治療を行わねばならない人の数を増やさないことだ。

 重症者が多くの医師が看護師や技師の資源を費消することになるので、此処が限度を超えると医療が崩壊することになる。

 これを防ぐには、重症者の数を増やさずに、軽症・中程度の段階のうちに積極的な治療を行い、重症に移行させないことが喫緊の課題である。

 

 

<早期検査と早期治療>

治療の基本は、早期検査と早期治療であることは自明である。

 

ところが、日本ではコロナの感染が疑われる人に対して、厚生労働省はこの原則を無視した方針を出し、検査を行わないようにした。

 217日、新型コロナウイルスへの感染を疑われる人が帰国者・接触者相談センターに相談する目安について

・風邪の症状や37.5以上の発熱が4日以上

・高齢者などハイリスク者は2日以上

の制限を設けた。

 

このため、条件に合わない人は検査から漏れ、ウイルスを市中に振りまくことになり、経路不明の感染者が激増した。

 検査をして陽性になった患者も手遅れで、肺炎に移行し、病状急転で死亡する人が増えた。世間を驚かせた志村けん氏や岡江久美子さんの急死も早期検査が行われなかったことが遠因と思われる。

 極端な例としては、死亡しているのが発見され、検査後陽性が判明したケースも散見される。

 

積極的検査を行わない日本にどれぐらいの感染者がいるのかは不明である。

 現時点でも実態の把握を政府は行っていないが医療機関等は自発的に行っている、正に政府不在の状況と言える。

 

 

<コロナウイルス感染治療薬は存在し無い>

次は、治療の問題だ。

これが理解不能な状況になっている。

 

先ず考えて置かなければならないのは、新型コロナウイルスによる感染症は、新しい感染症のため承認された治療薬は存在しないことだ。

 治療薬として認めれらるには、治験等の医学的な過程を経て治療薬として承認される手続きが必要だ。

 これには、年単位の時間がかかる事になっている。

 

 したがって、世界の医者・研究者は既存の薬品を新型コロナに使用しようと研究している。

 

幸いなことに、日本には新型コロナウイルスに有効とされる既存薬が複数ある。しかも、病状ごとに使い分けができそうだ。

(1)インフルエンザ薬として承認されているアビガン

(2)寄生虫による感染症の治療薬イベルメクチン

(3)喘息用吸入薬シクレソニド(商品名オルベスコ)

(4)関節リュウマチ用の治療薬トシリズマブ(商品名アクテムラ)

 

(1)(2)はウイルスの増加を抑制するするため初期に使える。

(3)は肺炎を発症した中期の症状を抑えることができる。

(4)は肺炎の最終段階のサイトカインストームを抑え、死への道から引き戻してくれる。

 

しかし、これらは新型コロナの治療薬として承認されたものではない。

 したがって、新たに承認を受ける必要がある。

ただ、これは、平時の話だ。

 

今、コロナウイルスに世界は侵され、死者は25万人に近づいている。平時ではないパンデミックの状況にある。

 

オーバーシュートする感染者に対し、承認された治療薬がないから放置するのが合法的であるとは言えないのは明らかである。

 

平時と非常時の区別を行い、目の前の感染者の治療を行い、早期治癒と生命の救助を優先するべきである。

 

 

2020-05-03 (Sun)

2020/05/03 アビガン未承認、レムデシビル特例承認の医薬行政への疑問(その2)

2020/05/03 アビガン未承認、レムデシビル特例承認の医薬行政への疑問(その2)

<レムデシビルは特例承認・アビガンは未承認の不可解な政策> 政府は、アメリカの未承認薬レムデシビルを特例承認の手法で承認することを明らかにしている。   『「レムデシビル」 新型コロナの治療薬として特例承認活用へ』 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200428/k10012408591000.html しかし、レムデシビルは臨床例も少なく、中国の臨床では効果がなかったとの情報もある。  もっと重要なことは、レムデ...

… 続きを読む


<レムデシビルは特例承認・アビガンは未承認の不可解な政策>

政府は、アメリカの未承認薬レムデシビルを特例承認の手法で承認することを明らかにしている。
 
『「レムデシビル」 新型コロナの治療薬として特例承認活用へ』
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200428/k10012408591000.html



しかし、レムデシビルは臨床例も少なく、中国の臨床では効果がなかったとの情報もある。
 もっと重要なことは、レムデシビルの副作用だ。25%の患者に腎機能障害の副作用があるが、このことは無視している。

『<新型コロナ>「レムデシビル」近く承認へ 国内最初のコロナ治療薬 来月にも利用可能に』
https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/202004/CK2020042802000123.html


政府のレムデシビルへの前のめりの姿勢は普通ではない。
背後に何かあるのではないかと思いたくなる程の“特例”扱いだ。


一方、アビガンは未承認のままだ。
アビガンは、現在「観察研究」の取り扱いになっている。
しかし、この方法は、病院が倫理委員会を開き、厚生省への
承認申請が必要で、現場の病院・担当医に不必要な負担をかけている。

アビガンの治療現場での使用を医師会も担当医師も求めている。

日本医師会・横倉義武会長は、自民党に対しアビガンの早期投与の要望を行った。

『ハイリスク患者へ「アビガン」などの早期投与 日本医師会が要望』
https://news.yahoo.co.jp/articles/af1f18391e16b4309bcdeecf0af1d17097ed9704


福岡県医師会は、「観察研究」の煩瑣な手続きによらず主治医の判断で投与できるように求めている。

「アビガン投与に「福岡県方式」申請 主治医が判断へ」
4/30(
) 19:30配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/79c848cfbadcc50814ba939085171ef65d6a7da5


個別医師へのアンケートでも声が上がっている。
・抗ウイルス薬の治験のスピードアップを
・アビガンやオルペスコなどの治療薬を一般医療機関でも使用できるように。特にリスクの高い人や呼吸器症状のある人には軽症から使用しないと間に合わない。政府の対応が遅すぎ!

【コロナ緊急調査】医師1200人アンケート
https://dot.asahi.com/photogallery/archives/2020042200039.html



前線で、目の前のコロナ感染者の治療にあたっている担当医、医師会の要望に政府は応えようとしていない。
 していないどころか、抑制しているとも考えられることを行っている。


「アビガン」投与で注意事項まとめる、厚労省 医療機関に向け

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20200503-00000002-jnn-soci


ここで、厚労相は、アビガンの副作用をことさらに強調している。
 アビガンの催奇形性の可能性は、動物実験意レベルの話で、人の臨床例で奇形児が生まれた例はない。

富士フィルムは、以下のように述べている。

『本剤は、動物実験で、ラットで初期胚の致死が、マウス、ラット、ウサギ及びサルで催奇形性が認められています。ヒトにおいても、これらの作用の可能性が否定できないため、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に投与することは禁忌となっております。その根拠となりました動物実験の結果を以下にまとめましたので、ご参照くださいますようお願い申し上げます。なお、本剤のヒトの初期胚及び胎児への影響に関するデータはなく、妊婦及び胎児にどのような影響があ
らわれるか不明であるため、妊娠期間における本剤の投与を禁止しています。』
https://www.pmda.go.jp/RMP/www/400022/29a587a6-7cdb-4f19-913b-e2cbf9ae54e0/400022_625004XF1022_02_002RMPm.pdf

副作用に関しては、レムデシビルの腎臓機能障害については、人の臨床例で25%の結果が出ている。

アビガンでは、人の臨床例の副作用は、催奇形性については実例がない。
 尿酸値が高くなるとの報告があるが、腎機能障害ほど重要な副作用ではない。


安倍首相は、アビガンの特例承認について以下のように話している。

『アビガン特例承認は法令上できず 安倍首相「私も言ったが…」』
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200428-00000596-san-pol


理解できない発言だ。
国民の生命を第一に考えると口では言いながら、行動はしない。

アビガンが、現在の法律で「特例承認」に該当しないのであれば、別の法律を作れば良い。
方法はある、議員立法でも内閣提出法案でも可能だ。
現行法に縛られるのは役人の発言なら理解できるが、政治家の発言なら理解できない。
法律を作るのは政治家の仕事だ。


以上のように見てくると、レムデシビルを特例承認し、アビガンを特例承認しない政府の方針は、根拠もなく、合理的判断によるものとは考えられない。


「観察研究」によらないアビガンの臨床投入を担当医に任せるように即刻行う必要がある。
 そうすれば、医療崩壊を防ぐことになり、重症者を死への道から連れ戻すことができる。

政府のコロナ治療方針について、問題があれば、関係者はもっと声を上げるべきだと思う。
医者も法律家も自治体も報道機関もそうして欲しい。

日本の未承認治療薬を前線に投入すれば、治療の道筋が完成する可能性が高い。
 治療ができ、死から開放されればコロナの恐怖から抜け出すことができる。

そうなれば、自粛も休業も休校も必要なくなる。
日本に襲いかかる不況の波からも逃れることができる。
何故そうしないのか、理解できない。





2020-05-03 (Sun)

2020/05/03 日記  憲法記念日

2020/05/03 日記  憲法記念日

2020/05/03 (日) 旧暦:  4月11日 祝日・節気・雑節・朔望:  憲法記念日 日出:  4時46分 日没:  18時29分 月出:  13時32分 月没:  2時15分 月齢:  10.02 潮汐:  長潮 干支:  丙午 六曜: 友引 今日のあれこれ: 憲法記念日 「緊急事態下の憲法記念日 総理「条項の議論すべき」(20/05/03)」 https://youtu.be/qaCGOMLeylk 『憲法記念日(けんぽう...

… 続きを読む

2020/05/03 () 旧暦:  411日 祝日・節気・雑節・朔望:  憲法記念日 日出:  446分 日没:  1829分 月出:  1332分 月没:  215分 月齢:  10.02 潮汐:  長潮 干支:  丙午 六曜: 友引


今日のあれこれ: 憲法記念日


「緊急事態下の憲法記念日 総理「条項の議論すべき」(20/05/03)


https://youtu.be/qaCGOMLeylk



『憲法記念日(けんぽうきねんび)は、日本の国民の祝日の一つ。日付は53日。国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23720日法律第178号)では「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」ことを趣旨としている[1]

1947
年(昭和22年)53日に日本国憲法が施行されたことを記念して、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法によって制定された。ゴールデンウィークを構成する日の一つでもある。

海上自衛隊では、基地・一般港湾等に停泊している自衛艦において満艦飾が行われる。

憲法改正論議が高まっていることにより、憲法記念日になると、改憲派、護憲派がそれぞれ憲法改正に関する世論調査や講演会などを行っている[2][3]
...』
Wikipedia



憲法記念日の俳句:


・この国は何処行く憲法記念の日  稲畑廣太郎



新型インフルエンザ等対策特別措置法を新型コロナに適用するに付いて、緊急事態にも関わらず時間を費やした政府が、今度は法律の不備を憲法改正にすり替えようとしている。

先ずは、パンデミックレベルの感染症対策として、制度・組織・法律など多面的に検討すべきであって、憲法改定など論理が飛躍した話だ。