2020年05月01日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2020年05月
2020-05-01 (Fri)

2020/05/01 日記  八十八夜

2020/05/01 日記  八十八夜

2020/05/01 (金) 旧暦:  4月9日 祝日・節気・雑節・朔望:  八十八夜、メーデー、上弦 日出:  4時49分 日没:  18時27分 月出:  11時15分 月没:  0時53分 月齢:  8.02 潮汐:  小潮 干支:  甲辰 六曜: 赤口 今日のあれこれ: 八十八夜 「4K 童謡唱歌 ♫八十八夜 茶摘みの歌 歌詞付き」 https://youtu.be/fB2p2sUoXDI 『八十八夜(はちじゅうはちや...

… 続きを読む

2020/05/01 () 旧暦:  49日 祝日・節気・雑節・朔望:  八十八夜、メーデー、上弦 日出:  449分 日没:  1827分 月出:  1115分 月没:  053分 月齢:  8.02 潮汐:  小潮 干支:  甲辰 六曜: 赤口


今日のあれこれ: 八十八夜

4K 童謡唱歌 八十八夜 茶摘みの歌 歌詞付き」


https://youtu.be/fB2p2sUoXDI



『八十八夜(はちじゅうはちや)は雑節のひとつで、立春を起算日(第1日目)として88日目(立春の87日後の日)にあたる。

もともと、太陰暦がベースとしている日本の旧暦では暦日と季節が最高で半月もずれるため、太陽暦をベースとした雑節として起こり広まったものである。

21
世紀初頭の現在では平年なら52日、閏年なら51日である。数十年以上のスパンでは、立春の変動により53日の年もある。

習俗
「八十八夜の別れ霜」「八十八夜の泣き霜」などといわれるように、遅霜が発生する時期である。一般に霜は八十八夜ごろまでといわれているが、「九十九夜の泣き霜」という言葉もあり、5月半ばごろまで泣いても泣ききれないほどの大きな遅霜の被害が発生する地方もある。それ以上に、旧暦では暦日と季節が最悪で半月もずれることから、農家に対して特に注意を喚起するためにこの雑節が作られた。八十八夜は日本独自の雑節である。

この日に摘んだ茶は上等なものとされ、この日にお茶を飲むと長生きするともいわれている。茶の産地である埼玉県入間市狭山市・静岡県・京都府宇治市では、新茶のサービス以外に手もみ茶の実演や茶摘みの実演など、一般の人々も参加するイベントが行われる。
...』
Wikipedia



八十八夜の俳句:


・望郷や八十八夜の白き富士   佐藤喜仙


・夢に来し祖母恋ふ八十八夜かな  馬場移公子


・命惜しめと八十八夜の月明し   字都宮敦子


・友を待つ八十八夜の喫茶店   川島澄子


・八十八夜愼重論の今さらに   北川孝子




今日は、八十八夜。
年によっては遅霜が被害をもたらす時季だが、今年は気温が上がり、霜の心配はなくなった。
 童謡に歌われる通り、夏も近づく八十八夜になった。


太陽が光を降り注ぎ、気温が上がり夏近しを感じさせるが、世の中はコロナ対策の宣言が延長されるかどうかが問題になっている。

例句を読んでいると、どうしてもコロナに影響を受けてしまう。
今が直視できなければ、過去を想ってしまう。
それはそれで良いことだ。

「日常」には戻れないと言われた今。
愛してくれたお祖父ちゃん、お婆ちゃんが突然居なくなってしまった人は、日本にもいるし、世界に目を広げたら、数え切れないほどの孫が悲しみに耐えているはずだ。

友と会う喫茶店の日常は今は許され無い。

北川が詠んだ八十八夜がどんなものだったかわからない。
だが、今日、同じ思いの人は多い。

生命は生き残っていくものであると思い至れば生命を惜しむべしだ。
 慎重な生命が生き残って行くことになるのだから。



八十八夜といえば、N.S.P.の曲があった。

N.S.P 「八十八夜」』

https://youtu.be/oYcfx7jZDig


センチメンタルな気分というのが時代の空気だったのか青春はいつもそうなのか。

この歌を書き、作曲し、歌った天野滋は2005年に病死している。
 人の一生は図り難い。