2020年03月20日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2020年03月
2020-03-20 (Fri)

2020/03/20 日本の新型コロナウイルス検査の不思議

2020/03/20 日本の新型コロナウイルス検査の不思議

日本では、コロナ感染が話題になり始めた頃から、検査問題が未解決の儘、一向に解決しないのは不思議だ。 当初は、PCR法という検査が、時間と手間がかかるので多くは出来ないことから、武漢縛りという根拠不明なルールを作って、検査対象を絞り込んだ。  そのため、感染していながら検査が盥回しされ、遅くなり、症状が悪化して亡くなった人がいたと考えられるが、因果関係証明されていないだけだ。 その後、厚労省はマス...

… 続きを読む


日本では、コロナ感染が話題になり始めた頃から、検査問題が未解決の儘、一向に解決しないのは不思議だ。

当初は、PCR法という検査が、時間と手間がかかるので多くは出来ないことから、武漢縛りという根拠不明なルールを作って、検査対象を絞り込んだ。
 そのため、感染していながら検査が盥回しされ、遅くなり、症状が悪化して亡くなった人がいたと考えられるが、因果関係証明されていないだけだ。

その後、厚労省はマスコミ、世論、医師会からの批判を受け、漸く検査機関の拡大・拡充に手を付けた。
 それでも実態は変わらなかった。その後健康保険の適用もされたが、相変わらず検査件数は増えていない。

その理由には、色々あるが、PCR検査の持つ問題もあると思う。

いくつかあるが、
・まず、この方法は喉や鼻の粘膜から検体を取り出すのだが、ここに問題がある。検体を取り出す人の技術によって粘膜から検体を取り出す精度に差が出る。
・新型コロナウイルスは感染初期は数が少なく感染検出が難しい。
・検体を取り出す人が不十分な防護服や防護環境では二次感染する恐れがある。
PCR検査の精度は、100%ではなく、50%前後と言われている。
・最大の問題は時間が5時間かかることだ。こんなに時間がかかれば、感染爆発が起きるような感染症には不適当な検査法と言わざるを得ない。
...
PCR
検査について言われていることを思い出すだけでこれくらいの問題がある。


一方、韓国では、日本の十倍くらいの検査が行われている。検査方法も車で検査場に行き、ドライブスルーで行われている。
 日本では、なぜ出来ないのかわからない。
PCR
検査法では出来ないというのが予想される答えだ。

こんなに多くの問題のあるPCR検査法にしがみついている理由がわからない。
 検査件数が多い外国の方法はわからないが、日本でもPCR検査以外の方法も用意されている。

その一つが、クラボウが輸入して供給を開始した「イムノクロマト法」を用いた新型コロナ検査キットだ。


『クラボウ 15分で判定 新型コロナ検査キット
2020
313
 
 クラボウは12日、新型コロナウイルスの検査キットを16日に発売すると発表した。イムノクロマト法を用い、15分で感染の有無を目視で判定できる。衛生研究所や臨床検査会社などに、1日当たり1万テスト分を供給する計画。イムノクロマト法による新型コロナの迅速検査キットは国内初とみられる。保険適用を視野に入れている。
 検査キットはクラボウの中国提携先が開発。これまでに1000例以上の臨床データがあり、同国では4日に標準診断法のガイドラインに採用された。10マイクロリットルの血液をキットに滴下するだけで診断でき、PCR法と比較して時間、コストなどを削減できる。血液検査のため、検査作業者への2次感染のリスクも軽減できる。
 キットは感染時に体内で生成される特定の抗体を検出する。PCR法で検出が難しいとされている感染初期でも判定できる。PCR法は検体中のウイルス量の影響を受けやすいが、同キットは血液中に抗体が存在すれば判定可能。サンプル採取の方法や部位による偽陰性も出にくい。
 感染の初期段階で生成される抗体「IgM」用と感染後長期間にわたり最も多く生成される抗体「IgG」用の2種類を用意し、正診率はそれぞれ95・72%、94・24%。陰性判定率については、ともに100%。併用することで検査精度は高まる。2種ともに価格は税別で2万5000円。
 同社環境メカトロニクス事業部バイオメディカル部は、イムノクロマト法などを用いた食品中の成分や食中毒菌などのDNAを判定する試薬キットを開発・販売している。今回、新型コロナの感染拡大を受けて、中国の提携先が開発したキットの輸入、販売に踏み切った。続きは本紙で』
(化学工業日報
https://www.chemicaldaily.co.jp/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%80%80%EF%BC%91%EF%BC%95%E5%88%86%E3%81%A7%E5%88%A4%E5%AE%9A%E3%80%80%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E6%A4%9C%E6%9F%BB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88/
より転載


この方法なら、PCR検査法の問題の多くを解決できる。
・検体は血液1滴なので、取り出すことは難しくない
・街のクリニックでも可能だ
・二次感染の恐れがない
・感染初期でも検出ができ、精度が高い
15分で検査結果が出る。


新型コロナウイルスの感染爆発、昨日の専門家会議の表現ではオーバーシュートというらしいが、が起きる前に、PCR検査法をやめて、対応が可能な新しい検査法を導入すべきだ。

厚労省と医師会は、クラボウの検査キットを健康保険適用にし、街のクリニックや自治体等の設けたドライブスルーの検査場で検査を行う体制を作るべきだ。

厚労省は、既存の体制に縛られることなく、国民の健康と生命第一に、10日で病院を作った中国のような気迫で取り組んでほしい。





2020-03-20 (Fri)

2020/03/20  日記 春分 春分の日

2020/03/20  日記 春分 春分の日

2020/03/20 (金) 旧暦:  2月26日 祝日・節気・雑節・朔望:  春分の日 日出:  5時44分 日没:  17時52分 月出:  3時43分 月没:  13時57分 月齢:  25.48 潮汐:  中潮 干支:  壬戌 六曜: 先負 今日のあれこれ: 春分 「3分43秒、スズメ(Passer montanus)達の様子。February 15, 2020」 https://youtu.be/IadBcknG1Mk 『春分(しゅんぶん、英: vernal ...

… 続きを読む

2020/03/20 () 旧暦:  226日 祝日・節気・雑節・朔望:  春分の日 日出:  544分 日没:  1752分 月出:  343分 月没:  1357分 月齢:  25.48 潮汐:  中潮 干支:  壬戌 六曜: 先負


今日のあれこれ: 春分

343秒、スズメ(Passer montanus)達の様子。February 15, 2020


https://youtu.be/IadBcknG1Mk



『春分(しゅんぶん、英: vernal equinox)は、二十四節気の第4。よく昼の長さと夜の長さがほぼ等しくなるとされるが、実際には昼の方が14分ほど長い(日本の場合。後述。)。二月中(旧暦2月内)。

現在広まっている定気法では、太陽が春分点を通過した瞬間、すなわち太陽黄経が0度となったときで、天文学ではその瞬間であるが、暦ではその瞬間が属する日であり、これを春分日(しゅんぶんび)と呼ぶ。したがって、いずれの日が春分日になるかはその国・地域の時差によって1日の違いが出る。日本では320日または321日になることが多い。 

恒気法では冬至から1/4年(約91.31日)後で323日ごろ。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の清明前日までである。

西洋占星術では春分を白羊宮(おひつじ座)の始まりとする。
...
七十二候
春分の期間の七十二候は以下のとおり。

初候
雀始巣(すずめ はじめて すくう):雀が巣を構え始める(日本)
玄鳥至(げんちょう いたる):燕が南からやって来る(中国)
次候
桜始開(さくら はじめて ひらく):桜の花が咲き始める(日本)
雷乃発声(かみなり すなわち こえを はっす):遠くで雷の音がし始める(中国)
末候
雷乃発声(らい すなわち こえを はっす):遠くで雷の音がし始める(日本)
始雷(はじめて いなびかりす):稲光が初めて光る(中国)』
Wikiprdia




春分・春分の日の俳句:


・春分の日の日溜りに子ら集ふ   小林れい


・春分のおどけ雀と目覚めたり  星野麥丘人


・春分の地へとこぼるる雀かな   永野真智子




今日は春分。
風は強いが、春らしい日差しが降り注ぎ、春分らしい日になった。

子どもたちは予期せざる休校となり、友だちと遊ぶことができなくなり、つまらない休校になっていたが、今日は連休で親も休みなので様子が違った。
 街なかの小さな公園では子どもたちが、声を上げて走り回っていた。
 
大通りの街路樹が辛夷並木になり、白や薄紫の花を咲かせている。
 数百メートルの並木は、春の光の中、今まで気づかなかった樹の生命の営みを謳歌していた。

用水路沿いの道の雪柳は、風といっしょに動き回り、戯れていた。
 用水路の側道の上で、何かを探していたスズメたち、近づい行くと、一斉に飛び立ち用水を超え、反対側の鉄柵に止まった。

天気が良いので、目的もなく光の中を歩いたのだが、春らしいのどかさを感じることが出来た日になった。