2020年03月09日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2020年03月
2020-03-09 (Mon)

2020/03/09  日記 春めく

2020/03/09  日記 春めく

2020/03/09 (月) 旧暦:  2月15日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  6時00分 日没:  17時43分 月出:  17時08分 月没:  5時48分 月齢:  14.48 潮汐:  大潮 干支:  辛亥 六曜: 仏滅 今日のあれこれ: 春めく 「「コみケッとスペシャル5in水戸」アドバルーン」 https://youtu.be/dBL24DjHh2Y 『春めく(はるめく) 初春 子季語: 春動く、...

… 続きを読む

2020/03/09 () 旧暦:  215日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  600分 日没:  1743分 月出:  1708分 月没:  548分 月齢:  14.48 潮汐:  大潮 干支:  辛亥 六曜: 仏滅


今日のあれこれ: 春めく

「「コみケッとスペシャル5in水戸」アドバルーン」


https://youtu.be/dBL24DjHh2Y




『春めく(はるめく) 初春

子季語: 春動く、春兆す
関連季語: 早春、春浅し
解説: 立春(二月四日ころ)をすぎて、しだいに春らしくなってくることをいう。いが、春は三寒四温というようにゆっくりとやって来る。
来歴:    
文学での言及: 野辺見れば若菜摘みけりむべしこそ垣根の草も春めきにけれ 紀貫之『拾遺集』

(季語と歳時記)



春めくの俳句:


・鴨川の光増しけり春めきて   竹内悦子


・アドバルーン上りて街の春めける   堀井英子


・春めくや迷ひ歩きの畦の道   鷹羽狩行


・足湯してうしろ春めく牛のこゑ   中田みなみ


・病室のカーテン替えて春めけり   深沢和江




昨日の降り続いた冷たい雨の日から一転、今日は春らしい日になった。
 TVのキャスターの言葉「春本番」は大げさにしても、名古屋の気温は20度を超えたそうだ、4月の暖かさであることは間違いない。週末には寒さが戻るにしても寒暖を繰り返しながら春になっていく。

ちょっとした事に春らしさを感じて、心がときめけば、そこはもう春めいている。

季節の変わり目には、変化が必要だ。
昨日までとは違う今日、今までとは違う今。
その変化が季節の移ろいを感じさせる。

症状が良くなって、峠を越した時、カーテンを変えてみることは理にかなっている。
 今までとは違う今、そこには確かに春がいる。