2020年03月08日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2020年03月
2020-03-08 (Sun)

2020/03/08  日記 春泥

2020/03/08  日記 春泥

2020/03/08 (日) 旧暦:  2月14日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  6時01分 日没:  17時42分 月出:  15時54分 月没:  5時06分 月齢:  13.48 潮汐:  中潮 干支:  庚戌 六曜: 先負 今日のあれこれ: 春泥 「泥んこ遊び楽しくて, どうしても帰りたくない犬の反応が超かわいい」 https://youtu.be/NJFPUswtyrA 『春泥(しゅんでい) 三春 2011...

… 続きを読む

2020/03/08 () 旧暦:  214日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  601分 日没:  1742分 月出:  1554分 月没:  506分 月齢:  13.48 潮汐:  中潮 干支:  庚戌 六曜: 先負


今日のあれこれ: 春泥

「泥んこ遊び楽しくて, どうしても帰りたくない犬の反応が超かわいい」


https://youtu.be/NJFPUswtyrA



『春泥(しゅんでい) 三春
2011/01/27

【子季語】 春の泥
【解説】
春のぬかるみをいう。春は、凍解や雪解、雨などで泥水が乾ききらずに、泥濘が至るところにみられる。』
(季語と歳時記)



春泥の俳句:


・愛犬も主も共に春の泥   野村鞆枝


・犬の名はラガー春泥跳び越しぬ   谷上佳那


・春泥に犬が吠えつぐ土竜道   杉本寛




今日は終日雨が降り続いた。
冷たい雨だったが、足元から這い上がってくるような寒さを感じさせるものではなかった。
 寒さは空から来ているもので、地面から登ってくるものではない。
 寒気は来ているが、地の温もりを奪い去ることは出来ない。
 もう春は近いのだから。

明日は晴れる予報だ。
たっぷりと水を含んだ地面は、緩んで土となるだろう。
庭の草の根元もフワフワと柔らかく、歩くと草は雨を吐き出した。

この一時、人が集まる密閉された空間は避けなければならない。明日は天気が回復するから、できれば野山に足を運んで、どろんこ遊びが大好きな子供や犬を思う存分遊ばせて、泥まみれにならせるのも、新型コロナウイルスの厄払いになる。

春の泥には、心を弾ませ、身体を弾ませるものが宿っている。