2020年02月08日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2020年02月
2020-02-08 (Sat)

2020/02/08  日記  雪崩

2020/02/08  日記  雪崩

2020/02/08 (土) 旧暦:  1月15日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  6時35分 日没:  17時14分 月出:  15時58分 月没:  5時42分 月齢:  14.22 潮汐:  中潮 干支:  辛巳 六曜: 先負今日のあれこれ: 雪崩「スキー場ない山で雪崩 英国人スキーヤー1人死亡(20/02/01)」https://youtu.be/yt59MTiQ6L8『雪崩(なだれ)  仲春子季語: 雪なだれ、雪くずれ、なだれ雪、...

… 続きを読む

2020/02/08 () 旧暦:  115日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  635分 日没:  1714分 月出:  1558分 月没:  542分 月齢:  14.22 潮汐:  中潮 干支:  辛巳 六曜: 先負


今日のあれこれ: 雪崩


「スキー場ない山で雪崩 英国人スキーヤー1人死亡(20/02/01)


https://youtu.be/yt59MTiQ6L8




『雪崩(なだれ)  仲春

子季語: 雪なだれ、雪くずれ、なだれ雪、底雪崩、風雪崩
解説: 春、山の斜面などに積もった雪が滑り落ちることをいう。雪積の始めや、積雪が緩んだとき、雨が降った後などに多い。人や家を呑みこむこともある。
来歴: 『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
実証的見解: 雪崩の種類は、発生の形、雪質、滑り面の位置などによって異なる。
点発生は一点からくさび状に動き出すもの、それに対して面発生は広い面積にわたっていっせいに動き出す雪崩である。水分を含まない雪の雪崩は乾雪雪崩、水分の多い雪の雪崩は湿雪雪崩、また、根雪の上に新たに積もった雪がなだれる表層雪崩、根雪そのものがなだれる全層雪崩など
に分類される。』
(季語と歳時記)



雪崩の俳句:


・一山を揺らす雪崩のダム打てり  小林雪雄


・ランプ揺れつづく雪崩に闇ふかし  小林黒石礁


・ただ聞くも人事ならず雪崩かな   稲畑汀子




暖冬で雪不足だった北海道にもドカ雪が降った。
急に積雪が深くなったので不安定になったのか、雪崩の事故で死亡者が出ている。
 一人はフランス人、一人はイギリス人。

最近、外国人が雪崩に遭う事故が多いような気がする。
北海道の雪質がパウダースノーで素晴らしいから、外国人に人気が出て、スキーに来る訪日客が多いことが背景になっていることは間違いない。

もう一つの理由は、外国の人はスキーのコースやゲレンデでは満足できず、コース外の新雪でのスキーを好むからだろう。
 新雪を楽しむにはスキーが上手である事が必要だが、それには自信があるから、コース外に出るのだろう。

しかし、日本の山は外国の山とは違う。一度雪崩が発生すれば、スキーが上手くても事故を免れることは出来ない。
 日本人は自然を大切にするが、一方自然の恐ろしさは知っている。
 外国人は日本の自然の恐ろしさに対する知識がない事も雪崩に遭う一つの理由になっている。

日本の雪山の恐ろしさを啓蒙する必要がある。
それを理解して事故に遭わないようにして安全に楽しんで、帰ってもらうことができればそれが望ましい。