2019年07月15日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2019年07月
2019-07-15 (Mon)

2019/07/15  日記 海の日

2019/07/15  日記 海の日

2019/07/15 (月) 旧暦: 6月13日 祝日・節気: 海の日 日出: 4時36分 日没: 18時57分 月出: 17時40分 月没: 2時52分 月齢: 12.32 干支: 癸丑 六曜: 赤口 九星: 五黄土星 今日のあれこれ: 海の日 「「海の日」にサーファーや青いサンタが海岸で清掃活動 三重・志摩市」 https://youtu.be/s55-TQxQw18 「海の日/今朝の沖縄!ライブカメラ 2019,07,14」 https://youtu.be/viUNUcfQ2Hw ...

… 続きを読む

2019/07/15 (月) 旧暦: 613日 祝日・節気: 海の日 日出: 436分 日没: 1857分 月出: 1740分 月没: 252分 月齢: 12.32 干支: 癸丑 六曜: 赤口 九星: 五黄土星


今日のあれこれ: 海の日

「「海の日」にサーファーや青いサンタが海岸で清掃活動 三重・志摩市」

https://youtu.be/s55-TQxQw18



「海の日/今朝の沖縄!ライブカメラ 2019,07,14


https://youtu.be/viUNUcfQ2Hw




『海の日(うみのひ)は、日本の国民の祝日の一つ。日付は7月の第3月曜日。2020年に限り723[1]

概要
海の日は、1995年(平成7年)に制定され、1996年(平成8年)から施行された日本の国民の祝日の一つである。制定当初は720日だった。2003年(平成15年)の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)により、7月の第3月曜日となった。

国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23720日法律第178号)第2条では、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨としている。国土交通省によると、「世界の国々の中で『海の日』を国民の祝日としている国は唯一日本だけ」という[2]

2007
年(平成19年)に制定された海洋基本法第13条は「国及び地方公共団体は、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第2条に規定する海の日において、国民の間に広く海洋についての理解と関心を深めるような行事が実施されるよう努めなければならない」と海の日の行事について定めている。

海上自衛隊では、基地・一般港湾等に停泊している自衛艦において満艦飾が行われる。

海の日が制定された1996年(平成8年)以降、720日から31日までの12日間を「海の旬間(じゅんかん)」とし、国土交通省海事局が中心となり、地方公共団体、海事関係団体などとともに、海事思想の普及のための活動を実施してきた。

2003
年(平成15年)以降は、海の日の三連休化に伴い旬間を月間化し、広く国民に「海」に対する理解と認識を高めてもらうために、海の日を含む71日から31日までの1か月間を「海の月間」と定めた。国土交通省海事局が中心となり、関係省庁、地方公共団体、海事関係団体などとともに、「海フェスタ」を始め、全国各地で行われる海に関する各種様々なイベントの紹介を行っている[3]

なお2014年に「海の恩恵に感謝する日だったはずが、単なるお祭りになってしまった」として、超党派の国会議員からなる海事振興連盟により720日に固定化する議案が出され、2016年から811日の「山の日」が施行されることでそれをきっかけに、当初の720日に戻そうとする流れにある[4]

2015
年、20回目の海の日を記念し、「海でつながるプロジェクト」が発足。総合海洋政策本部参与会議座長・日本郵船顧問を務める宮原耕治が会長となり、日本政府や東京海洋大学、日本財団をはじめとする民間法人などで『「海の日」特別行事実行委員会』を結成し、子供たちを中心に「海の日」の意義への認識や海に対する好奇心を高めてもらうため、様々なイベントを行った[5]。キックオフイベントには日本財団の会長笹川陽平や、山谷えり子海洋政策担当大臣、アショク・マハパトラ国際海事機関上級次長、川島海荷、服部幸應、石原良純らが登壇した[6]

なお、2020年(令和2年)は東京五輪・パラリンピック特措法により、東京オリンピックの開会式の前日に当たる723日(木曜日)に変更される。

海の記念日
祝日化される前は海の記念日という記念日であった。海の記念日は、1876年(明治9年)、明治天皇の東北地方巡幸の際、それまでの軍艦ではなく灯台視察船「明治丸」によって航海をし、720日に横浜港に入港して、横浜御用邸伊勢山離宮へ帰着したことにちなみ、1941年(昭和16年)に逓信大臣・村田省蔵の提唱により制定された。

明治丸はその後、東京商船学校(現東京海洋大学)の練習船として使用され、現在は東京海洋大学越中島キャンパスに保存されている。

海のない県の対応
海のない県(内陸県)である奈良県では、海の日と同じ毎年7月の第3月曜日を「奈良県山の日・川の日」とすることを条例で定めている[7]
...』
Wikipedia



海の日の俳句:


・海の日に集ひて地球ボランティア   稻畑汀子


・海の日の逆らふ雨に旅続く   森津三郎


・海の日のだあれもゐない喫茶店   布川直幸




3
連休最後の海の日。
今日も又天気がすぐれない。

各地の海水浴場、遊園地、プールの状況をTVが中継している。
 豊島園プールは昨年と比べ、利用者が95%減少、僅か前年の5%になっているそうだ。
 海水浴場も灰色の空に見えるのは波ばかり。

この天気だから行楽の面では、いつもと違う海の日だが、海の環境整備の観点ではかえって良いようだ。

G20
で海洋プラスチックゴミ対策が議論された様に、海の浄化は喫緊の課題。
 各地の浜では、プラスチックを中心にゴミの回収が行われた。

志摩の海はまだ梅雨空で暗いが、南の島はもう明るい。
今年は遅かった梅雨明けも、629日、沖縄気象台は「沖縄地方は梅雨明けしたとみられる」と発表した。

本土の海の梅雨明けも、もう10日程の辛抱だ。