2019年07月08日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2019年07月
2019-07-08 (Mon)

2019/07/08 日記 凌霄花

2019/07/08 日記 凌霄花

2019/07/08 (月) 旧暦: 6月6日 祝日・節気:  日出: 4時31分 日没: 18時59分 月出: 10時21分 月没: 23時07分 月齢: 5.32 干支: 丙午 六曜: 大安 九星: 三碧木星 今日のあれこれ: 凌霄花 「鎌倉・妙本寺のノウゼンカズラ  4k撮影  17. 7. 8」 https://youtu.be/IUgeHcfYV08 『凌霄の花(のうぜんのはな) 晩夏 子季語: 凌霄、凌霄葛、のうぜんかづら 解説: 夏に咲く蔓性植物の...

… 続きを読む

2019/07/08 (月) 旧暦: 66日 祝日・節気:  日出: 431分 日没: 1859分 月出: 1021分 月没: 2307分 月齢: 5.32 干支: 丙午 六曜: 大安 九星: 三碧木星


今日のあれこれ: 凌霄花


「鎌倉・妙本寺のノウゼンカズラ  4k撮影  17. 7. 8


https://youtu.be/IUgeHcfYV08



『凌霄の花(のうぜんのはな) 晩夏
子季語: 凌霄、凌霄葛、のうぜんかづら
解説: 夏に咲く蔓性植物の花。花はオレンジ色で漏斗状。樹木や塀に絡まって高々と咲き上る。
中国原産で古くから庭木として植えられている。花の色が特異なのでかなり目立ち存在感がある。咲いた先から次々に散るので、地上に散り敷くさまも美しい。
来歴: 『俳諧初学抄』(寛永18年、1641年)に所出。
実証的見解: ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属の蔓性植物で原産地は中国。付着根を出して樹木などを高々と這いのぼる。ぎざぎざのある葉は奇数羽状で対生する。七月から八月にかけて枝先に円錐花序を出し漏斗状のオレンジ色の花を咲かせる。』
(季語と歳時記)



凌霄花の俳句:


・凌霄花昔廓のひとところ  本橋美和


・凌霄花女ばかりの家覆ふ   森岡正作


・凌霄花風にまかせて夜叉めけり   安田優子


・凌霄花明るく咲きて散りゆける   岡田麻枝


・凌霄花燠火のごとく地にありぬ  直江藤三郎




毎日、曇りまたは雨。
絶え間なく続くと、些か鬱陶しい。

こんな暗く重い街景色の中に、際立って明るい花の群れが目に入る。
 凌霄花だ。

大きな株になると、朱色の艶やかな花が夥しく咲く。
明るいが、近づくと何か懶惰な息吹のようなものを感じる。

快い微風でもあれは、可憐さが先立つのかも知れないが...