2019年05月04日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2019年05月
2019-05-04 (Sat)

2019/05/04 令和初めての一般参賀

2019/05/04 令和初めての一般参賀

天皇陛下の即位をお祝いする一般参賀が開催され、14万人に登る国民が皇居に集まり、お祝い申し上げた。 「天皇陛下、即位後初の一般参賀「手を携えて世界の平和願う」(令和元年5月4日)」 https://youtu.be/S6vKyfhJp-s 『一般参賀に14万人余 天皇陛下「国民の幸せと世界の平和を」 2019年5月4日 17時49分 天皇陛下の即位を祝う一般参賀が4日、皇居で行われ、14万人余りに上る大勢の人が訪れました。天皇陛下...

… 続きを読む


天皇陛下の即位をお祝いする一般参賀が開催され、14万人に登る国民が皇居に集まり、お祝い申し上げた。


「天皇陛下、即位後初の一般参賀「手を携えて世界の平和願う」(令和元年54日)」


https://youtu.be/S6vKyfhJp-s



『一般参賀に14万人余 天皇陛下「国民の幸せと世界の平和を」
2019
54 1749

天皇陛下の即位を祝う一般参賀が4日、皇居で行われ、14万人余りに上る大勢の人が訪れました。天皇陛下は即位後初めて一般の人たちを前におことばを述べ、この中で国民の幸せと世界の平和を願われました。

3日前の今月1日に即位された天皇陛下の即位を祝おうと皇居には大勢の人が詰めかけ、皇居の正門の前には午前9時すぎの時点でおよそ5万人が集まり、予定より20分早く門が開けられました。待っていた人たちは二重橋を通って宮殿の前に向かいました。

天皇陛下は、皇后となられた雅子さまや皇位継承順位1位の「皇嗣」となられた秋篠宮さまなどの皇族方とともに宮殿のベランダに立ち、訪れた人たちに笑顔で手を振って応えられました。

皇后さまは黄緑色のロングドレス姿で、天皇陛下とことばを交わしながら笑顔を見せられていました。

そして天皇陛下は即位後初めて一般の人たちを前におことばを述べられました。

この中で、訪れた人たちからの祝意に感謝のことばを述べたうえで「ここに皆さんの健康と幸せを祈るとともに、わが国が諸外国と手を携えて世界の平和を求めつつ、一層の発展をとげることを心から願っております」と述べられました。

天皇陛下は4日一日で皇后さまや皇族方とともに合わせて6回ベランダに立ち、祝賀に応えられました。

東京の都心は最高気温が25度近くになり、天皇陛下は午後2時からの5回目以降には、これまでのおことばに加えて「暑い中、来ていただいたことに深く感謝いたします」と述べ、訪れた人たちへの気遣いを見せられていました。

宮内庁によりますと、4日参賀に訪れた人は141000人余りに上ったということで、平成以降の一般参賀では上皇さまの退位を前にしたことしの新年の参賀に次いで2番目に多い人数になりました。
上皇さまのおことば受け継ぐ
4日の天皇陛下のおことばは、29年前、上皇さまが即位を祝う一般参賀で述べられたおことばを受け継ぐ内容になりました。

前回の平成2年11月の参賀で上皇さまは、国民からの祝意に感謝の気持ちを表したうえで「ここに皆さんの幸せを祈り、わが国が世界の国々と相たずさえ、人類の平和と福祉を求めつつ、ともに発展することを心より念願いたします」と述べられました。

4日、天皇陛下は「ここに皆さんの健康と幸せを祈るとともにわが国が諸外国と手を携えて世界の平和を求めつつ、一層の発展をとげることを心から願っております」と述べ、上皇さまと同じように国民の幸せと世界の平和を願われました。
専門家「平成スタイルを踏襲」
象徴天皇制を研究している名古屋大学の河西秀哉准教授は、4日の天皇陛下が述べられたおことばについて、「平成は皇室が国民的な支持を受け、尊敬の具合、共感の具合が高かったがきょうのおことばは基本的には、平成のスタイル、形式をそのまま踏襲しているものだったと思う」と述べました。』
NHK NEWS WEB


ご退位の日は、遣らずの雨が降り続いた。
これは、お天気も感謝の涙だった。

今日は、風薫る春、お祝いに相応しいお天気だった。





2019-05-04 (Sat)

2019/05/04 日記 みどりの日

2019/05/04 日記 みどりの日

2019/05/04 (土) 旧暦: 3月30日 祝日・節気: みどりの日 日出: 4時46分 日没: 18時29分 月出: 4時35分 月没: 17時41分 月齢: 28.76 干支: 辛丑 六曜: 友引 九星: 五黄土星 今日のあれこれ: みどりの日 「富士桜高原で見た新緑と富士山 (2018年みどりの日)」 https://youtu.be/DIPKKZEbZWA 『みどりの日(みどりのひ)は、日本の国民の祝日の一つである。日付は5月4日。1989年(平成元年)か...

… 続きを読む

2019/05/04 (土) 旧暦: 330日 祝日・節気: みどりの日 日出: 446分 日没: 1829分 月出: 435分 月没: 1741分 月齢: 28.76 干支: 辛丑 六曜: 友引 九星: 五黄土星


今日のあれこれ: みどりの日

「富士桜高原で見た新緑と富士山 (2018年みどりの日)」


https://youtu.be/DIPKKZEbZWA




『みどりの日(みどりのひ)は、日本の国民の祝日の一つである。日付は54日。1989年(平成元年)から2006年(平成18年)までは429日であった[1]。国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23720日法律第178号)第2条によれば、「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを趣旨とする。ゴールデンウィークを構成する休日の一つである。

概要
1948
年(昭和23年)の祝日法施行以来、昭和天皇の誕生日である429日は、国民の祝日である「天皇誕生日」とされていた。その後1989年(昭和64年)17日の前天皇即位により、天皇誕生日は前天皇の誕生日である1223日に改められることとなったが、ゴールデンウィークの一角を構成する祝日を廃止することによる国民生活への影響が懸念されたことから、429日を「みどりの日」と改めた上で祝日として存続させることとなった。

その後、2005年(平成17年)の祝日法改正により、2007年(平成19年)以降、「みどりの日」を従来、祝日と祝日の間の平日「国民の休日」であった54日に上書き的に移動し、429日を「昭和の日」とすることとなった。この経緯については昭和の日を参照。

名前の由来
「みどりの日」の名前の由来は、各界識者をメンバーとする小渕恵三官房長官(当時)の私的諮問機関(皇位継承に伴う国民の祝日に関する法律改正に関する懇談会)において、「昭和天皇は植物に造詣が深く、自然をこよなく愛したことから『緑』にちなんだ名がふさわしい」という主旨の意見が多数を占めたからであるとされている。他の意見には「科学の日」などがあったとされ、いずれにしても429日が休日となるゆえんとなった昭和天皇の、博識であった面にちなんだ名前となっている。

みどりの月間
みどりの月間(みどりのげっかん)とは、「みどりの日」についての国民の関心と理解を一層促進し、「みどり」についての国民の造詣を深めるための月間である。

期間は毎年415日から514日。2006年(平成18年)88日の閣議決定によって、翌2007年から実施されている。

この期間中は「みどりの式典」を開催するほか、地方公共団体及び一般の協力を得て、「みどり」に関する各種行事等を全国的に実施することとされている。

みどりの週間
みどりの週間(みどりのしゅうかん)とは、「みどりの日」改正以前の2006年まで存在したもので、その後「みどりの月間」に置きかえられた。

目的は「みどりの日の趣旨を広く普及し、緑豊かな自然と国土の形成及び国民生活の向上に資すること」とされる。国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律(平成元年法律第5号)により、国民の祝日として「みどりの日」が制定されたことに伴い、1989年(平成元年)418日の閣議了解によって、「みどりの日」を最終日とする一週間(423 - 429日)と定められた。

この週間においては地方公共団体及び一般の協力を得て、「みどり」に関する各種行事等を全国的に実施することとされていた。「みどりの日」の改正に伴い、「みどりの週間」を廃止し、代わりに「みどりの月間」(415 - 514日)を創設することが2006年(平成18年)88日に閣議決定された。

その他
2007
年以降、「みどりの日」には国公立公園の無料開放を行うほか、国民が自然に親しむための各種行事等を各地で実施することになっている。

また、この日には普段は青色で印刷される毎日新聞の題字が緑色になる。ただし夕刊は休む。

1991
年から「みどりの日」(現・昭和の日)にちなんで名称グリーンレガッタ、伝統のボート四大学対抗戦(中央大学・法政大学・日本体育大学・東京経済大学-定期戦)が戸田漕艇場で実施される。早慶レガッタほどではないが、各大学の応援合戦もあり華やかである。
』(Wikipedia



みどりの日の俳句:


・みどりの日緑の上に富士坐る  本間 稔


・みどりの日よちよち歩きのリュックの子  福原千枝子


・手作りの花壇仕上がりみどりの日  永井靖晁



今日は、みどりの日。
大型連休の最中、子どもたちはディズニーランドや遊園地、動物園に連れて行ってもらったことだろう。

小さな体に大きなリュックを背負った子どもたちは可愛い。
そして、未来そのものだ。