FC2ブログ

  • 2018年10月 の記事一覧

2018年10月31日(水) 記事No.169

2018/10/31 () 旧暦: 923 祝日・節気: ハロウィン 日出: 601 日没: 1647 月出: 2242 月没: 1211 月齢: 21.97 干支: 丙申 六曜: 先勝 九星: 一白水星


今日のあれこれ: ハロウィーン

「狂乱の渋谷ハロウィン ドキュメンタリー Halloween Girls in Shibuya


https://youtu.be/FrjPrxl2kAU



『...
日本とハロウィン
日本では馴染みのなかったハロウィンであるが、後述の1990年代後半より始まった東京ディズニーランドのイベントを筆頭として、各地でのハロウィンイベントの開催が増えたこと、さらに2000年代後半より菓子メーカーが相次いでハロウィン商戦に参入したことなどを契機としながら、2010年代中盤にはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及にも後押しされて市場規模が拡大[41][42][43][44]。同時期、店頭・街中でのハロウィン装飾が見られるようになったほか、仮装・コスプレのイベントとして日本式にアレンジされたハロウィンが行われている[45]。ただし、後述のように様々な問題も起きており、8割の人がハロウィンに関心を示していない、もしくは好まないという2016年のアンケート結果などもある[46][47]

行事の開催
日本では、キデイランド原宿店が1970年代にハロウィン関連商品の店頭販売を開始し、198310月には同じくキデイランド原宿店が販売促進の一環として日本初とされるハロウィン・パレードを開催した[48]。アメリカで行われる娯楽行事の多くがそうであるように、近年では日本でもハロウィンが広く行われるようになってきた。ただしクリスマスなどと同様に、日本で行われるハロウィンの催しには宗教的色彩はより薄い。

ハロウィンのパレードとしては神奈川県川崎市のJR川崎駅前の「カワサキ・ハロウィン・パレード」が知られる。このパレードでは約3000人による仮装パレードで約10万人の人出を数える(1997年より毎年開催)[49]

東京ディズニーランドでは19971031日、園内に仮装した入園者が集まるイベント「ディズニー・ハッピー・ハロウィーン」が初めて開催され、20001031日には400名の仮装した入園者とディズニーのキャラクターが園内をパレードする「Happy Halloween Twilight Parade」が開催された。2001年からは10月中に開催されるイベントとして園内パレードも行われるようになり、次第に秋のイベントとして恒例化していった。現在では9月初旬から始まる大きなイベントとなっている。

一方、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で2011年より毎年開催されている「ハロウィーン・ホラー・ナイト」(en:Halloween Horror Nights)のように、ハロウィンのイメージになぞらえてホラー系のイベントを開催するケースも見られる[ 15]

各地でのイベントの開催
歴史的経緯から 欧米系島民が集住している東京都小笠原村父島では[51]、島民の秋のイベントとして定着しており、幼年の子どもたちの大多数が参加するほどの盛況ぶりを見せている[52][53]

欧米系村民が多数存在し、海外からの観光客も多い長野県北安曇郡白馬村では、毎年10月の最終日曜日に、村民ボランティアによって「白馬deハロウィン」が行われていて、トリック・オア・トリートやジャック・ランタンコンテスト、仮装コンテストなどが行われ、地元の人気店による屋台も出店され、当日は歩行者天国になった村道に仮装した大勢の子供たちが家々を訪ね歩いてお菓子をもらっている光景が見られる(2005年より毎年開催)[54]

他にも、鉄道の街として知られる新潟県新潟市秋葉区の新津地域では、毎年10月の最終土曜日に地元商店主や地元大学生たちによって「にいつハロウィン仮装まつり」が行われていて、仮装パレードや仮装コンテスト、スタンプラリーやナイトパーティなどが行われ、そのほか移動販売車や地元業者による屋台出店があり、当日は歩行者天国になった商店街のメインストリートには仮装した大勢の人(常時約1,000人、延べ約5,000人)がひしめく光景が定着しつつある(2007年より毎年開催)[55]

事件・トラブル
2007
1027日には日本のJR山手線、大阪環状線に数十人のグループが押し寄せ、車内の蛍光灯を外す、網棚の上に寝転ぶ、他の乗客とトラブルを起こすなどして電車を遅延させるなど暴徒化する者もいた。2008年にはJR側が警視庁と連携を取りながら事前にビラを配り、ガードマンを配置するなど対応を強化するなどの対応をとった[56]

2014
年のハロウィンでは渋谷に多数の仮装者が集まったため混乱状態となり、機動隊が出動し駅前の交差点などに総勢約200人配置するなどの態勢で警戒にあたり、逮捕者も2名出るなど未明まで騒ぎが続いた[57]。また、同年のハロウィンでは更衣室の不足やごみの散乱などが問題視され、翌2015年のハロウィンでは神宮通公園などに仮設更衣室が設けられたほか、ゴミ袋の配布やゴミ拾いイベントも行われた[58]

2015
1013日、熊本県内で「仮面をかぶりチェーンソーを持った男が歩いていた」と110番通報があり、複数のパトカーが集まるなど一時は騒然となった。犯人は熊本市内の商業施設で勤務している20歳代の男で、「ハロウィーンの仮装で職場を驚かそう」と考えたとのことで、チェーンソーはおもちゃだった[59]。同年1031日には渋谷のスクランブル交差点付近の路上で、迷彩服姿に仮装した20代の無職の男が警戒中の警察官をエアガンのようなもので殴打し、公務執行妨害の現行犯で逮捕された[60]

以上のようにハロウィン参加者によるごみの散らかしといった非常識行為、犯罪行為などが問題視されており、日本においてハロウィンに対する批判や非難も増加している[61]
...』
Wikipedia



ハロウインの俳句:


・ハロウィンの仮面賑やかカフェの窓  宮田香


・ハロウィンの魔女の呪文や大南瓜  矢口笑子


・ハロウィンの曲にて気ままダンシング  松田和子



お祭り好きな日本人の性格をうまく使ってクリスマス商戦を作ることに成功した日本の商業主義は、その後も柳の下の泥鰌を狙って余念がない。
母の日やらバレンタインデーやら、ハロウィーンは最も新しくて定着しつつある。

今では幼稚園でもイベントを行っているそうだから、もう定着したと考えてよいだろう。

若者の方は、毎年のように渋谷でのハロウィーン騒動がTVで報じられるので、もう年中行事になっている。
仮装用のグッズもネットや百均で沢山販売されている。

フィットネスジムのスタジオでも25日から仮装大会が始まっており、モンスター、ゾンビ、悪魔、コウモリなどの不気味系からフリルひらひらのかわい子ちゃん系まで沢山登場し、楽しく踊っている。

日本は平和で、素晴らしい。
しかし好事魔多しと言う諺もある。
元禄花見踊の現代版にならないようにしたいものだ。



(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年10月30日(火) 記事No.170

2018/10/30 () 旧暦: 922 祝日・節気:  日出: 600 日没: 1648 月出: 2137 月没: 1117 月齢: 20.97 干支: 乙未 六曜: 赤口 九星: 二黒土星


今日のあれこれ: 柚子

 
image
(天竜杉で作る、浜松自宅カフェ日記
https://todays-cafe-pre.blog.so-net.ne.jp/2013-11-28

より転載




『ユズ(柚子/ゆず)とは

●原産地は中国の揚子江上流です。
ユズはミカン科ミカン属の果実で、海外でも「ユズ」と呼ばれています。原産地は中国の揚子江上流とされていますが、ご存知のように日本でも古くから各地で栽培され、寒さに強い事もあり、東北地方まで栽培が可能な数少ない柑橘類となっています。

ユズの木には長く鋭いトゲがあり、風などで枝が揺れることにより果実に傷がつきやすく、収穫時にも手を傷つけないよう注意が必要です。

食用という意味ではありませんが、古くから毎年12月の冬至の日に柚子湯に入るとその冬の間風邪を引かずに過ごせると言われています。

ユズには大きく三つの種類があります。
●本ユズ
木頭系とも呼ばれるもので徳島県那珂郡木頭村で選抜された系統です。

●山根系
徳島県阿南市の山根氏によって選抜されたもので、早期結実品種でやや扁平な形をしています。

●多田錦
種なしユズとして料理に使いやすい上、棘が少ないという事もあり人気がありますが、果実は小ぶりです。

●鬼北の香里
1989年に愛媛県鬼北町の影浦重美さん見つけ 2010年6月に登録申請された棘がほとんどない品種。2013年3月に登録されました。現在愛媛で普及促進が行われ、2015年より苗木が販売される予定。

●鬼柚子(獅子柚子)
画像は珍しい鬼ゆず。手前がカボスなので、その大きさがわかると思いますが、非常に大きく、外見も独特です。柚子と呼ばれてはいますが、実は文旦の一種です。詳しくはこちら →

●日本料理には欠かせない香気
ユズはその独特の爽やかな香りと果皮の色合いで、それそのものがメインになる事は無く様々な料理の引き立て役として日本料理には欠かせない重要な食材として人々の五感に触れてきました。今でこそ全国から収穫時期をずらして長く店頭に並んでいますが、本来は明確な季節感を感じさせる味と香りだったのです。
...
■ユズに含まれる主な有効成分とその効用
●豊富なビタミンC
ビタミンCを多く含んでいますが、皮の方が栄養価が高くビタミンCは果汁の4倍近く含まれています。ビタミンCには風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。

●マーマレードやピールにはペクチンがたっぷり
ペクチンは水溶性の食物繊維です。これには整腸作用があり、下痢や便秘を予防する効果や、血液中のコレステロールを減らし動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病の予防にも効果があるといわれています。

●疲労回復効果
梅に含まれるクエン酸やリンゴ酸などの有機酸には疲労回復効果があります。

●カルシウムの吸収を助け骨を丈夫にする
クエン酸などの有機酸にはカルシウムの吸収を助ける働きもがあります。

●冬至の日に柚子湯に入ろう
食用という意味ではありませんが、古くから毎年12月の冬至の日に柚子湯に入るとその冬の間風邪を引かずに過ごせると言われています。

(旬の食材百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/yuzu.htm
より転載)



柚子の俳句:


・押し戻す梯子に揺られ柚を捥ぐ  星王子


・一と枝の柚子の重さの侮れず  大橋敦子


・遠き日の母の夜なべや柚煮詰め  阿部悦子


・蓋取りて先づ柚子の香といふ馳走  稲畑廣太郎


・鯵鮨の柚子一切れのかをりかな  大栗須美子



庭の緑色の柚子が、朝夕の冷え込みに伴い、心なし黄色味を帯びてきた。
気づくと黄色の柚子が枝いっぱいに実っていることになりそうだ。

表年だった去年は黄色の柚子が樹全体に生り、緑の葉が実に隠れてしまう状態だった。裏年の今年は昨年に比べれば少ないがそれでも多い。
大橋の詠むように一と枝の柚子は侮れない、実の重さで枝が下に曲げられてしまっていた。いつの年だったか俄雪の大雪があり、実の重さに加え雪の重さが加わり、枝先は地面に着きそうだったが、それでも枝は折れなかった。柚子の木の粘り強さは本物だ。

多く採れる柚子は、始末に困るほどだ、薬味で使う量は僅かで、冷凍する量は限られている。多くは保存している間に傷んでしまうことが多い。
ジュースやマーマレードなど大量に使う方法を考えなけれなならない。

柚子の香はこころを爽やかにする。
柚子を添えるだけで料理の美味しさを倍増させる力を持っている。
稲畑と大栗の感動はよく理解できる。



(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年10月29日(月) 記事No.171

2018/10/29 () 旧暦: 921 祝日・節気:  日出: 559 日没: 1649 月出: 2037 月没: 1017 月齢: 19.97 干支: 甲午 六曜: 大安 九星: 三碧木星


今日のあれこれ: 釣瓶落し

「【4Kタイムラプス】安曇野と北アルプスの夕夜景/ 4K timelapse of Azumino at twilght


https://youtu.be/cnnUGmLZ-y0




『釣瓶落し
三秋
              .
井戸底にすとんと釣瓶が落ちるように、瞬く間に暮れてしまうこと。』
(季語と歳時記)



釣瓶落しの俳句:


・安曇野の釣瓶落しの道祖神  前阪洋子


・雲海の五彩に釣瓶落しかな  岡田貞峰


・海が引く釣瓶落しの陽の太き  吉村摂護


・海鳴りや釣瓶落しの親不知  石原光徳


・曳売りの喇叭へ釣瓶落としかな  岡田史女



秋の夕暮れは早い。
まだ、やるべきことが終わっていないのに太陽はどんどん低くなり、夕闇が迫ってくる。

秋の夕暮は、特に寂しいものだ。
この寂しさは、まだまだと思っている以上に時が過ぎていく速さに、気持ちが追いついていかないからだ。

もう夜の闇はそこまで来ている。
明日はまたやってくるはずだが、今日はこれで終わって良いのだろうか。

暮れなずむ空気の中をラッパの音色が、流れてくる。
曳き売の人は、商品を売り切れたのだろうか。




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年10月28日(日) 記事No.172

2018/10/28 () 旧暦: 920 祝日・節気:  日出: 558 日没: 1650 月出: 1943 月没: 914 月齢: 18.97 干支: 癸巳 六曜: 仏滅 九星: 四緑木星


今日のあれこれ: 鷹渡る

「秋空の鷹柱」


https://youtu.be/jBEXvXl9Qdc




『鷹渡る: 秋の鷹、鷹柱
三秋
おもに秋に南方へわたる鷹をいう。また、冬鳥として秋に北方から渡来する鷹もさす。』
(季語と歳時記)



鷹渡るの俳句:


・伊良湖より一枚の海鷹渡る 増田河郎子


・澄みわたる土佐の青空鷹渡る 岩川みえ女


・芥子粒となるまで昇り鷹渡る 棚山波朗



冬がやってくる日本本土を旅立ち、越冬のため東南アジアに向かうサシバは、南西諸島で羽を休める。
昔は、サシバの大群が飛来した伊良部島には、それを観光スポットにした、巨大なサシバのモニュメントがある。

clip_image002

(日本珍スポット100
https://bqspot.com/okinawa/miyako/491
より転載)


まだ、伊良部島へはフェリーで渡った頃、巨大なサシバ像はフェリーの上から崖の上に見えた。
下船し、チャーターしたタクシーでサシバ像に到着すると、展望台になっている場所まではコンクリートの階段を登っていく巨大なものだった。
伊良部島のサシバの大群は、有名なものだったそうだ。

今年も、飛来するサシバの調査が行われている。

『サシバの渡り本格化へ/飛来数調査

これまでに1195羽確認

clip_image003
南下の途中、下地島に飛来したサシバの群れ=10日、下地島

宮古島に秋の訪れを告げる「寒露のタカ渡り」として知られるサシバ(タカ科)の本格的な渡りが始まっている。県自然保護課、市と宮古野鳥の会が8日から、市役所伊良部庁舎で実施している飛来数調査で、10日までに合わせて1195羽の飛来を観察した。


伊良部島では8日に59羽が飛来。9日は315羽、調査3日目の10日は821羽の飛来が確認された。(いずれも速報値)


昨年の調査期間中(2週間)では約8600羽、調査開始から3日間では1495羽の飛来が確認されている。


サシバは雄は全長約45センチ、雌は約50センチで、本州中部以南で繁殖し、越冬地の東南アジアなどに向かう途中で、宮古島などを中継地点として飛来し羽を休める。』
(宮古毎日新聞
http://www.miyakomainichi.com/2018/10/113000/
より転載



増田が伊良湖で見送り、岩川が土佐の青空で見送り、棚山が空高く見えなくなるまで見送った鷹たちも、きっと伊良部島で休んだに違いない。

我々はジェット機で3時間弱の旅だが、鷹たちは二枚の羽を使って独力で飛んでいかなければならない。
道中、様々な困難があるはずだが、無事に飛んで行けと声援したくなる鷹の渡りだ。




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年10月27日(土) 記事No.173

2018/10/27 () 旧暦: 919 祝日・節気:  日出: 557 日没: 1651 月出: 1855 月没: 809 月齢: 17.97 干支: 壬辰 六曜: 先負 九星: 五黄土星


今日のあれこれ: 自然薯

clip_image002
(自然薯王国
http://jinenjooukoku.com/know/
より転載




『自然薯(じねんじょ)とは

◆ヤマノイモの仲間
自然薯は一見長芋(ナガイモ)とも似ていますが別種にあたり、風味も異なり、市場価値も格段の差があります。一般に山芋と呼ばれるものには、大きく分けてヤマノイモ、ジネンジョ、ダイジョの3つの種類に分かれます。ここではこの中のジネンジョについて紹介しています。

◆ヤマノイモ科ヤマノイモ属
自然薯(じねんじょ)は自然生(じねんじょう)とも呼ばれ、日本が原産のヤマノイモです。その名が示すとおりかつては山に自生している天然のものを収穫していましたが、近年では栽培が盛んに行われるようになり、まっすぐに伸びた綺麗な形の物が市場に流通しています。

もともと野生種で山菜の王者と呼ばれ古くから珍重されてきました。芋の部分だけでなく蔓にはムカゴと呼ばれる大豆ほどの実を付け、これも食用になるほか、春には新芽も山菜として食用とします。

◆短形自然薯
自然薯には一般的な細長く伸びていくタイプといちょう芋などのように塊になる短形自然薯と呼ばれるタイプがあります。この短形自然薯は綺麗に真っ直ぐ伸びるように栽培された自然薯に比べ格段に安い価格で販売されています。

◆自然薯の特性
自然薯は地上部分に長い蔓を伸ばします。葉の形は細長いハート型で、先が細く尖った形をしていて、秋になると葉の付け根部分にムカゴと呼ばれる実をつけます。地下の芋の部分は秋に肥大しますが、冬に地上部が枯れ、春になるとその芋の先から新たな芽が伸び成長し、地上部が伸びていくに従い芋の養分を吸ってしまうのでしぼんでいきます。そして秋になると元のより更に大きく肥大して行きます。天然の物の場合だと5年くらいかけて成長を繰り返し1mほどの大きく長い芋と成ります。

栽培物の場合は早いものだと種芋を定植してから1年、長いものでも3年ほどで収穫されますが、サイズは1年でも1mを越すものが採れるようになります。
...
自然薯(じねんじょ):栄養価と効用

それぞれの栄養素については、「旬の食材と栄養素」で詳しく説明しているので、そちらと合わせてご覧ください。

●自然薯(じねんじょ)の主な有効成分と働き
自然薯は古くから漢方薬としても用いられ、滋養強壮をはじめ疲労回復、虚弱体質の改善や食欲増進、免疫力を高めかぜ予防などに優れた効果があるとされています。

◆アルギニンなどによる強精効果
自然薯は昔から強精作用があるとされ、山のうなぎとも言われてきました。自然薯には生殖能力を強めるアルギニンと呼ばれる酵素が沢山含まれています。

DHEAを増やすディオスゲニン
自然薯にはディオスゲニンと言う物質が含まれており、これは若さの維持やホルモンバランスに関係しているDHEAを増やす役割があるということが分かってきたようです。このDHEA(デヒドロエピアンドロステロン-Dehydroepiandrosterone)とは副腎や性腺で産生される男性ホルモンの一種で脳内の神経細胞の情報伝達に関与し、神経伝達物質ドーパミンを適切な量に戻したり、ホルモンの分泌を促進させる効果があるとされています。

◆食物繊維は長いもの約2倍
自然薯には一般的な長芋に比べ約2倍の食物繊維が含まれています。

(旬の食材百科
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/jinenjyo3.htm



自然薯の俳句:


・自然薯の枯葉を金に山日濃し 上條勝


・海にマスト多き日は自然薯掘りにゆく 加倉井秋を


・自然薯が届く丹波の土こぼし  木暮剛平


・自然薯のかうなるまでの紆余曲折 高澤良一


・自然薯の山の香りを擂つてをり  田所節子


自然薯は今はさいばいものがあるので、お金で買うことができるが、昔は掘りに行くものだった。

空きの晴れ渡った佳い日に仲間や家族で山に行き、夏に目印を付けておいた自然薯の蔓を辿って、掘り上げる。
文字で書けば簡単だが、実際は大変な作業になる。

畑の土とは違って、山の粘土質の土に、曲がりくねりながら地下深く伸びている。
地層の違いや、石があったりすれば、自然薯は真っすぐ伸びていかない、高澤の言う「紆余曲折」で伸びる。
これを折らないように掘り上げれば大成功だ。

家族や知り合いに掘る人がいれば、自然薯が届くこともある。小暮は丹波から届くルートがあって幸せだ。

自然薯はおろし金ではなく、すり鉢の溝にこすりつけて擦り下ろす。そうすると滑らかな舌触りとモチモチの食感を楽しむことができる。
確かに自然薯からは土の匂いが立ち上がり、弾力があり持ち上げても、下に流れ落ちることはない。長芋とは全く違う世界を持っている。

山から掘ってきた自然薯はもう5,6年は食べていない。
食べる機会を見つけなくては。




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年10月26日(金) 記事No.174

2018/10/26 () 旧暦: 918祝日・節気:原子力の日日出: 556日没: 1652月出: 1813月没: 705月齢: 16.97 干支:辛卯六曜:友引九星:六白金星

今日のあれこれ: 鰯


clip_image001



『鰯: 弱魚、真鰯、鰯売、鰯干す
三秋
暖流に乗って大群で近海に押し寄せるため、海の色が変ることもある。
漁獲量が多く値も安い。背は濃藍色で腹は銀白色。体に七
つ星の黒点がある。秋が旬で鱠や塩焼で食す。』
(季語と歳時記)



鰯の俳句:


・鰯船かもめ百羽を従へて若園守


・鰯引くたかぶり犬も汐まみれ木谷島夫


・うつくしや鰯の肌の濃さ淡さ小島政次郎



・鰯煮てゐて人の恋しかりけり  助口弘子


・鰯食む独り暮しも十年なる  柳生千枝子



魚の缶詰の代表は永らくツナ缶だったが、去年辺りから鯖缶が第一位の座を奪っているそうだ。
原因は健康第一志向で青魚が大人気だからだ。

鯖の次は鰯かもしれない。
鰯は小骨が多いので缶詰にするのは適していないかもしれない。
それでも価格差が大きくなれば鰯人気も沸騰することは考えられる。

助口も柳生も夫をなくしたのだろうか。
鰯は過去の良き時代を思い出させてくれるようだ。
どうやら鰯の時代がやってくるのは避けられない。





(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年10月25日(木) 記事No.175

2018/10/25 () 旧暦: 917 祝日・節気: 日出: 555 日没: 1654 月出: 1735 月没: 601 月齢: 15.97 干支: 庚寅 六曜: 先勝 九星: 七赤金星


今日のあれこれ: 蜜柑山


「みかん山」


https://youtu.be/VEXJ3NJtuQg



『蜜柑: 温州蜜柑、紀州蜜柑、紅蜜柑、蜜柑山、蜜柑畑
三冬
柑橘類のひとつで常緑低木の果実。南あるいは西向きの暖かい斜面にみかん畑が作られる。産地は九州、四国、山陽から和歌山県、静岡県、神奈川県が北限。六月ごろ白い花を咲かせる。
収穫の頃のみかん山は黄に染まる。』
(季語と歳時記)



蜜柑山の俳句:


・因の島瀬戸内広き蜜柑山 草野金子


・海より日出てすぐ蜜柑山照す 加倉井秋を


・蜜柑山女の肌に血肉満ち 桂信子



蜜柑山というと伊豆の西海岸を思い出す。
伊豆のみかん狩りと沖釣りと海鮮料理を楽しむ旅行だった。
みかんがたわわに実った風景は海を背景に心安らぐものだった。

草野も加倉井も蜜柑山と海と空の贅沢な美しさを堪能している。

女性の桂は、迫力いっぱいだ。
肌に良いビタミンCのためには蜜柑山すべてのみかんを食べ尽くしてやるぞと血も肉も心も騒ぎ立っているのだ。
生きるということも、美しくなるということも貪欲でなければ、満ちることはない。

そうですと拍手喝采する他はない。





(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年10月24日(水) 記事No.176

2018/10/24 () 旧暦: 916 祝日・節気:  日出: 554 日没: 1655 月出: 1701 月没: 500 月齢: 14.97 干支: 己丑 六曜: 赤口 九星: 八白土星

今日のあれこれ: 秋雨

「秋瑾后人湖女侠的故事 / China's 1911 Revolution: Qiu Jin


https://youtu.be/NTI4X_whZ_Y



『秋の雨(あきのあめ) 三秋
子季語: 秋雨、秋黴雨、秋霖、後の村雨、秋の村雨
関連季語:         
解説: 秋に降る雨のこと。初秋に降る暑さを和らげる雨、台風がもたらす強く激しい雨、晩秋の冷たい雨といろいろあるが、秋雨前線による秋の長雨が印象深い。
春の雨にくらべて寂しい風情がある。
来歴: 『滑稽雑談』(正徳3年、1713年)に所出。
文学での言及: 秋の雨にぬれつつをれば賤しけど吾妹が屋戸し念ほゆるかも 大伴利上『万葉集』
』(季語と歳時記)



秋雨の俳句:


・秋雨に湖はけぶりて音もなし  小島三恵


・御胸に秋雨流れ野の仏  植村よし子


・家深くゐて秋雨の音の中 石井美穂



昨日、秋風を書いていて、思い出した
武田泰淳の小説、「秋風秋雨人を愁殺す」
秋雨も書かなければならない。

この小説は、清朝末期の女性革命家秋瑾の伝奇小説であり、題名も秋瑾が斬首による処刑をされた時の、辞世の詩とされている。

秋瑾は、結婚し、裕福な生活を送り、2児をもうけながら、その生活に満足できず、革命活動に身を投じた詩人である。

留学生として日本にも来日、革命活動への準備を行った経歴があり、日本にも縁がある人物。

酒を飲み、酔って剣舞を舞う壮士まがいの女傑でもあったそうだ。

中国語はわからないが、動画でその雰囲気を感じることはできる。


秋雨は愁いを呼ぶとされており、俳句の世界でもその通りだ。
例句もしみじみとした秋雨の世界を詠んでいる。

しかし、秋瑾の「秋風秋雨人を愁殺す」は、もっと違った激しい世界を呼び起こすもののようだ。


今の日本では、秋の夜長、「家深くゐて秋雨の音の中」本を読み耽るのが良いのかもしれない。


【データ】

秋瑾 Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E7%91%BE


漢詩と中国文化 「秋風秋雨人を愁殺す:秋瑾女史秋風曲」

https://chinese.hix05.com/Qiujin/qiujin11.shuhu.html




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年10月23日(火) 記事No.177

2018/10/23 () 旧暦: 915 祝日・節気: 霜降、電信電話記念日 日出: 553 日没: 1656 月出: 1629 月没: 400 月齢: 13.97 干支: 戊子 六曜: 大安 九星: 九紫火星


今日のあれこれ: 秋風

「秋の八千穂高原・苔の森と白樺林」


https://youtu.be/a-xGFyIFzVg



『秋風(あきかぜ) 三秋
2011/02/21

【子季語】
秋の風、白風、金風、爽籟、風爽か
【関連季語】 色なき風
【解説】
秋になって吹く風。立秋のころ吹く秋風は秋の訪れを知らせる風である。秋の進行とともに風の吹き方も変化し、初秋には残暑をともなって吹き、しだいに爽やかになり、晩秋には冷気をともなって蕭条と吹く。秋が五行説の金行にあたるので「金風」、また、秋の色が白にあたるので「白風」ともいう。
【来歴】
『世話盡』(明暦2年、1656年)に所出。
【文学での言及】
秋風に阿倍野靡く河傍の和草のにこよかにしも思ほゆるかも 大伴家持『万葉集』
秋風の寒き朝けを佐農の岡越ゆらむ君に衣借さましを 山部赤人『万葉集』
昨日こそ早苗とりしかいつのまに稲葉そよぎて秋風ぞ吹く よみ人しらず『古今集』
秋風の吹きにし日より音羽内峰のこずゑも色づきにけり 紀貫之『古今集』
初秋風涼しき夕べ解かむとて紐は結びし妹に逢はむため 犬伴家持『万葉集』
ふきいづるねどころ高く聞ゆなり初秋風はいざ手馴らさじ 小弐のめのと『後撰集』
月かげの初秋風と吹きゆけばこころづくしに物をこそ坦へ 円融院『新古今集』
わがせこが衣のすそを吹きかへし裏めづらしき秋の初風 よみ人しらず『古今集』
おしなべて物を思はぬ人にさへ心をつくる秋の初風 西行『新古今集』
』(季語と歳時記)



秋風の俳句:


・子ら馳けてゆき秋風ののこりけり  新開一哉


・秋風てふ去りゆくものに包まるる  湯川雅


・秋風にかくまみれ無爲徒食の徒  中原道夫



八千穂高原は好きな場所だ。
蓼科に行くと白樺林にいくことにしている。
白樺の樹に思い入れがあるからだ。

札幌に住んでいた頃、お天気の良い日、旭山公園によく散歩に行った。
小高い山に作られた公園には白樺の林があり、夏の陽が輝く日、風が白樺の林を抜けていくと、白樺の葉がカラカラと乾いた音を立てた。
公園の長い長い滑り台では子どもたちが下まで滑り降りるとキャキャっと笑っていた。

白樺の樹にはその思い出がある。


女心と秋の空という諺があるように、秋の天気は変わりやすいもの。
今年は特に、お天気が安定しない。

晴れは続かないし、1日をとっても曇ったり、晴れたり、雨が降ったり、今日のお天気がまとまらない。

それでも、長い目で見れば、秋は人知れず深まっている。

気象用語に「一雨一度」がある。
低気圧が雨を降らし、通過した後、大陸からの冷たい空気が流れ込んできて、気温を下げる。この繰り返しで、雨が降る都度気温が下がる事を言うそうだ。

秋の雨は避けられないし、次第に冷たくなる風も秋風だ。

例句の俳人たちは、次第に冷たくなる秋風の中で、今を感じている。
秋風の中で取り残されている自分は寂しい。

無為徒食としても在るが儘認めるしか道はない。
それが自然だから。




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年10月22日(月) 記事No.178

2018/10/22 () 旧暦: 914 祝日・節気:  日出: 553 日没: 1657 月出: 1558 月没: 302 月齢: 12.97 干支: 丁亥 六曜: 仏滅 九星: 一白水星

今日のあれこれ: 鞍馬の火祭り、火祭

「鞍馬の火祭2017 京都・由岐神社」


https://youtu.be/ooQcut__Yf4





『鞍馬の火祭: 鞍馬祭、火祭、靫大明神祭
晩秋
十月二十二日の夜の京都鞍馬山由岐神社の祭礼。六時過ぎ、街道に篝火が焚かれ、「サイレヤ、サイリョウ」の掛声と共に、大小
三百の松明が練り歩く。
やがて松明は山門前に集結し祭は最高潮、辺りは火の海と化す。深夜まで神事が続く。』
(季語と歳時記)




火祭の俳句:


・火祭の火の荒れ許す鞍馬衆 高橋克郎


・火祭の火の粉流るる星の中 深見けん二


・火祭の火の粉のかかる睫毛かな 宮坂静生


・火祭のどちらむいても火の瞼 津田将也


・火祭の一夜拝火の徒となりぬ 東野修子



火祭は、各地で行われている、吉田の火祭、那智の火祭りは有名だ。
俳句の世界では、火祭と書けば鞍馬の由岐神社の火祭になる。
鞍馬以外は、吉田とか富士とか那智とかの地名を入れることになっているようだ。

鞍馬の火祭は、火の粉が降り注ぐ大松明が主役だ。
マッチの火とは異なる荒々しさがある。
猛り狂う火に負けることなく振る舞う男と達の勇壮な祭りだ。


記事を書いていて知ったのだが、今年の鞍馬の火祭は中止されていた。
台風21号の損害の回復優先で、30年ぶりに中止とされた。



『京都鞍馬の火祭が30年ぶり中止 台風21号の復旧遅れ
2018
9251205

clip_image001
たいまつの火の粉が舞う鞍馬の火祭=2016年10月22日、京都市左京区


京都・鞍馬(くらま)の由岐(ゆき)神社(京都市左京区)で1千年以上続くとされ、毎年10月22日に開かれる「鞍馬の火祭」が、台風21号の影響で中止されることになった。同神社などが25日、発表した。鞍馬地区は倒木や住宅損壊が相次ぎ、生活道も通行規制されていて復旧が遅れている。神社は今月24日に参拝を再開したばかり。

火祭では、氏子が巨大なたいまつを担ぎ、夜空を焦がす。平安時代に都の北方を鎮めるため、御所に祭られていた由岐明神を鞍馬へ遷座したときの様子を伝えるとされる。京都三大奇祭の一つに数えられ、多くの見物客でにぎわっている。

神社によると、中止は昭和天皇の病気による1988年以来、30年ぶり。』(朝日新聞)


来年は、自然災害に邪魔されることなく。
燃え上がる大松明が、夜空を焦がし、火の粉を浴びせることを祈りたい。





(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |