FC2ブログ

  • 2017年06月 の記事一覧

2017年06月30日(金) 記事No.927

2017/6/30 (金) 旧暦: 閏57日 祝日・節気: 夏越の祓 日出 :428分 日没:1900分 月出:1053分 月没:2327分 月齢:6.02 干支: 戊子 六曜: 大安 九星: 三碧木星

今日のあれこれ: 夏越の祓

clip_image002

(日本を発掘「もの研」便り
http://monoken.jp/blog/archives/2804
より転載




『名越の祓(なごしのはらえ、なごしのはらへ) 晩夏
子季語: 夏祓、水無月祓、川祓、七瀬の祓、川社、たかみそぎ
関連季語: 茅の輪、形代、御祓(みそぎ)、節折(よをり)、大祓
解説: 旧暦六月晦日に行なわれた大祓いの神事。茅の輪をくぐり、穢れを託した形代を川や海に流すことによって禊をする。現在は太陽暦の六月三十日、または月遅れの七月三十一日に行なわれる。
来歴: 『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。
文学での言及:            みなつきのなごしのはらへする人は千年の命のぶといふなり よみ人しらず『拾遺集』
風そよぐ奈良の小川の夕暮は御祓ぞ夏のしるしなりける 正三位家隆『新勅撰集』
実証的見解: もともとは大祓という宮中の行事で、旧暦の六月と十二月の晦日に行われたもの。のちに十二月の大祓は廃れ、疫病などが流行する時期の夏の祓が一般的になった。天皇、皇后、
東宮のための大祓は「節折」といい、竹でそれぞれの体を測り、測った長さに竹を折るという儀式。名越の祓の主なものは、茅の輪、形代、川社などである。各地の神社で見られる茅の輪は、茅萱を束ねて輪にし、参詣者にくぐらせて祓いとするもの。人形(ひとがた)や形代は、息を吹きかけたり触れたりしてその人の穢れを移し、それを川に流してみそぎとするもの。また川社(かわやしろ)は川に斎串(いぐし)を立てて祓いの儀式を行う。』
(季語と歳時記)



夏祓の俳句:



・夏祓目の行く方や淡路島  嵐雪



・出水の賀茂に橋なし夏祓 蕪村



・草の戸や畳かへたる夏祓  太祗




今日は六月三十日、夏越の祓の日。
月遅れで行うところもあり、一斉ではないが、各神社では茅の輪を設け、参拝者を迎える。

江戸の人々は、今より夏越の祓の風習には積極的だった。
熱中症と言う言葉もなく、エアコンと言う道具も無かった時代の人は、夏を無事にやり過ごすことは大切なことだった。
本人の健康管理は勿論だが、神様へのお願いも丁寧に行い、怠ることはなかった。

夏は自然災害や流行病の季節。
無事にひと夏を越す道筋には神様に導かれての安心があった。




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月29日(木) 記事No.928

2017/6/29 (木) 旧暦: 閏56日 祝日・節気:  日出 :427分 日没:1900分 月出:952分 月没:2253分 月齢:5.02 干支: 丁亥 六曜: 仏滅 九星: 四緑木星

今日のあれこれ: CO2の資源化への一歩


地球温暖化は、地球に様々な影響を与えている。
海面の上昇により消滅してしまう国もあるそうだし、日本近海の鰯・鯖・秋刀魚の不漁の原因が海温の上昇ともいわれている。

温暖化の原因はCO2の温室効果と言われる。
CO2
の排出規制は地球規模の課題だが、アメリカファーストのトランプはパリ協定を離脱してしまった。

将来への希望が否定されそうな状況だ。

ニュースでCO2の資源化の技術が報道されている。
もしこれが産業的に成立すれば、温暖化対策への希望の灯りが灯るかもしれない。

社会的な対策が道塞がりなら、科学の力で解決する道を日本が切り開ければ、世界に貢献することができる。

詳しいことは、理解ができないが、この研究は光を使ってCO2からギ酸を効率的に作る研究だ。

『光触媒でCO2を高効率に再資源化- ターンオーバー数3倍、選択率99%

東京工業大学 理学院 化学系の前田和彦准教授、石谷治教授、栗木亮大学院生・日本学術振興会特別研究員らの研究グループは、ルテニウム(Ru)複核錯体と窒化炭素からなる融合光触媒が、可視光照射下での二酸化炭素のギ酸への還元的変換反応に対して特異的に高い活性を示すことを発見した。実験条件を最適化した結果、これまでに報告されていたものよりも触媒耐久性を示すターンオーバー数は約3倍にまで向上し、CO2還元の選択率も75%から最大で99%まで大幅に改善された。

前田准教授らはこれまでに、C3N4Ru錯体を融合した複合光触媒と用いて、太陽光の主成分である可視光照射下・常温常圧化でCO2を還元することに成功していた。だが、この触媒の高効率化には、C3N4からRu錯体への電子移動の促進が必要となっていた。

本研究では、尿素を熱分解して得られるシートC3N4が、ホスフォン酸基を吸着部位としてもつRu錯体を強固に吸着できることを発見した。これにより、効率的な電子移動が実現し、CO2光還元反応の高効率化に成功した。

シート状C3N4Ru複核錯体を組み合わせた複合光触媒によるCO2還元

光触媒の合成条件とCO2光還元の反応条件を検討した結果、CO2溶解度の低い水中でも高い光触媒活性が得られることがわかった。CO2を還元し、ギ酸を生成するターンオーバー数は従来の660から2090に、CO2還元の選択率は75%から99%に向上した。

今回の研究成果は、C3N4の表面が、特別な化学処理を経ることなく有用な化学反応系構築に利用できることを示している。ギ酸は、水素を貯蔵・輸送できるエネルギーキャリアとして有用だが、組み合わせる錯体を変えることで、一酸化炭素を高い選択率で得ることも可能となる。またC3N4は、主構成元素である炭素や窒素以外の元素を取り組むことで、よりエネルギーの小さい可視光の有効利用も可能になり、ひいては太陽光エネルギーの有効利用につながると期待される。

本研究は東工大技術部すずかけ台分析部門の魯大凌技術職員、大阪市立大学複合先端研究機構の吉田朋子教授、名古屋大学未来材料・システム研究所の八木伸也教授のグループとの共同で行われた。

本研究の一部は、日本学術振興会・科学研究費補助金・若手研究A「窒化炭素系半導体と金属錯体を融合した二酸化炭素固定化光触媒の創出」、新学術領域研究「複合アニオン化合物の新規化学物理機能の創出」(代表:前田和彦東京工業大学准教授)、科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業(CREST)「太陽光の化学エネルギーへの変換を可能にする分子技術の確立」(代表:石谷治東京工業大学教授)の助成を受けて行われた。
』(マイナビニュース)
http://news.mynavi.jp/news/2017/06/28/094/


ギ酸は、水素を利用する燃料電池に今後利用されると言われている。
一方、ギ酸から高圧水素を生成する研究も行われている。
「産総研、ギ酸を用いて圧縮機を使わずに高圧水素を連続製造する技術を開発」
http://news.mynavi.jp/news/2015/12/11/606/


コスト0の太陽光とCO2からギ酸を作る。
ギ酸から水素を作る。
ギ酸で水素燃料電池を作る。
これが産業化できれば、日本のエネルギー問題は解決できるかもしれない。

clip_image001
(朝日新聞Degital
http://www.asahi.com/eco/news/TKY201203180423.html
より転載)


その日がいつ来るか夢見るのは楽しい。





(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月28日(水) 記事No.929

2017/6/28 (水) 旧暦: 閏55日 祝日・節気: 貿易記念日 日出 :427分 日没:1900分 月出:849分 月没:2217分 月齢:4.02 干支: 丙戌 六曜: 先負 九星: 五黄土星

今日のあれこれ: 青田風

[Paddy landscape of Shintotsugawa in Hokkaido] 北海道新十津川の水田風景」

https://youtu.be/tPa-IKViR6w



『青田: 青田面、青田風、青田波、青田道、青田時
晩夏
稲が成長し青々とした田になること。田は、植田から青田へ変わるのに一月も要しない。七月に入ると稲はさらにその丈を増し、青い穂がいっせいに風になびく。』
(季語と歳時記)



青田の俳句:



・合掌の村縦横に青田風  中御門あや



・このあたりバスを降りたし青田風  永岡セツ



・良性と若き医者告ぐ青田風  鏡山千恵子



・臨月の腹の中にも青田風  片岡静子



・よく食べてぐつすり寝る子青田風  渡辺美代




青田と聞くと名字や青田刈りなどの諺を連想してしまい、本来の
青田のイメージは浮かび上がらなくなってきている。
生活の中に稲が植えられた田が入っていないためだろう。

稲の成長は速い。
ヒョロヒョロとしていた苗は、日一日と根を張り、空に向かって伸び始める。
水面一杯に広がった青い稲の間を抜けてくるのが青田風だ。

北国の米作りは早い。
北海道の水田はもう青田だそうだ。
夏の終わりも収穫の秋も早いから、稲もゆっくりとはしていられないからだ。

鬱陶しい梅雨の季節だが、青田の中を渡ってくる風に吹かれて、人は爽やかに蘇生し、生命を感じるようだ。

鏡山は自分の命。
片岡はまだ見ぬ我が子の命。
渡辺はすくすく成長する我が子の命。
皆、青田風の爽やかさの中で幸せになっている。





(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月27日(火) 記事No.930

2017/6/27 (火) 旧暦: 閏54日 祝日・節気:  日出 :427分 日没:1900分 月出:744分 月没:2137分 月齢:3.02 干支: 乙酉 六曜: 友引 九星: 六白金星

今日のあれこれ: 自然の驚異 西之島の成長


「再び噴火の西之島 最初の噴火時と同じくらい活発に(17/06/19)

https://youtu.be/PDPrDQRdSME



20170526西之島、活発に噴火再会中 2017525日の状況、野上健治(東工大) 海上保安庁」

https://youtu.be/XP25AhN4DXw



目の前で信じられないようなことが起きている。
こんなことは起こり得ないというような事が目の前で起きる。

将棋界に藤井四段が登場したことがそうだし、西之島の拡大成長もそうだ。
藤井四段の連勝が29になり単独1位になり、将棋界の枠を飛び出して日本社会を興奮させている。
14歳の中学生が公式戦デビュー以来負けないことなど誰も予想しなかった。この事実が目の前で起きている驚異が人を特別な感情にさせている。

西之島の成長は、社会現象にまではなっていないが、これも驚異の出来事で目をみはるべきことだ。

西之島は4000m級の火山の頂上が海上に出ているもので、約1000万年前に誕生した。
その後歴史では、16世紀に島として確認された。

1973
年(昭和48年)に、西之島の東方600mで海底火山が噴火し、海上に新しい陸地が出現し、西之島新島と命名された。
翌年には、新島は旧西之島に合体するほど成長した。

以来、噴火を繰り返しながら西之島は成長拡大している。
今では、海図を作っても成長に取り残されるほど、拡大が続いている。

今後どうなるかは誰もわからないが、活動が止めば再び見られるのは何万年、何百万年かも知れない。
今見ておく価値がある自然の驚異だ。



『西之島の海図、完成もすぐに作り直しへ 噴火で拡大続く
6/22(
) 22:16配信

clip_image002
西之島の新海図。実際の島はさらに拡大している〈「赤線」は等高線とは別に島の中央左に示された線で、噴火前の海岸線を示している。実際の海図には記載されない〉(海上保安庁提供)

海上保安庁は21日、噴火で大きくなった小笠原諸島・西之島の新しい海図が完成したと発表した。今月30日に発行予定だが、実際の島はさらに拡大を続けているため、十分な役割を果たせない事態に。中島敏長官は新海図の発行前から、「さらに新たな海図をつくる」と表明した。

【写真】5月2日時点の西之島。西側と南側で、さらに拡大が続いている(海上保安庁提供)

西之島は東京の約1千キロ南にあり、2013年11月に噴火。もとの海図は昨年6月に削除され、白紙になっている。海保は噴火が落ち着くのを待ち、昨年10月に現地を調査し、このほど完成させた。

ただ、島は今年4月の再噴火で、海岸線は調査時点から変わっており、船舶の安全に生かしてもらうという本来の役割を十分には果たせなくなっている。このため新海図には「地形や水深が変化しているので注意」との注釈を添えた。

島の拡大で広がる領海と排他的経済水域(EEZ)は、海図が発行されて初めて国際的に認められる。このため中島長官は、昨年10月の調査時点の海図をいったん発行する意義はあると強調。この海図で、新たに領海となるのは東京都新宿区の約4倍の約70平方キロ。また公海約50平方キロが新たにEEZとなる。

現在の噴火活動が落ち着けば、さらなる最新版の海図作成に着手するという。(伊藤嘉孝)
』(朝日新聞デジタル)



【データ】

西之島
Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E4%B9%8B%E5%B3%B6




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月26日(月) 記事No.931

2017/6/26 (月) 旧暦: 閏53日 祝日・節気:  日出 :426分 日没:1900分 月出:637分 月没:2050分 月齢:2.02 干支: 甲申 六曜: 先勝 九星: 七赤金星

今日のあれこれ: 藤井四段 29連勝し前人未到の金字塔

とうとうやってのけた。
解らないながらAbemaTVの実況中継を見ていた。
最後は1手を先んずるかどうかのしのぎを削っていた。

素人には、増田四段は突然投了したように見えた。

こうなったら、30連勝の大台に乗せて欲しい。



『<将棋>藤井四段29連勝 14歳、新記録樹立
6/26(
) 21:25配信
毎日新聞

clip_image001
藤井聡太四段=東京都渋谷区の将棋会館で2017年6月26日午前10時、宮間俊樹撮影

将棋の史上最年少棋士で、デビュー戦以来無敗の藤井聡太四段(14)が26日、東京都渋谷区の将棋会館であった竜王戦決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)に勝ち、歴代単独1位となる29連勝を達成した。藤井四段は、神谷広志八段(56)が1987年に達成した公式戦連勝記録の28を30年ぶりに塗り替え、新記録を打ち立てた。

【タイムライン】藤井四段 前人未到の29連勝に挑戦

この日は渡辺明竜王(33)への挑戦権を争うトーナメント戦で、下から2番目の5組で優勝した増田四段と一番下のクラスの6組で優勝した藤井四段が対局した。現在、10代の将棋棋士は2人しかおらず、藤井四段にとっては公式戦初の10代プロ対決を制した。

次戦は7月2日、同トーナメント4組優勝の佐々木勇気五段(22)と、30連勝をかけて対戦する。

藤井四段は、昨年10月1日付で四段に昇段した。同12月24日、当時現役最年長の加藤一二三九段(77)との竜王戦6組ランキング戦の対局で初勝利。今年4月4日には11連勝を達成して、松本佳介六段(45)と近藤正和六段(46)が持っていたデビュー戦からの連勝記録を塗り替えた。

公式戦では劣勢に陥ったり、終局直前で対戦相手が手を間違えたりした将棋もあったが、敗れた相手が「スキのない将棋」と口をそろえる正確な指し手の連続が新記録につながった。14歳の快進撃はメディアに大きく取り上げられ、社会現象となった。

竜王戦では、次戦の佐々木五段に勝ち、さらに阿久津主税(ちから)八段(35)、久保利明王将(41)、松尾歩八段(37)に連勝すると、羽生善治王位(46)ら5人のトーナメントの勝者と挑戦者決定三番勝負で戦うことになる。竜王戦は10~12月に七番勝負が行われるため、勝ち抜けば年内のタイトル獲得の可能性がある。

藤井四段は2002年7月19日、愛知県瀬戸市生まれの中学3年生。昨年10月、史上5人目の中学生プロ棋士になった。【山村英樹】
』(毎日新聞)





(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月25日(日) 記事No.932

2017/6/25 (日) 旧暦: 閏52日 祝日・節気:  日出 :426分 日没:1900分 月出:532分 月没:1958分 月齢:1.02 干支: 癸未 六曜: 赤口 九星: 八白土星

今日のあれこれ: 十薬

clip_image002
(薬草(YSミニ辞典)
http://ys2001hp.web.fc2.com/yougo-yakusou.html
より転載




『十薬(じゅうやく、ジュウヤク)

第三類医薬品、名医別録の下品に収載されている、一名「魚腥草(ぎょせいそう) 」ともいわれる。
日本の民間薬。「大和本草」では10種類の薬効を有しているから「十薬」というとしるされています。
薄暗い藪に足をふみいれたとたんに、顔をそむけたくなるほどの悪臭に襲われることがある。
ふみつけようものならもっと匂う、それなのに陰干しすると匂わなくなる。

起源:  ドクダミ科のドクダミの花期の地上部です。 民間では生の葉も用います。
中国では「魚腥草」、「日本」では重薬、十薬、どくだみなどと称します。
乾燥後も葉の緑色の残っているものが良い。
ドクダミは多年生草本で、梅雨ころに、一見花びらにみえる白い四枚の総苞をつけた黄色い花穂を出す。
白い花は葉の変形である。薬用部分は全草である。開花期に根ごと採取して日干しにしたものを十薬といっている。
緩下、利尿の作用がある。生薬名の十薬は十種の薬効があるところからつけられたという。
産地: 中国(浙江、江蘇、安徽省など) 。日本(四国、長野など)
成分: 精油約0.0005%およびフラボノイドのケルセチン、ケルシトリンなどを含有する。特異臭はデカノイルアセトアルデヒドやラウリルアルデヒドによる。
薬理作用: クエルシトリン;利尿、腎血管拡張、抗菌(真菌) 。ヒペリン;抗炎症、抗潰瘍。
エキス:利尿、消炎、血圧降下、美肌
酢酸エチルエキスヒドロキシステロイドーデヒドロゲナーゼの阻害作用が認められその作用を持つ成分としてはケルセチンがもっとも強い。
応用: 利尿、緩下、解毒薬として応用し、悪瘡、脱肛、痔瘻、虫毒などに外用します。日本では民間的に便秘、風邪、蓄膿症などに煎ようするほか痔、腫れ物、腰痛冷え性などに生の葉を貼るほか温剤とします。中国・四川、ベトナムでは蔬采として食する。皮膚の発疹、蕁麻疹などのアレルギー症状、高血圧にもいいという。
処方例: 民間的に頓用されます。単品を煎じたものは匂いが強いため、ほかの薬草類をブレンドし健康茶としたものが多い。肺膿瘍に魚醒草桔梗湯という処方がある。発熱、咳、腐敗臭のある膿痰の出る症状に効く。
用法・用量: 煎剤を服用または外用するほか、生の葉も用いる。
1
日量215グラム。長時間煎じない事。
また新鮮品を用いるときは倍量にすること。外用のときは適量用いる。

(株式会社中屋彦十郎薬舗
http://www.kanpoyaku-nakaya.com/juyaku.html
より転載
 




十藥の俳句:



・雨来るか十薬の香のややはげし  武井美代子



・雨となること十薬の知つてをり  海輪久子



・雨大粒十薬蘂を高くせり  中西道子




狭い庭なのだが、我が庭にもドクダミが育っている。
春遅き頃、雑草と一緒に草刈機で切ってしまうのだが、この時季になると生き残った株は成長している。

梅雨時になると、ドクダミは白い花を開く。
草刈り機で刈ったり、葉をちぎったり、踏んだりすると独特の異臭を放つのだが、花は十字に花弁が開き、真ん中の緑の蕊は高く伸びる。
放っておけば群生するので、花の広がりは綺麗なものだ。

花は雨を厭うものだが、十薬はそうではないようだ。
俳人たちもその様子を確り筆にとどめている。
雨が近づけは、活発になる十薬、雨に濡れても緑の蕊を高々とかざしている。





(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月24日(土) 記事No.933

2017/6/24 (土) 旧暦: 閏51日 祝日・節気: 朔 日出 :426分 日没:1900分 月出:430分 月没:1858分 月齢:0.02 干支: 壬午 六曜: 大安 九星: 九紫火星

今日のあれこれ: 嘉吉の乱

clip_image001
Wikipediaより転載
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E5%88%A9%E7%BE%A9%E6%95%99




もう五百年以上前の時代の話だが、1441624日に播磨守護・赤松満祐が室町幕府将軍・足利義教を自邸に招き謀殺した嘉吉の乱が起きた。

日本史の時間に学んだはずだが、内容は思い出せない。
調べてみると、権力闘争を背景とした時代の乱で、今の世にも通じるところがあった。

6代将軍義教を守護が謀殺したのだから悪いのは赤松満祐ということになるのだが、そう簡単には整理できない事情があった。

4代将軍義持は長男義量に跡目を譲ったが義量は早世したため将軍代理になっていたが、跡目を決めないまま死んだ。
その為義持の4人の弟の中から後継者が決められることになったが、当時僧侶であった義教が還俗し、1429年第6代将軍になった。

権勢欲の強い義教は、10年間の間に守護の跡目相続に介入し自身に通じるものに跡目を継がせた。
権力者になった義教は、武家や貴族に対し独裁者として粛清を繰り返した。その為義教の政治は万人恐怖したと言われた。

赤松満祐も粛清される危機感から窮鼠猫を噛だというのが実相らしい。

粛清による恐怖政治は、今でも隣国で行われているし、自分の息のかかったものだけで組織を構成するお友達政治は今の日本でも行われている。

いずれそうした政治は息詰まることを歴史は証明している。




【データ】

嘉吉の乱 Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%98%89%E5%90%89%E3%81%AE%E4%B9%B1


足利義教 Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E5%88%A9%E7%BE%A9%E6%95%99


赤松満祐 Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E6%9D%BE%E6%BA%80%E7%A5%90




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月23日(金) 記事No.934

2017/6/23 (金) 旧暦:529日 祝日・節気: 沖縄慰霊の日 日出 :425分 日没:1900分 月出:333分 月没:1752分 月齢:28.3 干支: 辛巳 六曜: 先負 九星: 一白水星

今日のあれこれ: さくらんぼ

「露地栽培さくらんぼは雨に弱い!雨除け栽培さくらんぼと収穫時期が異なります。山形さくらんぼ佐藤錦」

https://youtu.be/bP1lUeCFkvQ



『サクランボまたは桜桃(おうとう)は、バラ科サクラ属サクラ亜属の果樹であるミザクラ(実桜)の果実。食用。

概要
木を桜桃、果実をサクランボと呼び分ける場合もある。生産者は桜桃と呼ぶことが多く、商品化され店頭に並んだものはサクランボと呼ばれる。サクランボは、桜の実という意味の「桜の坊」の「の」が撥音便となり、語末が短母音化したと考えられている。

花を鑑賞する品種のサクラでは、実は大きくならない。果樹であるミザクラには東洋系とヨーロッパ系とがあり、日本で栽培される大半はヨーロッパ系である。品種数は非常に多く1,000種を超えるとされている。

果実は丸みを帯びた赤い実が多く、中に種子が1つある核果類に分類される。品種によって黄白色や葡萄の巨峰のように赤黒い色で紫がかったものもある。生食用にされるのは甘果桜桃の果実であり、日本で食されるサクランボもこれに属する。その他調理用には酸味が強い酸果桜桃の果実が使われる。

殆どの甘果桜桃は自家不和合性があり、他家受粉が必要である。受粉には最低限自家不和合性遺伝子型(S遺伝子型)が異なる必要があり、異なる品種なら何でも良いというわけではない。極僅かだが自家結実する品種もある。一方、酸果桜桃は全ての品種に自家和合性が有る。

一般には「初夏の味覚」であり、サクランボや桜の実は夏の季語であるが、近年では温室栽培により1月初旬の出荷も行われている。正月の初出荷では贈答用として約30粒程度が入った300グラム詰めで3万円から5万円程度で取り引きされ、赤い宝石と呼ばれることがある。

歴史
サクランボは有史以前から食べられていた。桜桃の一種である甘果桜桃(セイヨウミザクラ, Prunus avium)はイラン北部からヨーロッパ西部にかけて野生していた。また別の品種である酸果桜桃(スミミザクラ, Prunus cerasus)の原産地はアジア西部のトルコ辺り。

原産地の推定は、1世紀の古代ローマの博物学者プリニウスが著書博物誌に書いた説明に基づく[1]。これによると、古代ローマの執政官ルクッルスが第三次ミトリダテス戦争で黒海南岸のケラソス(Kerasos、現在のトルコギレスン(Giresun) )近くに駐屯した際、サクランボの木を見つけ、ローマに持ち帰ったという。サクランボの木が属するサクラ亜属の学名Cerasusは、ケラソスのラテン語表記である。なお、逆にサクランボにちなんで町の名が付けられた可能性もある[2]

ただし、イギリスで青銅器時代のサクランボの種が発掘されていることから[3]19世紀のスイスの植物学者アルフォンス・ド・カンドル(en) は、ルクッルスがコーカサスから持ち帰ったのは、セイヨウミザクラの一栽培品種だったとの仮説を述べている[4]

この二品種は黒海沿岸からヨーロッパ諸国へ伝わり、特にイギリス・フランス・ドイツで普及した。名称がノルマン人によってシェリーズ(cherise) となり、イングランドに渡ってシェリー(chery) となり、英語のcherryになったといわれている[2]16世紀ごろから本格的に栽培されるようになり、17世紀にはアメリカ大陸に伝えられた。

一方、中国には昔から華北・華中を中心に、支那桜桃(シナノミザクラ, Prunus pseudocerasus)・唐実桜(カラミザクラ)がある。口に含んで食べることから一名を含桃といい[5]、漢の時代に編纂された礼記『月令』の仲夏(旧暦5月)の条に「是月也,天子乃以雛嘗黍,羞以含桃,先薦寢廟」[6]との記述がある。江戸時代に清から日本に伝えられ、西日本でわずかに栽培されている[7]。これは、材が家具、彫刻などに使われる。暖地桜桃とも呼ばれる。「桜桃」という名称は中国から伝えられたものである。

セイヨウミザクラが日本に伝えられたのは明治初期で、ドイツ人のガルトネルによって北海道に植えられたのが始まりだとされる[7]。その後、北海道や東北地方に広がり、各地で改良が重ねられた。

品種
サクランボのうち主にアメリカ合衆国西海岸で取れるものはアメリカンチェリーと呼ばれる。

早生種

高砂(たかさご)
   
アメリカ原産。収穫時期は6月中旬。元名はロックポートピカロー。受粉樹として栽培される。
ジャボレー
   
フランス原産。酸味が強く糖度が低い。ジャム、果実酒等の加工用。
紅さやか
紅ゆたか
香夏錦
正光錦
日の出

中生種

佐藤錦(さとうにしき)
   
国内で最も多く生産されている品種。1912年(大正元年)から16年かけ、ナポレオンと黄玉を交配してできた。名前は交配育成した山形県東根市の佐藤栄助に因んで1928年(昭和3年)に命名された。
北光
天香錦
夕紅錦

晩生種

ナポレオン
   
ヨーロッパ各国で栽培されている品種。名前はナポレオン・ボナパルトに由来し、彼の死後ベルギー王が命名したという。収穫時期は6月下旬。佐藤錦の受粉木として一緒に栽培されることが多い。完熟した果実は通好みとされ非常に美味しい。海外ではロイヤル・アンの名称で呼ばれる。
紅秀峰(べにしゅうほう)
   
収穫時期は7月上旬。果実は大きく糖度高く豊産性で非常に優秀な品種。
紅てまり
大将錦
月山錦(がっさんにしき)
   
収穫時期は6月中旬~7月下旬。元々は中国の大連で育成され、日本に持ち込まれた品種。色は黄色でとても甘いが、栽培が難しく、市場への流通はきわめて少ない[8]
...』(Wikipedia



さくらんぼの俳句:



・さくらんぼ月山の風甘くなる 姉崎 昭



・さくらんぼ摘まみつつ子が欲しといふ 山田弘子



・いつまでも娘は娘さくらんぼ 吉川康子



・さくらんぼ紅さして子の嫁ぎけり 村上しゆら



・さくらんぼ娘は若き妻の声 堀江廣明




さくらんぼの季節がやってきた。
店頭に並んでいるさくらんぼを見ると買いたくなる。

さくらんぼは可愛く美しい。
光があり艶もあるが、若々しくはち切れそうな上品さもある。

アメリカンチェリーは食べ物であるが、日本のさくらんぼは見て楽しむことができるところがちがう。
見ていていつまでも見飽きない。口だけではない目で楽しむことができる。気づかないが、心でも食べているかもしれない。

さくらんぼの記憶は山形に結びついている。
鶴岡の若い娘は色白で可愛くこけしのような子が多かった。
さくらんぼの容姿は、庄内の娘に重なる。

子が欲しいといったのは、山田ではなく兄弟か友達かもしれない。
さくらんぼを食べながら子がほしいというのは両手に花の贅沢だ。
気持ちは解らなくはないが。

娘が孫を産んだりするが、親となった娘もいつまでも娘だ。
毎年この季節さくらんぼは初々しい。

堀江は妻もあり娘もある。
娘はさくらんぼのように可愛く、出逢った頃の妻のように初々しい。
いいことづくめの幸せ者だ。

さくらんぼを買ってきて、いつまでも見ていよう。





(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月22日(木) 記事No.935

2017/6/22 (木) 旧暦:528日 祝日・節気:  日出 :425分 日没:1900分 月出:243分 月没:1643分 月齢:27.3 干支: 庚辰 六曜: 友引 九星: 二黒土星

今日のあれこれ: 「Favorite Link Checker


ブラウザーは、Firefoxを中心にGoogle Chromeを併用して使っている。
理由はbookmarkの編集・書き出し・読み込みが自由にでき、異なるパソコン間で同期ができるからだ。

長い間、何も困ることは無かったが、bookmarkが肥大化して来た。古いものもそのままになっているので、サイトが消滅したり、ブログが廃止されたりしたものもそのままになっている。

最近必要があり、経済関係のbookmarkを使ってみたが、半分はリンク切れで使えなかった。

そこで、リンク切れを調べることにした。
リンク切れのチェックソフトは幾つかあり、使ってみた。
Bookmark
の総数は、1万を超えている、そのうち2700以上がリンク切れになっていた。

此処から先が問題だった。
個々のリンク切れのbookmarkを一個一個消していくのでは、大変な手間だ。
調査した結果を使って一括して削除するソフトでなければ目的は達せられない。

色々使ってみたが、目的を達したのが、「Favorite Link Checker」だ。

作者は日本の方でOBORO氏。
下記のサイトで公開されている。
http://www.oborodukiyo.info/default.aspx

1
万を超えるbookmarkで、最後まで行きつけるか不安だったが、目的地に到着し、一挙に身軽になることができた。
最近使ったソフトで一番感激したソフトだった。
スリムになりたい方にはオススメのソフトだ。

ただ、数が多いので途中で画面上動作が停まったようにみえ、不安になったが、裏では一生懸命チェックを続けていたのだった。
時間は正確には測定していないが、2時間位掛かったのではないか。

巨大なbookmarkを処理する場合は、予め時間がかかると思い、寝る前にセットし、結果は朝確認する方法が良い。





(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月21日(水) 記事No.936


とうとう28連勝に到達した。

対戦相手は、前回苦戦した澤田真吾六段で厳しい戦いになるのではないかと思われた。
ところが澤田真吾六段の序盤の攻撃を躱すと、反撃に転じ最後まで優勢を保ったまま勝利したそうだ。
一局一局飛躍的に実力を付けていることを証明している。

29
連勝も今の成長ぶりから考えると達成すると期待される。
ただ心配なのは、まだ14歳の少年で、将棋はともかく、他の体力と精神面ではまだ完成されてはいないから、これだけ心身をすり減らす真剣勝負が続くとその面での影響が心配される。

夢のない世間的な見方をすれば、14歳の少年に過酷な仕事をさせているといえないこともない。
今後は、周囲が学校と将棋が両立するように日程・時間を配慮し、睡眠食事にも心を配り、疲労を蓄積させないようにしてあげることが必要だと思う。

誰も歩いたことがない前人未到の道を歩いて行く藤井四段の活躍を祈りたい。



『藤井四段28連勝 30年ぶり歴代最多の連勝記録に並ぶ
6
211736

史上最年少で将棋のプロ棋士となり、公式戦で一度も負けていない中学3年生の藤井聡太四段が、21日大阪で行われた対局に勝ち、連勝記録を「28」に伸ばしました。これで、30年ぶりとなる歴代最多の連勝記録に並びました。

藤井聡太四段は、去年10月に史上最年少の14歳2か月でプロ棋士となったあと公式戦で一度も負けることなく勝ち続け、今月17日の対局で連勝記録を歴代2位の「27」まで伸ばしています。藤井四段は21日、大阪の関西将棋会館で王将戦の予選に臨み、午前10時から澤田真吾六段と対局しました。

対局は互いに攻め合う展開になり、終盤、藤井四段の攻めがつながって次第に優勢になり、午後4時47分、99手までで澤田六段が投了しました。これで藤井四段の連勝記録は「28」になり、30年前の昭和62年に神谷広志八段が達成した最多連勝記録に並びました。

対局のあと藤井四段は「先に優勢になられる展開になってしまったが、なんとかしのいで反撃の形になったのはよかった」と対局を振り返りました。また、28連勝という記録については「本当に思ってみなかったことなので、非常に幸運というかツキがあったと思います」と話していました。

藤井四段は今月26日に次の対局に臨み、最多記録の更新に挑むことになります。
藤井四段「幸運だった」
連勝を「28」に伸ばして歴代最多記録に並んだことについて、藤井聡太四段は「先に優勢になられる展開になってしまったので、なんとかしのいで反撃できたのはよかった。前回は苦戦したので、きょうはいい内容の将棋を指したいと思っていた」と対局を振り返りました。

28連勝という記録については「対局前は本当に思ってみなかったことなので、非常に幸運というか、ツキがあったと思います」と話していました。そして、期待のかかる記録更新については「次は竜王戦のトーナメントなので気を引き締めて臨みたい」と抱負を語りました。
敗れた澤田六段「隙のない将棋だった」
藤井聡太四段に敗れた澤田真吾六段は21日の対局について、「いい将棋を指したかったのですが、熱戦にならなかったのは残念でした」と振り返りました。また藤井四段について「やはりミスが少なく、隙のない将棋だと思いました」と話していました。
日本将棋連盟 佐藤会長「信じがたいほどの偉業」
日本将棋連盟の佐藤康光会長は「1勝するのでさえ大変な勝負の世界で、28もの勝ちを積み上げるのは考えられないくらい難しく、信じがたいほどの偉業だ」とたたえました。そのうえで、「信じられないような実績を積み上げてきたので、記録をどこまで伸ばしてくれるのかも楽しみだが、10代でタイトルを獲得する可能性も十分秘めている。一方で、藤井四段に刺激されて、棋士全体の実力も上がり、よりレベルの高い戦いが行われるようになってほしい」と期待を語りました。

また、藤井四段の活躍をきっかけに将棋への注目が高まっていることについて、「将棋界にとってはとてもありがたいことで、この機会に将棋という競技の奥深さやおもしろさ、楽しみ方をより広く知ってほしい」と話していました。
羽生善治三冠「驚嘆の一語に尽きる」
羽生善治三冠は「神谷八段の偉大な記録に並ぶとは驚嘆の一語に尽きます」とコメントしています。
谷川浩司九段「時代を築ける棋士を」
谷川浩司九段は「普通の棋士ではなかなか経験できない貴重な半年間を、大きな財産として、将来に生かしてほしいと思います。扇子の言葉のとおり、大きな志を持って時代を築ける棋士を目指してください」とコメントしています。
神谷広志八段「夢にも思わず」
昭和62年に28連勝を成し遂げた神谷広志八段は「こういう日が来るかもしれないと考えていましたが、まさかデビューから無敗で並ぶ人がいるとは夢にも思いませんでした。将来のスーパースターと一瞬でも肩を並べることができてとても光栄です」とコメントしています。
母親の裕子さん「日常生活は自然体」
藤井聡太四段の母親の裕子さんは、報道各社の質問にメールで応じ、日常生活について「対局への姿勢を含め様子は以前と変わりません。自然体です」などとコメントしました。

このうち藤井四段の日常生活については「周りの方から声をかけられる事が増え、関心をもって下さる方が多くいてくださる事は感じていると思いますが、対局への姿勢を含め様子は以前と変わりません。自然体です。成績については特に口にしないので、本人がどの様に受け止めているのかはわからないです」と、日常生活はこれまでと変わらないと記しています。

家族としてのサポートやアドバイスについては「何か特別なサポートをしているということはありません。プレッシャーに打ち勝つアドバイスもしたことありません。私のほうがプレッシャーに弱いので」などと答えています。

また、藤井四段の将来についてどう考えるかという質問に対しては「本人にとってどうしたらよいかは考えますが、押しつけにならないようにしたいと思っています。私のイメージではなく、本人が思う事を尊重し応援しようという気持ちです」と、子どもを見守る思いを記しています。
タイトル獲得の最年少記録 更新も期待
藤井四段は公式戦の連勝記録だけでなくタイトル獲得の最年少記録など、ほかの記録の更新も期待されています。

藤井四段は連勝を続ける中で、八大タイトルの竜王戦と棋王戦で挑戦者を決めるトーナメントへの進出を決めているほか、王将戦でも予選を勝ち続けていて、プロ1年目にしてタイトル戦の挑戦者となる可能性が残されています。

将棋のタイトル戦の挑戦者となった最年少記録は、屋敷伸之九段(45)が平成元年にプロ入り間もない四段で棋聖戦への挑戦を決めた17歳10か月で、タイトルを獲得した最年少記録は、同じく屋敷九段が翌年、棋聖になった18歳6か月です。

さらに、トップ棋士の証しとも言える順位戦の最高位、A級への昇級は、昭和33年に加藤一二三九段が成し遂げた18歳3か月が最年少記録となっていて、こちらも記録更新の可能性があります。
今後の対局日程
藤井四段は、次は今月26日に竜王戦の挑戦者を決めるトーナメントの初戦に臨み、増田康宏四段(19)と対局します。
この対局に勝てば29連勝となり、最多連勝記録を30年ぶりに更新して歴代単独1位となります。
このトーナメントの藤井四段の次の対局は、来月2日に予定され、30連勝をかけて佐々木勇気五段(22)と対局します。』
NHK NEWS WEB




(16)時事・世相 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |