2017年03月16日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2017年03月
2017-03-16 (Thu)

2017/03/16  日記  今日の旬  白子

2017/03/16  日記  今日の旬  白子

2017/3/16 (木) 旧暦:2月19日 祝日・節気:  日出 :5時50分 日没:17時49分 月出:21時14分 月没:7時52分 月齢:17.5 干支: 壬寅 六曜: 友引 九星: 九紫火星 今日のあれこれ: 今日の旬 白子(しらす) 「平塚市漁協:シラス漁の様子」 https://youtu.be/_G0pFbKM2vI 『シラス(白子、英: Whitebait)とは、カタクチイワシ・マイワシ・イ...

… 続きを読む

2017/3/16 (木) 旧暦:219日 祝日・節気:  日出 :550分 日没:1749分 月出:2114分 月没:752分 月齢:17.5 干支: 壬寅 六曜: 友引 九星: 九紫火星

今日のあれこれ: 今日の旬 白子(しらす)

「平塚市漁協:シラス漁の様子」

https://youtu.be/_G0pFbKM2vI



『シラス(白子、英: Whitebait)とは、カタクチイワシ・マイワシ・イカナゴ・ウナギ・アユ・ニシンなど、体に色素がなく白い稚魚の総称。シラウオ(白魚)、シロウオ(素魚)とよく混同され、シロウオのことをシラスと呼ぶ地方もあるが、ここでは稚魚について述べる。これを塩ゆでにして干したものは、ちりめんじゃこ、白子干し(白子乾し)などと呼ばれる。

概要
シラスは、様々な魚の仔稚魚の総称であるが、白子干しなどの形で積極的に食用とされるのは、イワシ仔魚(主にカタクチイワシ)がほとんどである。ただ、捕獲方法の都合(シラス網と呼ばれる網を打って捕獲する)にもより、様々な魚の仔稚魚が混入することも珍しくない。このため時には魚類だけではなくタコやイカの幼生やエビやカニのゾエア幼生(動物性プランクトンの一種)なども混入する[1]

あまり食用に適さない混在物を除き、食用に適するものを塩茹でにして干したものがいわゆる白子干しとして販売されている。よく見ると明らかに形の違う生物が混じっていることもあるが、大抵の場合は食べても問題ない。

幼魚はまだ骨格があまり発達しておらず、白子干しなどは様々な食品にまぶして丸のまま食べられる。ごはんの上にふり掛けたり(しらす丼)、大根おろしと和えて醤油で味付けしたりして食べられる。蛋白質やカルシウムが豊富な食品である。また一部地域ではシロウオのように、生きたままのシラスを酢醤油など調味料にくぐらせ、そのまま食べる「踊り食い」と呼ばれる食べ方も好まれる。

塩茹でして加工されるものがほとんどだが、水分含有量の違いで区別され、茹で上げ後水きり程度で製品となるものが釜揚げと呼ばれ85%前後の水分含有量となる。50 - 60%程度に乾燥されたものが白す干・・関西では太白と呼ばれ、25 - 35%程度まで乾燥させたものがちりめん・・関東ではかちり等と呼び区別される。それ以外の加工方法として畳いわしという海苔を作るような方法でシラスを板状に乾燥させたものがあり、これは水分含有量15%程度となる。また近年は生食の消費も増えてきている。

かつては関西以西ではちりめんが主流、静岡周辺は釜揚げが主流、関東以北はシラス干が主流となっていたが、現在は流通事情も変わり昔ほどの地域性はなくなった。

漁場は主に太平洋沿岸で、豊後水道、瀬戸内海、伊勢湾、駿河湾、相模湾などでも多く漁獲される。現在の北限は仙台湾かと思われるが、20年以上前は茨城県が北限とされていた。
...』(Wikipedia



白子の俳句:



・曙や現れて細身の白子船 鈴木鷹夫



・ひたすらに白子干しゐて海を見ず 村岡 緑



・白からぬもの混じりゐて白子干す 森田 峠




シラスは、大根おろし、生ではシラス丼でいただくのが一般的だ。

しかし、レシピは沢山あるようだ。
カルシュウムもあり、トーストの上に乗せて食べるのも人気らしい。

COOKPAD
の白菜とのマリアージュもいけそうだ。
https://cookpad.com/recipe/2477313

clip_image002

[
しらすと白菜のマリアージュ]
白菜とシラスの驚くべきマッチング感動の美味さに、あっという間に無くなります!!しかも手間無し料理ですwww

ミロッコリー
材料 (2人分)
白菜 600g
しらす 100g
ごま油 小匙1/2

1 
白菜は中心の柔らかい所がおススメ!葉を刻んでお湯で茹でます。荒熱がとれるまで放置!

2
よく絞り水分をなるべく少なくします。

3
食べやすいサイズに切って、しらすとごま油を混ぜて完成www

コツ・ポイント
塩分を極力抑えるのに、茹でる段階でも塩は使ってません。
味の決め手はしらすです!ケチらずガッツリ混ぜましょうwww
ごま油は入れ過ぎない方が白菜の甘味やしらすの風味を邪魔しないですよ。
ダイエットにもおススメです!


シラスを食べて、春を感じたい。