FC2ブログ

  • 2016年08月 の記事一覧

2016年08月31日(水) 記事No.1376

2016/08/31(水)旧暦: 729日 祝日・節気:二百十日 日出:512分 日没:1809分 月出:349分 月没:1724分 月齢:28.26 干支:乙酉 六曜:大安 九星:九紫火星


 


今日の季語: 二百十日


 


「台風10号は温帯低気圧に 大雨や強風で被害相次ぐ(16/08/31)



https://youtu.be/kFxabaEQrV4


 


 


 


『二百十日(にひゃくとおか、にひやくとをか) 仲秋


子季語: 厄日、二百二十日


解説: 立春から数えて二百十日目をいう。新暦九月一日ころにあたる。台風シーズンの到来が、稲の開花時に当るため特に警戒したものである。二百二十日とともに稲作農家にとっては厄日とする。


来歴: 『俳諧通俗誌』(享保2年、1716年)に所出。


実証的見解: 二百十日は、なぜ二十四節気の一つ「立春」から数えるのか。二十四節気は太陽暦に基づいて一年を二十四に分けたもので、旧暦と違って季節のずれがなく、農作業の目安となる。


新暦の二月四日ころにあたる立春は、ちょうど旧暦の正月のころと重なる。正月も年のはじめなら、「立春」もまた年のはじめ。立春を年のはじめと定めることで、「八十八夜」「二百十日」というような季節点をおき、農事の目安や自然災害に対する備えとしたので


ある。』


(季語と歳時記)


 


 


 


二百十日の俳句:


 


 


・昨夜の雨上がりし二百十日かな  廣瀬雅男


 


 


・雨逝きて二百十日の町流し  高畑信子


 


 


・肝吸ふや二百十日の晴れわたる  加茂達彌


 


 


・戸をたたく二百十日の風の音  海村禮子


 


 


・慎みて二百十日の海と空  浜福恵


 


 


 


 


迷走して、日本の南端まで行き、出戻ってきて今度は東北へ上陸した台風10号。


迷惑だったが、漸く日本海に抜けた。


東海地方は、大きな被害はなかったが、東北・北海道は、災害により死者も出て、氾濫の被害も大きい。


 


二百十日の今日は、天災の厄日だ。


一日台風は早まり、今日は晴れて、暑くなったが。


吹き返しの風だろうか、かなり吹いている。


 


俳人たちの二百十日は過去のことだが、今日と変わることはない。


二百十日は、変わらない。


 


祈りは、海、空自然に対して。


死者に対して。


被災者に対して。


自分に対して。浜の句は、「慎みて」が好きだ。


 


 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年08月30日(火) 記事No.1377

2016/08/30(火)旧暦: 7月28日 祝日・節気: 日出:5時11分 日没:18時11分 月出:2時50分 月没:16時44分 月齢:27.26 干支:甲申 六曜:仏滅 九星:一白水星


今日の季語: 秋気


T☆Message
http://blogs.yahoo.co.jp/seitai_tomutomu/67694651.html
より転載)



『秋気(しゅうき、しうき)
  三秋
子季語: 秋気澄む、秋の気
解説: 冷やかに澄む秋の空気をいう。唐の詩人柳宗元の詩「秋気南澗二集ヒ、独リ遊ブ亭午ノ時」よる季語とされる。』
(季語と歳時記)



秋気の俳句:




・八ヶ岳の彼方に富士山や秋気澄み   塩見治郎




・いづこより調律の音秋気澄む   菅野日出子




・秋気澄むはち切れさうな握り飯   北川孝子





迷走台風10号が、北に進み、東海地方から離れた今朝、空気が変わった。
 夏の熱のこもった蒸し暑い空気から、爽やかに肌に触れ過ぎ去る秋の空気に変わった。

岩手に上陸したそうなので、被害はまだこれからの場所もあり油断はできない。
 太平洋側から西向きに上陸する台風は史上初だ。

寝苦しい夜が続いたので、今朝の澄んだ秋気は人を蘇生させた。
 気が澄めば心も澄む。心も感受性を回復する。

何気ない調律の音色にも心は反応する。
外に出て身体を動かし、木陰に座って、語らいながら大きなおにぎりにかぶりつきたくなる。



(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年08月29日(月) 記事No.1378

 


2016/08/29(月)旧暦: 7月27日 祝日・節気: 日出:5時10分 日没:18時12分 月出:1時50分 月没:16時00分 月齢:26.26 干支:癸未 六曜:先負 九星:二黒土星


 


今日の季語: 木槿

clip_image002
(さんぽふぉと!


http://sanpophoto2.blog18.fc2.com/blog-entry-450.html


より転載)



『ムクゲ(木槿、学名: Hibiscus syriacus)はアオイ科フヨウ属の落葉樹。別名ハチス[1]、もくげ。庭木として広く植栽されるほか、夏の茶花としても欠かせない花である。

和名は、「むくげ」。「槿」一字でも「むくげ」と読むが、中国語の木槿(ムーチン)と書いて「むくげ」と読むことが多い。また、『類聚名義抄』には「木波知須(きはちす)」と記載されており、木波知須や、単に波知須(はちす)とも呼ばれる。『万葉集』では、秋の七草のひとつとして登場する朝貌(あさがお)がムクゲのことを指しているという説もあるが、定かではない。白の一重花に中心が赤い底紅種は、千宗旦が好んだことから、「宗丹木槿(そうたんむくげ)」とも呼ばれる。

中国語では「木槿/木槿」(ムーチン)、韓国語では「무궁화」(無窮花; ムグンファ)、木槿;モックンという。英語の慣用名称の rose of Sharon はヘブライ語で書かれた旧約聖書の雅歌にある「シャロンのばら」に相当する英語から取られている [2]
...
文化の中のムクゲ
初期の華道書である「仙伝抄(1536)」では、ムクゲはボケ、ヤマブキ、カンゾウなどとともに「禁花(基本的には用いるべきではない花)」とされ、「替花伝秘書(1661年)」「古今茶道全書(1693年)」でも「きらひ物」「嫌花」として名が挙がっている。ほか「立花初心抄(1677)」「華道全書(1685)」「立華道知辺大成(1688)」では「一向立まじき物」「一向立べからざる物」としてムクゲの使用を忌んでいる。「池坊専応口伝(1542)」「立花正道集(1684)」「立花便覧(1695)」などではいずれも祝儀の席では避けるべき花として紹介されているが、「立花正道集」では「水際につかふ草木」の項にも挙げられており、「抛入花伝書(1684年)」「立華指南(1688年)」などでは具体的な水揚げの方法が記述され禁花としての扱いはなくなっている。天文年間(1736-1741)の「抛入岸之波」や生花百競(1769)では垂撥に活けた絵図が掲載される一方で、1767年の「抛入花薄」では禁花としての扱いが復活する[3]など、時代、流派などによりその扱いは流動的であった。江戸中期以降は一般的な花材となり、様々な生け花、一輪挿し、さらには、枝のまたの部分をコミに使用して、生け花の形状を整えるのに使われてきた。茶道においては茶人千宗旦がムクゲを好んだこともあり、花のはかなさが一期一会の茶道の精神にも合致するとされ、現代ではもっとも代表的な夏の茶花となっている。

白氏文集の巻十五、放言の「松樹千年終是朽 槿花一日自成栄」(松の木は千年の齢を保つがいずれは朽ち、ムクゲの花は一日の命だがその生を大いに全うする)の文句でもよく知られる。この語句が「わずか一日のはかない栄え」の意に取られて、「槿花一日の栄」「槿花一晨の栄え」「槿花一朝の夢」といったことわざをも生んだ。

俳句では秋の季語である。俳諧師の松尾芭蕉は1684年(貞享元年)『野ざらし紀行』の旅で、「道のべの木槿(もくげ)は馬にくはれけり」という句を詠んでおり、栃木県下都賀郡野木町友沼にある法音寺に芭蕉の句碑として残されている。同じく俳諧師の小林一茶も、「それがしも其(そ)の日暮らしぞ花木槿」という句を詠んだ。

江戸時代後期の歌人、香川景樹は『桂園一枝』にて、「生垣の小杉が中の槿の花これのみを昔はいひし朝がほの花」と詠んでおり、「槿」は「あさがほ」と読ませた[4]。明治から大正にかけて、アララギを代表した斎藤茂吉は第二歌集『あらたま』で、「雨はれて心すがしくなりにけり窓より見ゆる白木槿(しろむくげ)のはな」という歌を詠んだ。』
Wikipedia



木槿の俳句:




・すがすがし一日木槿の花を掃く  東亜未




・お隣りと朝の挨拶木槿垣  舩越美喜




・あらがはず一日終へる木槿かな  篠田純子





木槿の俳句を読んでいて、木槿には心を穏やかに、明るくする力があるように思った。

東は木槿のお陰で清々しい一日を過ごし、感謝している。
朝から言い争い、いがみ合えば一日暗く重い気分になる。

お隣との関係は、常にハッピーではない、紛争も多いものだ。
が、舩越は木槿垣越しに。朝の挨拶をお隣としている。
お隣と仲良くなれるのなら木槿の垣根に取り替えたほうが良い。

篠田は、平穏に過ごすことが出来た一日を木槿に報告している。


変な台風10号は、沖縄まで行ってから出発点まで引き返し、今度は関東から東北に上陸し、横断しそうだ。


稔の秋を迎えた陸奥には迷惑な奴だ。福島第一の汚染水は大丈夫だろうか。




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年08月28日(日) 記事No.1379

2016/08/28(日)旧暦: 726日 祝日・節気: 日出:509分 日没:1813分 月出:053分 月没:1510分 月齢:25.26 干支:壬午 六曜:友引 九星:三碧木星

今日の季語: 無花果

clip_image002
(アサヒカメラ.net
http://dot.asahi.com/tenkijp/suppl/2015091300025.html
より転載)



『無花果: 青無花果
晩秋
全国各地で栽培されるクワ科の落葉小高木。花を付けずに実がなるように見え、無花果の字が当てられているが、実際には春から夏に花嚢の中に無数の白い花が咲き、それが秋に熟れて暗紫色の実となる。』
(季語と歳時記)




無花果の俳句:



・持て成しの無花果捥ぎて島の宿  岡田満喜子



・いちじくの裂け口の色みずみずし  池田光子



・無花果の乳のにほひに雨あがる  杉浦典子


・無花果やいつもどほりの朝の来て  安藤久美子


・無花果の熟れて安堵の眠りかな  寺田すず江




スーパーの店頭に無花果が並べられていた。
もう無花果の季節かと取り上げたが、歳時記では晩秋になっている。
少し早すぎた。

メロンとは違って、無花果は庶民の果物。
肩のこらない気軽さが良い。

変わらない平凡な暮らしに無花果はよく似合う。

いつもどおりの大切さが実感できる果物だ。



(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年08月27日(土) 記事No.1380


Soltero

は、Megamix54に収録され、ジャンルは、Merengue Urbanoになっている。

原曲は、GRUPO TREOが歌っている。

Cover Audio
が登録されているので、聴いてみよう。
軽快なリズムの曲だ。

TREO - Soltero (Cover Audio)

https://youtu.be/c6oZladQ-w4


GRUPO TREO
は、ZUMBAによく登場するアルゼンチンの男3人のグループだ。
このブログでも、2曲取り上げている。

2014/04/14 ZUMBA音楽 Te Gusta (Grupo Treo)
http://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/2a51663c9f3e243cb04143b8ec5a7650


2013/11/11 ZUMBA音楽 Boom Grupo Treo)」
http://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/e66c4853f01b9a2e58b74baa31d899f1

これ以前には、Pégateもヒットしている。


Soltero
は、今年の5月にリリースされたアルバム「TREO GENERA」に収録されている。
TREO
は、歌詞の動画も公開してくれることがあり、ありがたいが、このSolteroには無いようだ。

ネットで検索してみたが今のところ見つからない、いずれ登録されるようになるだろう。
曲名の「Soltero」は、英語では「Single」。
色々な意味が込められているのだろうが、歌詞がないので詳しいことはわからない。


スタジオ動画では、すでに取り上げているスタジオも多い。
これは登録されたばかりの動画。

Zumba Routine on Soltero by Tre O | Zumba Dance Fitness | Choreographed by Vijaya Tupurani

https://youtu.be/94LkmPQIgPo


今後も採用するスタジオは増えて、人気曲になりそうだ。



【データ】

オフィシャルサイト

http://grupotreo.com/


Twitter
https://twitter.com/GrupoTreo


Facebook
https://www.facebook.com/grupotreo?fref=ts


Instagram
https://www.instagram.com/grupotreo/


Google+
https://plus.google.com/+GrupoTreo




  ZUMBA音楽 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年08月27日(土) 記事No.1381

2016/08/27(土)旧暦: 725日 祝日・節気: 日出:509分 日没:1815分 月出:---- 月没:1415分 月齢:24.26 干支:辛巳 六曜:先勝 九星:四緑木星

今日の季語: 鬼灯

clip_image002
(コンポラ
http://www.compora.com/Japan/Matsuri/7-11.html
より転載)



『鬼灯: 酸漿、虫鬼燈
初秋
ナス科の多年草。黄白色の花が咲いた後、袋状の萼に包まれた球状の実が赤く色づく。種子を抜き取って風船のようにした実を口に含んで鳴らして遊ぶ。』
(季語と歳時記)



鬼灯の俳句:



・鬼灯の卑弥呼の色となりゆけり  小林共代



・うつむけば心急くなり青鬼灯  真木早苗



・鬼灯の疹いて熟るる秘密かな  後藤眞由美



・鬼灯のたれも持ちゐるかんしやく玉  小嶋洋子




鬼灯は、ノスタルジックで長閑な面ばかりではないらしい。
女性にとっては、時限爆弾のような危うさを秘めているようだ。

青鬼灯から次第に熟して色も赤く熟れていく。
この変わり行く変化をじっと見続けている目の中に妖しさが生まれ、鬼灯と同じように変化していくのだろうか。

小嶋はかんしゃく玉というが、知らないうちに破裂させてもらっては、危ない。




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年08月26日(金) 記事No.1382

2016/08/26(金)旧暦: 724日 祝日・節気: 日出:508分 日没:1816分 月出:2358分 月没:1316分 月齢:23.26 干支:庚辰 六曜:赤口 九星:五黄土星

今日の季語: 秋暑し

「真夏のカラス ( 保久良神社)


https://youtu.be/_S4iu-PWEj4



『残暑(ざんしょ) 初秋
子季語: 残る暑さ、秋暑し、秋暑、餞暑
解説: 立秋を過ぎた後の暑さ。例年、八月いっぱいくらいは暑い日がつづく。いったん涼しくなった後で、暑さがぶり返すこともある。
来歴: 『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。
文学での言及   ひとへなる蝉のは衣秋くれば今いくへをかかさねても見ん 源顕仲『永久四百年首』
穐きては風ひやかなる暮もあるにあつれしめらひむづかしのよや 源俊頼『永久四百年首』
うちよする浪より秋はたつた川さても忘れぬ柳影かな 後京極摂政『六百番歌合』
秋来てもなほ夕風を松が根に夏を忘れしかげぞたちうき 藤原定家『風雅集』
』(季語と歳時記)



秋暑しの俳句:



・何騒ぐ鴉秋暑のただならず  斎藤道子



・改築の長引く隣家秋暑し  鈴木浩子



・我を通す人とつき合ひ秋暑し  久保田雪枝



・近道の思はぬ迷路秋暑し  福井鳳水



・意地悪をされてるやうな秋暑し  須賀敏子





夏の暑さは、7月末から8月上旬が本番だ。
年間最高温度を記録するのはこの時期だ。
この時期の暑さは身体に堪える。

立秋を過ぎれば、暦では秋だ。
暑さも残暑になる。
だが、今年の暑さは残暑どころではない。

秋暑しの季語も、今年は一層切実だ。
今年を前提にすると、秋の暑さには焦燥感が伴う。
本番の暑さは身体の暑さとすれば、秋の暑さは心の暑さだ。

いつまでも、ジリジリ暑く、朝も眠りが浅いまま目が覚める。
暑さとの根気比べに負けそうになる時、心は焦燥感に囚われる。

カラスも改築も嫌な奴も自分のチョンボも暑さにともなって焦燥感がジリジリとしてくる。

ああ、今年の秋は暑い。



(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年08月25日(木) 記事No.1383

2016/08/25(木)旧暦: 723日 祝日・節気:下弦 日出:507分 日没:1817分 月出:2307分 月没:1213分 月齢:22.26 干支:己卯 六曜:大安 九星:六白金星

今日の季語: 流星、流れ星

2016年ペルセウス座流星群の流れ星」

https://youtu.be/NIYEQtZEsjI



『流星(りゅうせい、英語:meteorshooting star)、天体現象の1つで夜間に天空のある点で生じた光がある距離を移動して消える現象。一般的に流れ星とも呼ばれる。原因としては流星物質と呼ばれる太陽の周りを公転する小天体が、地球(または他の天体)の大気に衝突、突入し発光したものである。

流星の元になる小天体は、0.1mm以下のごく小さな塵のようなものから、数cm以上ある小石のようなものまで様々な大きさがある。こうした天体が地球の大気に秒速数kmから数十kmという猛スピードで突入し、上層大気の分子と衝突してプラズマ化したガスが発光する(小天体が大気との空力加熱などにより燃えた状態が流星として見えているわけではない)。これが地上から流星として観測される。通常流星は地上より150kmから100km程度の高さで光り始め、70kmから50kmの高さで消滅する。しかし、元の小天体が特に大きい場合などには、燃え尽きずに隕石として地上に達することがある。なお、見た目に消滅する場合にも流星塵として地球に降り注いでいる。

-3
等から-4等程度よりも明るい流星は、火球と呼ばれる。中には満月より明るい光を放ち、夜空全体を一瞬閃光のように明るくするものもある。

流星を観測する方法としては、流星電波観測、流星眼視観測、流星写真観測、流星TV観測がある。
...』(Wikipedia



流星・流れ星の俳句:



・願ふこと止めて久しき流れ星  松井洋子



・嫁ぐ子の二階の音や流れ星  高尾豊子



・この街もあの人も好き流れ星  浜福恵




流れ星が光っている内に願い事を祈ると、願いが叶う。
それを信じて、空を見上げた昔。
それからどれだけの歳月が流れたことか。
松井は、今また、信じて願いを祈ることに想いを寄せている。

身籠って、産んで、慈しんで育て上げた娘が嫁ごうとしている。
長かった娘との時間も、考えてみれば一瞬のようだ。
折しも流れ星が光って消えた。

夜空の星を眺めると、そこには永遠の宇宙が広がる。
人間のものさしを超えた時間と広がりは理解することも出来ない。
その下で、生きるということの意味は?
星たちは瞬くのみだ。
流れ星は瞬くこともなく消える。
また、星たちを見つめ続けても、瞬くのみだ。

浜の想いは、永遠でもなく瞬く星でもなく、無限の暗黒でもない。
自分が住んでいるこの街、一緒に生きているあの人、この大切なものを永遠にと流れ星に願っている。

そう願うことが出来る浜という詩人はどんな人だろう。




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年08月24日(水) 記事No.1384

2016/08/24(水)旧暦: 722日 祝日・節気: 日出:506分 日没:1819分 月出:2220分 月没:1108分 月齢:21.26 干支:戊寅 六曜:仏滅 九星:七赤金星

今日の季語: 蕎麦の花

「秋ソバの花が見ごろを迎えた戸隠高原20164K撮影」

https://youtu.be/SwUM0EZCH5U



『蕎麦の花
初秋
              .
蕎麦は茎先に白または淡紅色の小花を総状に咲かせる。高所で栽培される蕎麦は品質もよく、高原一面、蕎麦の白い花でおおわれる風景もよく目にする。』
(季語と歳時記)



蕎麦の花の俳句:



・どこまでも空青々と蕎麦の花  早崎泰江



・よく晴れてどこか揺れゐる蕎麦の花  柴田佐知子



・ゆるやかに風受け流す蕎麦の花  木村てる代



・ちらちらと日差し遊ばせ蕎麦の花  伊藤トキノ



・一望の花蕎麦染めて夕日濃し  小倉正穂





中日新聞は

、御嶽山の麓にある開田高原の蕎麦の花が満開だと報じている。

『秋ゆらりとソバの花 木曽・開田高原

clip_image002
見ごろを迎え、一面を白く染めるソバの花=23日、長野県木曽町で(浅井慶撮影)
写真

御嶽山麓にある長野県木曽町の開田高原で、ソバの花が見頃を迎えた。白いじゅうたんが一面に広がり、涼しい風に揺られている。

木曽町役場開田支所などによると、ソバは高原の約百ヘクタールで栽培され、寒暖差で風味が豊か。今年は例年並みの咲き具合で、九月初旬まで楽しめる。多くの観光客が遊歩道を散策したり写真を撮ったりしていた。

開田高原の二十三日の最高気温は二六・一度。岐阜県土岐市の無職鈴木詮(さとる)さん(75)は「真夏を忘れるような涼しさにかれんな白い花。まるで別世界」と笑顔で話した。』
CHUNICHI Web


平野部や市街地では、気温が35度を超える日が続いており、夏が居座っている。
毎日、入道雲が登場し、遅くなれば夕立だ。
秋は名のみで、夏ばかりだ。

しかし、高原では、そうでもないようだ。
戸隠高原では20日には蕎麦の花が満開。
開田高原でも23日には、蕎麦の花が満開。

高原の蕎麦は一面に植えられる。
蕎麦の花は、小さく、風に揺れやすい。
少しばかりの花には風情はないが、一面の蕎麦の花が、風の通り道に揺れる姿は、高原の秋の情趣に溢れている。


夏の暑さに心身共に疲れてしまった人は、まだ迷っている台風10号の始末が着いたら、蕎麦の花を求めて高原に足を運ぶ方が良い。
風に揺れる蕎麦の花を見ながら、秋の空気を胸いっぱいに吸い込めば、その疲れが癒やされるかもしれない。




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年08月23日(火) 記事No.1385

2016/08/23(火)旧暦: 721日 祝日・節気:処暑 日出:506分 日没:1820分 月出:2136分 月没:1002分 月齢:20.26 干支:丁丑 六曜:先負 九星:八白土星

今日の季語: 処暑

「木陰で涼む柴犬♀です♪」

https://youtu.be/M_EFh-m0w6M



『処暑(しょしょ)は、二十四節気の第14。七月中(通常旧暦7月内)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が150度のときで823日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から2/3年(約243.4906日)後で823日ごろ。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の白露前日までである。

西洋占星術では、処暑を処女宮(おとめ座)の始まりとする。

季節
暑さが峠を越えて後退し始めるころ。『暦便覧』では「陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也」と説明している。

二百十日・二百二十日とともに台風襲来の特異日とされている。』
Wikipedia



処暑の俳句:



・老犬の処暑の大地にはらばひて 細谷喨々



・名水を汲む列にをり処暑の風  板垣紫洋



・藍染の暖簾新し処暑の風  泉本浩子



・シャワー浴終りてやさし処暑の風  石川元子



・けふ処暑や琥珀の酒に氷鳴り  田所節子




台風が3つも出来て、2つは被害を出しながら、北に去ったが、10号はまだ南海上に留まったまま迷走している。
そのため、東海から西日本にかけて猛暑が続いている。

今日は処暑だが、それどころではない暑さだ。
細谷の句を読んで、わが愛犬を思い出してしまった。
庭を行き来できるようにしてあったのだが、夏の暑い日は木陰が好きだった。
犬小屋は暑いので、垣根の下に自分の体が入るほどの窪みを掘っていた。
両手を前に出し、両足は後ろに出し、腹を地面にピッタリつけていた。
首を上げるときは、舌を出してあえぐ時だ。
こんなに暑いのに、毛皮のコートを着ているのだから大変だねと言ってやる...

処暑はまだ暑いものだが、俳人たちは風を詠んでいる。
処暑には風がある。
南の風だが、変化の兆しの風が。

こんなに暑い日は、お酒もオン・ザ・ロック。
ウイスキーでも泡盛でも日本酒でも何でもよい。

薄いガラスのロックグラスの氷がシャランと鳴る音が涼しいから。



(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |