2016年02月08日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2016年02月
2016-02-08 (Mon)

2016/02/08  日記  雪催

2016/02/08  日記  雪催

2016/02/08(月)旧暦: 1月1日 祝日・節気:旧正月、朔 日出:6時35分 日没:17時14分 月出:5時57分 月没:16時55分 月齢:29.06 干支:庚申 六曜:先勝 九星:三碧木星 今日の季語: 雪催 (ふくちゃんの山と自然と故郷の写真 http://fukuchanid.blog.fc2.com/blog-entry-78.html より転載) 『雪催: 雪気、雪雲、雪曇、雪模様、雪暗、雪意 ...

… 続きを読む

2016/02/08(月)旧暦: 11日 祝日・節気:旧正月、朔 日出:635分 日没:1714分 月出:557分 月没:1655分 月齢:29.06 干支:庚申 六曜:先勝 九星:三碧木星


今日の季語:
雪催

clip_image002
(ふくちゃんの山と自然と故郷の写真
http://fukuchanid.blog.fc2.com/blog-entry-78.html
より転載)


『雪催: 雪気、雪雲、雪曇、雪模様、雪暗、雪意
三冬
いまにも雪が降り出しそうな天気のこと。雲が重く垂れこめ、空気も冷え冷えとしてくる。』
(季語と歳時記)



雪の俳句:



・五箇山の空の低さよ雪催  吾妻好子



・漁火はかならず遠し雪催  戸田和子



・餌台に鳥の混み合ひ雪催ひ  斎藤博子




今日の朝は冷え込んだ。
名古屋でもマイナス2度を記録した。
北の方では、天気予報は雪だるまマーク。

冷え込んだが、日中のお天気は良かった。
青空が見え、陽の光も風のないところは春を感じさせた。

雪催いは、雪が今にも降り出しそうな、雲の垂れ込めた暗い空模様だ。

吾嬬の句は、五箇山の雪催いを背景に合掌造りの風景を詠んだものだ。
屋根に積もった雪に埋もれた家々に、また雪が振りそうな雪催いは、良く収まる光景だ。

漁火を見たのは、函館の夏の海。
烏賊釣り船だ。
沖に灯す漁火は、美しくロマンチックなものだった。
戸田の見た雪催いの漁火は、どこの海だろう。
何を獲っている船だろう。

斎藤は雪催いの日、餌台にいつも以上の餌を置いたのだろう。

自然を生きる鳥達は苦労するだろうと優しさを込めて。