2015年12月20日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2015年12月
2015-12-20 (Sun)

2015/12/20  日記  冬温し

2015/12/20  日記  冬温し

2015/12/20 (日) 旧暦:  11月10日 祝日・節気:  日出: 6時45分 日没: 16時30分 月出: 12時42分 月没: 0時37分 月齢: 8.69 干支: 庚午 六曜: 友引 九星: 七赤金星 今日の季語: 冬温し (いい会社ってどんなだろう http://plaza.rakuten.co.jp/sennjyou3033/diary/201112300000/ より転載) 『冬暖:      ...

… 続きを読む

2015/12/20 () 旧暦:  1110日 祝日・節気:  日出: 645分 日没: 1630分 月出: 1242分 月没: 037分 月齢: 8.69 干支: 庚午 六曜: 友引 九星: 七赤金星

今日の季語: 冬温し

clip_image002

(いい会社ってどんなだろう
http://plaza.rakuten.co.jp/sennjyou3033/diary/201112300000/
より転載)



『冬暖:            冬ぬくし、暖冬
三冬
冬のさなかの暖かい日のこと。つめたい風も吹かない穏やかな日和。冬の恵まれた一日である。』
(季語と歳時記)


冬温くしの俳句:



・木洩れ日の三角四角冬ぬくし  関根洋子



・落とし物みんなで探す冬ぬくし  半澤佐緒里



・脇腹を馬に小突かれ冬ぬくし  村瀬初実




今日は、風も弱く、穏やかな陽がさす一日だった。
雪を待ちかねているスキー場には気の毒だが、毎日空を眺めて洗濯や布団干しに悩まされていた主婦・主夫には、会心の日だったはずだ。

冬の季節の中にも、こんな一日があると嬉しい。
冬ぬくしという季語には、そんな喜びが込められている。

木漏れ日の作る陰の造影に時の経つのを忘れ、静かな時間を楽しむことができる充実を感じている。

公園をみんなで散歩したのだろうか、落し物をみんなで、あそこかここか、探しまわって、ガヤガヤと騒ぎまわっている姿の中に暖かい冬の日が許してくれたものがある。

馬に蹴飛ばされたら大変だ。馬は相手によって態度を変えるという。鼻で小突くのは馬の愛情表現なのだろう。
馬と心が通じ合えば、寒い冬だって温かいというもの。

明日は、天気は崩れ、朝から雨だそうだ。
気温も上がらないようだ。
冬なのだから仕方がない。