FC2ブログ

  • 2015年03月 の記事一覧

2015年03月31日(火) 記事No.2211


日本代表が、5つのゴール。
何かの間違いではないかと思った。

ゴール前まではボールを運ぶが、ゴールの中に入れられない。
シュートを打ってもゴールを遥かに超えるかGKの正面、相手の意表をつくシュートは打てない。
決定力の無さが日本代表の長年の課題だった。

今日、前半は今までの代表、後半は若手が使われたが、それぞれ力を発揮した。相手の運動量が落ちた後半の若手の起用は大当たりだった。
宇佐美のシュートの精度は、本田・香川より上だろう。1点とった後の右ゴール隅へのシュートも枠を捉えていた。キーパーに阻まれたが、決定力はある。

この2試合を見て監督の力量・采配が大きな影響をあたえることがよく判った。
短い間に、闘争心、競争心を選手たちに植え付け、走り回らせたハリルの力量は頼もしい。

代表をしっかり鍛えて、強豪国と数多くの真剣勝負をして欲しいと思う。



『宇佐美代表初ゴール!ハリルジャパン5発快勝で2連勝!ウズベク撃破
スポニチアネックス 3月31日(火)21時16分配信

clip_image002
<日本・ウズベキスタン>後半9分、チーム2点目を決めた岡崎(左)がアシストの太田に抱きつく

◇国際親善試合JALチャレンジカップ 日本5―1ウズベキスタン(2015年3月31日 味スタ)

サッカーの国際親善試合、JALチャレンジカップは31日、東京・味の素スタジアムで行われ、日本代表がFW宇佐美貴史(22)のA代表初得点などでウズベキスタン代表に5―1で勝利を収めた。バヒド・ハリルホジッチ監督(62)は就任後、2連勝と幸先いいスタートを切った。

日本はハリルホジッチ監督の初陣となった27日のチュニジア戦(○2―0)からスタメン11人全員が入れ替わった。同戦で途中出場ながら全2得点に絡んだFW本田、岡崎、MF香川が先発に復帰した。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が53位で、ウズベキスタンは72位。序盤から主導権を握った日本は前半6分、左CKを相手GKがパンチングでクリアしたボールに、走り込んだMF青山が右足をかぶせた。ゴール正面、約30メートルの位置から放たれたシュートは糸を引く弾道でゴール右隅に突き刺さった。青山のA代表初得点で先制した。

後半9分にも後半開始から途中出場したDF太田からの左クロスを、ファーサイドのFW岡崎がダイビングヘッドで押し込み追加点。同35分にもMF柴崎がハーフウエーライン付近から飛び出した相手GKをかわすロングシュートで3点目。同37分に1点を返されたものの、同38分には柴崎からパスを受けた途中出場のFW宇佐美がDF2人をかわし右足でA代表初ゴールを決めた。同45分にも途中出場のFW川又が得点を決め、日本が5点を奪い快勝した。

6月からワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選に臨む日本。新たに指揮を執るハリルホジッチ監督の下、2試合で延べ26人の選手をテストしつつ2連勝と結果を残した。2次予選の組み合わせ抽選は4月14日に行われる。』
(スポニチアネックス)




(22)格闘技・スポーツ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年03月31日(火) 記事No.2212

2015/03/31 (火) 旧暦:  2月12日 祝日・節気:  日出: 5時30分 日没: 18時01分 月出: 14時19分 月没: 2時58分 月齢: 10.72 干支: 丙午 六曜: 先勝 九星: 四緑木星

今日の季語: 春蘭

clip_image002

(京都欄センター
http://www.kyotorancenter.com/contents/ran/syunran/
より転載)


『シュンラン(春蘭)
          
科名:ラン科
学名:Cymbidium goeringii
別名:ジジババ など
原産地:日本 中国
草丈:15cm~20cm
主な開花期:2月-4月
 
シュンラン(春蘭)とは
日本、中国に分布する野生ランです。日の差し込むやや乾燥気味の雑木林や松林などに自生します。鉢物として親しまれている洋ラン、シンビジウムの仲間です。といいますか、シュンランも分類上はシンビジウムの一種です。日本原産種を日本シュンラン、中国原産種を中国シュンランと区別します。一般に日本シュンランは花色・葉の模様を楽しみ、中国シュンランは花の形・香りを愛でるとされます。江戸時代から育種・栽培されている古典園芸植物で、東洋ランの代表的な一つです。

主な開花期は早春から春、地際から花茎を出しその先端に淡い黄緑色の花を1輪咲かせます(まれに2輪以上開花することもあります)。大きさは5cm前後で咲き始めに芳香を放つ物もありますが、おおむね香りはしないか、弱いです。花茎はさほど長く伸びず、葉の陰に隠れるようにひっそり咲く姿が可憐です。(園芸品種には花茎が長く伸びて、葉より高い位置で花を開くものも多いです)葉っぱは細長く幅はおよそ1cm、長さは30cmほどに伸び、緩いカーブを描いて垂れ下がります。

様々な園芸品種がありますが、花色を楽しむ品種を「花物」、葉をメインに乾燥する品種を「柄物」と呼び、系統も花色や葉の模様で分けられます。代表的な花物の系統に「赤花」「白花(素心)」「覆輪花」「縞花」、柄物に「虎斑」「蛇皮」「縞」などがあります。

花は食用となり、塩漬けした花に湯を注いで飲む「蘭茶」、若い花を花茎ごと取って湯通しして酢であえる酢の物などの利用法があります。

中国シュンラン
中国シュンランは日本シュンランと見た目はそっくりで、学名上は同一の種として扱います。日本シュンランと比較すると、葉の表面の光沢が強くて、花は芳香を放ちます。花の大きさは6cm前後、淡い緑色で紫色の筋が入ります。園芸品種は花の形で系統分けすることが多く、代表的な系統に梅の花びらに似た「梅弁」、ハス(荷)のような花びらの「荷花弁」、水仙の花びらに似た「水仙弁」などがあります。

名前の由来
漢字で書くと「春蘭」、春に花を咲かせるのでこの名があります。 昔は山野でごく普通に見られ、しかも生活にも取り入れられていた身近な植物で、地方ごとに様々な呼び名があります。主なものに、ホクロ、ホックリ、ジジババ、ジイババ、ジィトバァ、オジオバア、ジィサンバァサンなどの呼び名があります。これは、花びらの一部に濃い紅紫色の斑点があり、その斑点をホクロや老人の顔のシミに見立てて名付けられたものです。

学名はシンビジウム・グーリンギーです。属名のシンビジウムはギリシア語のキンベ(舟)とエイドス(かたち)の2語からなり、唇弁(花の一部、リップとも)がくぼんで舟の形をしているところに由来します。種小名のグーリンギーはオランダ人の植物採集家ゲーリングの名にちなみます。』(ヤサシイエンゲイ)



春蘭の俳句:



・春蘭に声挙ぐ八ヶ岳の散歩かな  遠藤逍遥子



・山の辺の春蘭人待ち顔をして  河村泰子



・雨残る森に春蘭開き初む  岡田万壽美



・春蘭に濃すぎる雨後の日差しかな  朝妻力



・一輪づつ殖え春蘭の三年かな  横田初美




八ヶ岳といえば夏の白樺と渓流のせせらぎだが、まだ早春。
春蘭はもう咲いているだろうか。まだ無理だろう。

山を歩いて花に出会うのは嬉しいものだ。
それが蘭ならば、山には不釣り合いな程都会的なセンスの花だから、その瞬間の驚きと喜びは大きい。

最近、信州から足が遠のいているが、花との出会いを求めて歩いてみたいものだ。




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年03月30日(月) 記事No.2213

日本人初の9秒台を期待されていた桐生祥秀選手が、アメリカテキサス州オースティンの大会で9秒87を記録した。

 

追い風3.3mのため公認記録とはならないが、追い風の影響を除くと9秒96に相当するそうなので、実質初の9秒台と言って良いそうだ。

 

これから陸上競技のシーズンが始まるので、公認記録の9秒台が出ることを期待したい。

 

 

「桐生選手が100mで9秒87、追い風参考」

https://youtu.be/JX023OalM6Q

 

 

 

『桐生追い風参考9秒87 公認換算は9秒96に相当

日刊スポーツ2015年3月30日(月)09:38

 

<陸上:テキサス・リレー>◇28日(日本時間29日)◇米テキサス州オースティン

 

日本歴代2位の10秒01を持つ桐生祥秀(19=東洋大)が、ついに9秒台をマークした。男子100メートルは3・3メートルの追い風参考記録ながら9秒87で優勝。2・0メートルを超える追い風のため未公認となるが、電気計時では日本初の9秒台に突入した。レースではロンドン五輪5位のライアン・ベイリー(米国)を制するなど実力を証明。8月の世界選手権(北京)や16年リオ五輪へ、悲願のファイナリスト誕生も夢ではなくなった。

 

桐生が10秒の壁はおろか、9秒9台も飛び越えた。電光掲示板の「9秒87」を見るとガッツポーズ。テキサスの青い空の下、衝撃的なタイムを刻んだ。

 

4レーンの桐生は、自慢のダッシュ力「桐生ジェット」で一気に先頭。50メートル付近でトップスピードに到達した。隣は9秒88でロンドン五輪5位に入った25歳のベイリー。長身193センチの追い上げを振り切り、0秒02差で先着。9秒87は、まさに同五輪5位相当の好記録だ。

 

「追い風参考だが、初めて9秒台が出てよかった。気持ちよくスタートできた。50メートルからはスピードに乗って、いつもよりリラックスして走ることができた。公認で出せればよかったけど9秒台を体感できた。客席も盛り上がって楽しさ倍増だった」

 

記録が公認されるのは追い風2・0メートルまで。専門家のデータで、この日の走りを「追い風2・0メートル」で換算すると9秒96に当たる。同様に13年4月に出した10秒01(追い風0・9メートル)を当てはめれば、9秒93に換算される。日本で9秒台は手動計時で2度あるが、100分の1秒まで表示される電気計時では桐生が初めて。日本初の公認9秒台は文字通り秒読み段階だ。

 

昨季は春先からけがが重なった。「やたらけがしたので、全部は覚えていない」とあっけらかんと笑う。ただ昨秋、左太もも肉離れによる仁川アジア大会欠場は違った。リハビリの最中にテレビ放送を見て「さすがに落ち込んだ。ずっと見てました。飯塚さんらみんなが頑張っていて…」。

 

失意の冬には街で見知らぬ母子とすれ違った。子どもに「ほら、この人、あの」と指をさされ、母親から「昔、足が速かった人だね」と言われて、がっくり。けがの予防のために10秒00の日本記録を持つ伊東浩司氏にストレッチ法を学んだ。この日は昨年7月以来の100メートルだった。

 

東洋大の土江コーチは「8月の世界選手権で今日のようなレースを連発すれば、表彰台にもいける」と太鼓判を押す。今春から大学2年となる桐生は「100メートルを走ることは楽しい。今回はレース終了後に疲れも痛みもない。冬の間に体の土台ができた」。次戦は国内屈指の高速コース、織田記念(4月18、19日・広島Eスタ)だ。もはや公認記録での9秒台突入は現実的な目標。世界選手権、リオ五輪での決勝進出も見えてきた。

 

◆日本人の「9秒台」 過去に手動計時で2度ある。95年4月に茨城・日立で伊藤喜剛が追い風9・3メートルで9秒8をマーク。99年には神奈川・平塚で、記録公認範囲内の追い風1・6メートルで、伊東浩司が“手動日本記録”9秒9をマーク。視認による手動計時は参考記録で、電気計時よりも0秒24速いとされる。』(日刊スポーツ)

 

(22)格闘技・スポーツ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年03月30日(月) 記事No.2214

2015/03/30 (月) 旧暦:  2月11日 祝日・節気:  日出: 5時31分 日没: 18時00分 月出: 13時25分 月没: 2時21分 月齢: 9.72 干支: 乙巳 六曜: 赤口 九星: 三碧木星

今日の季語: 土筆

clip_image002

(バイク・グルメ・テニス・アウトドア~日常を楽しく共有しましょう~
http://blogs.yahoo.co.jp/longingriver/4609753.html
より転載)


『ツクシ

春に地下茎からツクシという胞子茎(または胞子穂、胞子体)を出し、胞子を放出する。薄茶色で、「袴(はかま)」と呼ばれる茶色で輪状の葉が茎を取り巻いている。丈は10 - 15cm程度である。

ツクシ成長後に、それとは全く外見の異なる栄養茎を伸ばす。栄養茎は茎と葉からなり、光合成を行う。鮮やかな緑色で丈は10 - 40cm程度。主軸の節ごとに関節のある緑色の棒状の葉を輪生させる。上の節ほどその葉が短いのが、全体を見るとスギの樹形に似て見える。

なお、ツクシの穂を放置すると、緑色を帯びたほこりの様なものがたくさん出て来る。これが、胞子である。顕微鏡下で見ると、胞子は球形で、2本の紐(4本に見えるが実際は2本)が1ヵ所から四方に伸びている。これを弾糸という。この弾糸は湿ると胞子に巻き付き、乾燥すると伸びる。この動きによって胞子の散布に預かる。顕微鏡下で観察しながら、そっと息を吹きかけると、瞬時にその形が変化するのをみることが出来る。

また、「ツクシ」は春の季語である。
...
実用的には、以下のような利用がある。
食材
 「ツクシ(土筆)」は春の山菜として親しまれている。袴を取って茹でて灰汁を抜き、だしで軟らかく煮たり、佃煮にしたりして食用とする。しかし、チアミナーゼ[3]、アルカロイド、無機ケイ素などを含むため、多量の摂取は推奨されない。また、心臓、腎臓の疾病を有する人、ニコチンに対する過敏症を有する人の摂取は禁忌とされる[3]。さらに、チアミナーゼによるビタミンB1欠乏症を起こす恐れがある[3]とされている。

生薬
  栄養茎の全草を乾燥させたものは生薬名を問荊(もんけい)といい利尿作用がある。生薬としてのスギナの効用は古くから伝承されていたが、近年、花粉症対策としての効能があるとの発表があり、注目が集まっている[4][5]。ただし、この効能は公的に認められているわけではなく、ヒトでの信頼の置ける有効性および安全性を示すデータはない[3]。
...』(Wikipedia)


土筆の俳句:



・畦道を犬の先導つくし生ふ  辻俊子



・雨に伸びつくしんぼうの五寸かな  大橋敦子



・草花に丈を競ひてつくしんぼ  赤星恵子



・三姉妹土筆摘みつみ母偲ぶ  二宮桃代



・袴取るは母の仕事に土筆和  中野たけみ




土筆の食べ方は色いろあるはずだが、一番記憶に残っているのは、玉子とじだ。
玉子とじでも家庭によって内容はそれぞれある。
次のレシピは、はるさんの台所がCOOK PADに載せている。
黄色と緑の彩りが良い感じ。


『つくしの卵とじ

clip_image004

主人が大好物な“つくし”。
あっさり味の卵とじでいただきました~♪
はるさんの台所

材料 (2人分)
つくし: ひとつかみ程度
卵(M): 2個
めんつゆ(2倍濃縮): 大さじ2
日本酒: 大さじ2
みりん: 小さじ2
白シメジ: 30g
細ネギ: 適宜

1
   
clip_image006

こんな風につぼみが開いたものを使います。

2
    つくしははかまを丁寧に取りよく水洗いします。
    ザルにあげ水を切っておきます。

3
    鍋に調味料を入れ煮立たせ、白シメジを入れ、火が通ったらした処理をしたつくしを入れます。

4
    溶いた卵を中央に半量、次に周囲にまわしかけ好みの堅さになったら火を止めます。細ネギを散らします。



土筆は積むのは楽しいが、袴を取るのが大変だ。
昔の人は根気が良かった。




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年03月29日(日) 記事No.2215

2015/03/29 (日) 旧暦:  2月10日 祝日・節気:  日出: 5時32分 日没: 17時59分 月出: 12時31分 月没: 1時41分 月齢: 8.72 干支: 甲辰 六曜: 大安 九星: 二黒土星

今日の季語: 諸子

clip_image002

(コトバJapan
http://japanknowledge.com/articles/kotobajapan/entry.html?entryid=2334
より転載)


『ホンモロコ(本諸子、学名 Gnathopogon caerulescens)は、コイ科タモロコ属に属する淡水魚。別名はモロコ、ゴマモロコ、ヤナギモロコなど。

食材
本種は日本産コイ科の魚類の中でも特に美味と言われ、重要な水産資源となっている。琵琶湖では周年漁獲され、京都市内の料亭などへ高値で取引されている。特に冬に獲れる「子持ちモロコ」は琵琶湖の名物とされ、大変に珍重される。

水産資源としてのホンモロコ
1994年以前は安定した漁獲量を保っていたが、1996年以降では年間の漁獲量が最盛期の1/10未満という年が続き、価格が急騰。現在は高級食材の1つとなってしまった。このように生息数が激減してしまった背景には、ブラックバス(オオクチバス・コクチバス)やブルーギル等、肉食性外来魚による食害などが原因の1つとも言われている。この為、琵琶湖を擁する滋賀県や周辺の自治体は、産卵場所となる浅水域の確保・整備や外来魚の駆除、さらにはホンモロコの養殖や放流を積極的に行うなど、水産資源の確保に努めている[1]。

また、埼玉県では養殖における生産量が年間約20トン(2010年1月10日現在)と日本一である[2]。

2009年より広島市佐伯区湯来町[3]、2011年より岐阜県中津川市福岡(旧・恵那郡福岡町)[4]においても、遊休水田を活用してホンモロコ養殖を始めた。

調理方法
塩焼き、煮物、天ぷら、唐揚げ、佃煮、南蛮漬けなど。』(Wikipedia)


諸子の俳句:



・みづうみに諸子取れ出す白伊吹 高澤良一



・諸子釣る近江の雨を肩にして 山下桜童



・浦を出てすぐに止りぬ諸子舟 三沼画龍



・湖に今日を惜しめば諸子の酢 森澄雄



・煮諸子やさざなみ照りの湖の宿 老川敏彦




本諸子のレシピは、塩焼き、煮物、天麩羅、佃煮など伝統的な調理方法に加え燻製やオリーブオイル漬けも販売されている。

ブラックバスやブルーギル等の肉食性外来魚により資源が減少してしまった日本在来種の本諸子は、今では高級魚になってしまった。
食文化として諸子を楽しむ京都を含め琵琶湖周辺では、辛いことだ。
ただ、湖での自然資源が無理であれば、養殖が考えられる。

休耕田を利用した養殖が、各地で始まっているそうなので、近い将来昔のように気安く楽しむことが出来るようになる日が来るかもしれない。

春を感じさせる季節感のある本諸子の復活を期待したい。




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年03月28日(土) 記事No.2216

2015/03/28 () 旧暦:  29日 祝日・節気:  日出: 534分 日没: 1758分 月出: 1138分 月没: 057分月齢: 7.72 干支: 癸卯 六曜: 仏滅 九星: 一白水星

今日の季語: 鶯

「ウグイス ケキョケキョケキョ(谷渡り)」

https://youtu.be/F_tsgUb6MJE


『ウグイス(鶯、鴬、学名: Horornis diphone)は、スズメ目ウグイス科ウグイス属の1種である。

「ホーホケキョ」と大きな声でさえずる。日本三鳴鳥の1つ。山梨県と福岡県の県鳥であり、日本の多数の市町村などの自治体指定の鳥である。
...
人との関わり
飼養
その飼養は、古くから行なわれ、足利義政の頃に流行し、その弊害の大きさから法度において禁じられたが、江戸時代、とくに文化から弘化にかけて、流行し、徳川家治、徳川家斉もこれを愛し、小納戸役にお鳥掛という職を置いたほどであった。

飼育法
一番子の雛を巣ごと持ち帰り、藁製の畚(ふご)に入れ、巣口を綿で覆い、その畚を小蒲団で包み、温かい室内に置き、雛がピピピと鳴いて餌を求めたらすり餌を与え、夜は暖房して寒さを防ぐ。羽翼が整って離巣するようになれば、1羽ずつ籠に移す。籠には親籠、雛籠、付籠、袖籠(付子の雛を持ち運ぶ)、旅籠(遠方に携行する)、水籠(水浴びさせる)などの種類がある。籠にいれたウグイスはさらに籠桶(こおけ)に入れる。籠桶はキリ製で、高さ45 cmほど、幅30 cmほど、長さ 80 cmほどで、正面は障子のけんどんになっている。キリ製なのは、それ以外では、琴と同じく、鳴く音と調和しないからであるという。餌はすり餌が中心で、活き餌も用いる。すり餌は、玄米、米ぬか、青葉で作る。活き餌は、アオガエル、ヤナギの虫(ボクトウガの幼虫)、クサギの虫(コウモリガの幼虫)、エビヅルの虫(ブドウスカシバの幼虫)、イナゴなどである。その他、シンクイムシ、ミールワーム、ヨーロッパイエコオロギ、ヒメツメガエルなど入手しやすい活き餌がある。時期的に早く鳴かせるには、夜飼法などの方法がある。これは夜、籠桶の障子をはずして燈火に向けるもので、これを鳥をあぶるという。9月中旬から始めて、冬から春にかけて鳴かせる。付子といって、親鳥が鳴く音を練習させる方法もある。親鳥の籠桶から約2 m離れたところに雛の籠桶を置き、自然に鳴方を習得させるものである。

和歌
 
うぐいすの なく野辺ごとに きてみれば うつろふ花に 風ぞ吹きける 詠み人知らず『古今集』
 
あらたまの 年ゆきがへり 春立たば まづ我が宿に 鶯は鳴け 大伴家持『万葉集』
 
春たてば 花とや見らむ 白雪の かかれる枝に うぐひすぞなく 素性法師『古今集』
 
春霞 おもひたちにし あしたより またるるものは 鶯のこゑ 藤原敦忠
 
ほととぎす なくべき枝と みゆれども またるるものは 鶯の声 藤原道綱
 
鶯の こゑ聞きそむるあしたより 待たるる物は 桜なりけり 本居宣長
 
鶯の 声を聞きつる あしたより 春の心に なりにけるかも 良寛
 
鶯の 谷よりいづる 声なくは 春くることを 誰か知らまし 大江千里
 
声たえず 鳴けや鶯 ひととせに ふたたびとだに 来べき春かは 藤原興風
...』(Wikipedia)


鶯の俳句:



・山頂の按針塚に鶯鳴く  松崎鉄之介



・息深く鳴く鶯や雨後の山  和田敏子



・耳遠き夫に鶯また鳴ける  本谷尚子



・摂心の比叡泊りや谿鶯  梅原美子



・鶯が無にも空にもさせくれぬ  丸山佳子




お寺には庭があり樹樹がある。
鶯や他の野鳥にとっても憩いの場だ。
だからお寺で鶯の鳴き声を聞くことはよくある。
2012
3月の末、南禅寺の境内を歩いていると突然鶯の鳴き声が聞こえてきた。

特に山深い修行道場ともなれば、鶯の鳴き声はお寺のいたるところで聴くことが出来る。
梅原も丸山も心を磨くためにお寺に出かけ、鶯の鳴き声に出会ったそうだ。

攝心といえば、禅寺では座禅が中心となるが、比叡山では「止観」を行うそうだ。心を止めて自分をを見つめ直すということだそうだが、内容的には座禅と同じだろう。
丸山は「無にも空にもさせくれぬ」と言っているので座禅中の鶯だろう。

鶯の声は、仏道修行の妨げになるのだろうか?
そうでもないだろう。
川端康成がノーベル賞受賞講演で引用した道元の有名な和歌。
「春は花夏ほととぎす秋は月冬雪さえてすずしかりけり」

春は花に代表させているので鳥の鳴き声は夏のほととぎすにしているが同じことだろう。

あるがままの今此処の鳴き声は悟りの道に通じている。



(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年03月27日(金) 記事No.2217


準備期間が短かったハリルJ、初戦がどうなるか興味深かった。
結果は。2-0FIFAランキング格上のチュニジアに勝ち、幸先良いスタートを切った。

前半は、長谷部を除き殆ど今までの代表と違ったメンバーでスタート。
格上相手にどうなるか心配だったが、前半00で終わった。

ハリル監督が、日本の弱点として指摘した球際の強さが足りない点。
新しいチームは、この点は詰めを速く、ボールを複数で取りに行って、ボールを奪っていた。
何度かチャンスもあったが、ゴール前での決めが出来なかったが、若い選手が走って、相手を疲れさせた効果があったように思えた。

後半も同じメンバーでスタート。
今日は変えないのか、このまま行くのかと思われたが、本田と香川が登場し、次に岡崎と宇佐美を投入。
これで動きが良くなり、ゴール前での崩しが出来るようになり、岡崎、本田が立て続けにゴールを揺らした。
その後も、ボールを支配し、相手に攻撃の機会を与えなかった。

1
試合では断定はできないが、ハリル監督は自分の思い通りに選手を動かすことが出来るよう思えた。
選手交代も、冴えていた。ウズベキスタンとの試合も同じように相手を崩せれば、未来は明るい。


『ハリルジャパン、白星発進!!岡崎&本田のゴールで初陣飾る

clip_image002

...
1点が遠い日本は後半27分、さらに2人を交代。武藤、川又に代わってFW宇佐美貴史、FW岡崎慎司が入り、宇佐美はA代表デビューとなった。後半32分、カウンターから香川のスルーパスに抜け出した本田が左サイドをドリブルで独走。そのままクロスを上げたが、ファーサイドに走り込んだ岡崎のトラップは大きくなり、DFにクリアされた。

それでも直後の後半33分、中央でボールを受けた香川がドリブルで切れ込み、左サイドのスペースに展開。本田がダイレクトでゴール前に折り返すと、ファーサイドの岡崎がヘディングで合わせ、ついにゴールネットを揺らした。

ハリルジャパン第1号ゴールは岡崎の国際Aマッチ42ゴール目。さらに後半38分には岡崎のスルーパスに抜け出した香川がPA内左からクロス性のシュート。GKが前に弾いたボールを本田が左足で押し込み、2-0とリードを広げた。途中出場でピッチに入った香川、本田、岡崎の3人の連係で奪った2ゴール。ハリルホジッチ監督は後半39分、酒井宏と山口に代えてDF内田篤人、MF今野泰幸を投入し、6枚の交代枠を使い切った。

後半41分、香川の強烈な右足ミドルはGKがセーブ。同44分には香川の絶妙なスルーパスに宇佐美が抜け出し、決定機を迎えたが、右足で狙い澄ましたシュートは右ポストを叩いた。頭を抱えてピッチに倒れ込む宇佐美。デビュー戦ゴールはならなかった。試合はそのままタイムアップを迎え、2-0の完封勝利。初陣を白星で飾ったハリルジャパンは今後、31日に味の素スタジアムでウズベキスタン代表と対戦する。
(
取材・文 西山紘平)
(ゲキサカ
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?159673-159673-fl
より転載)

(22)格闘技・スポーツ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年03月27日(金) 記事No.2218

2015/03/27 () 旧暦:  28日 祝日・節気: 上弦 日出: 535分日没: 1757分 月出: 1045分 月没: 008分 月齢: 6.72 干支: 壬寅 六曜: 先負 九星: 九紫火星

今日の季語: 黄水仙

clip_image002
(K-SOHYA POEM BLOG
http://poetsohya.blog81.fc2.com/blog-entry-671.html
より転載)


『黄水仙
仲春
           .
江戸時代に渡来した南ヨーロッパ原産のヒガンバナ科の多年草。
観賞用として庭などに植えられ、切花としても用いられる。三、四月ころ、細長い葉の間から茎を立て、その頂点に黄色い花を咲かせる。』
(季語と歳時記)


黄水仙の俳句:



・風荒き野やけなげなる黄水仙  邑橋節夫



・立ち上がれ被災励ます黄水仙  紀川和子



・本堂の奥の明るさ黄水仙  穴澤光江



・聞き役はつねに妹黄水仙  岡田史女



・恙無き日の食卓の黄水仙  和田紀夫




雪解けの遅い新潟。
除雪で積み上げられた水路横の空き地。
春の遅い雪国でも、雪が溶けた雪間ができる日が来る。
すると、それを待っていたかのごとく水仙は芽を伸ばし、知らないうちに黄色い花を咲かせている。

黄水仙は厳しい環境負けない強さがある。
雪にも春先の強い風にも負けることはない。
首を振ってやり過ごすばかりだ。

3.11
の震災の被災地でも、恐らく春の訪れとともに立ち上がったことだろう。
自然に負けない樹や花は被災にあった被害者を励まし勇気を与えてくれた。

平時にあっても、水仙の花は話し続ける喇叭だけではない。
あれは耳でもあるのだ。

どうでもいいことや詮のない愚痴を黙って聴いてくれる人がある人は幸せだ。
岡田は妹に十分感謝している。
そんな妹のいない人は、水仙に話しかければ良い。
きっと黙って耳を傾け聴いて、頷いてくれる筈だ。

病気でもなく災害もなく何事もない普通の日。
平凡なとりとめのない日。
黄水仙は黙って咲いている。


今日のニュースは2つ。
・ドイツの飛行機事故は、27歳の副操縦士が故意に墜落させたことがほぼ確定した。

・大塚家具の株主総会では娘の現社長の提案が承認され、会長は解任された。



(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年03月26日(木) 記事No.2219

2015/03/26 () 旧暦:  27日 祝日・節気:  日出: 537分 日没: 1757分 月出: 953分 月没: ---- 月齢: 5.72 干支: 辛丑 六曜: 友引 九星: 八白土星

今日の季語:枸杞の芽

clip_image002
(きのみくさのみのブログ
http://ameblo.jp/5115hkouichi/entry-11801938992.html
より転載)


『クコ(枸杞、学名:Lycium chinense)は、中国原産のナス科の落葉低木。食用や薬用に利用される。日本や朝鮮半島、台湾、北アメリカなどにも移入され、分布を広げている外来種でもある。

特徴
枝は長さ1m以上、太さは数mm-1cmほどで、細くしなやかである。地上部は束状で、上向きに多くの枝が伸びる。枝には2-5cm程度の葉と1-2cm程度の棘が互生するが、枝分かれは少ない。垂直方向以外に地上にも匍匐茎を伸ばし、同様の株を次々と作って繁茂する。開花期は夏-初秋で、直径1cmほどの小さな薄紫色の花が咲く。果実は長径1-1.5cmほどの楕円形で、赤く熟す。

海岸、河原、田畑の畦、空き地の周囲など、人の手が加わりやすく、高木が生えきれない環境によく生える。ある程度湿り気のある水辺の砂地を好む。

性質は丈夫であり、しばしばハムシの一種トホシクビボソハムシ(Lema decempunctata)の成虫や幼虫が葉を強く食害したり、何種類かのフシダニが寄生して虫癭だらけになったりするが、それでもよく耐えて成長し、乾燥にも比較的強い。一旦定着すると匍匐茎を伸ばして増え続け、数年後にはまとまった群落となることが多い。

利用
果実は酒に漬けこんでクコ酒にする他、生食やドライフルーツでも利用される。薬膳として粥の具にもされる。また、柔らかい若葉も食用にされる。

クコの果実、根皮、葉は、それぞれ枸杞子(くこし)、地骨皮(じこっぴ)、枸杞葉(くこよう)という生薬である。ナガバクコ(学名: Lycium barbarum)も同様に生薬にされる。月経促進や人工中絶薬の作用をする成分(ベタイン)が含有されているため、「妊婦あるいは授乳中の摂取は避けたほうがよい」[1]との情報がある。 ワルファリンとの相互作用が報告されている[2]。食品素材として利用する場合のヒトでの安全性・有効性については、信頼できるデータが見当たらない[1]

枸杞子
 
血圧や血糖の低下作用、抗脂肪肝作用などがある。精神が萎えているのを強壮する作用もあるとされている。

地骨皮
 
抗炎症作用、解熱作用などがある。清心蓮子飲(せいしんれんしいん)、滋陰至宝湯(じいんしほうとう)などの漢方方剤に配合される。

枸杞葉
 
血圧の低下作用などがある。クコ茶にする。』
Wikipedia


枸杞の芽の俳句:



・枸杞の芽やけふ薄着せし妻の胸 細川加賀


春の光りが眩い句だ。
薄緑の枸杞の芽が春の光中に伸び始めた命を感じさせる。
温かい陽に上着を脱いで、セーターかブラウスばかりになった妻の胸が春の光の中に盛り上がっている。

若くして肺結核を患った細川の眼には、枸杞の芽と胸が春の光に照らされた生命の輝きのように見えたのだろう。

細川加賀と言う名前から女性と思っていたが、「妻の胸」と詠んでいるので、なんだ男性かと思った。


『細川 加賀(ほそかわ かが、1924211 - 19891025日)は、東京出身の俳人。本名輿一郎。東京市(現台東区)生。小学校卒業と同時に就職、のち商業学校に通う。1940年、肺結核を発病し、療養中に「鶴」所属の俳人と知り合い同誌に投句。1944年、石川県に疎開し、翌年農協に勤務。1953年、石田波郷と会い、上京。楠本憲吉の「なだ万」に勤める。1957年、運輸省に入省。同年サンケイ俳句賞を受ける。1980年、『生御霊』で第20回俳人協会賞受賞。1984年、運輸省を定年退職し「初蝶」を創刊、主宰。1989年、転倒による脳挫傷で死去。「鶴」の誌風に従い、病苦や就職難といった境涯を韻文性の高い調べで詠んだが、のちにより平明・柔和な句風に移行していった。句集に『傷痕』(1973年)『生御霊』(1980年)『玉虫』(1989年)『細川加賀全句集』(1993年)など。』(Wikipedia)


細川加賀の俳句:

・寒泳のかたまり泳ぐ日の真下 
・汗拭いて吃つてばかりゐる日かな
   
・甘酒が熱くて神田祭かな
   
・顔上げて波郷忌近き朴落葉
 
・鬼柚子といふ大きくて軽きもの
   
・吉良さまの顔のやさしき木の実かな(華蔵寺
)   
・泣きながら歩いて来る子麦の秋
   
・石段を矮鶏駆け上る大暑かな(袋井油山寺
)   
・赤ん坊を抱いていでたる恵方かな
   
・千歳飴橋が長くて泣きにけり(蒲郡竹島弁天
)   
・浅蜊呟きゐたり酔後の水飲めば
   
・爽かに子の音信の絶えてなし
 
・草の矢にあたりてわれは死ににけり
 
・草虱母とあそびしひと日かな
 
・葬送や雪踏み役の五六人(ふるさとは
)   
・憎まれてゐて秋鯖のうまきかな
   
・卒業歌終はりし浪のきこえけり
   
・鯛焼や内職仲間妻にあり
   
・大嫌ひなる西鶴の忌なりけり
   
・滝凍ててもろもろの巌立ちあがる
 



(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年03月25日(水) 記事No.2220


和歌山で過去最大386kgのクロマグロが水揚げされたとニュースが流れた。
過去最大と言うのは那智勝浦でなのか日本全体でなのか、気になったので調べてみた。

調べた範囲では、日本一は、
1986
(昭和61)421
宮崎県延岡市島浦町のマグロはえ縄漁船「幾伸丸」が、種子島南東約80kmの沖合いで、重さ483kg、体長2.88m、胴まわり2.36mの本マグロを捕獲した記録がある。

clip_image002
(マグロ王子Official Blog
http://ameblo.jp/maguroouji/entry-11288974600.html
より転載)

本マグロが400kgを超えるには15年以上の歳月を要するそうだ。


世界記録はカナダの679kg
clip_image004
YOICHI MOGI
http://uminchumogi.blog111.fc2.com/blog-entry-163.html
より転載)
とてもマグロには見えない。

概して大きい物は味も大まかだと言われるが、本マグロの場合はどうだろう。
このサイズになるのは20年以上だろう。
とても養殖できる代物ではない。


『和歌山でクロマグロ過去最大の386キロ 出荷箱にもはいらず 気になる値段は…
産経新聞 325()816分配信


clip_image006
水揚げされた過去最大のクロマグロ=和歌山県那智勝浦町(写真:産経新聞)

生鮮マグロのはえ縄漁で日本有数の水揚げ量を誇る和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港で、過去最大となる重さ386キロのクロマグロが水揚げされた。勝浦漁協によると、記録がある昭和60年以降で最も大きいという。

宮崎県のマグロはえ縄漁船「勝福真丸」が、潮岬沖約300キロで捕獲した。同船の船主、疋田勝一さん(63)は「漁師歴50年近くになるが、こんな大物は初めて」と笑顔で話した。

クロマグロは、1キロ9020円、約376万円で落札され、東京へ出荷された。約2・6メートルもあるクロマグロは、出荷用の箱に入らずに口の先の部分を切り落とすなどして、大人3人がかりで詰めていた。』(産経新聞)



(12)飲むこと・食べること |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |