FC2ブログ

  • 2012年11月 の記事一覧

2012年11月30日(金) 記事No.3882


人は泣きたいものらしい。
人の悲しみなら素直に泣けるものらしい。

泣ける歌を、数多く送り出してヒットさせているJUJUが人気だ。
JUJUの歌には、素直に泣かせてもらえる世界があるからだ。

今月、JUJUの初のベストアルバム2枚が、オリコンの1,2位を独占した。藤圭子、浜崎あゆみに続く快挙だそうだ。

ベストアルバムは、次の2組。
BEST STORY Life stories~」
収録曲:
1.
光の中へ -Life stories Mix-
2.
奇跡を望むなら
...
3. Wonderful Life -Life stories Ver.-
4.

5. LOVE TOGETHER
6.
明日がくるなら
7. PRESENT
8. S.H.E.
9. Trust In You
10.
また明日...
11.
願い

12.
花がめぐるところへ
13.
ただいま
14.
ありがとう

BEST STORY Love stories~」
収録曲:
1. Cravin’ -Love stories Mix-
2.
ナツノハナ -Love Stories Mix-
3. sayonara -Love Stories Mix-
4.
素直になれたら

5. My Life
6.
やさしさで溢れるように
7.
桜雨
8. bouquet
9. READY FOR LOVE
10.
この夜を止めてよ
11.
さよならの代わりに
12.
つよがり
13. YOU -Single Version-
14. sign


JUJU
の泣ける歌BEST5は以下の5曲だそうだ。
1
位:また明日...
2
位:この夜を止めてよ

3
位:明日がくるなら
4
位:奇跡を望むなら...
5
位:やさしさで溢れるように

すべて2枚のベストアルバムに収録されている。

1
位の「また明日...」は、2,011年、関西TV制作のドラマ「グッドライフ~ありがとう、パパ。さよなら~」の主題歌。
白血病の少年とがんの父親との関係を描いたドラマだそうだが見ていない。
詳細は以下のWikipedia参照。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%80%9C%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86%E3%80%81%E3%83%91%E3%83%91%E3%80%82%E3%81%95%E3%82%88%E3%81%AA%E3%82%89%E3%80%9C


2
位の「この夜を止めてよ」は、このブログで以前の記事に書いた。
2012/04/14  JUJU「この夜を止めてよ」」
http://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/6c0b36fb84eda5417176f47a5dd7c483


BEST1
BEST2が聞ける動画がyoutubeにあるので聴いてみよう。
JUJU - やさしさで溢れるように+また明日」

http://youtu.be/gkiQwr1k6r4

JUJU
の歌が泣かせるのは、歌唱力が一番だが、歌詞が良いためだろう。
若い人から、子供を持った親、大人まで聞くことができる言葉になっている。

<「また明日」の歌詞>

「また明日...
JUJU


作曲?牧穂 エミ

作詞?大河内航太


沈む夕陽に 赤く染まる 帰り道で
"
明日も晴れるね" 笑う あなたの瞳

同じ空を 見上げるのは これが最後なんて
言えないまま
ほほえみ返して 握りしめた
その手のひらの温もりは
痛いくらい愛しくて 温かくて

また明日...あなたを
抱きしめる約束さえも 出来ないなら
今はただ 限りない愛で あなたの事を包みたい
さよならも言えずに
私を呼ぶ声にさえ 答えられないけど
どんなに 遠く離れても 愛し続けてるから

眠る横顔 見つめながら 胸が痛む
あなたに 本当の愛 伝えられてたのかな?

同じ春を 同じ冬を ふたりで1つずつ越えてきたけど

想い出は もう増やせないの
そばで寄り添う 今さえも
奇跡のような幸せで 儚すぎて

もう2度と...この手で
抱きしめてあげる事さえ 出来ないなら
あなたを苦しめる すべて消す事が出来たなら

すねて泣いた顔も はしゃいでる その笑顔も
全部 かけがえのない ひとつとして失くせない
愛している

また明日...あなたを
抱きしめる約束さえも 出来ないなら
今はただ 限りない愛で あなたの事を包みたい
さよならも言えずに
私を呼ぶ声にさえ 答えられないけど
どんなに 遠く離れても 愛し続けてるから
また明日も あなたを


JUJU
はいつも帽子をかぶっていることが多い。
このステージでは、珍しく白い花の髪飾りをこめかみに着けている。
これを見て、白いクチナシの花を着けて歌ったビリー・ホリデイを思い出してしまった。

そう言えば、JUJU10代でジャズをこころざして、アメリカに渡っていた時があるから、ビリー・ホリデーの影響があるかも知れない。
特に、~Love stories~収録の男女の愛を歌ったものはそうかもしれない。

Love stories~のJUJU 『この夜を止めてよ』はビリーホリデイが歌っても違和感を感じない歌だ。

JUJU - この夜を止めてよ」

http://youtu.be/KrhgFssZHV0


そう考えると、~Life stories~の方もアメリカの精神世界に通じる要素も感じられる。
恋ではない愛や無償の愛やそばに寄り添う気持ちなどはアメリカのヒット曲にはよく登場する世界だ。

今年、JUJUがアメリカのMTVから呼ばれ、タイムズスクウェアのMTVスタジオで、アジア人女性アーティストとして初のライブを行っている。
JUJUの歌う世界は、アメリカでも受け入れられることは、理由のあることだと思う。


【データ】

JUJUの歌をもっと聴きたい人は、youtubeの以下のチャネルで視聴することができる。
jujuSMEJ 

JUJUの公式サイトは、以下。
http://www.jujunyc.net/




(7)音楽 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年11月30日(金) 記事No.3883

2012/11/30() 旧暦:1017 祝日・節気: 日出:631 日没:1628 月出:1750 月没:733 月齢:16.2 干支:乙未 六曜: 友引 九星:二黒土星

今日の季語: 牡丹鍋

clip_image002
(京都・丹波 八光館 ぐるなび食市場店 より転載)


ぼたん鍋(ぼたんなべ)は、猪の肉を用いた日本の鍋料理。猪鍋とも呼ばれる。

概要
猪肉は縄文時代からよく食べられていた食材であり、これを具材に加えた鍋料理は日本各地に見られる。ぼたんの名は、使われる猪肉を薄切りにし、牡丹の花に似せて皿の上に盛りつける事に因んでいる。
鍋の中で野菜、根菜、きのこ類、芋類、コンニャク、麩、豆腐と猪肉を一緒に煮て食べるのが一般的であり、味付けは地方によって異なるが、昆布と鰹節でとった出汁に主に味噌か醤油を入れることが多い。風味付けに日本酒や味醂を加えても良い。江戸風は、割り下に大量の醤油と砂糖を用い、さらに八丁味噌を加えて濃厚な味にしている。食べる際には、取り皿に生卵を入れてつけたり、薬味として山椒などを振りかけたりする。

地域の取り組み
猪が入手しやすい山間部で、郷土料理として観光資源化されることも多い。
岐阜県の樽見鉄道は、猪鍋を売りにしたイベント列車「しし鍋列車」を運行している。
兵庫県のぼたん鍋は、2007年に農林水産省主催の農山漁村の郷土料理百選に選定された。』(Wikipedia


牡丹鍋の俳句:



・こめかみにのこる銃音牡丹鍋 木田千女



・もめごとの少しはありて牡丹鍋 中村外紀子



・牡丹鍋みんなに帰る闇のあり 大木あまり



・牡丹鍋青い物から煮えにけり 真砂卓三



・大根が一番うまし牡丹鍋 右城暮石



・隠し湯はなほこの奥や牡丹鍋 小路紫峡


牡丹鍋は、猪を鍋にしたものだ。
豚に比べれば、固く野性味のある肉。
そのせいか、俳人たちも気持ちを荒立てている。
銃音ももめごとも穏やかではないし、帰る闇は誰にでも・何処にでも・いつでもある普遍的なものなのに牡丹鍋のせいだと言わんばかりだ。
猪の祟りなのか、荒っぽい気分に囚われている。

青い物やら大根ばかりを詠んでは、折角猪が肉になってくれたのに、彼に失礼なのだが...
美味しい・ありがたいと詠めば、気分も穏やかに猪も浮かばれるかもしれない。

温泉に入って、牡丹鍋などいただけば申し分ないことだ。

先夜、温泉を楽しんだ。

・温泉の湯気に色あり冬の月

・肩沈め足を伸ばせば冬木立




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年11月29日(木) 記事No.3884

2012/11/29() 旧暦:1016 祝日・節気: 日出:630 日没:1628 月出:1701 月没:644 月齢:15.2 干支:甲午 六曜: 先勝 九星:三碧木星

今日の季語: 新海苔

clip_image002
(もといや日記 より転載)

clip_image004
(新居町やまへい商店のブログ コセガレの独り言 より転載)

『新海苔: 初海苔、寒海苔
冬から、春にかけて採れる海苔のこと。荒波の襲いかかる磯で、岩海苔などを採取するのは骨の折れる作業である。採れてすぐ干した海苔は、やわらかく際立って香りがよい。』(季語と歳時記)


新海苔の俳句:



・新海苔の艶はなやげる封を切る 久保田万太郎



・新海苔の封切る妻の若やげる 芥川桟吉



・新海苔の色つやを賞づ朝餉かな 飯山白咲



・新海苔の封切る前に香りけり 船坂ちか子



・新海苔の塩よく効きし握飯 吉川 きわえ


新海苔は、香りと色艶が命だと詠まれている。
新海苔は毎年収穫されるものだから、時期が来れば新海苔が登場する。
人が、それを珍重するのは、保存したものに比べて香りや色艶に違いがあるからだ。

新酒や新茶も同じような理由だろう。
だが、酒の場合新酒より熟成したもののほうが味わいは良い。泡盛やワインの場合は古いほど珍重される文化がある。

海苔の世界にはそれはないのだろうか。

女房と畳は新しい方が良いという言葉がある。
だが、これは冗談で夫は連れ添った古女房をありがたく思っている。
一方、奥さんは亭主と電気器具は新しい方がいいと思っている。
と言う仮説がある。

この仮説は正しいのだろうか?




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年11月28日(水) 記事No.3885


電力会社の値上げ申請が相次ぐ中、中部電力は値上げ申請を現時点では行わないことを表明した。

福島原発の事故処理を抱える東電は別として、事故を抱えない他の電力会社がなぜ料金引き上げをしなければならないのか。
中部電力はなぜできるのかを、報道機関はしっかり調べて報道すべきだ。

今日のNHKのクローズアップ現代で原子力に代わる当面のエネルギー源としてLNGを取り上げていた。
その中で、中部電力のLNG取得に対する努力が社長自ら先頭に立って、LNG産出国や供給企業と交渉するさまを報道していた。
日本の電力会社が購入するLNGの価格は、ヨーロッパの2倍、オイルシェールによるエネルギー価格低落下にあるアメリカの5倍だそうだ。
前にも書いたが、中部電力は総理の浜岡原発停止要請に対して、まず取った行動は代替エネルギーの確保である。即時に、経営陣が中東に飛び代替エネルギーの調達に目処を付けた。その上で停止要請に応じる決断をした。

「消費税を上げる前にやることがある」は総選挙の争点の一つだが、電力料金値上げ申請の前にもやることがある。
それは経営努力だ。申請している会社の経営陣は福島原発事故以後、原発停止の条件下でどのような経営努力・経営効率化をしてきたのか公表すべきだ。
電力会社がしない場合は、全国紙・地方紙が調べて報道すべきだ
値上げ申請は、燃料コスト増が理由のはずだが、調達コスト減への経営努力を何か行ったのか、その他どんな経営努力を行なってきたのか。
まさか、何もしないで、ただ値上げするのではないだろう。
もしそうだとすれば、高給を取っている役員は経営者とは言えない。

経営者とは、将来のリスクに対して経営をする責任者だ。
責任ある経営を行うのが経営者の要件だ。

責任の第一は、組織のリーダーとして組織の経営理念を達成するために組織を活性化し、将来の不確実性に果敢に対処する判断力と実行力を持つことだ。
企業であれば、ゴーイングコンサーンである以上、企業理念の達成は勿論、企業の存続・発展を考え行動することは当たり前のこと。

知見があり・情報もあったにもかかわらず、外にばらまいたはずの安全神話という妄想に自ら陥って地震対策を怠り、最期の一線というべき電源対策を23重にする経営判断をしなかった東電の歴代経営者は、経営者ではなかった事は周知の事実だ。

責任は企業の発展だけではない、利益の追求もある。しかし、一方社会への責任もある。利益を上げるために違法行為を行う、産地偽装や欠陥原料を使って利益を上げたとしても、それは責任ある経営者ではない。

利益を上げながら、社会の一員としての責任も果たして行くのが責任ある経営者といえる。

利益追求を第一と考える経営者であれば、総理の要請と言えども、コスト増を理由に原発停止には応じない判断はありえたし、アメリカのような社会では減益を承知で行う経営判断は株主対象訴訟の危険性があると躊躇することのほうが多いだろう。

こうして考えてくると、3.11以降の中部電力の経営は、責任ある経営と考えることができる。

中国の反日暴動に対するトヨタの対応も責任ある経営を感じさせるものだが、名古屋の経営者たちは骨があって頼もしい。

今後も日本のために頑張って欲しいとエールを送りたい


『中部電力社長、値上げ否定 「1日でも長く料金維持」
2012
1127日(火)19:54

clip_image002
(中部電、料金を当面維持 経営効率化で対応
記者会見する中部電力の水野明久社長=27日午後、名古屋市東区
(
共同通信) 20121127日(火)17:37


中部電力の水野明久社長は27日の定例会見で、「全社を挙げた経営効率化を進めており、1日でも長く現行の料金水準を維持するよう努める」と当面は電気料金を値上げしない考えを改めて示した。関西電力、九州電力と相次いだ値上げ申請には、「個社の判断でやること」と、一線を画した。

中電は浜岡原発(静岡県御前崎市)が停止中。再稼働の前提になる津波対策を進めている。原発は、火力などに比べて発電にかかる燃料費が安く、停止状態が続けば、収益を圧迫する。中電は2013年3月期は前期に続き純損益での赤字を予想している。だが、水野社長は、「いまは津波対策を実施中で、状況に変化はない」と当面の値上げを否定した。

一方で、電気料金を値上げした東京電力が社員の平均年収を下げ、値上げ予定の関西電力、九州電力も社員の給与を減らす意向だ。これに対して水野社長は、「現時点で人件費を抑制することは考えていない」と述べた。配当も「非常に厳しい収支状況だが何とか継続していきたい」という。
』(朝日新聞)




(16)時事・世相 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年11月28日(水) 記事No.3886

2012/11/28() 旧暦:1015 祝日・節気:望 日出:629 日没:1628 月出:1616 月没:552 月齢:14.2 干支:癸巳 六曜: 赤口 九星:四緑木星

今日の季語: 凩(こがらし)

「冬の風-1(風きり音カット:無効)

babettyo さんがアップロード)
http://youtu.be/LcO1u2Y1bsY

『木枯らし(こがらし)とは、日本の太平洋側地域において晩秋から初冬の間に吹く風速8m/s以上の北寄り(北から西北西)の風のことで、冬型の気圧配置になったことを示す現象である。凩とも表記する。

日本の気象庁による定義
日本の気象庁では10月半ばから11月末にかけて西高東低の冬型の気圧配置になった時、北よりの風速8メートル以上の風が吹くとその風を「木枯らし」と認定する。そして毎秋最初の木枯らしを木枯らし一号(こがらしいちごう)として発表する。関東地方における1992年から2001年の10年間の平均では117日頃である。「木枯らし二号」や「木枯らし三号」もあり得るが、発表は行われない。なお「木枯らし一号」は関東地方(東京)と近畿地方(大阪)でしか発表されない。

仕組み
ユーラシア大陸から日本に向かって吹いてくる冬の季節風が日本海を渡る時に水分を含む。そして一般に日本列島の中央部には連山があるために、日本海側ではこの風が時雨となって雨や雪を降らせたことで水分を失う。結果、山を越えた太平洋側では乾燥した空気となり、これが吹き抜けることによって木枯らしとなる。
...』

凩の俳句:



・凩のしきりにつのる入日哉 志慶



・先生の亡き世凩吹き放題 今瀬剛一



・凩にこころさすらふ湯呑かな 鍵和田釉子


・君とあらば凩の世も面白や 寺田寅彦



・凩の上に物なき月夜哉 夏目漱石


凩が吹きすさぶと、落葉樹の木樹は丸裸になってしまう。
葉の無くなった林は、陽が射していれば明るいが、そうでなければ暗く動かぬ世界だ。

拠り所の亡くなった世界は、寒く荒れた風が吹き荒れる。
冷たくなった指先を温めようとして両手で湯のみを包み込んでもこころは定まることはない。

君がいればこそ冬の夜も温かい。
君がいない冬の夜は心底寒い。

凩が吹き抜ける夜の闇の上には月が丸く在るのみだ。

昨夜、冷えてきた夜気の中、雨戸を閉めた。

見上げるとまんまるなお月様だけが空にいた。




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年11月27日(火) 記事No.3887

2012/11/27() 旧暦:1014 祝日・節気: 日出:628 日没:1628 月出:1534 月没:458 月齢:13.2 干支:壬辰 六曜: 大安 九星:五黄土星

今日の季語: 桜落葉

clip_image002
(フォトダイアリー信州 より転載)

clip_image004
onoa's fotolife より転載)


桜落葉の俳句:



・いつの間に桜紅葉の落葉して 稲畑汀子



・桜落葉踏みたくて靴脱ぎにけり 関戸靖子



・桜落葉なぜかゆっくり踏みしめる 森山のりこ



・桜落葉拾ひたくなる色ばかり 平田恵美子



・てのひらに桜落葉の移り香す 高澤良一



・思ひ出や桜落葉の香を踏めば 西村和子


銀杏の黄葉はまだ残っているが、楓の紅葉はもう盛りを過ぎた。
昨日の雨と今日の風で日当たりの紅葉は散ってしまったことだろう。

桜の紅葉も大方散ってしまった。
絨毯のように敷き詰められた桜の紅葉は、踏みしめるのが惜しい。
俳人たちも靴を脱いだり、ゆっくり踏んだり、手のひらに乗せて香りを嗅いだり、花見や若葉や桜餅や過ぎ去った幸せを思い出したりしている。
濁りを惜しむことも幸せな時間だ。

殆ど散ってしまった桜の枝に桜紅葉が1枚残っていたりする。
病葉にもならず完全な姿のまま紅葉し、一人枝に残っているのを見る。
陽の光が通過する照らされた内部は、紅色の内部に黄色が残っていてなにか高貴さを感じさせる。

桜は花は可愛いが、紅葉は艶めかしく高貴だ。

木枯らしが吹き散らした後の桜の枝には、春の花の蕾が潜んでいる。




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年11月26日(月) 記事No.3888

2012/11/26() 旧暦:1013 祝日・節気: 日出:627 日没:1629 月出:1456 月没:403 月齢:12.2 干支:辛卯 六曜: 仏滅 九星:六白金星

今日の季語: きりたんぽ

clip_image002
(かせんの「旅と諸もろ」 より転載)

『きりたんぽ(切蒲英)とは、つぶした粳米のご飯を竹輪のように杉の棒に巻き付けて焼き、棒から外して食べやすく切った食品。秋田県の郷土料理。鶏がらのだし汁に入れて煮込んだり、味噌を付けて焼いたりして食べる。秋田県内では、冬場に学校給食のメニューとなる。


主な種類と概要
たんぽ
たんぽは、切る前の段階でのきりたんぽのことを指している。ただし、ほとんどの人がこれを「きりたんぽ」であると考えるが、切っていないので厳密には誤りである。「たんぽ」とは、元来、稽古用の槍につける綿を丸めて布で包んだものであり、杉(秋田杉)の棒に半殺し(半分潰すという意味)のご飯を巻き付けたところがたんぽをつけた槍(たんぽ槍)に似ていることから、その名が付いた。

みそつけたんぽ
焼いたたんぽに味噌を塗って食べるもの。みそたんぽとも呼ばれる。

きりたんぽ鍋
鶏(比内地鶏)のガラでとっただし汁をベースにこいくち醤油、酒と砂糖(または味醂)で醤油ベースのスープを作る。煮えにくい順にゴボウ、マイタケ(金茸、銀茸)、比内地鶏を並べ中火で煮立てる。きりたんぽとネギを入れ、味が染みる直前でセリを投入する。セリに火が通ったら完成。
比内地鶏が品種開発される以前は、だし汁には比内鶏のものを用いていた。比内地鶏が手に入らない場合はブロイラーのトリガラ、もも肉、鳥皮、ネクタイ(首の肉)で代用すると良い味が出る。
基本的に鶏ベースのキリっとした醤油スープ。具材については邪道とされるものがいくつかあり甘味と水分が多く出る白菜、風味が変わってしまう魚肉(竹輪などの練りもの)、匂いが変わるニンジン、風味が変わるシイタケは入れない。基本はゴボウ、鶏肉、マイタケ、ネギ、たんぽ、セリの6[1]である。

起源
きりたんぽ鍋は家庭料理であることから、鍋に入れる鶏肉に本来は決まりはない。比内地鶏が使われるようになった契機は、比内地鶏の産地である大館市の企業が、煮込んでも硬くなりすぎず鍋物に最適なことに注目してセットで売り出し、成功したことである。その後、県北部の鹿角市が発祥、大館市が本場として定着し、秋田県の郷土料理として広く親しまれるようになった。これに対し県南部、つまり由利本荘市、大仙市、横手市、湯沢市周辺では、北部ほどなじみがあるわけではない。県南部はむしろ、山形県や宮城県などで広く行われている芋煮会の分布範囲である。
また、秋田県北部に住むマタギの料理が起源だったとの説もある。これは、マタギが山から帰った際、残した飯を潰して棒につけて焼き、獲物のヤマドリや山菜、キノコとともに煮たり味噌をつけて食べたりしていたことを理由とする説である。しかし、当の阿仁町(現・北秋田市)のマタギは、マタギ料理起源説を明確に否定している。曰く、「冬に米が食える身分なら(わざわざ危険を冒して)冬山に登らない。マタギにとっての狩りとは米を食えない身分が生存権獲得のために行うギリギリの(山神から食を賜る)宗教行為なのであって、おにぎり片手に行うハンティングではない」。つまり、当時最高の贅沢であった米の料理法の一種であるきりたんぽはマタギの生業と矛盾している、というのがその理由である。
...』(Wikipedia


きりたんぽの俳句:



・きりたんぽ鍋には雪に摘みし芹 小田尚輝



・胸中に男鹿の風鳴りきりたんぽ 林翔



・とっぷりと窓が暮れゐてきりたんぽ 角田独峰



・だが秋田美人に逢へずきりたんぽ 鷹羽狩行



・焼く人も秋田小町よきりたんぽ 船水参夢郎



秋田に旅に出て、きりたんぽ鍋の機会があれば、船水のように秋田小町に巡りあいたいものだ。鷹羽は秋田美人に会えず残念だった。でも、きりたんぽを楽しめたから良いではないか。

地方色豊かな食べ物がある。
名古屋で言えば、赤味噌のもの。
味噌おでん、どて煮、味噌串かつ、味噌とんかつなどだろう。
名古屋を離れれば、恋しくなる食べ物。
寒い冬の夜に、燗酒を飲みながら、味噌おでんを食べたいなと思うことだろう。

きりたんぽ鍋も秋田の人にとっては、そのようなもの。

食べるだけでこころがほっと温まる。




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年11月25日(日) 記事No.3889


素晴らしい天気になった。
こういうのを小春日和というのだろう。

三千盛の秋の感謝祭に出かけた。
イベントは、天気が一番大事。
感謝祭が、このような日に恵まれるのは、参加者は勿論蔵元も幸せだ。


<三千盛 秋の感謝祭「集う」>
日時: 20121125() 午前10:00~午後3:00
場所: 三千盛酒蔵

出品酒:
純米大吟しぼりたて
・純米大吟にごり
・朋醸
・まる尾
・超特
・薔薇の誘惑

酒蔵見学: 5
初回 11:30 2回目12:10
3回目12:50 4回目13:30
5
回目14:10

入場料金: 500円 ( 三千盛オリジナル酒猪口付)
送迎バス: 多治見駅北口と酒蔵館を2台のバスで送迎サービスあり


多治見駅に着き、送迎バスの発着場所である北口に向かう。
慌てて飛び出したら、カメラを忘れてしまった。
携帯で撮るしか方法はない。

clip_image001
送迎バスは9:30から運行されているが、着いたのは10:00。すでに長蛇の列ができていた。
2台の無料送迎バスでピストン輸送しているが、乗り込んだのは3台目、時間は10:55になっていた。
日本人は忍耐強いと言われるが確かだ。

表口には笠原へ行く路線バスもあるはずだが、送迎バスをひたすら待つのは、倹約精神ではなく送迎バスには、ハレの空気が詰まっているからだろう。

clip_image002
三千盛に到着。
開場から1時間を過ぎているが、母屋の前は、静かだ。
道路の反対側の新工場の方には人影がある。

clip_image003
母屋の右の門から入ると、受付があり、入場料500円を支払うと、利き猪口が渡される。

clip_image004
今回の利き猪口は、「三千盛」のロゴ。
真っ赤な紅葉色、季節の色だ。

clip_image005
入り口右側では、三千盛の酒が販売されている。
宴会コーナーで飲む人、おみやげに買う人それぞれである。


<宴会コーナー>
旧蔵の前の中庭が宴会コーナーだが、1時間後なのにというか1時間後だからというか、もう満席で座る余地もないほどだ。

clip_image006

酒は、旧蔵の中に行けば、出品酒を何度でも利き猪口でもらうことが出来る。
いちいち行くのが面倒な人は、入り口で有料の製品をを購入すれば良い。グループ出来た時は、このほうが便利だった。
肴は屋台の東濃ローカルフードを購入すれば良い。

屋台は、色々出店されている。
・ゆば工房 きみ
刺身湯葉や暖かいゆば料理

・ごはん工房
特殊セラミック釜の艶やかご飯

・手打ち蕎麦 名人 波多野利和
打ちたての香り高い新蕎麦

・屋台 わたなべ
東濃のフードいろいろ

・吉川 手作りいぶしチーズ
スモークチーズいろいろ

clip_image007

clip_image008
   酒蔵 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年11月25日(日) 記事No.3890




<楽酒三千盛>
中にはの奥の旧蔵内で、三千盛の主力製品を試飲することができる。
clip_image009_thumb


旧蔵に入ると、三千盛の酒の説明コーナーがあり、各銘柄の内容を知ることができる。

clip_image010_thumb
中庭に座れない人たちは、このコーナーに肴を持ち込んで、立ちながら...
右の皿はその人たちのものであり、筆者のものではない。

clip_image011_thumb

・純米大吟しぼりたて
「甘い香りとさわやかな旨みがのどをかけぬけます」

・純米大吟にごり
「ただいま発酵中 刺激的」

・まる尾
「山田錦の深い味わい」

・小仕込純米
「超からくち大吟醸 切れ極む」

・朋醸 純米大吟醸 5年熟成酒
「芳醇にして滑らか ふくらみそしてさっときえていく」

・超特
「上品なからくち 最高の食中酒」

・超特原酒
「上品でたくましいからくちの王様」

・薔薇の誘惑
「薔薇リキュール 甘く妖艶な味、香り」


clip_image012_thumb

奥が試飲会場になっている。
clip_image013_thumb

clip_image014_thumb
出品酒を、お猪口で受け取って試飲する。
三千盛の場合は、利き猪口に並々と注いでくれるので、注意が必要だ。弱い人は酔っ払ってしまう。強い人は飲み過ぎる。

今回は、試飲コーナーの位置が変わり、広くなったので、銘柄間の間隔が開いたせいか、雑踏が少なくなって良かった。
時間が早いためだったかもしれないが、酒を受け取っても長話をして後ろで待っている人に迷惑をかける人も見当たらなかった。

clip_image015_thumb
会場の一角には、薔薇の生け花。
薔薇の誘惑のイメージ。

<朋醸とスモークチーズ>
今日も三千盛を試飲し、三千盛の酒らしさを感じることが出来た。
矢張り最も三千盛らしさを感じるのは、超特だと思う。スッキリと飲み飽きしない素性の良さがある。

clip_image016_thumb
今日一番良かったのは、5年熟成の純米大吟醸朋醸の燗酒とスモークチーズの取り合わせ。

硬い普通のスモークチーズ
滑らかなクリームチーズ
桜の葉のクリームチーズ
鴨肉のスモーク
などの個性を殺さず朋醸は寄り添って、旨みをふくらませる。

clip_image017_thumb
三千盛の感謝祭では、この屋台のスモークチーズを必ず肴にしている。
個別に揃えると大変だが、盛り合わせは5種類で300円とお値打ち。
三千盛の肴としてピッタリだ。

薄いクリームチーズを食べていて、甘い香りがするのに気づいた。
何の香りだろう。バニラのかおり?
確かに記憶にある香りだがと色々思い浮かべたが、最期に思いついた。
これは桜餅の香りだ。と言うことは桜の葉だ
よく見てみると、下の底に黒い部分がある、最初は判らなかったがこれが桜の葉だと思う。
外の屋台に行って見ると、「さくらチーズ」と書かれていた。今回の新製品なのだろう。


午後にすることが待っているので、今日は早目に引き上げることにした。
12時の送迎バスで、多治見駅へ...


ポカポカとした日当たりの中を歩くと、酔がふんわりと身体とこころを包んで来る。
陶然という言葉は、この時のためにある。

clip_image018_thumb
家への道筋、住宅の庭木も、晴れ上がった青空のもと紅葉している。

clip_image019_thumb
日本は美しい。
紅葉は美しい。
日本酒は穏やかで上品だ。

ほろ酔いで見上げる紅葉は、一段と美しく光のなかに輝いている。

clip_image020_thumb
足元を見ると、日頃は無味乾燥なアスファルト舗装が、今日はとても美しい。

無味乾燥な無機質のアスファルトが、紅葉の輝く赤を引き立てていた。

帰りの送迎バスの中、酔に任せて句を詠んでみた。
李白様には及びもないが、陶然なれば句もできる。


・満天下紅葉の日や感謝祭



・ピチピチと弾けて新酒蔵開き


・燗酒のしみじみ温し三千盛



・昼酒に陶然として小春かな



・小春日や座るベンチの温かし


社長・夫人・役員以下全従業員が三千盛の法被を着て、参加者に三千盛を注ぐ年2回の感謝祭は本当に気持ちのよい蔵開きだ。
スッキリと嫌味のないおもてなしが感じられる蔵開きは、ピッタリと料理に寄り添う食中酒としての三千盛そのものだ。

プンプン、キンキラ、酸味、辛味、パンチ、無濾過、原酒といったトレンドを追うことはせず、飲み飽きしないスッキリとした酒を一貫する三千盛は、下手な化粧をしない気立ての良さを追っているのだろう。


【データ】
(株)三千盛
岐阜県多治見市笠原町

2919
Tel(0572)43 43-3181
Fax(0572)43 43-3183
http://www.michisakari.com/
E-mail: info@michisakari.com





   酒蔵 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年11月25日(日) 記事No.3891

2012/11/25() 旧暦:1012 祝日・節気: 日出:626 日没:1629 月出:1421 月没:307 月齢:11.2 干支:庚寅 六曜: 先負 九星:七赤金星

今日の季語: 紅葉酒

clip_image002
(みんなの写真
HALさんのページ より転載)


『紅葉酒 :モミジザケ(momijizake)
紅葉の葉を浮かべた酒



紅葉酒の俳句:



・大原の鬼にならむと紅葉酒 鈴木鷹夫



・紅葉酒ほとけの山の五目めし 沢木欣一



・紅葉酒耳がもつとも覚めている 山口剛



・紅葉酒布袋も笑ひゐたりけり 仙田洋子



・母と来て京に一夜の紅葉酒 岩井久美恵


日本酒は、季節とともに味わいも変わっていく。
肌寒くなった、この頃は燗酒が旨い。

菊の花を浮かべた後は、紅葉を浮かべて燗酒を飲むのも一興だ。

写真は、ある宿屋の趣向だそうだが、粋な旅館だ。



(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |