2011年05月05日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2011年05月
2011-05-05 (Thu)

2011/05/05 沖縄 in 東海(沖縄料理・飲み処-その1 真心(まぐくる)

2011/05/05 沖縄 in 東海(沖縄料理・飲み処-その1 真心(まぐくる)

PCパーツの買い物を済ませて、今宵の目的地である黒川の「真心(まぐくる)」に向かう。 初めての店だが、水曜日以外は連休中も営業していることは電話で確認してある。 この店を選んだ理由は、沖縄の人がやっている名駅・栄以外の店ということだが、アクセスが良いことも理由の一つだ。 週末、金土日はライブも開かれるそうだ。 地下鉄で矢場町から黒川までは乗り換えなしの一本で便利だ。黒川駅4番出口を出て左へ進...

… 続きを読む

PCパーツの買い物を済ませて、今宵の目的地である黒川の「真心(まぐくる)」に向かう。


 


初めての店だが、水曜日以外は連休中も営業していることは電話で確認してある。
 この店を選んだ理由は、沖縄の人がやっている名駅・栄以外の店ということだが、アクセスが良いことも理由の一つだ。
 週末、金土日はライブも開かれるそうだ。


 


地下鉄で矢場町から黒川までは乗り換えなしの一本で便利だ。
黒川駅4番出口を出て左へ進むと志賀本通の広い道に出る。
この交差点を左折し、少し歩けば真心はあるはずだ。


 


歩いて行くと信号機のある交差点の左側に真心はあった・
 
まだ6時15分、明るいがライトは点けられているので営業中だ。


 


ドアを開けて中に入る。
まだ、開店早々なのでお客はいないだろうと思って入ったのだが、若いカップルが右側のテーブルに既に楽しんでいた。
予想に反して客足は早いのだろうか?
沖縄時間では、8時開店、10時から客が多くなって、12時が絶好調のイメージだが、名古屋では沖縄時間ではなさそうだ。


 


入口近くにテーブル席があり、中央に広いカウンター席がある。
 


 


右側の壁には泡盛が並べられている。


 


二人連れの邪魔にならないようにカウンターの一番奥に座ることにする。


 


 


 


壁には新里酒造の「かりゆし」の升升半升ボトルが置かれている。新装開店祝の品だろうか?
 升升半升ボトルの意味は、1升は升(ます)が二つで「ますます」、半升は「はんじょう」。繋げれば掛詞で益々繁盛(升升半升)となる。
 慶事のお祝い品だ。


 


店の人は誰も見えないが座っていると、通路から半被を着た若い男の子が顔を出した。Y君と呼ぶことにしよう。


 


なんにしますかと言われたが、メニューを見てからにしてもらう。


 


メニューの泡盛を見ると6種類しか書かれていない。
メニュー以外にあるかもしれないと思い、Y君がまた来てから確認しよう。


 


出てきたY君に聞くと、6種類しか提供していないとのこと。
已む無く、「まさひろ」の水割りと肴にソーキの煮付けを注文する。


 


Y君に断って、客が混まない内に店内の写真を撮ることにする。
 
カウンターの左側には、キーボードとマイクがセットされている。
2階にも客席があるそうだが、週末のライブはこのスペースで行われるそうだ。
 


 


壁に沿って、写真・ポスターなど色々張られている。


 


 


 


マイクの上には、店名である「真心」の意味が書いてある。
 
望遠で撮ったのでぶれているが。
花に隠れて見えない部分もあるが
「真心
ここで
みんな
ゼロになれる
また
がんばろう
ゼロにもどれる
本当の
自分に
なれる
母のうでの中の
ような
真心


 


 
これは、店主の作詞作曲の島唄のようだ。
島唄の世界では、真心は主要なテーマのようだ。
まっすぐなストレートな思いの唄は力強い。


 


メニューを紹介しておく。
フードメニュー

 

一品料理・サラダ・煮物


 


 
揚げ物・ご飯物


 


 
麺類・ちゃんぷるー・定食


 


食べ物は沖縄の定番料理を一通り楽しむことができる。


 


ドリンクメニュー
 
日本酒・ビール・サワー・ソフトドリンク


 


 
泡盛は6種類。
・久米島の久米仙
・残波 白
・残波 黒
・菊之露
・まさひろ
・くら
いずれも1升12000円、ボトル4000円 ロック700円
水割り600円の通し価格だ。


 


 
壁には沖縄泡盛 堂々の品揃えのポスターが張ってあるが...。


 


 
壁の棚には、キープされたボトルが並べられている。


 


 
注文したまさひろの水割りを飲んでいると、ソーキの煮付けが出てきた。


 


 
まさひろは立香が爽やかだ。フルーティな鼻に抜ける甘い香りがある。味も癖が無く軽い爽快な味。島唄より香りは低いが、同じような爽快な飲みやすさがある。
 あまり泡盛を飲み慣れていない人にはお薦めだ。
残波白もスッキリとした泡盛だが、まさひろに比べるとピリピリしたところがある。


 


 
ソーキの煮付け。
ソーキが3個と大根、昆布、ほうれん草、豆腐、刻みネギ。
味は甘めのスッキリとした味。
ソーキは、トロトロ感・コッテリ感はあまりないが、美味しい。
大根と昆布はソーキの出汁をたっぷりと吸って大変美味しかった。
豆腐は煮こまれてはいなくて、固めの冷奴という印象。


 



カップルが帰ったのを機に、Y君に色々と教えてもらった。
・彼はウチナンチュではなく、名古屋地元の人だそうだ。
・筆者の後お客は入っていないが、昨日は忙しかった。明日仕事だから今日は少ないかも。
・矢張り客は8時過ぎ店主が来る頃に客も増える。
・与那覇政治店主の出身は八重山ではなく、沖縄本島だそうだ。
・この店の開業は3年前。
・壁にはられた写真の沢山の人達は常連さん。
 (常連はウチナンチュウが多いかどうか聞くのを忘れてしまった。)
・ライブは金土日。時間は日によって違うが8時~8時半ころから始まる。
・中村の「ゆいまーる」は姉妹店だそうで、店主は新しい店「真心」を担当し、息子さん二人に本店の「ゆいまーる」を任せているそうだ。兄は三線、弟は太鼓の音楽一家だ。
 ネットで見たとき「真心」と「ゆいまーる」は同じようなコンセプトの店だなと思ったが、同じ一家の店と聞いて得心がいった。


 


 
追加で頼んだ、菊之露の水割りとフーチャンプルーが出てきた。


 


 
菊の露は宮古の酒で、泡盛の代表選手だからよく知られている。
まさひろのような爽快な立香は感じないが、口に含むと泡盛らしい含み香を感じる。味は、まさひろの後では濃く感じる。酸味と辛味の厚みがありのみごたえがある。泡盛好きには矢張り安心して飲める酒だ。


 


泡盛の味わいは、蔵の研究により、古酒でなくても蔵ごとの味わいの違いを感じることができる。
 最近の泡盛は飲み比べの楽しみがある。


 


 
フーチャンプルー。
麸、ポーク、キャベツ、人参、タマネギ、ほうれん草。
フーチャンプルーは麸が入って炒めたものであればフーチャンプルーだから、中味は店によって異なる。中に何を入れるかは店に任されている。同じ店でも日によってあるいは極端に言えば時間が変わっても中味が変わるかもしれない。


 


ちゃんぷるーは、ゴーヤー、豆腐、ソーミン、マーミナー、フーが一般的だが、一番好きなのはフーチャンプルーだ。
 中味だけでなくフーの作り方も店によって異なる。
筆者のお気に入りは、2店舗だが全く作りは異なっている。
那覇の「ゆうなんぎい」のは、麸が大きく柔らかく、口の中に膨らむボリューム感がある。読谷の花織そばは麸が小さく表面がカリッと炒められて味が中に閉じ込められ噛むほどに旨みが出る。肉もゆうなんぎいは豚肉、花澱そばはたっぷりのベーコンだ。


 


真心は、中味はどちらとも違うがポークを使うのは、寧ろ多数派かもしれない。麸はゆうなんぎい程大きくはないが大きめで柔らかい点ではゆうなんぎい派だ。


 


炒め方は野菜炒めぽいが、野菜らしさはあり、味は美味しい。
黒胡椒が味のアクセントになっている。


 


店主が来れば、ライブがあるかもしれないとのことだったが、まだ時間は先に伸びるかもしれないし、それから盛り上がったりすれば、帰ることが出来なくなるかもしれないし、それに今日は木曜日、元々ライブのある日ではない。


 


沖縄料理を肴に泡盛を楽しんで心良くなってきたので、今日はこれで引き上げることにする。
 ライブはまた次の機会にしよう。


 


 


 


外に出ると流石に夜になっていた。
真心の前は、明るく照らされ、沖縄のような暗い闇に妖しい光を放つ赤ちょうちんは下げられていなかった。


 


【感想】
 「沖縄 in 東海」の記事に書いたように、沖縄のDEEPな店の魅力は、料理の味・ボリューム・値段、店の人の人柄、雰囲気、お客などが構成する全体の中にある。飲み処の場合は、勿論、泡盛も対象になる。
 本物の沖縄の探索レポートもこの観点からの感想を書いてみるが、基より個人的な感想でしか無く、客観的なものではない。関心を持たれた場合は、是非自分の足と目と舌で確認していただきたい。


 


1.店のポイントは、音楽にありそうだ。
今回は、店主とも会えていないし、ライブも聞けていないが、この店は矢張り音楽の店だろう。
 壁にはられた店主の真心を大切にするメッセージからも伝わるように、ライブを楽しみながら沖縄の真心を大事にする気持ちを受け取るためにはライブを楽しまなければ店に来る本当の意味はないのだろう。
 週末の9時頃であれば、集まる常連さんの顔を見ることができるだろうし、店主との一体感も感じられるだろう。
 その時、DEEPな沖縄の空気が店内に満ちているかもしれない。

 2.料理は、沖縄の香りがプンプンする印象ではないが、味は美味しい。ボリュームも多い。値段はやや高めだが、ボリュームを考えたら普通だろう。一通りの定番料理を楽しむことができる。

3.泡盛重視の筆者にとっては、泡盛ははっきり言って6種類しかなく、寂しい。棚には、かりゆしも琉球王朝もあったがメニューにはなかった。
 置くスペースの問題もあるかもしれないが、泡盛は管理が易しいので、もう少し種類を増やして欲しいものだ。
 料理は美味しいのだから、古酒も楽しみたいと思うのは筆者だけではないだろう。


 



【データ】
店名: まぐくる(真心) 
住所: 〒462-0841 愛知県名古屋市北区黒川本通4丁目7 
最寄駅: 地下鉄 黒川駅(0.25km)  黒川駅から徒歩約3分
営業時間:18:00~24:00(ラストオーダー23:00)
電話: 052-991-2788
定休日:水曜
    金土日は20:00頃~沖縄ライブが開催される。
店主:与那覇 政浩
    琉球民謡与那覇本流 家元
    鼓・翔舞会 会主
ホームページ: 
http://www.magukuru.com/


 



 

2011-05-05 (Thu)

2011/05/05 沖縄 in 東海(物産その1 沖縄宝島にらい名古屋店)

2011/05/05 沖縄 in 東海(物産その1 沖縄宝島にらい名古屋店)

自粛では無いが遠出すること無く静かだった連休だが、最終日の今日は、忙しい。愛知県図書館に行き調べ物をし、昼の用件が終われば、大須でPCのパーツを買い、それから沖縄料理店に行く予定だ。大須に行くことは時々ある、PCのパーツを買うためだ。ファッションとか個性的な飲食店とかある街なのだが、そちらの方面は今のところ縁がない。 PCつながりの街だ、万松寺ビルの中に沖縄物産を扱う店があると聞いたので、行ってみること...

… 続きを読む


自粛では無いが遠出すること無く静かだった連休だが、最終日の今日は、忙しい。



愛知県図書館に行き調べ物をし、昼の用件が終われば、大須でPCのパーツを買い、それから沖縄料理店に行く予定だ。



大須に行くことは時々ある、PCのパーツを買うためだ。
ファッションとか個性的な飲食店とかある街なのだが、そちらの方面は今のところ縁がない。
 PCつながりの街だ、万松寺ビルの中に沖縄物産を扱う店があると聞いたので、行ってみることにした。



大須の街は、行きている街だ。
時代と共に大きく変化していくダイナミズムがある街だ。
常にその時代が求めているものに自分を合わせて変貌することができる活力を持っている。
 戦後は、衣料品を中心として栄え、その後家具の街になり、電化時代を迎えては、家電、高級コンポステレオの街となり、パソコンの街となった。
 そして今は、若者が集うギャルファッションの街となっている。メイド服で歩く事が出来る街は、名古屋では此処だけだろう。



一方、街の中心には古い歴史が生きている。
大須観音(宝生院真福寺)は真言宗智山派の寺院であり、その文庫に保管される古事記は国宝である。
 また、萬松寺は曹洞宗本山総持寺の寺であり、創建者の織田信秀以来の歴史を有し、信長・家康の逸話が生きている寺である。



中心部には歴史のある寺院が変わること無く存在し、外様はファションの街である不易流行の街である。



大須に来るのは、アメ横とかパソコンショップのためであり、萬松寺前にある万松寺ビルは若者が集まるヤングの街であるので、今までは脚を踏み入れたことはなかった。



ビルの中に入ると、通路は若者で溢れている。
沖縄の店はすぐに判った。
大きなシーサーが入口で出迎えている。
誰かが連れてきたプードルも入り口で出迎えている。



 



プードルくんの横を入るとすぐに泡盛が陳列されていた。
 
棚を見てみると、中々の顔ぶれが並べられており楽しい。
一般的な泡盛もあるが、古酒が多く並べられている。
泡盛に関心がある人は、見れば楽しい棚だ。



 
左上が限定酒が並べられている超マニア向けのコーナーだ。
幻の酒泡波が置かれている。価格は12600円、物産店でもプレミア価格だ。
山川酒造所のかねやま15年古酒は、19128円。これはプレミアムものでは無く、限定古酒の価格だろう。
請福酒造の御神崎24年古酒は、36000円。これは、ビンテージ古酒の価格だ。請福酒造が八重山商工の甲子園出場記念で発売した24年100%の古酒だが、お金に制約のないマニアしか手を出せないもの。眺めて夢を見ているより仕方がない。
 関心のある品物が並べられている棚は、見ているだけでも楽しい。



店の中に進むと、右側に冷蔵のショーケースがある。
 
棚の下段には、軟骨ソーキ、てびちの冷蔵パックが置いてある。



 
隣の棚には、かまぼこ、はんぺんなど練り物が置かれている。星型のかまぼこは沖縄そばを造るためには必須のアイテムだ。
宮古のねりものも揃えられており、宮古ファンには嬉しい眺めだ。



店の中央の棚には、お菓子、スナック、調味料、レトルト食品...
沖縄を感じさせる食品が所狭しと並べられている。
じっくりと見たら時間のかかる品揃えだ。ラー油など1種類ではなく10種類くらい並んでいる。一頃の熱が覚めたせいか値段も少し下げられているようだ。



食品ばかりではなく、量は少ないが、CD、本、沖縄のウエアなどもある。



入口の左側にはテーブルと椅子があり、狭いスペースだが、フードコートになっている。
 ここの沖縄そばは人気だそうだが、今日は昼食も済んでいるしこれからは沖縄料理だから諦めて次回にしよう。



折角来たので何か買うことにする。
泡盛は重いので止めて、持ち帰りやすいレトルト食品にする。



 
Hormelの軟骨ソーキの煮付(250g)と三枚肉煮付(250)。
価格は399円と462円と手頃だ。
他のメーカーのもあったが、ごぼう入りとか味噌味とかで、Hormelが一番オーソドックスな気がした。
これを肴にすれば、お気に入りの泡盛も喜ぶはずだ。



名古屋で沖縄の物産といえば、以前は栄の「わしたショップ」だった。中二階の泡盛コーナーの品揃えは素晴らしく、1時間見ていても飽きないほどだった。
 だが、ビルの移転で中区役所の地下に移ってからは、見る影も無くなってしまった。
 沖縄ファンに取ってこの事態は残念なことだが、その穴を埋めるのがこの店だと言える。



沖縄宝島にらい名古屋店は、沖縄の企業が運営する店のようだ。
本体は沖縄だが、東京、大阪、名古屋に店舗を出し、全国に向けて通信販売も行っているので、品揃えのよい理由が解る。
名古屋地区には、大須の他に春日井市に沖縄宝島美らさん店があるそうだ。春日井周辺の人は大須まで脚を運ぶ必要はない。




PCのパーツを買うために店を出てビルの反対側入口へ向かうと、通路の反対側に「Okinawa Cafe」があった。
フードコートのような印象の店だが、人気があるそうだ。
名前はCafeだが、スイーツの他に沖縄料理もあり、夜には泡盛も楽しめるらしい。



 



今日は時間がないので、入るのはまたの機会にしよう。
主目的であるPCのパーツを買わなくては!




【データ】
・沖縄宝島にらい
住所:
名古屋市中区大須3-30-40万松寺ビル1階
場所: 万松寺ビル1階中
電話: 052-269-7953
営業時間: 10:00~20:00
定休日: 無休



・春日井にも姉妹店がある。
店名: 沖縄宝島美らさん店
住所: 〒486-0927 愛知県春日井市柏井町4-17 イオン春日井 1F
TEL:・FAX Tel:0568-57-1877 FAX:0568-57-1877
営業時間: 10:00~21:00
スタッフブログ:
 
http://churasankasugai.ti-da.net/




・沖縄の本体企業
会社名: 株式会社沖縄物産企業連合
設立: 2001年7月12日
代表取締役社長: 山城 加寿
資本金: 3億1075万円
主な事業内容: 沖縄物産の卸および小売業
本社所在地: 〒901-0155
       沖縄県那覇市金城3丁目8番地11 ゆいビル2F
TEL: 098-857-7200
FAX: 098-857-7205
URL:
http://www.feenu.co.jp/




・全国通販
ショップ名: 沖縄お土産の通販サイト 沖縄宝島
販売業者: 株式会社 沖縄物産企業連合
販売責任者: 山城 加寿
所在地: 901-0155 沖縄県 那覇市 金城 3-8-11 ゆいビル2F
電話番号 0120-066-900
メールアドレス:
staff@feenu.co.jp
ホームページ:
http://www.okinawa-takarajima.com/



取扱商品:沖縄土産、お菓子、果物、飲料、調味料、健康飲料、
     健康食品、本、楽器、コスメ、雑貨、お酒
許認可・資格: 通信販売酒類小売業免許
名義番号: 那酒第435号(那覇税務署)
 

2011-05-05 (Thu)

2011/05/05 民主党政権が、またまた問題外交

2011/05/05 民主党政権が、またまた問題外交

記事によれば、菅政権は最大の支援の気持ちだけでなく行動で示してくれた台湾に感謝広告を出さなかった。『「ありがとう台湾」有志が広告  日本の有志が台湾紙に掲載した震災支援の感謝広告=源一秀撮影 【読売新聞社】つぶやきに6千人賛同…「ありがとう台湾」広告(読売新聞) 2011年05月05日 19時37分 【台北=源一秀】3日付の台湾大手紙「自由時報」「聯合報」に、日本のネットユーザー約6000人が東日本大震...

… 続きを読む


記事によれば、菅政権は最大の支援の気持ちだけでなく行動で示してくれた台湾に感謝広告を出さなかった。


『「ありがとう台湾」有志が広告
 
 
日本の有志が台湾紙に掲載した震災支援の感謝広告=源一秀撮影 【読売新聞社】



つぶやきに6千人賛同…「ありがとう台湾」広告
(読売新聞) 2011年05月05日 19時37分



 【台北=源一秀】3日付の台湾大手紙「自由時報」「聯合報」に、日本のネットユーザー約6000人が東日本大震災の義援金などに対する半ページの感謝広告を掲載した。


 日本語で「ありがとう、台湾」、中国語で「愛情に感謝します。永遠に忘れません」とメッセージが書かれている。


 日本政府は米国、中国、韓国などの大手7紙に震災支援感謝の有料広告を出したが、約160億円もの義援金が集まった台湾は含まれていなかった。川崎市のフリーデザイナー、木坂麻衣子さん(37)が簡易投稿サイト「ツイッター」で「台湾にもお礼したい」とつぶやいたところ、賛同者が殺到。2紙の広告費240万円を募ると、全国から6015件、約1930万円が寄せられた。
』(読売新聞)


米国、中国、韓国には、政府として感謝広告を出したのに!!。


何故台湾には出さなかった?


単なる失念?


まさか、そんなことはないだろう。
考えられる理由は、ひとつしか無い。
中国への気兼ねだ。
国としての台湾に広告を出す勇気がないだけの話だ。


またしても腰抜け外交と言わざるをえない。
台湾の国民に謝罪すべきた。


日本国民の一人として、最大の支援を頂いた台湾の国民に対する日本政府の失礼を謝罪したい。


木坂さんありがとう。



 

2011-05-05 (Thu)

2011/05/05 日記 子供の日

2011/05/05 日記 子供の日

2011/5/5 (木) 旧暦: 4月3日 祝日・節気: 子供の日、端午 日出: 4時45分 日没: 18時30分 月出: 5時41分 月没: 20時28分 月齢: 1.84 干支: 庚申 (こうしん,かのえさる) 六曜: 赤口 九星: 九紫火星今日の季語: こどもの日 (ゴジラの成長日記♪ より転載)『こどもの日(こどものひ)は、日本における国民の祝日の一つ。日付は5月5日である。国民の祝日に関する法律(祝日法)2条によれば、「こどもの人格を重んじ、...

… 続きを読む

2011/5/5 (木) 旧暦: 4月3日 祝日・節気: 子供の日、端午 日出: 4時45分 日没: 18時30分 月出: 5時41分 月没: 20時28分 月齢: 1.84 干支: 庚申 (こうしん,かのえさる) 六曜: 赤口 九星: 九紫火星


今日の季語: こどもの日


 



(ゴジラの成長日記♪ より転載)


『こどもの日(こどものひ)は、日本における国民の祝日の一つ。日付は5月5日である。


国民の祝日に関する法律(祝日法)2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことを趣旨としている。1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法によって制定された。ゴールデンウイークを構成する日の一つである。


 概要
こいのぼり こどもの日が設定された経緯 [編集]5月5日は古来から端午の節句として、男子の健やかな成長を願う行事が行われていた。大正時代には「児童愛護デー」として活動を行っていた団体が存在し、国会にこどもの日を祝日とする請願が寄せられた際にも5月5日を希望するものが多かったためである。


かつては、5月5日が祝祭日で3月3日(上巳の節句、雛祭り)が祝祭日でないことについて、男女差別とする見方があった。しかし近年では、国会の審議での議論で決着がついたことや、男女の別なく祝う日というイメージが強くなったため、これに対する批判は見られなくなっている。


15歳未満の子どもの数(2010年4月1日現在)1694万人(2009年より19万人少ない)昭和57年から29年連続減少[1]。
...』(Wikipedia)



子供の日の俳句:


・こどもの日祝ぎて凧あぐ利根の風 田中あき穂


・こどもの日小さくなりし靴いくつ 林 翔


・おとなしき馬駆り出され子供の日 佐藤博美


・子供の日すべり台よくすべりけり 成瀬櫻桃子


・子供の日子供の声を聞きに出る 元田千重



今日は子供の日。
カレンダー通りであれば連休最後の日、良く晴れて良い日になった。


天気に恵まれて、五月晴れの空には鯉のぼりが泳ぎ、家々では武者人形が飾られたことだろう。


男の子は矢張り武者人形が好きだ。
兜をかぶることが好きだ。