FC2ブログ

  • 2010年10月 の記事一覧

2010年10月31日(日) 記事No.5311


先日、酒の
イベントの前に時間があったので、栄のトップカメラにフラリと寄った。
 目的もなく時間潰しに寄ることは気が抜けているのである意味危険なことだが。


3階のM42マウントのショーケースを片端から片端まで覗いていく。
 Carl Zeiss Jena TESSAR 50mm F2.8は何本かあり、値段ままちまちなので取り出して貰おうかと思った。先に進んでいくと、気になるレンズがあった。
 MACRO-REVUENON 24mm F4と書いてある。その下の方には35mmのMACROもある。
 今のところM42レンズはG1でしか使えない。50mmレンズは100mm換算になるので、画角が狭くなる。標準レンズとしては使うことが出来ない。50mmは止めて24mmと35mmを出してもらう。


35mmは前後からレンズを覗いてみるとカビだらけだ。値段は3000円を切っているので安いが、レンズの分解清掃がまだ出来ないのでパス。
 24mmを見てみる。前玉の表面は汚れているが、単なる汚れでカビではない。ひっくり返して後ろを見る。後玉に0.5mm位の薄茶色の点がある。見たところ汚れのようだが、息を吹いても飛ばない。レンズ内の汚れでは難しいが、表面なら落ちる。
 店員に茶色の点について聞くが、判らないという。拭いてもよいか聞くと、シリコンクロスを出してくれたので、軽く息をかけて拭くと見事に落ちた。


ROBOTARもそうだったが、聞いたこともないメーカーだ。ROBOTARはMade in JAPANと書いてあったので信用した。今回は見ると鏡銅にMade in West Germanyと書いてある。
 6000円を出す価値があるレンズかどうかリスクはあるが、24mmのMACROレンズはそう多くはないし、在っても高価だ。
 SIGMAの24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACROは4万円もする。
 最短撮影距離は0.18mと刻んであり、G1との相性は良さそうなので買うことにした。


ROBOTARの成功体験が、そうさせたのだが、柳の下に2匹目の泥鰌は居ない。さあ、どうなることか。


 
帰って、前玉、鏡銅、マウント部分がかなり汚れていたので、アルコールで拭いたところ、すっかり綺麗になった。
 



販売はレンズ単体で、キャップもフィルターもなしだが、フィルター径が52mmなので他のメーカーのもので間に合わせることができる。



【試写】
G1にM42用アダプターをつけて撮影。
今回からG1の設定を変更した。


今まで赤いバラの発色が滲んだようになり、赤は難しいと聞いていたのでG1の撮像素子の問題と考えていた。
 ところが、色々情報を読んでいるとG1の素子の問題というよりCMOSの撮像素子全般に赤の問題はあるそうで、技術的に詳しいことは解らないが、赤は飽和が起こりやすいそうだ。
 これを避けるには、露出を少し下げる必要があるとのこと。


そこで、標準露出と1/3EV下げたものを撮り比べた。




 


黄色いバラも撮り比べた。


 
標準露出。


 
-1/3EV露出。-2/3EVの露出の方が良い場合もあった。


 


と言う結果により、-1/3EVを設定して撮影したのが、以下の写真である。



 
グラデーションがはっきりと判るようになった。


 


 
明るい白の描写も改善している気がする。


 
背景がやや暗いが、ピンクの色が鮮やかになった。


 
赤色の花びらの輪郭がはっきりと影を持って写っている。


 
マクロなのでかなり接近できる。



 色の再現性が良い。


 
遠景をとると、背景の黒潰れもなく気持ちの良い発色である。


  



微妙な薔薇の花の色の階調と変化が写し取られている。


 
背景のボケも穏やかである。広角のマクロの良さが出る。


 


 


 



 24mm広角レンズもG1では48mmの標準レンズになる。
風景写真も自然な画角になるので、G1との相性は良い。


 
自然な感じがそのまま撮れている。
オールドレンズを感じさせない写りだ。


 


最後も赤、滲みも無く、階調と明暗が区分されて赤が赤らしく写っている。



試写の結果は仲々良いレンズだった。
明るさがF4と今のマクロレンズに比べると暗いが、今のデジカメはISO1600位は使用できるのでF4でも困ることはない。


ROBOTARに続きこのREVUENONも期待以上だった。
G1に着け持って出るレンズは、標準ズームレンズと24mmまたは28mmマクロと50mmマクロと3本あれば、スナップ、ポートレート、花の写真大体困らずに撮影できそうだ。



【データ】
MC MACRO-REVUENON 24mm F4について調べてみた。


REVUE(レフェ)社は製造部門を持たない商社のような会社で、ブランドのREVUENONはOEMのようだ。
 製造メーカーはエンナ・ミュンヘン社だそうだ。エンナ社は自社ブランドでMacro Ennalyt 24.mm F4をだしているが、MC MACRO-REVUENON 24mm F4と内容的には同一のレンズらしい。


 




Macro Ennalyt 24.mm F4もMC MACRO-REVUENON 24mm F4も中古レンズとして20000円~25000円ぐらいの相場のようだ。
 程度が良くないのを差し引いても、問題なく写る以上6000円は買い得だったようだ。


<スペック>
焦点距離:24mm
絞り:F4~16
最短撮影距離:0.18m
フィルター径:52mm
重量:265g
オート/マニュアルの切換え付



 

(20)カメラ・映像 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年10月31日(日) 記事No.5312

2010/10/31 (日) 旧暦: 9月24日  ハロウィン  日出: 6時01分  日没: 16時47分  月出: ----  月没: 12時48分  月齢: 23.34  甲寅 (こういん,きのえとら)  六曜: 友引  九星: 七赤金星  選日:


今日の季語: 菊日和(きくびより) 
 
 



(神戸菊花展・相楽園日本庭園
  兵庫と神戸の写真ブログ-2010 より転載)


秋日和は、菊の花が咲くころの好天気。


秋の薔薇が盛りだが、今からが菊の季節だ。
全国で菊花展が開催されている。
秋晴れの下、丹精された菊をただ見とれるのも良い趣向だ。


東京の情報は
ENJOY TOKYO
http://flower.enjoytokyo.jp/kiku/


京都の情報は
京都観光NAVI
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=2&ManageCode=1000235


名古屋では、名古屋菊花展が10月16日~11月23日まで名古屋城公園で開催される。
11月5日が菊花大会の審査なのでその前後が、菊が最高。


岐阜市では『第39回岐阜公園菊人形・菊花展』
開催日:2010年10月23日(土)?11月23日(火・祝)
開催場所:岐阜公園
開催地住所:岐阜県岐阜市大宮町1丁目



菊日和の俳句:


・花はみな四方に贈りて菊日和 宮沢賢治


・我のみの菊日和とはゆめ思はじ 高浜虚子
 (宮内参内、文化勲章拝受)


・菊日和空に小旗のあるやうな 柿本多映


・大門は開け放ちある菊日和 千原叡子


・御空より発止と鵙や菊日和 川端茅舎


・帯合せ一度で決まる菊日和 北原智香



台風14号は日本列島のわずか南海上を通り過ぎつつある。
だが、台風一過とはならず、晴れ上がるには一両日かかりそうだ。


季語の菊日和はその言葉自体に、爽やかな・広がりのある・晴れがましい・心が開く・幸せな語感を持っている。
菊日和の句を詠めれば心が晴れることは請け合いだ。


賢治も虚子も菊日和だ。
菊日和は空から日本が祝福されている日。
だから、日本人はその日は幸せであることが出来る。


北原の句は、女性ならではの句。
一度で決まる帯合わせの歓び、それは女でなければ判らないことだが、男でもその気持はチョッピリだが解る。


台風がされば菊日和の日になる。
全国には菊の花が咲き集う。
菊花展では丹精された菊が凛とした美しい姿を見せてくれる。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年10月30日(土) 記事No.5313

2010/10/30 (土) 旧暦: 9月23日  下弦  日出: 6時00分  日没: 16時48分  月出: 22時59分  月没: 12時10分  月齢: 22.34  癸丑 (きちゅう,みずのとうし)  六曜: 先勝  九星: 八白土星  選日: 八専間日


今日の季語: 菊膾(きくなます)


 



(もっと 子連れ狼が撃つ! より転載)



『菊なます(菊のおろし和え)」


【材料・分量】
 菊の花  50g
 ヤリイカ   小1匹
 大根おろし  2/3カップ
 酢  少々
 A  酢
 砂糖
 塩  大サジ3
 小サジ2
 少々
 胡瓜少々  少々


【作り方】
(1) 菊は酢を入れて歯ざわりを残して茹で、水に浸し、後で軽く絞っておきます。
(2) ヤリイカの胴は、皮をむいて、さっと茹でて薄切りします。
(3) 大根おろしにAを混ぜます。胡瓜は輪切りにして、塩水につけます。
(4) 大根おろしに菊とヤリイカを混ぜて盛り、胡瓜を添えます。
』( 残しておきたい郷土料理 より転載)



菊膾の俳句:


・うけこたへ簡にして優菊膾 西村和子


・花の色残りて薫る菊膾 高木 一水


・菊膾淡き一夜の人なりし 佐藤惣之助


・菊膾酔へば死の語をもてあそぶ 細川加賀


・菊膾白磁の酒盃澄みにけり 甲斐すず江



菊膾を肴にして飲む日本酒は何が良いのだろう。
食用菊の産地は山形、青森。
シンプルな菊膾を肴にできる酒は品格が必要かもしれない。
いずれの地にも十四代、田酒の銘酒がある。
手に入れば申し分がない。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年10月29日(金) 記事No.5314

2010/10/29 (金) 旧暦: 9月22日    日出: 5時59分  日没: 16時49分  月出: 21時51分  月没: 11時28分  月齢: 21.34  壬子 (じんし,みずのえね)  六曜: 赤口  九星: 九紫火星  選日: 八専入


今日の季語: 零余子飯(むかごめし)


 



(おさかなの国でベジタリアン♪ より転載)


『むかご(零余子)
  山芋の葉の付け根にできる小指の頭ほどの球芽です。小さな粒の一つ一つに山芋の香りとコクが凝縮されています。 噛んで外側の皮をプスッと破ると中のトロッとして、かつ上品な中身が出てきます。くどくはないがコクはあるのです。
ムカゴご飯は秋の味覚。私が毎年必ず一度は食べるぞと心に決めているものの一つです。 


品 種: ヤマノイモ科ヤマノイモ属の自然薯(じねんじょ)や 長芋(ながいも)などの芋が地上にできたものです。 


産 地: 全国の山野に自生しています。都会の公園などで見かける事もあります。 自分で山に行って採ってくる場合は、山芋の葉(細長いハート型)の見事な黄葉を目印にします。 山芋に良く似た葉のツタもあるのですが、山芋は茎から葉が出る時に必ず左右ペアになって同じ位置から出るので見分けがつきます。
(最近、調布市の公園で採りました。)
 
旬: 関東では11月頃です。晩秋です。貯蔵できるのは一ヶ月ぐらい。 その後は中の水分が減って皮にしわが寄ってくるので見分けがつきます。
 
食べ方: ムカゴご飯。そのままご飯を炊く前に入れるだけです。塩ゆで、味噌汁の具にしてもいいです 』(食材事典 より転載)



零余子飯の俳句:


・塩味のほどよく炊けて零余子飯 熊沢 豊


・早々と灯ともる宿の零余子飯 折口 敬子


・遠き日を子等に語りて零余子飯 松本 正弘


・亡き父母へ湯気ほろほろと零余子飯 新井英子


・零余子飯つやつやと炊け母恋し 栗間耿史


塩味が程よく効いた零余子飯が湯気を立てている。
晩秋の冷え込んだ空気を揺らめかせる温かさの中に、父・母・爺・婆との失われた時が蘇る。
 ホクホクとした食感とほのかな塩味と香り中で心は時空をさまよい始める。


零余子飯は単なるご飯ではない。
人の心を運ぶ力を秘めた魔力を持つ食べ物だ。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年10月28日(木) 記事No.5315

35mmの焦点距離は、DXの一眼では標準レンズ、M4/3では70mmとなる。
 NIKONでは標準レンズ、G1では中焦点レンズとして使い回しが出来る。


 
Nikon Ai  NIKKOR 35? F2.8
穴あきの爪がありAiは確かだがAi-sかどうかは判らなかったが、最小絞りが32でなく22なのでAiタイプ。


オークションで入手したものだが、あまり使われていなくて程度は良いものだった。
 取得価格は落札代金4,900 円+送料:700 円=取得価格5,600 円。


 


 現行機種のMFの35mmはAi Nikkor 35mm f/1.4Sだが、価格は最安値店舗でも79,400円する。
 花を撮る程度で沼をあがいて楽しむにはオークションで入手するオールドレンズで充分だ。


今日は、G1+レイコールのアダプターで撮影。


 
中焦点で使用するので、対象以外の背景が適当にぼけてくれるので有り難い。


 
このレンズの仕様に現れない良さは、ピントの山がつかみやすいことだ。
 白い花はピントが掴みにくい。G1のフォーカスエイドを使用することになるが、レンズによってピントの山がはっきりとしたものとそうでないものがある。
 そうでないものは、何度もヘリコイドを回して確認する必要があるが、このレンズは山がはっきりしているので使い易い。


 
写りはシャープである。


 
やや露出オーバー気味だが、柔らかいピンクの色調がよく出ている。



 

 

最短距離が30cmであり、マクロも付いていないので、グッとは対象には近づけない。
 少し距離をおいて、穏やかに対象を眺めるような気分で撮る気持ちにさせてくれるレンズだ。



 


 中焦点なので広い風景写真は無理だが、スナップ的な使い方では破綻のない確実な描写が安心出来る。


ハッタリのない素直な良いレンズの印象がする。


【データ】


Ai Nikkor 35mm F2.8
製造期間: 1979-1981
発売価格:26,000円
画角:  62度
最小絞り:  22
最短撮影距離: 0.3m
フィルター径: 52mm (P=0.75)
大きさ(全長×最大径) 46×63mm
重量 240g



 

(20)カメラ・映像 |  トラックバック(0) |  コメント(1) |  記事を編集 | 

2010年10月28日(木) 記事No.5316

2010/10/28 (木) 旧暦: 9月21日    日出: 5時58分  日没: 16時50分  月出: 20時46分  月没: 10時41分  月齢: 20.34  辛亥 (しんがい,かのとい)  六曜: 大安  九星: 一白水星  選日:


今日の季語: 茸飯(きのこめし)


 



(きままに季語 より転載)


茸飯のレシピ
『ちょっと前に作ったものですが、これ、おいしかった~♪
とても簡単にできるきのこご飯ですが、いくらでも食べられて、我が家では大好評でした!
2人で2合は少し多いかな?なんて当初は思いましたが、あまりのおいしさに、完食でした!


簡単レシピのご紹介!
◆材料:2合分◆
o米・・・・・・・・・・・・・2合分
oしめじ・・・・・・・・・・1パック
oえりんぎ・・・・・・・・1本
oまいたけ・・・・・・・・2分の1パック
o醤油・・・・・・・・・・大さじ2
o塩・・・・・・・・・・・・・ひとつまみ強
oみりん・・・・・・・・・小さじ2
oお酒・・・・・・・・・・・適量
oオリーブオイル又はサラダ油・・・大さじ1弱
o昆布・・・・・・・・5cm程度/LI>
 
◆作り方◆
o昆布を5cmほど切り取り(縦横5cm四方で十分です)、2カップのお水に浸しておきます。
ご飯1合ならば、お水は1カップ。米を炊く時の水加減のお水で昆布を浸します。20~30分程度


o米はといでざるに上げておきます。無洗米の方はそのままでOK。


oきのこは石突を取り除き、ボールに入れほぐし、エリンギは好みの大きさに切り、
きのこ全体に大さじ2のお醤油をかけ、味を浸透させておきます。


o炊飯器にご飯、昆布を浸したお水、ボールのきのこ、ボールに残ったお醤油もすべて入れ、
酒、塩、みりん、オリーブオイル大さじ1弱を入れ、簡単に混ぜ、炊飯してできあがり。
 ...
ポイントは、オリーブオイルを入れること!
これで、照りとコクがでます。油揚げだとコクがやや足りないので、オリーブオイルを入れられることをお勧めします。
本当においしいので、是非作ってみられると良いと思います♪
数日後、同じように作り、おにぎりにしてみましたが、冷めてもおいしくいただけたので、これからの行楽シーズンにお弁当にもいけると思います♪』(あやっちのビストロ)



茸飯の俳句:


・きのこ飯ほこほことして盛られたる 日野草城


・安南の碗のゆがみも茸飯 如月真菜


・何がなし母死なずゐる茸飯 松尾濤子


・茸飯にほひ夕月ひかり出す 柴田白葉女


・天界の父母に火宅の茸飯 立川華子


今年は茸の大豊作。
国内産のマッタケも豊作で価格は例年の4分の一と言っても、1万円するそうなので、高いことには変わりがない。


毒キノコも大繁殖。
猛暑の後遺症で、本来夏に出る毒キノコが秋になって出ているからだそうだ。
農産物直売所で売られている茸に毒キノコが混入することが各地で起こり、問題になっている。
きのこ狩りもやってみたいが、相当なベテランが傍にいないと採るのは良いが食べることは危ない。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年10月27日(水) 記事No.5317

2010/10/27 (水) 旧暦: 9月20日    日出: 5時57分  日没: 16時51分  月出: 19時44分  月没: 9時49分  月齢: 19.34  庚戌 (こうじゅつ,かのえいぬ)  六曜: 仏滅  九星: 二黒土星  選日:


今日の季語: 栗飯


 



(美味しく食べたい より転載)



『栗飯(くりめし)とは、白米にむき栗を入れて炊き込んだ赤飯に似た炊き込みご飯の一種。晩秋の季語。


栗ご飯ともいい、よくコンビニエンスストアなどで販売されている、中華風ちまきのように外国産の栗を混ぜたもち米を蒸して作るものは特に栗蒸しご飯と呼ぶ。


普通、栗飯には日本原産の甘みの少ない大振りな栗を丸ごと使い、白米の旨みと栗のほくほくした歯ごたえ、少量の塩を入れることで感じられる栗のほのかな甘みを楽しむ。家庭によっては塩ではなく醤油で味付けするところもある。


 料理法
白米をよく研ぎ水を吸わせておく間、具となる栗の皮を渋皮ごとむいておく。 あとは好みの塩加減で栗を混ぜた白米を炊き上げれば完成だが、栗飯に用いる日本原産の栗は表皮が分厚いだけではなく渋皮が非常に取りづらいため、硬い表皮と渋みの元になる渋皮をはがす皮むき作業は相当重労働になる。


そのため、作業に手間がかかりすぎるのを嫌ってあまり外食産業では見受けられない家庭料理である、最近は家庭でも作らないことが多い。』(Wikipedia)



栗飯の俳句:


・栗飯によんでもらひし月夜かな 島田青峰


・栗飯のほくりほくりと食まれけり 太田鴻村


・栗飯の洒落た家あり不動道 松本たかし


・栗飯や夫婦のほかに仏も居 村越化石


・栗飯や木曽の小石を箸枕 山崎竹堂



今日のような寒い日。
ホカホカの栗飯があれば心も暖かく身体も暖かくなることが出来る。


栗飯は人を幸せにさせる。
栗飯を炊くのは面倒だ。
そんな面倒なことをやって食べさせてくれる思いを感じさせてくれるから。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年10月26日(火) 記事No.5318


認知症は治療方法がない。
もう歳だから仕方ない。


そんな考えで、認知症患者は治療をされない場合が多い。


しかし、医学の進歩で認知症の解明が進んでいる。
現場の医師が最新の情報を勉強していないと、所見を謝る可能性がある。


認知症は、本人も悲惨だが、家族も大変だ。
今までの家族が人格が崩壊して行く過程を日常見続けていくことは大変な苦痛だ。


認知症と診断され、治療が行われない患者の中に、実は治療が可能な患者が存在するそうだ。
 突発性正常圧水頭症がそれだ。症状が認知症・パーキンソン病に似ているので現場で認知症と診断され、治療が行われないことで済んでしまっている実態があるそうだ。


『認知症:突発性正常圧水頭症(INPH)は手術で症状が改善する


認知症の症状があらわれる病気に、突発性正常圧水頭症(INPH)という病気があります。
この突発性正常圧水頭症(INPH)という病気にかかると、認知症の症状、尿失禁、歩行障害があらわれるようになります。
これまで突発性正常圧水頭症(iNPH)は、その他の認知症と区別されることがなく、根本的治療は行われてきませんでした。


しかし、最近、突発性正常圧水頭症(INPH)の原因が、脳内や周辺の脊髄に過度に溜まった脳脊髄液だとわかり、余分な脳脊髄液を手術で抜き取ることによって、認知症の症状を含む突発性正常圧水頭症(INPH)の症状が改善されるようになりました。


また、突発性正常圧水頭症(INPH)は、歩行障害から、パーキンソン病とも間違われることもありましたが、専門医に見てもらえば、突発性正常圧水頭症(INPH)とパーキンソン病は別の病気だとわかります。
認知症は治らない病気だからとあきらめず、突発性正常圧水頭症(INPH)の疑いを感じる場合には、医師に相談してみることが大切です。 』(認知症ケアマニュアル)


認知症に似た症状の突発性正常圧水頭症には治療方法があり、回復するのである。
 本人もそうだが、それ以上に家族の歓びは大きい。


この認知症の治療問題を取り上げる番組がNHKで10月31日(日)に放送される。


『NHKスペシャル「認知症を治せ!」
 チャンネル :総合/デジタル総合
放送日 :2010年10月31日(日)
放送時間 :午後9:00~午後9:50(50分)


番組HP: http://www.nhk.or.jp/special/
--------------------------------------------------------------------------------
これまで「治らない」「防げない」と考えられてきた認知症。しかし今、医療技術の進歩により、その常識が変わりつつある。認知症の治療と予防の最前線に密着取材した。
--------------------------------------------------------------------------------
記憶力や意識など、かけがえのない機能を次々と奪う「認知症」。これまで認知症は"治らない""防げない"と考えられてきたが、医療技術の進歩により、その常識が変わりつつある。「アルツハイマー病」では、治療薬や予防法の開発が急速に進み始めた。ほかにも「レビー小体型認知症」「正常圧水頭症」など、さまざまな認知症のタイプを見分ける診断法が確立。「タイプ別治療」の実践が始まっている。認知症治療の最前線を紹介。
--------------------------------------------------------------------------------
【解説】金沢大学教授…山田正仁,  【キャスター】上田早苗,  【語り】滑川和男』(NHKオンライン)



 

(18)心身 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年10月26日(火) 記事No.5319

2010/10/26 (火) 旧暦: 9月19日    日出: 5時56分  日没: 16時52分  月出: 18時49分  月没: 8時52分  月齢: 18.34  己酉 (きゆう,つちのととり)  六曜: 先負  九星: 三碧木星  選日: 一粒万倍日


今日の季語: 新米、今年米


 



(東建コーポレーション常滑支店 より転載)


『新米と古米
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


新米(しんまい)と古米(こまい)は、その年に収穫された米と、前年に収穫された米。


同様に、前々年に収穫された米を古古米・古々米(ここまい)、以下同様に、古古古米・古々々米(こここまい)、古古古古米・古々々々米(ここここまい)と、古(こ)を収穫した年から現在までの年数分呼ぶ。


 定義
新米と古米の区別について、明確な定義はない。


11月から翌年10月までの米穀年度を基準にすると、11月1日をもって新米が古米に変わることになる。ただしこの定義は、夏から10月までに取れた早場米に適用できない。なお、新米・古米の区別と直接には関わらないが、米の備蓄計画では7月から翌年6月までの1年間を単位としている。


米の品質変化は梅雨時期に大きいため、梅雨明けに古米になると考えることもある。ただし、現代では低温倉庫が普及したため、必ずしも梅雨時期に変化が大きいとはいえない。


JAS法に基づく「玄米及び精米品質表示基準」によれば、新米と表示できるのは、収穫年の年末までに精白・包装された精米に限る。そのため、店頭で新米と表示された米が売られるのは、翌年の年初か、せいぜい春までである。ただし、新米と表示できなくなったからといって、古米になるというわけではない。


 違い
古米には、新米に比べ次のような違いがある。


米飯が、硬く、粘りが少ない。
米飯の光沢や白度が低い。
古米臭がする。
これらは古古米、古古古米になるにつれ強くなる。


東南アジア・南アジアでは、粘り気の少ない米飯が好まれるため、古米が好まれることがある。また、寿司飯は酢の浸透が良いという理由で古米を使う、若しくは一部ブレンドする。』(Wikipedia)



新米の俳句:


新米の酒田は早しもがみ河 与謝蕪村
 
・新米の膳に居るや先祖並み 小林一茶


・どうあろと先新米ぞうまし国 炭 太祇


・新米のしるしに越の紅の札 斉藤夏風


・どの家も新米積みて炉火燃えて 高野素十



前にも書いたが今年は、新米の品質が悪いものが多い。
買う消費者は、多少まずくても安ければそう悩むことはない。
しかし、農家は大変だ東急の下落で出荷価格が下がり数百万の減収の農家もあるそうだ。


米の消費量も下がっている。
農家のためにも新米を多く食べたいものだ。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年10月25日(月) 記事No.5320

2010/10/25 (月) 旧暦: 9月18日    日出: 5時55分  日没: 16時54分  月出: 18時00分  月没: 7時52分  月齢: 17.34  戊申 (ぼしん,つちのえさる)  六曜: 友引  九星: 四緑木星  選日: 天一天上終、天赦日


今日の季語: 無花果(いちじく)


 



(植物図鑑 より転載)


『イチジク(無花果、映日果)は、クワ科イチジク属の落葉高木。また、その果実のこと。原産地はアラビア南部。不老長寿の果物とも呼ばれる。


 名称
「無花果」の字は、花を咲かせずに実をつけるように見える[1]ことに由来する漢語で、これにイチジクという熟字訓を与えている。


「映日果」は、中世ペルシア語「アンジール」(anj?r)[2]を当時の中国語で音写した「映日」に「果」を補足したもの。通説として、日本語「イチジク」の語源は「映日果」の音読「エイジツカ」であったとする[3]。 中国の古語では他に「阿?[4]」「阿驛」などとも音写され、「底珍樹」「天仙果」などの別名もある[要出典]。


伝来当時の日本では「蓬莱柿(ほうらいし)」「南蛮柿(なんばんがき)」「唐柿(とうがき)」などと呼ばれた。いずれも"異国の果物"といった含みを当時の言葉で表現したものである。


属名 Ficus はイチジクを意味するラテン語。 イタリア語: fico, フランス語: figue, スペイン語: higo, 英語: fig, ドイツ語: Feige など、ヨーロッパの多くの言語の「イチジク」はこの語に由来するものである。


 形態・生態
葉は三裂または五裂掌状で互生する。日本では、浅く三裂するものは江戸時代に日本に移入された品種で、深く五裂して裂片の先端が丸みを帯びるものは明治以降に渡来したものである。葉の裏には荒い毛が密生する。葉や茎を切ると乳汁が出る。


初夏、花軸が肥大化した花嚢の内面に無数の花をつける。このような花のつき方を隠頭花序(いんとうかじょ)という。雌雄異花であるが同一の花嚢に両方の花をつける。栽培品種には雄花がないものもある。 自然では花嚢内部にはイチジクコバチが生息し、受粉を媒介する。日本で栽培されているイチジクはほとんどが果実肥大にイチジクコバチによる受粉を必要としない単為結果性品種である。


果実は秋に熟すと濃い紫色になる。食用とする部分は果肉ではなく花托(かたく)である。


 イチジクの利用
 歴史
原産地に近いメソポタミアでは6千年以上前から栽培されていたことが知られている。地中海世界でも古くから知られ、古代ローマでは最もありふれたフルーツのひとつであり、甘味源としても重要であった。 最近の研究では、ヨルダン渓谷に位置する新石器時代の遺跡から、1万1千年以上前の炭化した実が出土し、イチジクが世界最古の栽培品種化された植物であった可能性が示唆されている[5]。


日本には江戸時代初期、#名称節にもあるように、ペルシャから中国を経て、長崎に伝来した。当初は薬樹としてもたらされたというが、やがて果実を生食して甘味を楽しむようになり、挿し木で容易にふやせることも手伝って、手間のかからない果樹として家庭の庭などにもひろく植えられるに至っている。


 食利用
果実は生食するほかに乾燥イチジクとして多く流通する[6]。


生果・乾燥品ともに、パン、ケーキ、ビスケットなどに練りこんだり、ジャムにしたり、スープやソースの材料として、またワインや酢の醸造用など、さまざまな用途をもつ。ほかにペースト、濃縮果汁、パウダー、冷凍品などの中間製品も流通している。


日本国内では甘露煮にする地方もある。


果実には果糖、ブドウ糖、蛋白質、ビタミン類、カリウム、カルシウム、ペクチンなどが含まれている。クエン酸が少量含まれるが、糖分の方が多いので、甘い味がする。 食物繊維は、不溶性と水溶性の両方が豊富に含まれている。


 その他の利用
熟した果実、葉を乾燥したものは、それぞれ無花果(ムカカ)、無花果葉(ムカカヨウ)といい生薬として用いられる。果実を干したものは緩下剤に使われた。 また果肉や葉から出る乳液にはゴムに近い樹脂分が含まれるが、民間薬として、痔や疣(いぼ)に塗布したり、駆虫薬として内服した。


またイチジクの樹液にはフィシンという酵素が含まれており、日本の既存添加物名簿に収載され、食品添加物の原料として使用が認められている。 ほかにイチジク葉抽出物は製造用剤などの用途でかつて同名簿に掲載されていたが、近年販売実績がないため、2005年に削除された。』(Wikipedia)



無花果の俳句:


・音ひとつせぬ無花果の木を好む 百合山羽公


・青空に無花果奇声上げて割れ 和田耕三郎


・うつくしき無花果むざと割りくるる 辻桃子


・無花果くらし子守唄なほ昏し 神戸周子


・無花果の暗き深紅を煮つむべし 黒田杏子



無花果を静かと思う人、気勢を上げると思う人。
人それぞれに無花果を詠む。


割ってくれた人は嫌いなのだろう。


無花果は何か昏いものを持っている果実のようだ。


無花果と柿は買わない人がいる。
家の庭で採れたから買う気が起こらないそうだ。
そんなものかなー。


一時ドライフルーツの無花果をよく食べたが、最近は食べていないことを思い出した。
 小さくてカリカリしたものより少し柔らかいものの方が美味しい気がする。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |