FC2ブログ

  • 2010年07月 の記事一覧

2010年07月31日(土) 記事No.5450

2010/7/31 (土) 旧暦: 6月20日    日出: 4時47分  日没: 18時46分  月出: 21時03分  月没: 9時19分  月齢: 19.31  壬午 (じんご,みずのえうま)  六曜: 先勝  九星: 九紫火星  選日: 一粒万倍日、三隣亡


今日の季語: 風蘭(ふうらん)


 



 



(ベランダ オーキッド ナーセリー より転載)


『フウラン(風蘭、富貴蘭)は、日本原産のラン科植物のひとつで、着生植物である。


 特徴
フウラン(Neofinetia falcata (Thumb.))は、単子葉植物ラン科に属する、着生植物である。花が美しく、香りもよく、観賞用に栽培される。また、園芸品種もある。野生では絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)。


茎は短く直立し、隙間なく葉をつける。葉は細くて硬く、先端がとがっている。断面が三角になるほど分厚く、上面の中央には主脈に沿って溝がある。葉の基部は茎を抱く形になり、茎より少し上に関節があって、古い葉は基部を茎に残して脱落する。したがって、古い茎は葉鞘に包まれた状態になる。根は茎ほどに太く、葉鞘を突き破って出てくる。表面は白く、先端だけが生っぽい色になる。根元の茎から新芽を出して、次第に株立ちとなり、人間の頭ほどの群落が作られる場合もある。


ただし、成長はなかなかに遅い。年間に生じる葉は一本の茎について2-3枚程度。個々の葉は数年の寿命がある。


初夏に花を咲かせる。花はよい香りがする。 花茎は、茎の基部の方の葉の間から出てそれぞれに3-5個の花が出る。花茎からはさらに長い子房がのび、花はその先につくので、葉よりもかなり上の方で花が咲く。花は純白か、わずかに赤紫を帯びるのが普通。五弁はやや細目の倒卵形で、反り返る。唇弁は前に突き出し、少し三つに割れる。花の下には距があるが、非常に長く、下に向かって垂れながら曲がって、最後は前を向く。一つの株では、往々にして、ほとんどの花が同じ方向を向いて咲くので、非常に印象的である。


本州中部以南から琉球列島にわたる地域で、大きな木の上などに着生している。


 利用
シノブ玉や庭木につけるなどの形で、観賞用に栽培される。また、江戸時代より、葉変わりや斑入りのものを選別・命名して栽培することが行われてきた。現在も多くの品種があり、それらを富貴蘭と呼んで、東洋ランの一つとされる。近縁の単茎性の洋ラン(バンダなど)に、耐寒性を与えるために交配親として使われることも多い。』(Wikipedia)




風蘭の俳句:


・来る人に風蘭おろす軒端かな 池西言水


・風蘭や越にひとりの友が軒 加舎白雄


・香に顕ちて風蘭白き風となる 穂坂日出子


・風蘭のむらさきうすく雨催ふ 角田不説


・風蘭の花白し細しすがしき 甲田鐘一路


・風蘭咲くつかず離れず子と暮し 長谷川秋子



風蘭は、日本原産の蘭だそうだ。
言われてみれば、そんな気がする。
鮮やかで華やかな、時にはけばけばしくオドロオドロシくさえある蘭が多い中、風蘭は清楚で可憐だ。
 日本人の心情・嗜好に合った花。
江戸の人々も愛し、句に詠んできた。


言水と白雄の句は、白雄が越の国の言水を尋ねた時の句のように符節があっているが、そうではないようだ。
 池西言水の生年は、1650-1722であり、加舎白雄は1738-1791である。現し世では、二人が会っている事はない。
 だが、江戸の人は客人を迎えるのに、風蘭をソっと迎えさせたのだろう。


長谷川の句は、風に揺られながらも、ベタベタせず清楚でキッパリと咲いている風蘭の姿に、自らの老いの心情を重ねたのだろう。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年07月30日(金) 記事No.5451




1983年発売のCANON NewFDのマニュアルズームレンズ。
小型軽量のズームレンズ。
 27年前だから古いレンズだが、鏡銅はプラスチックで軽い。Biotarを触った後、このレンズを持つとおもちゃのような気がする。
 Biotarは50年以上前の金属の時代、CANONのこの時代はもうプラスチックに移行している。


発売当時は、廉価版の標準ズームレンズだが31900円であった。
このレンズは、オークションで落札代金1600円+送料700円=2300円の取得費。



【試写】


ピント面の解像度は高い。


 


クリアーな画で、色のバランスも良い。


 


解像感、色のバランスは良いので、マクロ機能もあり、花の撮影には向いている。


 


ボケには癖がある。
特に絞りを開放近くまで開くと、湧いている雲のようなボケになる。やや煩わしい。


 


絞りをF8位まで絞れば、ボケも気にならなくなる。


 


 


遠景の写真は、問題ない。


試写した印象は、
軽いので、気軽に持ち出して、使うことができるレンズだ。
マクロでは、絞り込んだほうが、背景のボケが気持ちが良い。
好みの問題だが。



【データ】
CANON New FD35-70mm F3.5-4.5
New FDレンズ
発売年月 1983年(昭和58年)3月
発売時価格 31,900円
レンズ構成(群) 8
レンズ構成(枚) 9
絞り羽根枚数 8
最小絞り 22
最短撮影距離(m) 0.5
最大撮影倍率(倍) 0.15
フィルター径(mm) 52
最大径x長さ(mm)x(mm) 63 x 60.9
質 量(g) 200



 

(20)カメラ・映像 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年07月30日(金) 記事No.5452

2010/7/30 (金) 旧暦: 6月19日    日出: 4時47分  日没: 18時47分  月出: 20時38分  月没: 8時23分  月齢: 18.31  辛巳 (しんし,かのとみ)  六曜: 赤口  九星: 一白水星  選日:


今日の季語: 虹


 



(安曇野移住生活~北アルプスを眺めて暮らす より転載)


『虹(にじ、霓)とは赤から紫までの光のスペクトルが並んだ円弧状の光である。気象現象の中でも大気光学現象に含まれる。


太陽の光が空気中の水滴によって屈折、反射されるときに、水滴がプリズムの役割をするため、光が分解されて複数色(日本では七色とされる)の帯に見える。雨上がり、水しぶきをあげる滝、太陽を背にしてホースで水まきをした時などに良く見ることができる。


 名称
英語のレインボー(rainbow)は、外来語として日本語にも取り入れられているが、「雨の弓」を意味する[1]。また、フランス語ではアルカンシエル(arc-en-ciel)といい、「空に掛かるアーチ」を意味する。


日本語の方言には、鍋づる(佐渡島、愛知県など)、地獄のお釜のつる(富山県射水市)、太鼓橋(大分県)、立ちもん(長崎県南高来郡)などと表現する例がある。


「虹」を意味する漢字(虹、?、?、?)に虫偏が多く存在する点を見ても解る通り、中国語では、虹を蛇や竜の一種と見なす風習が多い。明確に龍虹と呼ぶ地域(広東省増城市)や、「広東鍋の取っ手の龍」を意味する?耳龍(広東省台山市)と呼ぶ地域もある。このような例は世界各地に存在する。虹を蛇の一種と見なす風習については「虹蛇」を参照すること。


 虹の色数
日本手話の「虹」虹の色の数は現在の日本では一般的に七色(赤、橙、黄、緑、青、藍、紫)と言われるが、地域や民族・時代により大きく異なり、ドイツでは五色、スウェーデンでは六色(赤、黄、青、緑、桃、藍)である。日本でも古くは五色、沖縄地方では二色(赤、黒または赤、青)とされていた。なお現代でもかつての沖縄のように明、暗の2色として捉える民族は多い。


赤地に黄、緑、青の縞(赤、黄、赤、緑、赤、青、赤)だとする地域(インドネシア、フローレンス島)も存在し、スペクトルとして光学的に定められた概念とは異なった順序として色が認識されることも多い。


スペクトルの項で後述するが虹を7色としたのはイギリス人の科学者ニュートンが最初であり、「オリジナルの基本色は、赤・黄・緑・青・菫それに橙・藍がありその中間に無限の変化がある」と述べている。故にイギリスでは一般的に虹は7色とされている。


右の画像は、日本手話の「虹」。「七色」を数詞の7で示し上方にアーチを描く。日本手話の数詞はソロバンと同じで、親指が5。他の指が1。画像は5+2で7となる。日本人の「虹の七色」という近代の虹のイメージからこの表現が選ばれたという。』(Wikipedia)



虹の俳句:


・いくたびも虹を吐いては山眠る 高野ムツオ


・わが胸の虹雲海の虹を呼ぶ 野見山朱鳥


・遠山の虹美しき日照雨かな 町 春草


・見つむれば虹あらはるる虹の上 相馬 遷子


・虹の中人歩き来る青田かな 松本たかし



未明の雨から昼過ぎの真夏への大きな天候の変化。
虹が見られた場所も多かったはずだ。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年07月29日(木) 記事No.5453


LUMIXとかOLYMPUSのマイクロフォーサーズ機、最近ではSONYのミラーレス機などはマウントアダプターを使えば、オールドレンズが使用できる。
 埃りをかぶっていた昔のレンズたちを現役に蘇らせて楽しんでいる人達は多い。
 楽しんでいれば人は集まる。その輪の中に入ることにした。


今回試写したレンズは、Carl Zeiss Jena Biotar 58mm F2。


旧東ドイツのCarl Zeiss Jena(カールツァイス・イエナ)で1940年代から製造されたレンズ。
 金属製の鏡銅で、手に持つとずっしりとした重さと存在感を感じる。最近の小型軽量化されたレンズとは異なる風格がある。


 


Carl Zeissの50mm標準といえばテッサー50mmF2.8が有名だが、Biotarは明るいF値を与えられたレンズだ。


このBiotarはM42マウント。ネジが切ってあるだけの古典的なマウント。マイクロフォーサーズのG1にはアダプターを着けて装着する。
 焦点距離は、100mm相当の中望遠になる。


 


マウントアダプターは、ディスカバーフォトが販売しているもの。恐らく香港製だと思うが、金属製のしっかりした作りだ。



G1の標準ズームLUMIX G VARIO 14-45mmと同じ被写体を撮り比べてみた。


上段がBiotar、下段がVARIO


 
(Biotar)


 
(VARIO)


Biotarは50年も前のレンズとは思えない写りだ。
好みにもよるが薔薇の花びらの質感は、VARIOよりしっとりしている気がする。VARIOの方がメリハリがあってコントラストが強く、Biotarはコントラストが低いのかも知れない。


花の写真では、単焦点のBiotarの方が被写界深度が浅く、ボケが適当だ。
 VARIOのズームはよく写るが、背景が見えすぎて煩わしいといえば言える。



 

(Biotar)


 
(VARIO)


鮮やかな色彩の被写体では、コントラストの差は余り感じない。
背景のボケはBiotarの方が快い。


Biotarのボケが良かった花の写真を2枚。






Biotarで遠景も撮ってみた。


 
立体感も出ている。


初めて外に連れだした試写だったが、好印象で、良かった。
オールドレンズには、侮れない存在感・風格があることが理解できた。


 


【Biotarの仕様】


型番:CARL ZEISS JENA Biotar 2/58mm silver (M42)
焦点距離:58mm
撮影距離:0.6m~∞
絞り羽根枚数:10枚
F値:2.0~16
フィルター径:49mm
重量:212g



 

(20)カメラ・映像 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年07月29日(木) 記事No.5454

2010/7/29 (木) 旧暦: 6月18日    日出: 4時46分  日没: 18時48分  月出: 20時12分  月没: 7時28分  月齢: 17.31  庚辰 (こうしん,かのえたつ)  六曜: 大安  九星: 二黒土星  選日: 中伏


今日の季語: 夏の雨


 



(木幡池通信 より転載)



夏の雨の俳句:


・うすうすと山重なりし夏の雨 遠入たつみ


・やみさうもなき空見上げ夏の雨 岩崎すゞ


・夏の雨きらりきらりと降りはじむ 日野草城


・夏の雨一気に海を濡らしけり 藤田文子


・朝顔の花の命や夏の雨 正岡子規



久しぶりの雨だ。
連日35度を超えるような暑い日が続いてきたが、漸く一息入れた。
 28度位の気温は冷房を効かせているような気持よさだった。


道路端の雑草は、雑草にもかかわらず夏負けしていたが、この干天の慈雨に喜んでいた。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年07月28日(水) 記事No.5455

2010/7/28 (水) 旧暦: 6月17日    日出: 4時45分  日没: 18時49分  月出: 19時47分  月没: 6時32分  月齢: 16.31  己卯 (きぼう,つちのとう)  六曜: 仏滅  九星: 三碧木星  選日:


今日の季語: 西日


 



(ゆっくり歩く より転載)


『西日
西に傾いた太陽の光。特に真夏の、なお衰えない夕方の日光についていう。[季]夏。』(大辞林)


 


西日の俳句:


・この道の終の海照る西日かな 橋本榮治


・やはらかに山の西日の衰へし 深見けん二


・何もかもあつけらかんと西日中 久保田万太郎


・我熟す寂しさ熟す西日燦 永田耕衣


・荒壁に虻狂ひをる西日かな 富田木歩



夏の夕方にかけての時間帯。
太陽が西に傾き、夕暮れになるまでの時間。
太陽の光はジリジリと焦がすように熱い。


陽が落ちて、夜になったら冷たい麦酒を一杯喉を通して...などと想像して、耐える他の無い時間が続く。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年07月27日(火) 記事No.5456

2010/7/27 (火) 旧暦: 6月16日    日出: 4時44分  日没: 18時49分  月出: 19時20分  月没: 5時35分  月齢: 15.31  戊寅 (ぼいん,つちのえとら)  六曜: 先負  九星: 四緑木星  選日: 小犯土始


今日の季語: 極暑(ごくしょ)


 



(定年退職し再雇用された団塊世代のブログ より転載)


『極暑:
  きわめて暑いこと。夏の暑さの盛り。《季 夏》』


極暑の俳句:


・蓋あけし如く極暑の来りけり 星野立子


・汽車たてばそこに極暑の浪の群れ 吉岡禅寺洞


・朽ち仏木に還りつつ極暑来る 野見山ひふみ


・極暑の夜父と隔たる広襖 飯田龍太 童眸


・月青くかかる極暑の夜の町 高濱虚子



毎日、極暑に相応しい日がつづいている。


『きょうの多治見は37.7度、全国最高6日目に2010年7月27日20時6分
    
 猛暑が続いている東海地方は27日も気温が上がった。日本気象協会中部支社によると、名古屋市の最高気温は35.9度。これで同市の「猛暑日」は8日連続となり、7月としては過去50年で最長を記録した。岐阜県多治見市は37.7度で、6日連続で全国の最高気温となった。


 この日も暑さによる熱中症で病院に搬送される人が各県で相次いだ。岐阜県内では午前0時~午後4時の間、16人が熱中症で病院に運ばれた。


 同協会によると、上空の高気圧が弱まり始めており、28日は猛暑日にはならない可能性が高い。29日には雨が降って最高気温が30度を切るところもあると予想。ただ、週末は、うだるような暑さがぶり返す見込みだという。』(asahi.com)


群馬と岐阜県多治見市は全国一暑い街を競っている。
ニュースのインタービューでは、どちらの住民も"どうせ暑いなら、全国一暑いほうが良い"と話していた。


このところ、多治見が快調で、6日連続で全国一。
二番では駄目なので、一番でなければいけない。
全国一なら気も晴れる、自慢もできる。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年07月26日(月) 記事No.5457

2010/7/26 (月) 旧暦: 6月15日  望  日出: 4時43分  日没: 18時50分  月出: 18時50分  月没: 4時37分  月齢: 14.31  丁丑 (ていちゅう,ひのとうし)  六曜: 友引  九星: 五黄土星  選日: 中犯土


今日の季語: 日盛


 



(☆ちっちゃな幸せ☆見ぃ~つけたッ! より転載)



日盛りの俳句:


・日盛を御傘と申せ萩に汗 榎本其角


・日盛や汽車道はしる小さき蟹 泉鏡花


・日盛や松脂匂ふ松林 芥川龍之介


・日盛や蟻這ひ出づる蝉の穴 会津八一


・日盛や駒形どぢやう客ありて 田島秩父


・日盛や誰も応へぬ種物屋 藤田あけ烏



天気予報では、熱中症対策としてこまめに水を摂る、日盛りで作業をしないように注意している。


一方、ニュースでは、70、80歳前後の老女が農作業中に倒れて死亡したことを流している。


死ぬことは悲しいことだが、いずれ死ぬものなら、死に方として農作業中に倒れて死ぬのは本望ではないのかと思う。
 冷房のきいた病室でパイプにつながれて長い末期の日を持て余すより、余程幸せかもしれない。


予報を無視して日盛りに農作業をする元気な老女にとって、熱中症はピンピンコロリの恩寵かも知れない。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年07月25日(日) 記事No.5458

2010/7/25 (日) 旧暦: 6月14日    日出: 4時43分  日没: 18時51分  月出: 18時17分  月没: 3時38分  月齢: 13.31  丙子 (へいし,ひのえね)  六曜: 先勝  九星: 六白金星  選日: 不成就日、大犯土終


今日の季語: 炎天


 



(風胡山房 より転載)



炎天の俳句:


・炎天のブラックベリー飢餓の国 高島征夫


・こんじきの棺炎天の湖わたる 飴山實


・わが行手より炎天の火の匂ひ 野見山朱鳥


・炎天にいま逢ひそれも過去のごとし 目迫秩父


・炎天に黒き喪章の蝶とべり 日野草城


・炎天に夢呆けの貌ありにけり 仙田洋子


・炎天の一樹一影地にきざむ 那須乙郎


・炎天の金輪際をゆく鳥か 千代田葛彦


・炎天の真ン中に太陽のあり 粟津松彩子



炎天を季語として詠まれた句は数多い。
めまいのするような暑さの中で俳人は、生命を感じている。


金輪際とは、デジタル大辞泉によれば
 『
[名]
1 仏語。大地の最下底のところ。大地がある金輪の一番下、水輪に接するところ。金輪奈落。
2 物事の極限。ゆきつくところ。』


炎天は、俳人を金輪際まで連れ去るようだ。


 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年07月24日(土) 記事No.5459

2010/7/24 (土) 旧暦: 6月13日    日出: 4時42分  日没: 18時52分  月出: 17時38分  月没: 2時39分  月齢: 12.31  乙亥 (いつがい,きのとい)  六曜: 赤口  九星: 七赤金星  選日:


今日の季語: 日傘


 



(AMA.TERU より転載)



日本語においては、古来「かさ」とは笠を指し、傘は「差しがさ」と呼称した。「笠」は、柄がなく頭にかぶるものである。それに対し「傘・?」には柄(え、から)があり、「からかさ(唐傘は当て字)」とも読む。頭上を防禦するための傘を「さす」は、「刺す」ではなく「差す」である。


現代日本語の「傘」の読みは、日常会話では日本語固有語である大和言葉を用い訓読みして「かさ」と発音することがほとんどである。動作を伴った熟語においては「開傘(かいさん)」などと音読みで発音することもあるが少数例であり、熟語であっても「唐傘(からかさ)」・「日傘(ひがさ)」・「雨傘(あまがさ)」などと訓読みされたり、「洋傘(ようがさ)」などと重箱読みされる例が多い。


日本語では、使用する目的によって雨傘(あまがさ)、日傘(ひがさ)と呼んで区別する。日本の伝統的な工法と材質で作られたものを和傘、西洋の伝統的な工法と材質で作られたものを洋傘と呼ぶ区別もある。洋傘をこうもり傘ともいうが、こうもり傘の語源に関しては、「傘をかぶる」が「こうむる」となり、これを語源とするなどの複数の説が為されているが、ペリーが来航した際[4]、持ち込んだ洋傘を「その姿、蝙蝠(こうもり)のように見ゆ」と比喩したことから生まれたという説が最も有力である。
... 』(Wikipedia)


 


日傘の俳句:


・むらさきは君が日傘やくれやすき 芥川龍之介


・この町に生くべく日傘購ひにけり 西村和子


・ひとり身の日傘廻せば遠くに森 菖蒲あや


・結界は日傘の及ぶところまで 櫂未知子


・広島や日傘の中に五十年 松下千代



聖と俗を区分するのが結界だが、日傘の内が聖なのか俗なのか。
 日傘の中では生きる気力も生まれ、五十年も生き続けることができるとすれば、傘の内は聖というべきか。


ともあれ、今暫く日傘は手放せない。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |