2010年02月17日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2010年02月
2010-02-17 (Wed)

2010/02/17 日記 春は遠く、また、近く

2010/02/17 日記 春は遠く、また、近く

2010/2/17 (水) 旧暦: 1月4日    日出: 6時26分  日没: 17時24分  月出: 7時32分  月没: 20時21分  月齢: 3.01  戊戌 (ぼじゅつ,つちのえいぬ)  六曜: 仏滅  九星: 八白土星  選日: 今日の季語: 冴返る(さえかえる) (夕映え人生 より転載)春浅く、寒さが一度弛んで暖かい日が来たかと思うと、また冬の寒さがぶり返す。春の暖かさを一度経た後の寒さは一層冴え冴えとしている。冴返る...

… 続きを読む

2010/2/17 (水) 旧暦: 1月4日    日出: 6時26分  日没: 17時24分  月出: 7時32分  月没: 20時21分  月齢: 3.01  戊戌 (ぼじゅつ,つちのえいぬ)  六曜: 仏滅  九星: 八白土星  選日:


今日の季語: 冴返る(さえかえる)


 



(夕映え人生 より転載)


春浅く、寒さが一度弛んで暖かい日が来たかと思うと、また冬の寒さがぶり返す。春の暖かさを一度経た後の寒さは一層冴え冴えとしている。



冴返るの俳句:


・柊にさえかへりたる月夜かな 丈草


・三か月はそるぞ寒は冴えかへる 一茶


・真青な木賊の色や冴返る 夏目漱石


・山がひの杉冴え返る谺かな 芥川龍之介


・酒蔵の酒生きてゐて冴返る 中島木曽子 



今日はまた厳冬のような寒さが舞い戻った。
指先が喜んでいた暖かい日が嘘のように冷たい。


酒蔵では寒の時季に仕込まれた醪が活発に泡を出して発酵している。
 酒蔵の蔵開きが春まで続く。休みの日が来れば、人は蔵開きに足を運ぶ。蔵開きは寒いが、お酒は温かい。


造り終えた醪が搾られ、しぼりたてが出荷される頃、桜も咲き、春本番になる。
 春は遠く、また近い。