2010年02月16日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2010年02月
2010-02-16 (Tue)

2010/02/16 無花粉スギが実用化

2010/02/16 無花粉スギが実用化

『無花粉スギ初出荷へ 「ムズムズの春」解消なるか 2010年2月15日 夕刊 選別の結果、無花粉と分かった苗には白いテープが付けられた=横浜市戸塚区で   究極の花粉症対策として、神奈川県自然環境保全センター(厚木市)が取り組んでいた「無花粉スギ」が順調に育ち、苗木を出荷し始めることになった。天皇、皇后両陛下が出席され、同県秦野市などで5月に開かれる全国植樹祭でお披露目される。担当者は「何とか実用...

… 続きを読む


『無花粉スギ初出荷へ 「ムズムズの春」解消なるか 
2010年2月15日 夕刊


 



選別の結果、無花粉と分かった苗には白いテープが付けられた=横浜市戸塚区で
 
 究極の花粉症対策として、神奈川県自然環境保全センター(厚木市)が取り組んでいた「無花粉スギ」が順調に育ち、苗木を出荷し始めることになった。天皇、皇后両陛下が出席され、同県秦野市などで5月に開かれる全国植樹祭でお披露目される。担当者は「何とか実用化のレベルまできた。種からの無花粉スギの出荷は日本初ではないか」と手応えをつかんでいる。


 県の研究機関の同センターは、2004年に発見した突然変異の無花粉スギの苗木に、花粉が少ない品種を選び交配。この種子を横浜市戸塚区の苗生産農家羽太喜久雄さん(46)らの畑にまき、問題なく種子が採取できるか研究してきた。


 遺伝の法則上、この種子からは無花粉スギが50%生まれるはずだった。種をつくる過程で、想定外の花粉が付着したようで、40~60センチ程度に成長した苗のうち、無花粉スギは3分の1程度。実用化に必要な量は何とか確保できた。


 さらに、苗を見ただけでは花粉の有無が分からず、効率的な選別方法を探る必要にも迫られた。こちらは雄花をペンチでつぶすと、花粉があれば白っぽくなることが判明。一目瞭然(りょうぜん)の選別方法に羽太さんも「これなら選別に時間もかからない」と言う。


 確度を高める研究を続ける一方、出荷は県内の種苗業者らでつくる県山林種苗協同組合が担当。選別した無花粉スギは、植樹祭で多くの人々の手で植えられることになる。


 同センターの斎藤央嗣さん(39)は「植樹祭までに出荷を間に合わせるのが目標だった。今後は、より効率的に生産、出荷できるようにしたい」と話している。』(CHUNICHI WEB より転載)


スギ花粉だけが花粉症の原因ではないが、花粉症の原因の大きな割合を占めることは疑いが無い。
 多くの人が悩まされる花粉症がこれにより軽減されるとすれば、社会的に素晴らしいことだ。


その日が来るのはかなり先になるとしても、そう思うだけで目のかゆみとかクシャミが軽くなるような気がする。



 

2010-02-16 (Tue)

2010/02/16 日記 白魚

2010/02/16 日記 白魚

2010/2/16 (火) 旧暦: 1月3日    日出: 6時27分  日没: 17時23分  月出: 7時07分  月没: 19時24分  月齢: 2.01  丁酉 (ていゆう,ひのととり)  六曜: 先負  九星: 七赤金星  選日: 不成就日今日の季語: 白魚(しらうお) (気の向くまま日記 より転載)『標準和名:シラウオ 分 類  サケ目シラウオ科シラウオ属 成魚の大きさ:全長10?程度 形 態 : 体は細長く、背鰭の後方に脂...

… 続きを読む

2010/2/16 (火) 旧暦: 1月3日    日出: 6時27分  日没: 17時23分  月出: 7時07分  月没: 19時24分  月齢: 2.01  丁酉 (ていゆう,ひのととり)  六曜: 先負  九星: 七赤金星  選日: 不成就日


今日の季語: 白魚(しらうお)


 



(気の向くまま日記 より転載)


『標準和名:シラウオ
分 類  サケ目シラウオ科シラウオ属
成魚の大きさ:全長10?程度
形 態 : 
体は細長く、背鰭の後方に脂びれ
がある。体は透明で、体側腹面に
黒点が2列に並ぶ。
生態:
 内湾や湖に生息し、降海型と陸封型がある。早春、砂の多い川の下流域に遡上し産卵。仔稚魚は汽水域や海に入って成長(浮遊性の小動物を摂食)。
寿命: 約1年
漁法:
産卵遡上群を対象として、河口域で灯火によって集魚し、刺網や曳網、四つ手網で漁獲する(早春)。
主な食べ方:
飴煮・佃煮、おどり食い、おろし和え、すまし汁、かき揚げ』(和歌山・湯浅町HP)


 


白魚の俳句:


・白魚のほね身を透かすかがりかな 暁台


・白魚の水より淡く掬はるゝ 田畑美穂女


・ふるひ寄せて白魚崩れんばかりなり 夏目漱石


・白魚の水に戻せば水の色 久木原 みよこ


・白魚汲みたくさんの目を汲みにけり 後藤比奈夫



初春の魚、白魚。
一番新鮮な食べ方は、お椀に入れた白魚を網ですくっていただく踊り食い。
 興趣のある食べ方には違いないが、余り好まない。


栄螺、伊勢エビの残酷焼きとか魚が口をパクパクしている姿盛りとかも好きではない。
 偽善者といわれても、嫌なものは嫌だ。
命をいただく以上感謝して食べることはしているが。