2010年02月03日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2010年02月
2010-02-03 (Wed)

2010/02/03 デジタルカメラの花ざかり

2010/02/03 デジタルカメラの花ざかり

デジカメの日本国内市場は飽和状態で、海外市場は活況にある。しかし、危機こそチャンスの言葉とおり、危機を打破すべくデジカメの新しい世界が今年広がりそうだ。買換したくなる新製品が次々に発表されている。NIKON COOLPIX S8000は動画 MPEG4機能がポイント。暗い時の撮影に強い裏面照射型CMOS採用の新製品は、FUJI FinePix HS10 広角24mmからの30倍ズームレンズがポイント。これだけの画角があれば望遠レンズは要らない。...

… 続きを読む


デジカメの日本国内市場は飽和状態で、海外市場は活況にある。
しかし、危機こそチャンスの言葉とおり、危機を打破すべくデジカメの新しい世界が今年広がりそうだ。


買換したくなる新製品が次々に発表されている。


NIKON COOLPIX S8000は動画 MPEG4機能がポイント。


暗い時の撮影に強い裏面照射型CMOS採用の新製品は、
FUJI FinePix HS10 広角24mmからの30倍ズームレンズがポイント。これだけの画角があれば望遠レンズは要らない。
リコーも裏面照射型CMOSセンサー搭載のCX3を発表。


 



(GRAND NEWS より転載)


油断のならないLUMIXはDMC-TZ10を発表。
TVが先行している超解像技術をデジカメに導入。
また、GPS機能も搭載した。
マニア好みの内容だ。


 



(ITmedia+DlifeStyle より転載)


 


今年はミラーレス機の世界が広がると予想されるが、新年早々OLYMPUS PEN Lite E-PL1が発表された。機能・スペックは変わりがないが軽量化され価格も下がった。


 



(ITmedia+DlifeStyle より転載)


ミラーレス機の噂は多い。
パナソニックLUMIXはG1後継機が2月の遅い時期に登場
春頃、ソニーからサムスンのNシステムに似た新しいミラーレスシステムが登場する噂。


FUJIのマイクロフォーサーズの噂も以前からあり、いずれベールがはがれるだろう。


マイクロフォーサーズの活況を見て、カメラ界の両雄NIKON,CANONもミラーレスを発表しそうだ。


NIKONの苅谷道郎社長のインタビュー。
「確かに、一眼カメラのシェアが上がり、一眼レフの老舗2社のシェアは落ちている。当社の一眼レフの売り上げを落とすことなく、その上のラインアップに加える形で、新しい『次世代カメラ』システムを投入したい。単に入力機器というのではなく、新しい楽しみ方を提案する予定で、タイミングよく進める。フィルムカメラからデジカメに切り替わったときのショックのようなインパクトのあることをやりたい」
以下参照
http://www.sankeibiz.jp/business/news/100121/bsc1001210508005-n1.htm


NIKONのミラーレス機は8月か9月に発表されるとの噂だ。


CANONも噂がある。
マイクロフォーサーズよりも小さなミラーレスシステムでAPS-Cベースのもの。
 マウントアダプターを使って、EFとEF-Sレンズが使用可能らしい。


先日も書いたが、ミラーレス機もPCの世界でIBM PCが果たした標準化を進めて欲しい。
 標準化のおかげでパーツを自由に組み合わせて欲しい機能のPCを作ることが出来た。


デジカメも機能をバラバラに分割して、レンズ、感光素子、電子回路、ボデー、インターフェースを標準化してパーツ化し,自由に組み立てられるのが良い。
 各社バラバラで井の中の蛙ではなく、話しあって世界標準を作り上げ、世界のデジカメの標準を日本の規格にして貰いたい。


NIKONとCANONが中心となり家電業界と手を組めば、日本のユーザも助かり,世界の市場も開けることになる。



 

2010-02-03 (Wed)

2010/02/03 日記 通化事件の日

2010/02/03 日記 通化事件の日

2010/2/3 (水) 旧暦: 12月20日  節分  日出: 6時39分  日没: 17時10分  月出: 22時01分  月没: 8時40分  月齢: 18.83  甲申 (こうしん,きのえさる)  六曜: 先勝  九星: 三碧木星  選日: 小犯土終、十方暮入今日の季語: 牡蠣(かき) (のとコム より転載)『カキ(牡蠣、英名:oyster)は、ウグイスガイ目イタボガキ科に属する二枚貝の総称、あるいはカキ目もしくはカキ上科に属する種の総称。...

… 続きを読む

2010/2/3 (水) 旧暦: 12月20日  節分  日出: 6時39分  日没: 17時10分  月出: 22時01分  月没: 8時40分  月齢: 18.83  甲申 (こうしん,きのえさる)  六曜: 先勝  九星: 三碧木星  選日: 小犯土終、十方暮入


今日の季語: 牡蠣(かき)


 



(のとコム より転載)


『カキ(牡蠣、英名:oyster)は、ウグイスガイ目イタボガキ科に属する二枚貝の総称、あるいはカキ目もしくはカキ上科に属する種の総称。海の岩から「かきおとす」ことから「カキ」と言う名がついたといわれる。古くから、世界各地の沿岸地域で食用、薬用として利用されてきた。


 特徴
 イワガキの殻の例食用にされるマガキやイワガキなどの大型種がよく知られるが、食用にされない中型から小型の種も多い。どの種類も岩や他の貝の殻など硬質の基盤に着生するのが普通である。基盤に従って成長するため殻の形が一定せず、波の当たり具合などの環境によっても形が変化するため、外見による分類が難しく、野外では属さえも判別できないこともある。このため、未だに分類が混乱しているものも少なからずあり、外見に惑わされない分子系統などを使った分類がなされつつある。


養殖する方法はカキの幼生が浮遊し始める夏の初めにホタテの貝殻を海中に吊るす。すると、幼生が貝殻に付着し、後は餌が豊富な場所に放っておくだけというものである。野生のものは餌が少ない磯などに付着するため、総じて、養殖物の方が身が大きくて味も良い。


一旦、岩などに付着すると一生ほとんど動かないため、筋肉が退化し内臓がほとんどを占めている。日本テレビの科学番組『所さんの目がテン!』ではハマグリの内臓を寄せ集めてカキフライもどきを作ったところ、20人中18人が騙されたという結果が出た[1]。


干潮時には水が無い場所に住む場合が多く、グリコーゲンを多く蓄えている。これにより、他の貝と違って水が無い所でも1週間は生きていられる。


英語の"oyster"は日本語のカキよりも広義に使われ、岩に着生する二枚貝のうち、形がやや不定形で表面が滑らかでないもの一般を指し、アコヤガイ類やウミギク科、あるいはかなり縁遠いキクザルガイ科などもoysterと呼ばれることがある。
...
食材
グリコーゲンのほか、必須アミノ酸をすべて含むタンパク質やカルシウム、亜鉛などのミネラル類をはじめ、さまざまな栄養素が多量に含まれるため、「海のミルク」とも呼ばれる[2]。カキフライのような揚げものや、鍋物の具にして食べるほか、新鮮なものは網焼きにしたり生食したりする。


食用の歴史が非常に長く、世界中で食され、最も人類が親しんできた貝の一つである。一般的に肉や魚介の生食を嫌う欧米食文化圏において、カキは例外的に生食文化が発達した食材であり、古代ローマ時代から珍重され、養殖も行われていた。生ガキはフランス料理における定番のオードブルとなっている。また、生ガキをメニューの中心に据える「オイスターバー」と呼ばれるレストランも存在する。ナポレオン、バルザック、ビスマルクなどがカキの愛好家であったことが知られている[2]。


日本では縄文時代ごろから食用されていたとされ、多くの貝塚から殻が発見されており、ハマグリに次いで多く食べられていたと考えられている[2]。室町時代ごろには養殖も行われるようになったという。大坂では牡蠣船というものが明治時代まで、晩秋になると広島より来て、商いを土佐堀、堂島、道頓堀などで船上で行った。広島や東北などの地方が産地で、消費地まで輸送するのに時間がかかったこともあり、日本ではカキの生食は産地以外では一般化せず、もっぱら酢締めや加熱調理で食された。日本人では武田信玄や頼山陽などがカキの愛好家であったことが知られている[2]。


日本人がカキを生で食べるようになったのは欧米の食文化が流入した明治時代以降であり、生食文化が欧米から輸入された珍しい食材でもある。』(Wikipedia)



牡蠣の俳句:


・蠣むきや我には見えぬ水かがみ 其角


・蠣とりや影さへ氷る岩の月 五明


・牡蠣むきの殻投げおとす音ばかり 中村汀女


・牡蠣鍋の宵よりさんさ時雨かな 佐久間木耳郎


・牡蠣鍋や今宵は雪とうらなひて 水原秋櫻子



通化事件とは何か殆どの日本人は知らない。
日本の歴史教育・報道は偏頗しているからだ。


通化事件は、1946年2月3日、日本人が満州国通化省通化市で中国共産党軍と朝鮮軍によって虐殺された事件である。
 南京事件もあるが通化事件もある、広島、長崎もある。
歴史を語るなら全てを語らなければ犠牲者は慰められない。


通化事件の詳細に付いては、以下Wikipedia参照。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E5%8C%96%E4%BA%8B%E4%BB%B6



 

全く日本人として腹立たしいですが * by アイン
マスコミも全く取り上げないなんて呆れますぬ。
通化被害者には涙が出ます、

・・・・しかし、
ミンススパイのブログを発見しました。
みていて卑しさどころか、アホらしさすら感じます!


http://x88.peps.jp/bhuabc123/blog/?cn=20" rel="nofollow" target=_blank>http://x88.peps.jp/bhuabc123/blog/?cn=20


↑通化事件は誇張された?
全く何をいってんだこの非国民極左ブログは!
ぜひ皆さまで糾弾してください!!



コメントありがとうございます。 * by 笑山
南京事件も通化事件も絵空事ではないはずですね。
一方のみ取り上げる態度は公平ではありません。
事実は事実として出来る限り冷静に受け止める必要がありますね。

ただ、過去に縛られては、関係は改善しませんから、歴史の呪縛から開放される為の努力が欠かせません。

この場合、言葉は無力でしょう。
態度と行動で信頼関係を創らなければならないと思います。

日本の国民は、今、大震災の真っ只中にあります。
しかし、すべてを失った被災者の整斉とした行動、原発の現場で自らを犠牲にして奮闘する隊員たちの姿には、世界から尊敬の眼差しが集まっています。

こうした日本国民の姿が、日本の主張に信頼感を与えてくれるものだと信じます。