FC2ブログ

  • 2010年02月 の記事一覧

2010年02月28日(日) 記事No.5710


雪景色の季節も終りなので、雛祭りに変更した。


 
雪原
から


 
ひな祭り
に変更。



しかし、古来桃の節句と言うように、雛祭りに相応しい桃の花はまだまだ先。


今日漸く庭の梅の花が咲き始めたばかりだ。


 

(1)始まり・菜花亭日乗 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年02月28日(日) 記事No.5711


1953年の今日2月28日、吉田茂首相が衆議院予算委員会で社会党の西村栄一との質疑の際、「バカヤロー」と発言し衆議院解散に至った事に由来する。


『「バカヤロー」と書くと大声を出したような印象を与えるが、映像資料で見れば分かるように、吉田は非常に小さな声で席に着きつつ「ばかやろう」とつぶやいたのみで、それを偶然マイクが拾った為に騒ぎが大きくなったというのが実態である。


 質疑応答
問題となった、吉田茂と西村栄一の質疑応答の内容。


西村「総理大臣が過日の施政演説で述べられました国際情勢は楽観すべきであるという根拠は一体どこにお求めになりましたか」
吉田「私は国際情勢は楽観すべしと述べたのではなくして、戦争の危険が遠ざかりつつあるということをイギリスの総理大臣、あるいはアイゼンハウアー大統領自身も言われたと思いますが、英米の首脳者が言われておるから、私もそう信じたのであります(中略)」
西村「私は日本国総理大臣に国際情勢の見通しを承っておる。イギリス総理大臣の翻訳を承っておるのではない。(中略)イギリスの総理大臣の楽観論あるいは外国の総理大臣の楽観論ではなしに、(中略)日本の総理大臣に日本国民は問わんとしておるのであります。(中略)やはり日本の総理大臣としての国際情勢の見通しとその対策をお述べになることが当然ではないか、こう思うのであります」
吉田「ただいまの私の答弁は、日本の総理大臣として御答弁いたしたのであります。私は確信するのであります」
西村「総理大臣は興奮しない方がよろしい。別に興奮する必要はないじゃないか」
吉田「無礼なことを言うな!」
西村「何が無礼だ!」
吉田「無礼じゃないか!」
西村「質問しているのに何が無礼だ。君の言うことが無礼だ。(中略)翻訳した言葉を述べずに、日本の総理大臣として答弁しなさいということが何が無礼だ! 答弁できないのか、君は……」
吉田「ばかやろう…[3]…」
西村「何がバカヤローだ!国民の代表に対してバカヤローとは何事だ!!(以下略)」』(Wikipedia)



バカヤローの日には、日頃、頭にきている事に対して「バカヤロー」と叫んで良いとされている。


ただ、みんなでやれば怖くないが、独りバカヤロー、バカヤロー...とやっていると、狂ったかと思われる可能性があるので注意しなければならない。


最近の首相はバカヤローと言う元気が無いから良くならない。



 

(16)時事・世相 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年02月28日(日) 記事No.5712

2010/2/28 (日) 旧暦: 1月15日    日出: 6時12分  日没: 17時34分  月出: 17時13分  月没: 5時29分  月齢: 14.01  己酉 (きゆう,つちのととり)  六曜: 先負  九星: 一白水星  選日:


今日の季語: 土佐水木(とさみずき)


 



(四季の草花写真集 より転載)


『土佐水木
 ・満作(まんさく)科。                             
・学名  Corylopsis spicata                         
          Corylopsis : トサミズキ属                
          spicata    : 穂状花序をもつ              
  Corylopsis(コリロプシス)は、ギリシャ語の       
  「corys(兜(かぶと))+ opsis(似ている)」が語源。
学名 C へ
 
 
・開花時期は、  3/10頃~  4/  5頃。         
・自生しているのは土佐(高知県)の蛇紋岩地帯のみだが
  全国で植栽されている。                           
 
・日向水木と比べて、一房の花の数が多くて花も大きい。
  おしべの部分は茶色。                             
    (開花直後はおしべは赤っぽい。                 
      花が開いてくると次第に茶色くなるようです)   
  土佐水木の仲間に支那水木があります。』(季節の花300 より転載)


 


土佐水木の俳句:


・巡礼に浅黄明りの土佐みづき 池田日野


・鐘一つ撞いて札所の土佐水木 宮川貴子


・野の川の向う明るき土佐水木 東條未英


・土佐水木良寛堂を燭しけり 松崎鉄之介


・土佐水木仰ぎて星の息と合ふ 古賀まり子



朝、起きたら打って変わって雨。
昨日は突然晴れたが、今日は突然雨。
雨では外に出掛けることは取りやめ。
すると、また、突然晴れた。
めまぐるしい。
晴れたが、少し疲労気味だし、今日はゆっくりすることとした。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年02月27日(土) 記事No.5713


晴れ上がった青空の下ドライブを兼ねて、年1回開催される丸加醸造のれん市にでかけた。


スーパーで売っている大手メーカーの醤油は味わいが無いので、醤油と刺身用のたまりは此処のものを使っている。
 醤油はまだ昨年のものが残っているが、刺身たまりが底を着いた。


愛知の味は濃い。刺身も醤油では物足りない。たまりでなくてはというのが愛知県周辺の人の感覚だ。


『たまり(溜)しょうゆ
国内生産量は全体の2%弱くらいです。食塩分はこいくちと同程度です。 こいくちやうすくちは大豆と小麦をほぼ等量ずつ用いるのに対し 、このしょうゆはほとんど大豆だけでつくられます。大豆を蒸してみそ玉を作り、これに麹菌を植えつけ、塩水に仕込んで1年間熟成させます。愛知県を中心に中部地方で愛用され、刺身のつけじ ょうゆはもちろんのこと、加熱すると美しい赤みを帯びるので、煎餅やあられなどのつけ焼きなどによく使われます。


たまりしょうゆの諸味(もろみ)はとても固く撹拌(かくはん)できないので、諸味の中に細長い竹篭を入れ、この篭にたまってくる液汁を汲んでは諸味の上にかけるという、古式ゆかしい製造方法がとられています。熟成したら、底のほうから液を抜き、そのまま製品にします。仕上げの火入れはしません。 こうしてつくられるたまりしょうゆは、大豆のタンパク質から得られるうま味成分が多いため、とろりと濃厚で、香りも重たい感 じがしますが、最近では香り立ちを重視すべく、小麦を1割程度加えた製法が主流になってきています。』(KIKKOMANしょうゆ博物館)


魚臭くて刺身が嫌いな人も、醤油ではなくてたまりを付ければ好きになるかもしれないな~。
 岐阜の山川醸造が出している卵かけご飯とかアイスクリーム用のたまりも好評だ。


 


建物入口では、味噌おでんが振舞われている。
 
熱いお茶はサーバーから自分で紙コップに入れ、味噌おでんを楽しむ。
 こんにゃくを串にさし、湯の中に入れ茹で上がったところに、赤味噌と砂糖を練ってから緩めた甘辛い味噌ダレをかけるのは愛知周辺でのおでんのスタイルだ。


こんにゃくの歯ごたえのあるプルプル感も良いが、矢張り赤味噌の五味を伴うコクのある味が味噌おでんの生命だ。
 この味噌ダレは当然丸加醸造製だ。おでん味噌として販売されている。


店の中に入ると、醤油・味噌の他にも様々なものが販売されている。


 
お菓子、漬物、佃煮、珍味(蜂の子など)



丸加醸造の製品も年1回ののれん市なので安く提供されている。
金印醤油(濃口醤油)1升 630円→420円
豆味噌1kg 315円→220円
赤だし味噌1kg 346円→250円
おでん味噌 370円→280円
刺身たまり1升瓶 980円→630円
...


 
店の中央には、販売されている商品の試食コーナーがある。


右の4つの右上: 小魚の佃煮 三河湾は佃煮の産地である。美味しい。
右の4つの左上: 公魚の佃煮 熟・濃い目の日本酒の肴に合う。


左の4つの右下: 畑の肉というもの。豆腐の板を干してから甘辛く煮てあるのだろうか、美味しい。


試食して気に入ったこの3つを購入。


 



下の右から3番目。
「生漬(きづけ)菊芋」 食べてみると食感がシャリシャリして快い。先日、千古乃岩酒造の蔵見学の時食べた自家製の菊芋の漬物に似ている。これは2袋購入。


のれん市は、蔵開放ではないので蔵見学は無い。商品の購入が済めば、もう用は無いので帰ることにする。
 味噌蔵の見学がしたい人は、岡崎に行けば、おみやげ付きの味噌蔵見学ができる。


今年ののれん市は今日(2/27)から3月1日まで3日間開催されている。
 開催時間9:00~17:00


関心のある方は、以下へ。


【データ】


?丸加醸造場
住所:愛知県豊田市越戸町上能田91
電話:0565-45-1001
URL: http://www.marukajozo.com/


 

(13)散歩・お出かけ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年02月27日(土) 記事No.5714


昼食を豊田で摂るときは、桜えびの蕎麦かルイジアナママのパスタ。今日はパスタにしようと出かけたが、車を走らせていると新しく寿司屋が出来ていた。


新規開店のオープンの幟が立てられ、広い駐車場には誘導員の姿もある。
 回転寿司で、一皿105円と書いてある。
探究心に駆られて、パスタから寿司に乗り換える。
回転寿司の「はま寿司」、見たことも聞いたことも無い。


名古屋周辺は、かっぱ、スシロー、くら寿司ばかりである。
食べて美味しくなければ、すぐまたパスタに戻れば良い。


 



 
メニューは全皿105円で判りやすい。


 
此処の注文システムは、独自だ。
注文システムは、かっぱは新幹線が別レーンで注文主の前まで運んでくる、他は客席番号とか客席の色とかをさらに表示して回転させる店が多い。
 注文の品と書かれた皿が回ってくるが注文者の番号も色の表示も無い。どうして区別するのかと思っていると、液晶画面の注文一覧に「お届け中」の表示が出た後、皿が客席に近づくとブザーが鳴り、液晶画面に到着表示がされる。
 見ると皿の裏にICチップが埋め込まれており、ICチップのデータと客席の液晶装置と同調させて管理している様だ。


場内のアナウンスで皿を間違えて取らないように放送しているのは、間違えて取る人がいるからだ。


 


かっぱ、スシロー、くら寿司は似た様なメニューが多くなってきている。
 はま寿司は独自のメニューもあるので、それを試みることにする。


 
生桜えび。
捕れたての新鮮さはないが、桜えびの味わいはある。


 
生しらす。
生しらすのサッパリ感がある。


 
蝦蛄。
中型の大きさで小さくはない。食べると蝦蛄の旨みの身汁を感じる。
 105円で2貫出すのは難しいと思うので、これはお薦め。


 
マグロの腹身。
サッパリとして歯ごたえのある触感、最後にマグロの旨みがある。


 
北京ダック。
回転寿司に北京ダック?
ここはニューヨーク、北京?
北京ダックを寿司ネタにする感覚は理解できないが、探究心から試みる。
 北京ダック自身は美味しい。特に肉のところは美味しい。
だが、寿司飯と一緒にするのはどうか? が正直なところ。


 
カルフォルニアロール。
此処はアメリカ。
カニ(風味?)アボガド、胡瓜、マヨネーズを海苔で裏巻きにしてトビッコがまぶしてある。
最後のトビッコの食感がよい。


 
トルティーヤロール。
鶏肉、胡瓜、トマト、玉ねぎを和えてタコスの皮のようなもので巻いてある。
不思議な寿司だが不味くはない。


他の回転寿司にもあるネタも食べてみた。


 
生帆立貝柱。
貝柱の甘味があり鮮度は良い。


 
左:トロびんちょう 右:活きしめハマチ
脂が乗っており美味しい。


 
赤貝。
赤貝も105円で2貫は難しいはずだ。


全体の印象として素材の味がするので、ネタの鮮度は良い印象がした。
 聞いたことの無い回転寿司だが、くらよりは良く、かっぱ、スシローに対抗できるレベルと感じた。


帰って調べてみたところ、はま寿司はZENSHOグループの回転寿司チェーン店だった。
 ZENSHOグループにはファーストフードで有名な「すき家」、「なか卯」が属している。


商圏は東北から静岡ぐらいが中心で、愛知県には高浜市に1店舗のみ。豊田が2店舗目のようだ。
 大阪以西では3店舗しか無い。知らないはずである。
ただ、今日の内容・水準が維持出来れば、中京地区にも受け入れられて、店舗が増えそうな気がする。



【データ】


店舗: はま寿司 豊田朝日店 
住所: 愛知県豊田市朝日町7-16-1


社名 株式会社はま寿司
Hamazushi Co.,Ltd.
住所 〒108-0075 東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル (8階総合受付)
TEL : 03-6833-8032 
http://www.hamazushi.com/hamazushi/index.html


 

(12)飲むこと・食べること |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年02月27日(土) 記事No.5715

2010/2/27 (土) 旧暦: 1月14日    日出: 6時14分  日没: 17時33分  月出: 15時58分  月没: 4時52分  月齢: 13.01  戊申 (ぼしん,つちのえさる)  六曜: 友引  九星: 九紫火星  選日: 天一天上終


今日の季語: 猫柳(ねこやなぎ)


 



(土屋薬局 中国漢方通信 より転載)


『ネコヤナギ(猫柳、学名:Salix gracilistyla)はヤナギ科ヤナギ属の落葉低木。山間部の渓流から町中の小川まで、広く川辺に自生する、ヤナギの一種である。


 解説
北海道?九州までの河川の水辺で見られ、早春に川辺で穂の出る姿は美しいものである。他のヤナギ類の開花よりも一足早く花を咲かせることから、春の訪れを告げる植物とみなされる。他のヤナギ類よりも水際に生育し、株元は水に浸かるところに育つ。根本からも枝を出し、水に浸ったところからは根を下ろして株が増える。葉は細い楕円形でつやがない。初夏には綿毛につつまれた種子を飛ばす。


花期は3?4月。雌雄異株で、雄株と雌株がそれぞれ雄花と雌花を咲かす。高さは3mほど。


銀白色の毛で目立つ花穂が特徴的であり、「ネコヤナギ」の和名はこれをネコの尾に見立てたことによる。花穂は生け花にもよく用いられる。


ネコヤナギの樹液もカブトムシやクワガタムシ、カナブン、スズメバチの好物である。』(Wikipedia)


 


猫柳の俳句:


・猫柳高嶺は雪をあらたにす 山口誓子


・万葉の古江の春や猫柳 水原秋桜子


・猫柳水の何処より明日といふ 鎌倉佐弓


・ねこやなぎ音楽の尾のきらめきて 正木ゆう子


・人類の弱り始めや猫柳 和田悟朗



朝、カーテンを開けると突然の青空だ。
夜もすがら強い雨脚が続いたのだったが、突然の晴れ。


お休みの日の晴れ、奥さんは洗濯に、行楽地は売上に嬉しい日になった。


晴れたので、豊田市越戸の丸加醸造場ののれん市に行く。
車で走っていると、道端の畑、民家の庭に菜の花、白梅、紅梅が咲いているのが目に入る。


 



実梅の白梅だろうが、盛り上がっていたので、車を止めて窓から写した。


暖かい日が続き、雨がふれば、花は一斉に咲きはじめる。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年02月26日(金) 記事No.5716

2010/2/26 (金) 旧暦: 1月13日    日出: 6時15分  日没: 17時32分  月出: 14時43分  月没: 4時11分  月齢: 12.01  丁未 (ていび,ひのとひつじ)  六曜: 先勝  九星: 八白土星  選日:


今日の季語: 残雪


 



(テントミータカ、山と猫の記憶 より転載)


冬の間に降り積もった雪が、春になっても融けずに残っている状態。
 雪は冬のものだが、残雪は春の季語。



残雪の俳句:


・家遠き大竹はらや残る雪 太祗


・雪国の雪もちよぼちよぼ残りけり  一茶


・鳥騒ぐ市中遠く残る雪  几董


・一枚の餅のごとくに雪残る  川端茅舎


・残雪やごうごうと吹く松の風 村上鬼城


・残雪に灰うち捨てし曇りかな  佐藤紅緑



昨日までの春の陽光の日が一転して雨、雨、雨。
終日降り続いている。
土曜・日曜は晴れて欲しいのだが、そうではないらしい。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年02月25日(木) 記事No.5717

2010/2/25 (木) 旧暦: 1月12日    日出: 6時16分  日没: 17時32分  月出: 13時29分  月没: 3時23分  月齢: 11.01  丙午 (へいご,ひのえうま)  六曜: 赤口  九星: 七赤金星  選日: 一粒万倍日


今日の季語: 公魚(わかさぎ)


 



(琵琶湖の公魚 近江八幡の料理人は より転載)


『ワカサギ(公魚、?、若鷺、学名 Hypomesus nipponensis)は、魚類キュウリウオ目キュウリウオ科の1種。日本の内湾や湖に生息する硬骨魚で、食用魚でもある。


 名称
別名 アマサギ(山陰地方)、オオワカ、コワカ、サイカチ、サギ、シラサギ、シロイオ、メソグリなど


漢字で「公魚」と書くのは、かつての常陸国麻生藩が徳川11代将軍徳川家斉に年貢としてワカサギを納め、公儀御用魚とされたことに由来する。


 分布
本来の分布域は、太平洋側は千葉県以北、日本海側では島根県以北の北日本で、日本以外ではカリフォルニア州にも分布する。ただし水温や塩分には広い適応力があり、食用魚としての需要も高いことから、日本各地の湖やダムなどでも放流された個体が定着している。いまや南西諸島と伊豆・小笠原諸島を除く日本各地に分布域を広げている。


 形態
成魚の全長は15cmほど。体は細長く、各ひれは小さい。背びれの後ろには小さなあぶらびれがある。また、背びれは腹びれより少しだけ後ろについていることで近縁種のチカと区別できる。


 生態
内湾、汽水域、湖などに生息する。食性は肉食性で、ケンミジンコやヨコエビ、魚卵や稚魚などの動物プランクトンを捕食する。一方、敵は人間以外にも肉食魚や鳥類など数多い。


地域にもよるが産卵期は冬から春にかけてで、この時期になると大群をなして河川を遡り、水草や枯れ木などに付着性の卵を産みつける。卵は1mmほどで、1匹の産卵数は1000-2万粒にも達する。寿命は1年で、産卵が終わった親魚は死んでしまうが、北海道、野尻湖、仁科三湖など寒冷な地域では2年魚、3年魚も見られる。


富栄養化などの水質汚濁に対する適応力が高く、そのような湖沼でふつうに見られる。水質良好であることを表現する意図で「ワカサギが住める○○湖(沼)」といった解説がなされることがあるが、むしろ「ワカサギしか住めない」とみる方が妥当な場合もある。


 漁・釣り
 ワカサギの穴釣りの光景冬期(10月から3月程度)が漁期で、釣りや刺し網、地引網などで多く漁獲される。


中でも寒冷地での釣りは、凍りついた湖面にアイスドリルという専用の道具、またはつるはし等で直径15-20cmほどの穴をあけ、その穴からワカサギを釣り上げるもので、「穴釣り」と呼ばれ日本の冬の風物詩のひとつともされる。長野県の野尻湖や諏訪湖、山梨県の山中湖、河口湖などでは、ストーブを備えた「ドーム船」とよばれる船に乗りこみ、船内から釣る漁も行われている。


 料理
成長した親魚では骨が太くて硬いが、小ぶりなものは骨も細くて柔らかく、丸ごと食べられる。鮮度が悪くなると腹が破れやすい。味が繊細なため味付けを薄めにする事がある。天ぷら、フライ、から揚げ、マリネ、南蛮漬けなど、いろいろな料理にされる。』(Wikipedia)


 


公魚の俳句:


・公魚のよるさゞなみか降る雪に 渡辺水巴


・公魚をこぼれんばかり掌に受けし 新井秋芳


・暗き湖より獲し公魚の夢無数 藤田湘子


・公魚をさみしき顔となりて喰ふ 草間時彦


・春風にのって公魚子を孕み 和田弥治郎



『厚労省、「全面禁煙」要請を通知 飲食店、ホテルなど公共の場
2010年2月25日(木)17:23


 厚生労働省は25日、飲食店やホテルなどの公共の場では、建物内を原則として全面禁煙とするよう求める通知を都道府県など自治体に出した。受動喫煙による健康被害の防止を目的とした措置で、自治体を通じて関係施設への周知を図る。速やかな対応を求めているが、健康増進法は罰則を設けていないため強制力はなく、施設側が新たに対応を取らなくても処分対象にはならない。』(KYODO NEWS)


罰則・処分はないが法律で規制すれば、効果はある。
美味しい料理を食べようとしたとき、日本酒を呑もうとしたとき、食事をし終わった人が隣でタバコを吸ったりするとガッカリする。と言うより、その無神経さに腹が立つ。
 たばこ嫌いにとって飲食の場でのタバコは大変な問題なのだ。


鼻をつまんでものを食べてみればわかるが、美味しくないし、ものによっては何を食べているかも判らなくなる。
 たばこの煙の中で美味しい飲食ができるわけがない。


飲食店は徹底して欲しいものだ。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年02月25日(木) 記事No.5718


EUが、大西洋・地中海産のクロマグロの国際取引禁止を来年実施する情勢にあり、このままではクロマグロが幻の魚になることは間違いないが、朗報がある。


近大の養殖マグロの成功は知られているが、いよいよ商業ベースの出荷が始まるそうだ。


問題は価格だが、幻の価格にならないようにして欲しいものだ。



 



(いけす内を泳ぐクロマグロ 近畿大学新聞WEB版)



『完全養殖マグロ 世界初の量産化 天草の会社、米へ本格出荷へ
2010年2月25日(木)10:30


 熊本県天草市の水産加工会社「ブリミー」(濱忠臣社長)が24日、近畿大学水産研究所(和歌山県)と提携し、人工ふ化の卵を親魚に育てた完全養殖のクロマグロの量産化に世界で初めてめどをつけ、近く米国への出荷を本格化させると発表した。クロマグロは欧州を中心に漁獲規制を求める声が強く、同社の取り組みは安定供給と資源保護の両面から期待される。


 同社によると、2007年12月、人工ふ化させた稚魚1500匹(体長約40センチ、重さ約1・2キロ)を近大から購入。八代海の大型いけすで約2年間かけて、親魚(体長約1・2メートル、重さ約40キロ)に育てることに成功した。稚魚は毎年購入し、現在1万匹を保有。2年後には年間約7千-1万匹出荷できる運びで、約10億円の売り上げを見込む。


 回遊魚のクロマグロは動きが激しく、いけすでの養殖は困難とされる。しかし、同社はブリの養殖技術を生かし、大型いけす5基(40メートル四方、深さ約20メートル)を設置。網を汚すことで魚に障害物があると勘違いさせて衝突事故を減らし、約50%とされる生存率を80%近くまで高めた。八代海の水温の高さや水質のよさも有利に働いたという。


 クロマグロの養殖は天然幼魚の「ヨコワ」を捕獲して育てるのが一般的だが、ヨコワの減少も懸念されており、同社の濱隆博取締役は「技術がある程度確立できた。養殖マグロの人気が高い米国出荷に力を入れ、将来は国内出荷も検討したい」と述べた。


■完全養殖


 人工ふ化させたクロマグロを親魚に育て、産卵させるサイクルを人の手で行う技術。クロマグロはふ化から親魚になって産卵するまで約3年が必要とされる。近畿大水産研究所は2002年、世界で初めて完全養殖に成功した。近大は国内7社に稚魚を販売しているが、本格出荷に乗り出すのはブリミーが初めて。』(2010/02/25付 西日本新聞朝刊)



 

(19)科学・新技術・新製品 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年02月24日(水) 記事No.5719

2010/2/24 (水) 旧暦: 1月11日    日出: 6時17分  日没: 17時31分  月出: 12時19分  月没: 2時29分  月齢: 10.01  乙巳 (いつし,きのとみ)  六曜: 大安  九星: 六白金星  選日: 不成就日


今日の季語: 梅、白梅、紅梅


 



(花好きオジさん山日記 より転載)


『梅
・薔薇(ばら)科。                           
・学名  Prunus mume(梅)                    
        Prunus mume var. bungo(豊後梅)     
          Prunus : サクラ属                  
          mume   : ウメ                      
                (江戸時代の梅の呼び名=ムメ)
          bungo  : ブンゴウメ(日本名)      
  Prunus(プラナス)は、                     
  ラテン古名の「plum(すもも)」が語源。     
学名 P へ
 
 
・開花時期は、  1/25頃~  4/  5頃。   
  1月下旬から咲き出すもの、3月中旬から     
  咲き出すものなど、さまざまあり、また、     
  桜とちがって、咲き方も散り方もゆっくり。   
・木の花がほとんど咲いていない冬に、         
  「ついに梅が咲き出したか♪」という、       
  うれしさのインパクトは大きい。             
・漢名でもある「梅」の字音「め」が変化して   
  「うめ」になった。                         
 
 
・いろいろな園芸種がある。                   
・とてもよい香りの5弁花。                   
  「馥郁(ふくいく)たる梅の香り」の"馥郁" 
  とは、「とてもよい香り」の意味。           
  (そういえばこの言葉って、梅の香りにしか   
    使われないような気がする・・・)         
 
 
・中国原産。奈良時代の遣隋使(けんずいし)か 
  遣唐使(けんとうし)が中国から             
  持ち帰ったらしい。                         
  「万葉集」の頃は白梅が、平安時代になると   
  紅梅がもてはやされた。                     
  万葉集では梅について百首以上が詠まれており、
  植物の中では萩に次いで多い。               
 
 
・幹がゴツゴツしているのが梅の特徴。         
  花を見ただけでは桜などと区別がつきにくい。 
・実が梅干しとなる(白梅の場合)。           
  梅雨の頃に収穫する(梅干し、おいしいです)。
  江戸時代には、各藩が非常食として梅干を作る 
  ことを奨励したため、梅林が全国で見られるよう
  になった。                                 
  ちなみに「梅雨(つゆ)」の名の由来は、     
  梅の実がなる頃に雨が多いかららしい。       
・梅の字は「母」の字を含むが、中国ではつわりの
  ときに梅の実を食べる習慣があるとのこと。   
 
 
★「鶯宿梅(おうしゅくばい)」の故事         
  ある時、宮殿の前の梅が枯れてしまった。     
  そのときの天皇、村上天皇はこれを残念に思い、
  かわりの木を探させていたが、               
  ある屋敷で良い梅の木を見つけて             
  それを勅命で宮殿に献上させた。             
  そしてその木を植えてみたところ、           
  屋敷の女主人の書いた歌が紙で結びつけてあり、
  「勅なれば  いともかしこし  鶯(うぐいす)の
    宿はと問(と)はば  いかがこたえむ」     
  とあった。                                 
  歌の心を知る天皇は、                       
  すぐにこの梅の木を元の屋敷に返したという。 
                  (ほのぼのとしたお話です) 
 
 
・「松 竹 梅(しょうちくばい)」             
・中国で呼ばれる「四君子(竹、梅、菊、蘭)」 
  の一つ。水墨画の画材にもよく使われる。     
・「梅に鶯(うぐいす)」                     
    梅に鶯を配した豪華な図柄                 
     → とりあわせの良いもののたとえ         
        他に「獅子に牡丹」「紅葉に鹿」
 
   ・「桃 栗 3年、柿8年、梅は酸い酸い13年、    
     柚子は大馬鹿18年、林檎ニコニコ25年」。
    実を結ぶ時期のこと。                         
    何事も、時期が来なくてはできないというたとえ。
 
・別名  「好文木」(こうぶんぼく)、         
        「木の花」(このはな)、             
        「春告草」(はるつげぐさ)、         
        「風待草」(かぜまちぐさ)。』(季節の花300)



紅梅の俳句:


・紅梅は紅梅として灯るころ 阿部みどり女


・紅梅の紅の通へる幹ならん 高浜虚子


・厄介や紅梅の咲き満ちたるは 永田耕衣


・紅梅の空は蘇芳や実朝忌 久米三汀


・紅梅のあと白梅の散る軽さ 原裕



昨日今日と春の陽気。
気温20度、4月中旬の気候だそうだ。
暖かい陽は本当に気持ちが良い。



 

(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |