2009年10月08日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2009年10月
2009-10-08 (Thu)

2009/10/08 日記 台風18号去る

2009/10/08 日記 台風18号去る

2009/10/8(木) 旧暦:8月20日寒露 日出:5時41分 日没:17時15分 月出:19時34分 月没:9時42分 月齢:19.34丙戌(へいじゅつ,ひのえいぬ) 六曜:先負 九星:八白土星 選日:今日の季語: 苔桃、苔桃の実 (北海道花情報 より転載)『コケモモ(苔桃)はツツジ科スノキ属の常緑低木。果実を食用とするが、栽培されることは稀で、野生のものを採取するのが一般的である。コケモモ(Vaccinium vitis-idaea L.)は以下の...

… 続きを読む

2009/10/8(木) 旧暦:8月20日寒露 日出:5時41分 日没:17時15分 月出:19時34分 月没:9時42分 月齢:19.34丙戌(へいじゅつ,ひのえいぬ) 六曜:先負 九星:八白土星 選日:


今日の季語: 苔桃、苔桃の実


 
(北海道花情報 より転載)


『コケモモ(苔桃)はツツジ科スノキ属の常緑低木。果実を食用とするが、栽培されることは稀で、野生のものを採取するのが一般的である。


コケモモ(Vaccinium vitis-idaea L.)は以下の2亜種が知られている。


Vaccinium vitis-idaea var. vitis-idaea L. :英名はCowberry。ユーラシアに生育。葉の長さは10-25mm。
Vaccinium vitis-idaea var. minus Lodd. :英名はLingonberry。北アメリカに生育。葉の長さは7-20mm。
自然での生育地はユーラシアの北部や北アメリカの周北林(北半球の寒帯の森林)で、温帯から北極圏に近い地域まで分布する。 樹高は10-40cm程度で、直立した幹はぎっしりと密集している。森林に生息するため、日陰で湿度が高く、また土壌が酸性の場所を好む。多くのツツジ科の植物と同様、栄養分の少ない土地でも耐えられるが、アルカリ性の土壌では生育できない。耐寒性にすぐれ、-40℃以下でも耐えることができる一方、夏が暑い場所では生育しにくい。


コケモモはこうした寒冷地に生育する広葉樹には珍しいことに、冬でも葉を落とさない。地中の根茎を伸ばすことで株が拡大する。初夏に釣鐘型の白い花をつけ、果実は秋に赤く熟す。


コケモモとクランベリー(ツルコケモモ)はよく混同されるが、花が白く、花冠が部分的におしべと柱頭を囲っている点で異なる(クランベリーの花はピンク色で、花冠が後ろに反り返っている)。また、果実も球状で、クランベリーほど洋ナシ型にはならない。コケモモと同じように果樹として利用されるスノキ属の植物としては、ブルーベリー、ビルベリー、ハックルベリーなどがある。


 料理法
野生のコケモモは北欧で一般的に見られ、とくにスカンディナヴィア諸国では公有地から収穫することが許可されている。果実は非常に酸味が強いため、通常は砂糖などで甘みを加えて調理し、ジャムやコンポート(砂糖煮)、ジュース、シロップなどとして食用にする。コケモモのコンポートは肉料理の添え物とすることがある。


コケモモは有機酸、ビタミンC、βカロテン、ビタミンB類の他、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リンを含む。』(Wikipedia)



苔桃の実の俳句:


 ・苔桃のひとつぶにすぐ隣あり 福永耕二


 ・こけももの実と栗鼠の眼とまだねむし 中戸川朝人


 ・馬柵の下凍る苔桃真紅なり 堀口星眠


 


伊勢湾台風に似たコースを辿っているとの報道で、昨晩は久しぶりに台風対策を取った。
 電灯の取り出しと、電池のセット、点灯の確認。
 携帯ラジオ。卵形で手回しのレバーを120回回転すると60分ラジオが聴ける。LED電球の電灯としても使え、携帯の充電も出来る優れもの。今回初めて使ってみたが、数年経っているが問題なく使えた。電池が要らないので便利だ。
 蝋燭・マッチ、水、食料の非常食の確認。


準備した後、すべてのシャッターを降ろして就寝。
夜間風の音を聞いたが、目覚めた時には18号は東海地方を通過していた。
被害に遭われた人もいるが、伊勢湾台風に比べれば損害は軽微で不幸中の幸いだった。
 通勤の混乱は全国で300万人に影響したとのこと。自分だけではないのでやむを得ないことだ。