2009年10月02日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2009年10月
2009-10-02 (Fri)

2009/10/02 人類の祖先 ラミダス猿人

2009/10/02 人類の祖先 ラミダス猿人

人類の祖先と考えられる猿人の全身骨格が発見された。生命を遡っていけば、いつかは海の中の単細胞生物のような物に行き着くのだろうが、それではあまり親近感が湧かない。猿人ぐらいなら親戚と言われても肯ける気になる。『人類最古の全身骨格 440万年前、ラミダス猿人2009年10月2日(金)08:05 440万年前に生息したラミダス猿人(学名=アルディピテクス・ラミダス)のほぼ全身にわたる化石がアフリカ・エチオピアで発掘...

… 続きを読む


人類の祖先と考えられる猿人の全身骨格が発見された。
生命を遡っていけば、いつかは海の中の単細胞生物のような物に行き着くのだろうが、それではあまり親近感が湧かない。
猿人ぐらいなら親戚と言われても肯ける気になる。


『人類最古の全身骨格 440万年前、ラミダス猿人
2009年10月2日(金)08:05
 440万年前に生息したラミダス猿人(学名=アルディピテクス・ラミダス)のほぼ全身にわたる化石がアフリカ・エチオピアで発掘され、米国、日本、エチオピアなどの国際研究チームによる分析結果が2日付の米科学誌「サイエンス」に掲載された。全身骨格がわかる人類の化石としては最古で、ラミダス猿人は二足歩行ができる樹上生活者だったとみられる。


 研究チームの一員で、ラミダス猿人の化石を最初に発見した東京大学総合研究博物館の諏訪元(げん)教授は、「化石や復元した全身骨格を詳細に分析し、類人猿の共通祖先から独自の進化を始めた初期の人類像に迫った。人類進化の理解を大きく前進させる成果だ」と話している。


 1992年、エチオピアで調査団に加わっていた諏訪さんは、ラミダス猿人の上顎(あご)の第3大臼歯の化石を発見した。それから3年間に100点以上の化石が見つかり、研究チームは頭蓋(ずがい)骨や手足、骨盤などがそろったメス(女性)の全身骨格を復元した。320万年前のアファール猿人(学名=アウストラロピテクス・アファレンシス)を120万年さかのぼる人類最古の全身骨格で、研究チームは、この女性に「アルディ」と愛称を付けた。


 ラミダス猿人の骨格は、類人猿とヒトを寄せ集めたようなモザイク性が特徴。例えば、足の指はチンパンジーほど器用ではないが物をつかめる構造で、ヒトの足のようなアーチ構造はない。大きく発達した骨盤の上部は二足歩行型、骨盤の下部は類人猿型の特徴をとどめている。脳の大きさはチンパンジーと同程度だが、小さな犬歯はヒト型の特徴を示している。


 これらの特徴から、主に果実や木の実を食べる雑食性で、樹上生活をしていたと考えられる。直立歩行はできたが、草原に進出したアファール猿人ほどには二足歩行に適応していなかった。


 諏訪さんは「チャドで頭蓋骨が見つかった600万~700万年前のトゥーマイ猿人など、ラミダス猿人より古い人類の化石も見つかっているが、断片的で全体像はわからなかった。ラミダス猿人を通して、類人猿の共通祖先にも迫ることができる」と話している。』(産経新聞)



 

2009-10-02 (Fri)

2009/10/02日記 秋の長雨

2009/10/02日記 秋の長雨

2009/10/2(金) 旧暦:8月14日 日出:5時36分 日没:17時24分 月出:16時07分 月没:3時22分 月齢:13.34庚辰(こうしん,かのえたつ) 六曜:先負 九星:五黄土星 選日:今日の季語: 栗 (濱松屋HP より転載)『クリ(栗)は、ブナ科クリ属の木の総称。落葉樹。種子を食用にする。北半球の温暖で湿潤な地域に広く分布している。 概要ほとんどの種は樹高20 - 40mにもなるが、 チンカピン類は小型で灌木状になる。...

… 続きを読む

2009/10/2(金) 旧暦:8月14日 日出:5時36分 日没:17時24分 月出:16時07分 月没:3時22分 月齢:13.34庚辰(こうしん,かのえたつ) 六曜:先負 九星:五黄土星 選日:


今日の季語: 栗


 



(濱松屋HP より転載)


『クリ(栗)は、ブナ科クリ属の木の総称。落葉樹。種子を食用にする。北半球の温暖で湿潤な地域に広く分布している。


 概要
ほとんどの種は樹高20 - 40mにもなるが、 チンカピン類は小型で灌木状になる。葉は単葉で卵型または倒卵形、葉の長さは10 - 30cm、幅は4 - 10cm。葉の縁には間隔の広い、鋭く尖った鋸歯があり、鋸歯と鋸歯の間は浅く凹んでいる。花は白っぽい尾状花序を成し、男性の精液の臭いとも評される重たく不快な臭いがある。果実は直径5 - 11cmでいがに覆われ、1個から7個の種子が入っている。花崗岩質や結晶片岩質の酸性土壌を好み、石灰岩質などのアルカリ性土壌には生えない。


クリの実のことを「マロン」と呼ぶ場合があるが、本来はトチノキ科のマロニエの実のことである。かつてマロニエの実を使ってマロングラッセを作っていたが、後にクリの実で代用するようになった結果、マロンにクリの意が生じたといわれる。


蜜源植物でもあり、独特の味があり好みが分かれるがミネラル分の多い蜂蜜が採れる。
...
 調理、栗を使った料理]
 夜店における甘栗の調理風景。高温の小石により蒸し焼きにして調理する。調理器具内には攪拌するための回転羽があり、栗の実に満遍なく火が通るようになっている。茹でたり焼いたりするのが一般的な食べ方。南ヨーロッパの森林地帯では、栗の実を乾燥して粉にしたものを小麦粉の代用品にしていた。


日本では栗を干した後に搗(つ)いて殻と渋皮を除去したカチグリ(搗栗)が利用されていた。カチグリは名前が「勝ち」につながるため武家の縁起物とされた。日本在来種の栗は渋皮が取れにくくカチグリにするための手間がかかるため、近年では渋皮の取れやすい海外産の栗が安価なカチグリの原料とされている。


焼き栗 - 日本では天津甘栗が有名。またフランスやイギリスでは日本の焼き芋の様に屋台で売られる冬の風物詩である。
栗きんとん
栗御飯
栗饅頭
栗羊羹
マロングラッセ
モンブラン
栗のポレンタ』(Wikipedia)



栗の俳句:


 ・土器(かはらけ)のほどこし栗や草の露 小林一茶


 ・栗一粒秋三界を蔵しけり 寺田寅彦


 ・栗飯を子が食ひ散らす散らさせよ 石川桂郎


 ・栗飯に黄金の栗を掘り当てる 福島勲


 ・栗飯のまつたき栗にめぐりあふ 日野草城



秋の長雨の始まりだろうか。
今日は、朝から終日降り続いている。