2007年10月15日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2007年10月
2007-10-15 (Mon)

2007/10/15 日記 西行の出家

2007/10/15 日記 西行の出家

10月15日(月) 壬午(じんご、みずのえうま) 旧九月五日 先勝 三隣亡, 一粒万倍日, 小犯土『10月15日生の性格:欲がないというか、熱烈な要求がなく淡々と毎日を過ごしています。 若いうちから老成した感じですが、本人は趣味にうちこみ現状に満足しているはず。 』『10月15日の誕生花「バジル」「メボウキ(目箒)」花言葉は「好意」 シソ科。一年草。原産地はインド・マレーシアです。草丈は30センチから...

… 続きを読む


10月15日(月) 壬午(じんご、みずのえうま) 旧九月五日 先勝 三隣亡, 一粒万倍日, 小犯土




『10月15日生の性格:
欲がないというか、熱烈な要求がなく淡々と毎日を過ごしています。
 若いうちから老成した感じですが、本人は趣味にうちこみ現状に満足しているはず。 』




『10月15日の誕生花「バジル」「メボウキ(目箒)」
花言葉は「好意」


 




シソ科。一年草。
原産地はインド・マレーシアです。
草丈は30センチから80センチほど。
「バジリコ」はイタリア名。



バジルを使った料理・・・いろいろありますねぇ。
スパテッティやピザはもちろん、
生バジルは熱で変色するので、仕上げに加えるのがポイントです。』
(366日・誕生花の辞典
http://www.366flower.net
 より転載)


 


1140年(保延6年)のこの日、後鳥羽院の北面の武士佐藤 義清(さとう のりきよ)、出家して円位(後、西行)となる。当年23歳。
 妻子を捨てて家を出る人は、現在でも多くいる。
JRの多くの駅には家を捨てた人が腰掛けている。
 西行は何故歌人となることが出来たのだろう。


 


 

2007-10-15 (Mon)

2007/10/15 「小泉改革」

2007/10/15 「小泉改革」

「小泉改革」という言葉が、いつの間にか使われるようになった。この言葉の意味はなんだろう?ニュアンスは①改革は小泉のやったこと、それは過去のこと。②改革で格差が開いた。地方が疲弊した。生活が苦しくなった。③改革は懲り懲りだ。野党が「小泉改革」という言葉を使うのは、戦略上理解できなくもないが、自民党まで使い始めている。のど元過ぎれば熱さを忘れる。小泉が予想に反して首相になったとき日本経済はどうだったのか...

… 続きを読む



「小泉改革」という言葉が、いつの間にか使われるようになった。
この言葉の意味はなんだろう?



ニュアンスは
①改革は小泉のやったこと、それは過去のこと。
②改革で格差が開いた。地方が疲弊した。生活が苦しくなった。
③改革は懲り懲りだ。



野党が「小泉改革」という言葉を使うのは、戦略上理解できなくもないが、自民党まで使い始めている。
のど元過ぎれば熱さを忘れる。小泉が予想に反して首相になったとき日本経済はどうだったのか? 改革の結果、今はどうなのか? 自明のことである。



民主党の櫻井委員が予算委で郵政民営化により国民に何が良かったのかと質問している。
 民営化したのは10月1日である。10月1日にダイエットを開始して、どれだけ体重が減ったのか?と質問するようなものだろう。
 減量を開始して、やる気を持続して、ある時間が経過して減量が目に見えるものであって、昨日初めて今日体重が減るような事はないのである。



改革の方向は、「小さな政府」であって「大きな政府」ではない。「大きな政府」とは、政府に依存する人が多い社会構造だ。言い換えれば、税金を食い物にする人達の群れだ。
 政官癒着、官民癒着、利益誘導、天下り、談合、公団渡り、社保庁体質、族議員、社会保障の不正請求、みんな税金を猫ババする輩である。
猫ババされない政府・社会構造にすること、それが改革である。



小泉首相は改革の口火を切った人である。改革はまだ始まったばかりである。税金の猫ババを許さない社会構造に進むことが改革の道筋である。
 よく言われることだが、40年間年金保険料を払い続けた人の年金額が、支払わずに無年金になり生活保護を受ける人の年収より少ないなど猫ババ奨励社会構造を許してはならない。
 消費税とか地方分権とかは、改革の先の話である。



自民党も民主党も「大きな政府」に後戻りするならば、国民は「猫ババ許さん党」を結成して改革を進めなければならない。