2007年10月08日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2007年10月
2007-10-08 (Mon)

2007/10/08 日記 雨の秋祭り

2007/10/08 日記 雨の秋祭り

10月8日(月)乙亥 旧八月廿八日 大安 体育の日, 大犯土『10月8日生の性格: 高望みすることのない、平凡でおだやかな暮らしを好む人。 保守的な傾向があり、自分の暮らしに波風をたてる相手に対しては強い敵意を持ちます。 』『10月8日の誕生花は「ノボタン」「野牡丹」花言葉は「自然」 ノボタン科。常緑低木。ピンクや紫の美しい花を咲かせます。小笠原諸島、奄美~沖縄、台湾、インドシナ半島~フィリピンに分布...

… 続きを読む


10月8日(月)乙亥 旧八月廿八日 大安 体育の日, 大犯土



『10月8日生の性格:
 高望みすることのない、平凡でおだやかな暮らしを好む人。
 保守的な傾向があり、自分の暮らしに波風をたてる相手に対しては強い敵意を持ちます。 』





『10月8日の誕生花は「ノボタン」「野牡丹」
花言葉は「自然」


 




ノボタン科。常緑低木。
ピンクや紫の美しい花を咲かせます。
小笠原諸島、奄美~沖縄、台湾、インドシナ半島~フィリピンに分布します。



高さは、1~2メートルほど。
花期は、7~8月。
直径5~7センチくらいの5弁花を咲かせます。
1日で散ってしまいますが、一度にたくさんの蕾が出てくるので、次々に咲いてくれます。
花色は、ほんのり紫がかったピンク色。



小笠原諸島には、
父島に「ムニンノボタン」
母島に「ハハジマノボタン」
という、固有種がそれぞれ自生していますが、それぞれ、
「絶滅危惧IA類」 
  近い将来、絶滅する危険性が極めて高い種・・・
「絶滅危惧II類」
   絶滅の危険が増大している種・・・
に指定されています。』
(366日・誕生花の辞典
http://www.366flower.net
 より転載)




連休の最終日、朝からかなりの雨音がしている。
各地で秋祭りが行われているが、今日企画した場所には気の毒な天候になった。イベントはお天気次第である。準備して屋台を出しても強い雨が降り続く日になれば、人は来てくれず、天を見上げて長嘆息することになる。秋祭りの日には雨は降らさないで欲しいものである。



今日は天気も悪いので朝から、書きかけで止まっていたブログの記事を完成させることにした。
 午前中、9月30日の「板さんの料理教室」を完成。料理の細かい手順・写真を纏めるのに時間がかかった。
 夜は、10月6日の松尾大社参拝、これは昨年の報告があるので、簡単に済ませることにした。



 

2007-10-08 (Mon)

2007/10/08 グルメ番組「PS」のかき揚げ丼とある時のかき揚げ丼

2007/10/08 グルメ番組「PS」のかき揚げ丼とある時のかき揚げ丼

丼からはみ出したような豪快な天丼が好きである。鈴鹿市の穴子専門店「魚長」の穴子の天丼は確かに豪快であった。(清水醸造の藏見学報告 http://www.sakenagoya.com/taiken/2007/20070323/tai20070323.htm)昨晩、中京TV グルメ番組「PS」の天ぷら特集で丼より二周り大きいかき揚げののった天丼が放送された。http://www.ctv.co.jp/ps/2007/1007/04.html加藤晴彦がそれを見て驚いて言う。“かき揚げとご飯の間が開いている。...

… 続きを読む


丼からはみ出したような豪快な天丼が好きである。
鈴鹿市の穴子専門店「魚長」の穴子の天丼は確かに豪快であった。
(清水醸造の藏見学報告 http://www.sakenagoya.com/taiken/2007/20070323/tai20070323.htm



昨晩、中京TV グルメ番組「PS」の天ぷら特集で丼より二周り大きいかき揚げののった天丼が放送された。
http://www.ctv.co.jp/ps/2007/1007/04.html



加藤晴彦がそれを見て驚いて言う。
“かき揚げとご飯の間が開いている。”
かき揚げが丼の周囲より大きいので、ご飯の上に乗らないのである。スタジオに来ていた天一さんが答える。
“タレを掛ければ下がります...”



これを見てはそのままには捨て置けない。
そこで、今日、遙々行ってみた。


 


番組放送の翌日でもあり、夜の開店時間5:00前から行列している。



流石に、かき揚げ丼を注文する人が多い
メニューを見て、当然、お目当てのかき揚げ丼を確認して注文した。
 




暫く、待つと、待望のかき揚げ丼が運ばれてきた。
 





注文したのを間違えたかと思った。
確かに普通のかき揚げより面積は大きいが、TVで晴彦が驚いたかき揚げは丼より面積が大きかった、メニューに載っている写真はTVより小さいが目の前の物より一周りは大きい。
 目の前のものは普通のかき揚げ丼である豪快とは言えない。天一はかき揚げの大きさにはあまり拘りのないおおらかな店らしい。


 


揚がり: かき揚げの内部に火が通っていない部分がある。
素材 : 海老は大きめの物が使われているが、海老の味は
     あまりしない。むき身の冷凍だろうか。
味  : 放送でも言っていたが、軽い。油もタレも薄い味であ
     る。
ご飯: 柔らかめのご飯で、薄タレにベトベトした食感になる。
    丼のご飯は硬めが鉄則の筈だが。



サービスの品質について、よく言われる客の反応である。
期待していた水準を遙かに超えたサービス→驚き・賞賛
期待していた通りの水準        →平静
期待していた以下の水準        →失望


 


天一は普通の天ぷら屋さんであった。驚くかき揚げ丼ではなかった。
噂・宣伝と実態との間には不一致があることは世の常であるが、そんな話しに終わってしまったのは残念である。




天一:


 




住所:岩倉市 川井町村西3
TEL:0587-37-6080
営業時間:11:15am~1:45pm / 5:00pm~9:30pm / 日・祝 11:15am~1:45pm / 5:00pm~9:00pm
定休日:月曜(月曜祝日の場合営業、翌日火曜休み)