2007年10月 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2007年10月
2007-10-16 (Tue)

2007/10/16 日記 「不屈の精神」

2007/10/16 日記 「不屈の精神」

10月16日(火) 癸未(きび、みずのとひつじ) 旧九月六日 友引 小犯土『10月16日生の性格: 悩んだり思いつめたり、シリアスな事が苦手。 明るく愉快に過ごしたい人です。 そのため、いつでも必要以上にふざけたりしてしまいます。 』『10月16日の誕生花は「サルトリイバラ」「猿捕茨」花言葉は「不屈の精神」   ユリ科。つる性落葉低木。日本全国はじめ、朝鮮半島・中国・インドシナ半島などに分...

… 続きを読む


10月16日(火) 癸未(きび、みずのとひつじ) 旧九月六日 友引 小犯土




『10月16日生の性格:
 悩んだり思いつめたり、シリアスな事が苦手。
 明るく愉快に過ごしたい人です。
 そのため、いつでも必要以上にふざけたりしてしまいます。 』




『10月16日の誕生花は「サルトリイバラ」「猿捕茨」
花言葉は「不屈の精神」



 




 


 



ユリ科。つる性落葉低木。
日本全国はじめ、朝鮮半島・中国・インドシナ半島などに分布します。
高さは、50センチ~2メートルほど。
大きなトゲのあるツルを他の植物にからませ、よじ登るように大きくなっていきます。



花期は、4~5月。
淡い黄緑色の小さい6弁花を咲かせます。
その後、10~11月に、雌株に(雌雄異株のため)赤い実が実り、つるの造形の巧みさと実の美しさから、華道の秋の花材として重宝されます。』
(366日・誕生花の辞典
http://www.366flower.net
 より転載)




サルトリイバラの花言葉が不屈の精神の理由はわからないが、いい花言葉を貰っている。
 「不屈の精神」! いい言葉だ。



仕事して、真っ直ぐ帰る普通の日。
川柳にも俳句にもならない。



 

2007-10-16 (Tue)

2007/10/16 アメリカ買いの銭失い <その2>

2007/10/16 アメリカ買いの銭失い <その2>

2007/09/28に日立のHDD事業売却について、書いたが、今度は野村HDだ。 日本企業のアメリカ買いの銭失いが続いている。欲呆けして損する懲りない阿保と同じ構図ではないだろうか。 うまい儲け話があるのなら、アメリカの企業がやっている。うまい話に騙されて、スッテンテンになる姿は、欲呆けした爺ちゃん・婆ちゃんと変わらない。むしろ、自分がいっぱしの投資能力を持っていると錯覚しているからなお始末が悪い。 「これ...

… 続きを読む


2007/09/28に日立のHDD事業売却について、書いたが、今度は野村HDだ。
 日本企業のアメリカ買いの銭失いが続いている。欲呆けして損する懲りない阿保と同じ構図ではないだろうか。
 うまい儲け話があるのなら、アメリカの企業がやっている。うまい話に騙されて、スッテンテンになる姿は、欲呆けした爺ちゃん・婆ちゃんと変わらない。むしろ、自分がいっぱしの投資能力を持っていると錯覚しているからなお始末が悪い。
 「これは野村に聞いてみよう」などとCMを流しているが、このような体たらくで、よくこのような文句が使用できるものである。



投資は成功してこそ、結果がすべてである。1450億円の損失は、素人以下と言われても弁解できないだろう。
 経営者が責任を取らない会社に明日はない。




一方、日立は容量を5倍にする技術を開発したとの報道がある。
事実ならば、HDD事業を売却する必要もない様に思うがどうなのだろう。売却を有利に運ぶ、咬ませなのだろうか。
事実であって欲しい話だ。


 



『野村、1450億円損失 1~9月期 米国事業縮小へ
2007年10月15日21時33分



 野村ホールディングスは15日、米国の低所得者向け(サブプライム)を含む住宅ローンの証券化事業の損失が07年7~9月期で約730億円になるとの見通しを発表した。同1~6月期に726億円の損失を計上しており、サブプライム関連損失は累計約1450億円に膨らむ。損失拡大を受け、米国事業全体で、人員を約1300人(3月末)から、年度内におよそ3割に当たる約400人削減するなど、規模の縮小を進める。



 野村はサブプライム関連損失や米国事業の業務縮小にかかる費用などで、7~9月期の連結決算(米国会計基準)の税引き前損益が400億~600億円の赤字に転落する見通し。四半期決算が赤字になるのは株式相場が低迷していた03年1~3月期以来。



 野村はサブプライムも含めた住宅ローン債権を金融機関から購入。証券化商品をつくり機関投資家に販売してきた。しかし、サブプライムローンの焦げ付きなどの影響でローン債権も証券化商品も価格が大きく下落し、多額の含み損を抱えた。今回の証券化商品の販売対象には個人投資家は含まれていないという。



 野村は1~6月に726億円の損失を処理し、米国の住宅ローン証券化事業の縮小を進めてきた。6月末に2660億円だった関連資産を約140億円まで圧縮し、うちサブプライム関連は約1億円まで縮小。同事業から事実上、撤退した。



 今後、米国事業は機関投資家向けにサービスを提供する電子証券取引や投資信託などの資産運用部門などに絞り込む。』(Asahi.com)


 



『HDDの記憶容量を5倍にする技術を開発 日立
2007年10月15日(月)18:27
 

 日立製作所は15日、ハードディスク駆動装置(HDD)の記録容量を現在の同社製品の5倍に増やすことができる磁気ヘッドを開発したと発表した。磁気ヘッドはデータを円盤状のディスクに読み書きする基幹部品。磁気の向きによって電流の流れが異なる材料を採用し、微細な領域に書き込まれたデータを読み取れるようにした。日立のHDD事業は08年3月期に330億円の営業赤字を見込むなど不振続きだが、他社に先駆けて大容量化を進め、採算を好転させたい考え。』(Asahi.com)



 

2007-10-15 (Mon)

2007/10/15 日記 西行の出家

2007/10/15 日記 西行の出家

10月15日(月) 壬午(じんご、みずのえうま) 旧九月五日 先勝 三隣亡, 一粒万倍日, 小犯土『10月15日生の性格:欲がないというか、熱烈な要求がなく淡々と毎日を過ごしています。 若いうちから老成した感じですが、本人は趣味にうちこみ現状に満足しているはず。 』『10月15日の誕生花「バジル」「メボウキ(目箒)」花言葉は「好意」 シソ科。一年草。原産地はインド・マレーシアです。草丈は30センチから...

… 続きを読む


10月15日(月) 壬午(じんご、みずのえうま) 旧九月五日 先勝 三隣亡, 一粒万倍日, 小犯土




『10月15日生の性格:
欲がないというか、熱烈な要求がなく淡々と毎日を過ごしています。
 若いうちから老成した感じですが、本人は趣味にうちこみ現状に満足しているはず。 』




『10月15日の誕生花「バジル」「メボウキ(目箒)」
花言葉は「好意」


 




シソ科。一年草。
原産地はインド・マレーシアです。
草丈は30センチから80センチほど。
「バジリコ」はイタリア名。



バジルを使った料理・・・いろいろありますねぇ。
スパテッティやピザはもちろん、
生バジルは熱で変色するので、仕上げに加えるのがポイントです。』
(366日・誕生花の辞典
http://www.366flower.net
 より転載)


 


1140年(保延6年)のこの日、後鳥羽院の北面の武士佐藤 義清(さとう のりきよ)、出家して円位(後、西行)となる。当年23歳。
 妻子を捨てて家を出る人は、現在でも多くいる。
JRの多くの駅には家を捨てた人が腰掛けている。
 西行は何故歌人となることが出来たのだろう。


 


 

2007-10-15 (Mon)

2007/10/15 「小泉改革」

2007/10/15 「小泉改革」

「小泉改革」という言葉が、いつの間にか使われるようになった。この言葉の意味はなんだろう?ニュアンスは①改革は小泉のやったこと、それは過去のこと。②改革で格差が開いた。地方が疲弊した。生活が苦しくなった。③改革は懲り懲りだ。野党が「小泉改革」という言葉を使うのは、戦略上理解できなくもないが、自民党まで使い始めている。のど元過ぎれば熱さを忘れる。小泉が予想に反して首相になったとき日本経済はどうだったのか...

… 続きを読む



「小泉改革」という言葉が、いつの間にか使われるようになった。
この言葉の意味はなんだろう?



ニュアンスは
①改革は小泉のやったこと、それは過去のこと。
②改革で格差が開いた。地方が疲弊した。生活が苦しくなった。
③改革は懲り懲りだ。



野党が「小泉改革」という言葉を使うのは、戦略上理解できなくもないが、自民党まで使い始めている。
のど元過ぎれば熱さを忘れる。小泉が予想に反して首相になったとき日本経済はどうだったのか? 改革の結果、今はどうなのか? 自明のことである。



民主党の櫻井委員が予算委で郵政民営化により国民に何が良かったのかと質問している。
 民営化したのは10月1日である。10月1日にダイエットを開始して、どれだけ体重が減ったのか?と質問するようなものだろう。
 減量を開始して、やる気を持続して、ある時間が経過して減量が目に見えるものであって、昨日初めて今日体重が減るような事はないのである。



改革の方向は、「小さな政府」であって「大きな政府」ではない。「大きな政府」とは、政府に依存する人が多い社会構造だ。言い換えれば、税金を食い物にする人達の群れだ。
 政官癒着、官民癒着、利益誘導、天下り、談合、公団渡り、社保庁体質、族議員、社会保障の不正請求、みんな税金を猫ババする輩である。
猫ババされない政府・社会構造にすること、それが改革である。



小泉首相は改革の口火を切った人である。改革はまだ始まったばかりである。税金の猫ババを許さない社会構造に進むことが改革の道筋である。
 よく言われることだが、40年間年金保険料を払い続けた人の年金額が、支払わずに無年金になり生活保護を受ける人の年収より少ないなど猫ババ奨励社会構造を許してはならない。
 消費税とか地方分権とかは、改革の先の話である。



自民党も民主党も「大きな政府」に後戻りするならば、国民は「猫ババ許さん党」を結成して改革を進めなければならない。



 

2007-10-14 (Sun)

2007/10/14 日記 菊の季節

2007/10/14 日記 菊の季節

10月14日(日) 辛巳(しんし、かのとみ) 旧九月四日 赤口 小犯土『10月14日生の性格: 押し出しがよく、かなり自信家の人です。 プライドも高く交際する相手をうるさく選ぶ傾向があります。 1度挫折すると、極度に落ちこむもろい面も。 』『10月14日の誕生花は「キク」花言葉は「高貴」 キク科。多年草。現在生産されている種の原産地は、中国がメイン。さて、今回は・・・「菊花展」についてのあれやこれや...

… 続きを読む


10月14日(日) 辛巳(しんし、かのとみ) 旧九月四日 赤口 小犯土



『10月14日生の性格:
 押し出しがよく、かなり自信家の人です。
 プライドも高く交際する相手をうるさく選ぶ傾向があります。
 1度挫折すると、極度に落ちこむもろい面も。 』




『10月14日の誕生花は「キク」
花言葉は「高貴」


 




キク科。多年草。
現在生産されている種の原産地は、中国がメイン。



さて、今回は・・・「菊花展」についてのあれやこれやをお送りしましょうか。
10月中~下旬から11月上旬にかけて、各地で開催される菊花展。



その1 「エントリージャンル」



厚物・・・厚みのある花びらが、こんもりと盛り上がった、
     「お饅頭っぽい」花を咲かせるタイプ。
     スタンダードな大ギクのお花。



管物・・・花びらが細い糸状になるもの。
     ストロー状に、中が空洞になっています。
     「線香花火っぽい」花を咲かせるタイプ。



十文字・・・一重咲き。大きな花びらを、平面状に開きます。
        いわば「菊の御紋」のタイプ。




その2 「仕立て方」


 


3本仕立て・・・一番スタンダードな仕立て方。
         1本の苗から3本の芽を伸ばして、先端に花を咲かせます。
         1鉢に3輪の花をバランスよく開花させるのがポイント。
         高さは、1,5メートル前後が中心。


だるま作り・・・3本仕立てのミニサイズ。
         小さな鉢に仕立てます。横広がりで、どっしりとした存在感となります。
         地面から花の付け根までが、60センチ以下が基準サイズ。


福助作り・・・・1本仕立てのミニミニサイズ! 
        鉢底(地面)から花の付け根までが40センチ以下が基準。 
        花の直径が、鉢の直径よりも大きくなることも!
         狭いスペースでも栽培できます。団地サイズ!?


千輪仕立て・・・1本の茎から100個以上の花を咲かせるように育て、
          円形の枠をつけて、半円のドーム状に仕上げたもの。 
         一本の菊でつくられる、オドロキの仕立てです。


盆栽仕立て・・・小菊を、盆栽のように仕立てたもの。
          古木に小菊をからませます。




その3 「審査のポイント」



花の美しさだけでなく、鉢や幹葉など、全体の姿かたちやバランスも含まれます。』
(366日・誕生花の辞典
http://www.366flower.net
 より転載)




変わりのない普通の日。
旅行のブログ記事に時間を費やした。


 

2007-10-14 (Sun)

2007/10/14 内藤VS亀田戦 その後

2007/10/14 内藤VS亀田戦 その後

世の中の動きは急である。もてはやされた亀田一家も今や批判の渦の中である。それだけではない。WBCのルール違反を承知で親族がセコンドに付くことを認めたJBCも批判され、商業主義を批判されたTBSも蜥蜴の尻尾切りよろしく、亀田から離れようとしている。問題は、すでに反則に対する処分問題に移っている。JBCは相撲協会のようである。手の平を返したようにジム・亀田一家に責任を押っつけようとしている。部屋・ジム...

… 続きを読む


世の中の動きは急である。

もてはやされた亀田一家も今や批判の渦の中である。
それだけではない。WBCのルール違反を承知で親族がセコンドに付くことを認めたJBCも批判され、商業主義を批判されたTBSも蜥蜴の尻尾切りよろしく、亀田から離れようとしている。
問題は、すでに反則に対する処分問題に移っている。



JBCは相撲協会のようである。手の平を返したようにジム・亀田一家に責任を押っつけようとしている。部屋・ジムの管理者としての責任を放棄している保身的態度であり、見苦しいものだ。



TBSはもっと悪いのだろうが、実情が良く解らない。



大物司会者Mは、どんな顔で亀田を語るのだろう。
金のグローブを亀田にプレゼントしたり、金の好きな男だ。
正義漢のような発言をするが、必要もなく多くの番組に登場して、訳知り顔に話しているがうさんくさい人間である。
こんなに番組を独占するにはそれなりの訳があるだろうが、金の流れ、人脈、癒着を誰かインサイドレポートをして貰いたいものである。



ショーとして割り切れるプロレスに品格は要らないが、ショーではなく本当に闘うボクシングには品格が必要だ。喧嘩ではないのだ。リングの上で喧嘩まがいは許されることではない。



 

2007-10-13 (Sat)

2007/10/12~10/13 乗鞍高原に錦秋の秋を見る <その1>

2007/10/12~10/13 乗鞍高原に錦秋の秋を見る <その1>

週末の天気が良いらしいので、乗鞍高原の錦秋の景観を見に行くこととした。 乗鞍高原は過去二回行っている。1回目は紅葉の時期、2回目は雪見酒の時期。1回目の時は、マイカー規制のためバスで畳平に行き、帰りもバスで下った。錦秋の景観と紅葉は美しかったが、バスの中から見るだけであった。その時、道路を歩きながら写真を撮ったり、紅葉を見たりしながら畳平から下っている人達を見かけた。 確かにこの錦秋の景観を、バス...

… 続きを読む


週末の天気が良いらしいので、乗鞍高原の錦秋の景観を見に行くこととした。
 乗鞍高原は過去二回行っている。1回目は紅葉の時期、2回目は雪見酒の時期。1回目の時は、マイカー規制のためバスで畳平に行き、帰りもバスで下った。錦秋の景観と紅葉は美しかったが、バスの中から見るだけであった。その時、道路を歩きながら写真を撮ったり、紅葉を見たりしながら畳平から下っている人達を見かけた。
 確かにこの錦秋の景観を、バスの中から見るだけでは惜しい、いつか同じ事をやってみたいと思った事だった。



休みと天候に恵まれなければ、錦秋は見る事は出来ない。今回はその条件に恵まれ、それを楽しむことが出来そうであった。



松本ICを出て158号線を上高地の方面へ向かい、暫く走ると波田町がある。以前から気になっていた道路沿いの何か気になっていた酒店に今回は寄ってみた。深澤酒店である。
 入り口に立つと、ガラス戸が閉まっており中は見えないが、張り紙に取扱銘柄が書いてある。 獺祭、夜明け前、真澄、八海山の銘柄が目に入る。

店内にはいると、左、右にかなり大きな冷蔵庫が設置されている。
 長野の酒も真澄、翠露、帰山その他良い銘柄が置いてある。趣味の良い店で、冷蔵庫を見ているだけで楽しくなる。
 結局、今夜用に獺祭の3割9分の大吟醸と王禄の無濾過生純米を買った。残念ながら、インターネット販売はしていないとのことであった。



いくつもトンネルを通り抜けると乗鞍高原に到着する。高原はかなり雲がかかっており、中将の天気が心配な状況である。
観光センターの大駐車場に車を止め、畳平行きのバスに乗る。バスは1時間に1本しか出ないが、丁度11時の便に乗ることが出来た。
車窓の紅葉を見ながら50分バスに揺られると畳平に着く。



畳平で買い物、食事をしていよいよ山を下ることにする。少し歩くと急に身体を動かしたためか、少し息苦しいような気がする。標高2700mの高地である空気が薄いのだろう。



畳平から観光バスセンターまでに9カ所のバス停がある。
畳平-肩の小屋口-宝徳霊神-位ヶ原山荘前-冷泉小屋前-摩利支天-東大ヒュッテ口-休暇村-スキー場前-鈴蘭-観光センター前。すべてを歩くのは困難なので、風景の良いところだけ見て、途中からバスに乗って下りることにする。


 




肩の小屋口辺りまで来ると、眼下に錦秋の景観が開き、その下に雲が流れている。流石に高原である。


 


 



 



 



頂上に近い畳平より下った辺りは、ハイマツとナナカマドの風景である。



 




ナナカマドの葉は、緑、黄緑、薄赤、赤、濃赤とグラデーションに富んでいる。


 



 ハイマツとナナカマドのグラデーション、錦秋である。


 



 ナナカマドは赤い実を付けている。


 



 



 




 緑、黄緑、赤の帯模様が美しい。


 



 雲はかかっているが青空も錦秋も目の前にある。



 


 



 



 



 ナナカマドは1本の木の中に色彩の変化があり美しい。



 




 位ヶ原近づくに連れ色彩に、黄色が混じるようになる。
 白樺、その他の背の高い木が目立ち始める。



 



 緑と赤に黄色が混じり合うようになる。


 


 


 



 




  冷泉小屋辺りからの景観に見とれる。



 




  ナナカマド


 



 冷泉の瀧、硫黄の匂いが立ちこめている。身体にかけると良いと言われている。手を触れてみると、清水のように冷たい冷泉であった、しかし硫黄の匂いのする清水である。


 




 冷泉小屋前から位ヶ原を見る。




畳平から2時間歩いた。下り坂を歩いてきたので、足の裏が痛くなった。
 バス停には、先着の人達が5名バスを待っていた。それぞれ三脚、デジタル一眼レフを持ち、山歩き用の服装に身を固めた人達である。このような準備をして写真を撮るのが本当で、当方のようにコンパクトデジカメでは、本当の風景写真は取れない。



 いつか三脚と一眼レフを持って来よう。また来る口実が出来てしまった。



 バス停の時刻表をみると、下りのバスが間もなく来そうである。
ここからは、バスで下ることにする。
 観光センターで満員の場合は乗れないこともあると聞かされた。乗れなければ、次は1時間後である。
 幸いに、補助椅子であったが乗ることが出来た。



中年の賑やかなおばちゃんの“マァー、綺麗”という言葉の連発を聞きながら、バスはヘヤピンカーブのつづら折りの山道を下りていった。
 ナナカマドの紅葉が光に透けて美しい。


 

2007-10-13 (Sat)

2007/10/12~10/13 乗鞍高原に錦秋の秋を見る <その2>

2007/10/12~10/13 乗鞍高原に錦秋の秋を見る <その2>

観光センター前の土産物店で買い物をして、今日宿泊するペンション、「PAL」に向かう。過去2回は、民宿に泊まった。どちらも露天風呂が良さそうだった。最初の民宿の露天風呂は渓流沿いにあり、リスも出るところ。2回目の民宿は、母屋より長靴で雪をかき分け山にはいるところ。どちらも野趣に富んだ野天風呂であった。今回の「PAL」はペンションであるが、風呂が4つあり、貸し切り露天風呂が2つもあるらしい。 HPの写...

… 続きを読む


観光センター前の土産物店で買い物をして、今日宿泊するペンション、「PAL」に向かう。



過去2回は、民宿に泊まった。どちらも露天風呂が良さそうだった。最初の民宿の露天風呂は渓流沿いにあり、リスも出るところ。2回目の民宿は、母屋より長靴で雪をかき分け山にはいるところ。どちらも野趣に富んだ野天風呂であった。



今回の「PAL」はペンションであるが、風呂が4つあり、貸し切り露天風呂が2つもあるらしい。
 HPの写真がなかなか素敵な温泉である。前2回もそうであるが写真は上手く撮られているので、実物は80%位のことが多い。
 あまりの期待は禁物である。



高原の中央通りを少し下り、No.8の案内板を左に入り、林の中の細い道を辿ると、P.パルの案内板が目に入った。


 



外観は白いペンションらしい建物である。前が駐車場になっている。左は白樺林、右の農地の先には白い学校のような宿泊施設が見える。
 





中に入り声を掛けると、ペンションの奥さんがいらっしゃいませと登場する。
 背の高いすらりとした奥さんである。民宿の奥さんとペンションの奥さんとは違うようである。
 宿帳を記載しながら種々説明をして頂く、お話好きな奥さんである。サービス業はお話が大きな意味を持っている。


 


チェックインの手続きを済ませ、階段を上がった正面が部屋である。
 部屋にはベッドとガラスの小さいテーブルがあるのみのシンプルな部屋である。テレビを置かないのは方針らしい。テレビがなければ時間の流れが変わる、その場所の時間が流れるのは確かだ。静かである。


 


今日の宿泊は3組のみなので、内湯に露天風呂の付いた男湯・女湯も貸し切りでよいとのことであった。早速、検分に出かける。
 階段を下り、中間の踊り場を向こうに上がると風呂棟に行くことが出来る。


 


風呂棟は別棟になっているが、風よけ雪よけの透明なプラスチックに囲われた温室のような廊下を渡るので快適である。
 入り口のガラスを横に開くと、ホールのような部屋があり、テレビの横には版画が並んでいる。日帰り入浴の空間なのであろうか。


 


温泉は4つある。
男湯・女湯・雪見の湯・木立の湯の4つである。
男湯・女湯は内湯であるが、洗い場と付属の露天風呂を持っている。
雪見の湯・木立の湯は、洗い場の無い露天風呂である。
内湯と露天風呂には大きな違いがある。温泉が違うのである。
内湯は無色透明なナトリウム単純泉、露天風呂の方は白骨温泉のような乳白色の単純硫化水素温泉である。


 


ホールの左側手前に男湯、奥に女湯がある。客が多いときは男女別であるが今日は貸し切り使用が可能である。


 


男湯-内風呂に露天風呂が付いている。
露天風呂は低いところにあるので、ゴム草履で踏み石の階段を下りることになっている。




 


 


女湯は露天風呂がガラス戸の直ぐ横にあるので、男湯のように下に下りる必要がないので他人の目を気にしなくても良い安心感がある。
 それでも、露天風呂に入れば、目の前は白樺林が広がり、林の中に身を置いて温泉に入る野趣はある。
 



 


 


 露天風呂に行くには、ゴム草履を履き、ガラス戸を押してホールを出る必要がある。しかし、ガラス戸の外には木の廊下があり、草履を履かなくても露天風呂に行くことは出来る。
 





雪見の湯は一番奥にあり、視角が90度あり、開放感がある。
風呂に入るには、湯冷め防止のために浮かべてあるマット取りはいる。乳白色の温泉は硫黄の臭いの強い、正に温泉である。
 



 


木立の湯は正面だけ視角である。矢張り硫黄の臭いの強い乳白色の温泉である。
 



 


空いていた洗い場付の男湯にゆっくり入り、山下り2時間で痛くなった左足を休める。
 付属の露天風呂へはゴム草履を履いて下りるが、雪のシーズンには、角度があり注意しなければならない。
 外に張り出した、露天風呂からの白樺林は気持ちがよい。


 


風呂から上がると、夕食の6時半にはまだ1時間強ある。
部屋に戻り、テレビのないゆったりした時間にボンヤリと身体を休めることにする。温泉の所為か身体がポカポカと温かいのを感じる。


 


食事は、1階玄関を入った直ぐ左の部屋でいただく、ミニコースである。
 



 


飲み物は、ビール、冷酒、焼酎何でもあるが、PALが力を入れているのはワインである。ワインと言っても気取ったものではなく、手頃な値段のものである。
 日本酒党の笑山には、冷酒しかないのが残念だが、今宵はワインにすることにする。グラス・ハーフ・フルボトルいずれも可能であるが、当然フルボトルをお願いする。



ドイツのオッペンハイマー2005は、フルーティで甘い。後半に果実の酸味を感じる口当たりの良いワインである。
 



前菜は半熟ゆで卵に和風出汁の煮こごりと山菜(ワラビ、筍)の漬け物、長いもの乱切りが添えられている。
 これをスプーンでかき混ぜていただくと説明を受ける。見た目の洋風と味の和風がコラボレートする珍しい前菜だ。
 



にんじん・グリーンピース・豆のトマトスープ。
 



きのこのサラダ


 



 ムール貝の焼き物。貝が生臭くもなく、焦げても無く、丁度良い焼き加減で、美味しい。
 



 ポークとクリーム煮のカツレツ。上に掛けられているデミグラソースがスパイシーな香りを立てている。
 



デザートはコーヒー、紅茶その他から選択できるので、レモンティーをいただく。
 ケーキは日の丸のように白地に赤のポイントが鮮やか。乗っているスグリのジャムの甘さとクリームチーズの濃厚な味がマッチした、見た目可愛いが、中身の濃いパンチのあるケーキである。
 


 


食事の時間、メロウなジャズが流れていた。
食事の空間の隣にラウンジがあり、片隅のペチカの反対側に大きなフロア型スピーカーがデンと座っている。
 アルテック製のMantaray、30年まえのものだそうである。
アルテックというとホーン型のA7とか映画館のスピーカーで有名だが、これはコアキシャルであるが真ん中はホーンであるユニークな構成。
 巨大なモニターに比べれば小さく見えるが、側の石油ファンヒーターに比べればサイズの解る大型フロアスピーカーの低音の豊かさは昨今のミニサイズのスピーカーでは表現できない音。
 家からCDを持ってきて聞きたいものである。
 







夜が明けて、待ちかねたように朝風呂に行く。
今回は貸し切りの女風呂である。洗面をし、外の露天風呂から朝の空気の白樺林を眺めていると、時間が流れているような、止まっているような不思議な感覚になる。
 林間の露天温泉、雪見酒もいいだろう。


 


朝食も夕食と同じ場所でいただく。前日に予約すれば和食も可能であるが、洋食をいただく。


 


林檎とブドウのジャム。
 





飲み物は、コーヒー、紅茶、ジュース、ミルクから選択できる。
普段はコーヒーは頂かないが、あまり良い香りが流れているので、コーヒーをいただいた。
 口に含むと滑らかな刺激を全く感じないまろやかな酸味を感じる。コーヒー通の義兄の家でいただいた拘りのサイホンコーヒーに近い世界である。コーヒー音痴にでも、これは美味しい事は解る。コーヒーはお代わりできる。
 お聞きすると、何でもこの地の水は硬水とかでコーヒーが美味しく入れられるとのことであった。
 



 


肉とジャガイモのクリーム和えとレタスのサラダ
 





 スクランブルエッグとベーコン。昨夜のムール貝もそうだったが、焼きが適切に加減されていることを感じさせる。玉子の生汁がしたから出てくるスクランブルエッグは食べられない人もこれは大丈夫、美味しく頂ける。ベーコンも焦げ臭くないし、カリカリでもないし丁度良い焼き加減。
 トーストは厚めだが、お代わりも可能である。
 






デザートはフルーツカクテルにヨーグルト、ジャムのかかったもの。
 



 


他の2組は早々に出立する。我が輩も出発することにしよう。


 


チェックアウトの際、奥さんにお話をお聞きする。
20有年前に開店当時は、入り口のある棟だけであったが、お客さんに支えられ、奥の棟を増設し、また温泉棟を増設して来ている。
 乳白色の露天風呂が最も新しく、当初は乳白色の温泉の権利は新参者には手に入れられないものであったが、その後の環境変化により漸く手に入れることが出来たとのこと。
 白樺林には猿が出没する話しなどつきることがない。


 


ペンションPALは、リピーターに支えられて拡張してきたという話が納得できる、お薦めの宿である。


 


風呂は4つあり、内湯は会社の寮の風呂より広く立派なものが2つある。他のお客は、高級旅館の風呂より立派と話していたそうである。
トイレは清潔である。便座ペーパーも常備されている。
食事は既述の通りで心のこもった美味しいものが、一点一点出来立てが運ばれる。



これで宿泊料金は、8400円+入湯税150円である。
何かの間違いでは無いかと思う位である。
コースを出すペンションは値段が高くサービスが悪いというのが経験則だったが、PALはこの経験則を塗り替えてくれた。
 リピーターが多いことは当然の事である。
混雑する時期を避けてリピーターになる覚悟でPALを後にすることにした。


 


【ペンション PAL】


 〒390-1506 長野県松本市安曇4005-5
  PHONE:   0263-93-2664
  E-mail:   papa@p-pal.jp


  URL:  http://www.p-pal.jp/


 




また、トンネルをいくつも抜けて、安曇野に向かう。
安曇野は、何度も行っているので簡単に済ませて、松本にて昼ご飯を食べる。ネットで見たカレーのバイキング1050円大好評という「メーヤウ」に行ってみた。


 



 



 


 


カレーバイキングはご飯、カレーである。サラダはない。
カレーは、
 ・タイ風ドライカリー
 ・ミャンマーカリー
 ・タイ風グリーンカリー
 ・タイ風レッドカリー
 ・スリランカ風ビーフカリー
 ・マイルド? チキン
 ・タイ風パイナップルカリー
 ・ハシュドビーフ
 


タイ風トムヤムクンスープは別料金210円である。


 



葵の印籠の紋に似せて盛るので『黄門盛り』というそうだが、ご飯で3つ矢印を作り、3種類のカレーを同時に盛ってみた。


 


カレーはスープカレー風にさらさらとしているが、かなり辛い。
マイルド?チキンは特に辛い。
辛いのが苦手な方は、ドライカレー、パイナップルカレー、ビーフカレー、ハッシュドビーフがお薦め。



 


花の時期の松本城は別として、いつも通過するだけで町を見たこは無かった。
 江戸の町並みがあるという中町通りを、昨日の山下りの後遺症である足の痛みを道連れに歩いてみた。


 





 和菓子屋さん。復元された綺麗な建物である。店の前には懐かしい手押しポンプの汲み上げ井戸がある。現在も綺麗な水を出してくれる現役である。


 



 この漆器のお店は古い建物である。ところどころ古い建物がある。


 


 松本駅に近く便利なので、もう少し町並みが長く、店舗が多ければ、観光客も多くなるだろう。


 


後は、買い物を済ませればもう帰りの時間である。


 


今回の旅行は、乗鞍の錦秋の景観を見る目的は達成されたし、宿のPALは期待水準以上のサービスで賞賛・拍手レベルの内容であったし、満足の出来る2日間であった。


 


 

2007-10-13 (Sat)

2007/10/13 日記 秋の安曇野・松本

2007/10/13 日記 秋の安曇野・松本

10月13日(土) 庚辰(こうしん、かのえたつ) 旧九月三日 大安 小犯土『10月13日生の性格: ぱっと目立つ容姿なので、派手な性格だと思われがちですが、本とはいたってまじめ。 きちんとした家で育った人が多く誠実な暮らしを好みます。 』『10月13日は「サツマイモの日」!花言葉は「乙女の純情」 ヒルガオ科。多年草(イモで越年)。原産地は、メキシコ周辺などの熱帯アメリカ。日本への渡来は、1698年に沖...

… 続きを読む


10月13日(土) 庚辰(こうしん、かのえたつ) 旧九月三日 大安 小犯土




『10月13日生の性格:
 ぱっと目立つ容姿なので、派手な性格だと思われがちですが、本とはいたってまじめ。
 きちんとした家で育った人が多く誠実な暮らしを好みます。 』




『10月13日は「サツマイモの日」!
花言葉は「乙女の純情」


 




ヒルガオ科。多年草(イモで越年)。
原産地は、メキシコ周辺などの熱帯アメリカ。



日本への渡来は、
1698年に沖縄へ、1735年に九州南部へ。



つるの長さは、7~8メートルにもなります。
花期は、6~7月ごろ。
ヒルガオにそっくりな、淡いピンクの花。
・・・とは言え、作物としてのサツマイモに花が咲くことは、めったにありません。
食用にされる「イモ」は、根が太ったもの。


 


健康成分としては、食物繊維・各種ビタミンなどなど。
紫色の「紫いも(紅いも)」には、目によいとされるアントシアニンも含有。』
(366日・誕生花の辞典
http://www.366flower.net
 より転載)


 


紅葉見物2日目。
安曇野、松本に行き帰宅。


 

2007-10-12 (Fri)

2007/10/12 日記 乗鞍へ

2007/10/12 日記 乗鞍へ

10月12日(金) 己卯(きぼう、つちのとう) 旧九月二日 佛滅 小犯土『10月12日生の性格: 才気ばしった言動で、いつも周囲から注目されています。 と言っても、けして嫌みなところがなく、偉ぶらない気持ちのいい人。 』『10月12日の誕生花は「テッポウユリ」「鉄砲百合」花言葉は「純潔」 ユリ科。球根植物。原産地は、沖縄・奄美などの南西諸島、九州南部。「南のユリ」、ゆえに「琉球のユリ」なのですな。...

… 続きを読む


10月12日(金) 己卯(きぼう、つちのとう) 旧九月二日 佛滅 小犯土



『10月12日生の性格:
 才気ばしった言動で、いつも周囲から注目されています。
 と言っても、けして嫌みなところがなく、偉ぶらない気持ちのいい人。 』




『10月12日の誕生花は「テッポウユリ」「鉄砲百合」
花言葉は「純潔」


 




ユリ科。球根植物。
原産地は、沖縄・奄美などの南西諸島、九州南部。
「南のユリ」、ゆえに「琉球のユリ」なのですな。



高さは、50センチ~1メートルほど。
本来の花期は、4~7月。



ヨーロッパにテッポウユリが紹介されると、その美しさが、あっという間に人々の心をわしづかみ!
現在でも、イースターに欠かせない花として、日本からたくさんの球根が輸出されています。
日本産のテッポウユリが、誇らしげに店頭を飾っていることでしょう。』
(366日・誕生花の辞典
http://www.366flower.net
 より転載)




週末は天候に恵まれるという予報を頼りに、乗鞍高原の紅葉を見に出かけた。
 第1日目は畳平から徒歩で紅葉を楽しみながら散歩しながら下る。


 


紅葉の写真は稿を改めて記載する。



 

2007-10-11 (Thu)

2007/10/11 日記 日本酒の宣伝

2007/10/11 日記 日本酒の宣伝

10月11日(木)戊寅(ぼいん、つちのえとら)旧九月朔日 先負 不成就日, 小犯土『10月11日生の性格: 文系、理系のどちらかというと理系のタイプ。 型破りの発想で、みんなが驚くような大胆な仕事をしてのけます。 運動神経も抜群、スポーツならなんでも得意です。 』『10月11日の誕生花「ツルバラ」花言葉は「無邪気」 バラ科。常緑または落葉低木。原産地は、イラン・アフガニスタン・トルコなど西アジアや中...

… 続きを読む


10月11日(木)戊寅(ぼいん、つちのえとら)旧九月朔日 先負 不成就日, 小犯土



『10月11日生の性格:
 文系、理系のどちらかというと理系のタイプ。
 型破りの発想で、みんなが驚くような大胆な仕事をしてのけます。 運動神経も抜群、スポーツならなんでも得意です。 』




『10月11日の誕生花「ツルバラ」
花言葉は「無邪気」


 




バラ科。常緑または落葉低木。
原産地は、イラン・アフガニスタン・トルコなど西アジアや中近東、
中国、そして日本にも「ノイバラ」として見られます。


 


花を楽しむほか、香料・化粧品としても使われ、果実は食用にもされます。
花色・形・性質も多種多様。その一つが「ツルバラ」です。
数限りない園芸品種が作り出されています。


 


「青いバラ(Blue Rose)」が、「あり得ないこと」の喩えなのは結構有名ですが、最近はバイオテクノロジーの力で「青バラ」が作り出されつつあるようですね。』
(366日・誕生花の辞典
http://www.366flower.net
 より転載)



某大手酒造メーカーの日本酒のTV広告に、男がコップに入れた日本酒を、目をつむって一息にグーッと飲み干し、グラスを下ろして、クァーという声を出すシーンがあるが、ビールか焼酎の宣伝ならばわかるが、日本酒の宣伝ではいただけない。



日本酒は徳利または瓶子から杯またはぐい呑みに注ぎ、口に含むのでなければ味はわからない。日本酒はのどで飲む酒ではない、舌で味わって飲む酒である。

 

2007-10-11 (Thu)

2007/10/11 内藤が亀田大毅に圧勝、初防衛

2007/10/11 内藤が亀田大毅に圧勝、初防衛

『内藤タイトル初防衛、大毅に圧勝2007年10月11日(木)20:49 "                                                         (読売新聞...

… 続きを読む


『内藤タイトル初防衛、大毅に圧勝
2007年10月11日(木)20:49
"   
 








                                                     (読売新聞)


世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦(11日・有明コロシアム)――日本人選手同士の対戦は、王者・内藤大助(33)(宮田)が、亀田3兄弟の二男で同級14位の亀田大毅(18)(協栄)を3―0の判定で下し、初防衛に成功した。
 防御に終始して手数、技術ともに劣った亀田大を、内藤が終始圧倒し、大差をつけて勝利した。
 内藤は、徳山昌守の31歳5か月を抜き、日本のジム所属選手の最年長防衛記録。
 日本選手との初対戦が世界初挑戦となった亀田大は、プロ11戦目で初黒星を喫し、日本人最年少の世界王座獲得はならなかった。』



だいたい予想通りな試合であった。
足でボクシングをして、打ち合わなければ内藤の勝ちと予想したが、かなり打ち合っても内藤の勝利だった。



亀田のスタイルは両腕で顔を完全に防御して、ベタ足で相手に近づき、パンチの届く範囲に接近して、パンチをふるって相手をKOするスタイルである。言うなれば喧嘩である、ボクシングではない。
 世界レベルの相手になるとパンチの届く距離には近づけないのである。このスタイルでは世界チャンピオンは無理である。
 一度だけ防御を止めて打ち合ったことがあったが、それを続けなければ勝機は掴めない。



開始前のファンの予測では約210000票対約70000票の差で内藤が勝つとのデータが画面に出た。
 ボクシング・ファンはよく見ている。



会場での声援は、内藤への声援が圧倒的に多かった。亀田への声援は負けていた。ファンの亀田への批判は大きいようだ。
 内藤は国民のために戦うと言い、亀田は負けたら切腹すると言った。
 ビッグマウスはアメリカ的ショービジネスの世界の言葉だ。日本人の好むところではない。朝青龍も同様に日本人から批判される。朝青龍が土俵で負けることがあれば、大きな拍手が起きるであろう。


 


日本でのスポーツは日本人の歴史的感情を無視した物ではいけない。強い者はより謙虚に自分を律することが日本人の感性なのだ。



 

2007-10-10 (Wed)

2007/10/10 日記 人の心と秋の空

2007/10/10 日記 人の心と秋の空

10月10日(水) 丁丑(ていちゅう、ひのとうし) 旧八月丗日 先勝 中犯土[間日]『10月10日生の性格: ひとつの恋をゆっくりと育て、やがて結婚にいたるという、現実で穏やかな恋愛をします。 思いやりが深く、それでいてしっかり者なので、相手にたよりにされるベストパートナーとなるでしょう。 』『10月10日の誕生花「メロン」花言葉は「飽食」 ウリ科。一年草作物。原産地は、北アフリカ・中近東です。ウリ...

… 続きを読む


10月10日(水) 丁丑(ていちゅう、ひのとうし) 旧八月丗日 先勝 中犯土[間日]




『10月10日生の性格:
 ひとつの恋をゆっくりと育て、やがて結婚にいたるという、現実で穏やかな恋愛をします。
 思いやりが深く、それでいてしっかり者なので、相手にたよりにされるベストパートナーとなるでしょう。 』




『10月10日の誕生花「メロン」
花言葉は「飽食」


 





ウリ科。一年草作物。
原産地は、北アフリカ・中近東です。
ウリ科なので、キュウリやヘチマの花によく似ています。
お花は、庶民的ですよね。



「高級フルーツ」の代名詞の感があり、花言葉もそのイメージから、後天的につけられたものと推察できます。』
(366日・誕生花の辞典
http://www.366flower.net
 より転載)




午前中は雨、昼から次第に回復とのハッキリしないが100%当たる天気予報であったが、実際には朝方曇っていただけで、9時頃から快晴の良いお天気になった。
 太陽に当たると汗ばむほどの気温である、日替わりでめまぐるしく変わる秋の気候である。
 以前は変わりやすいものを表現するに、「女心と秋の空」と言ったが、今は「人の心と秋の空」と表現すべき時代。心しよう。



今日は普通の日だが、夜に俳句教室があった。

2007-10-10 (Wed)

2007/10/10 秋の俳句教室

2007/10/10 秋の俳句教室

今日は、常連さんが二人欠席。その代わり中年の女性の新人が一人。13名である。秋らしくなるに連れて、出句も秋らしいものが増える、当然ではあるが。俳句の世界はもう既に秋一色である。今日の先生は元気充分で、参加者の多くの句に手を入れられた。愚作は①也有の句代官屋敷に秋の風②木曽路来て栗子の餅に江戸情緒③木曽の谷霧のまにまに山聳ゆ②と③を選句されて、以下のように指導があった。②は 木曽路来て栗子の餅は江戸のまま...

… 続きを読む


今日は、常連さんが二人欠席。その代わり中年の女性の新人が一人。13名である。


秋らしくなるに連れて、出句も秋らしいものが増える、当然ではあるが。
俳句の世界はもう既に秋一色である。



今日の先生は元気充分で、参加者の多くの句に手を入れられた。



愚作は



①也有の句代官屋敷に秋の風



②木曽路来て栗子の餅に江戸情緒



③木曽の谷霧のまにまに山聳ゆ



②と③を選句されて、以下のように指導があった。


②は


 木曽路来て栗子の餅は江戸のまま



 江戸情緒は説明しすぎ、包むこと、余韻、余白が必要。



③は


 木曽谷の霧のまにまに山聳ゆ


 「木曽の谷」の調べより「木曽谷の」の調べの方がこの場合良い。「木曽の谷」では切迫感、迫るところがない、スッキリと読み手に迫った方がよい。

2007-10-09 (Tue)

2007/10/09 日記 寒露の日

2007/10/09 日記 寒露の日

10月9日(火)丙子(へいし、ひのえね) 旧八月廿九日 赤口 寒露, 大犯土『10月9日生の性格: 人に同情していたら実はうそだったと言う経験があるはず。 感傷的で、1度かわいそうだと思うと、冷静に判断できなくなるからです。 相手を見極める目をもって。 』『10月9日の誕生花は「ピンクのコスモス」「秋桜」花言葉は「少女の純潔」 キク科。一年草。原産地は、中南米、アリゾナ州やメキシコ、ボリビアなど。日本へ...

… 続きを読む


10月9日(火)丙子(へいし、ひのえね) 旧八月廿九日 赤口 寒露, 大犯土



『10月9日生の性格:
 人に同情していたら実はうそだったと言う経験があるはず。
 感傷的で、1度かわいそうだと思うと、冷静に判断できなくなるからです。 相手を見極める目をもって。 』




『10月9日の誕生花は「ピンクのコスモス」「秋桜」
花言葉は「少女の純潔」


 




キク科。一年草。
原産地は、中南米、アリゾナ州やメキシコ、ボリビアなど。
日本への渡来は、幕末から明治のはじめ。
高さは、2~3メートルほど。
花期は、7~11月。
直径6~10センチくらいの花を咲かせます。
花色は、ピンクのほか、赤、白、黄色や覆輪など、バラエティーに富んだ改良種が作り出されています。』
(366日・誕生花の辞典
http://www.366flower.net
 より転載)



昨日の夜、家の周辺は霧に包まれ、常とは違った幻想的な風景になっていた。
一夜明けた今日は、急激に気温が下がり、肌寒さを感じるような気温になった。



今日は、二十四節気の一つ寒露である。
『寒露(かんろ)は二十四節気の1つ。10月8日ごろ。および、この日から霜降までの期間。



太陽黄経が195度のときで、露が冷気によって凍りそうになるころ。九月節。


 


雁などの冬鳥が渡ってきて、菊が咲き始め、蟋蟀(こおろぎ)などが鳴き止むころ。『暦便覧』では、「陰寒の気に合つて露結び凝らんとすれば也」と説明している。


 


七十二候
寒露の期間の七十二候は以下の通り。


 


初候
鴻雁来(こうがん きたる):雁が飛来し始める(日本)
鴻雁来賓(こうがん らいひんす):雁が多数飛来して客人となる(中国)


次候
菊花開(きくのはな ひらく):菊の花が咲く(日本)
雀入大水為蛤(すずめ たいすいにいり はまぐりとなる):雀が海に入って蛤になる(中国)


末候
蟋蟀在戸(きりぎりす とにあり):蟋蟀が戸の辺りで鳴く(日本)
菊有黄華(きくに こうかあり):菊の花が咲き出す(中国)』
(ウィキペディア(Wikipedia))



季節は突然切り替わる。

2007-10-09 (Tue)

2007/10/09 ゲバラの幻影

2007/10/09 ゲバラの幻影

(共同通信)昨年末まで格闘家であったが今は作家に転身しているらしい須藤元気がゲバラについて書いた本を出版したそうである。ゲバラが世界的に注目されているらしい。貧困の人と一部の富裕層の南米に社会主義政権が生まれつつあるが、社会主義政権の末路は東欧・東南アジアで目に見えている。一般の人々の生活水準が上がり、貧困・差別の感情が無くならない限り、社会主義への誘惑は生まれてくる。南米は今その時だろう、アフリ...

… 続きを読む





(共同通信)



昨年末まで格闘家であったが今は作家に転身しているらしい須藤元気がゲバラについて書いた本を出版したそうである。



ゲバラが世界的に注目されているらしい。



貧困の人と一部の富裕層の南米に社会主義政権が生まれつつあるが、社会主義政権の末路は東欧・東南アジアで目に見えている。


一般の人々の生活水準が上がり、貧困・差別の感情が無くならない限り、社会主義への誘惑は生まれてくる。南米は今その時だろう、アフリカはこれからかも知れない。東南アジアは、北朝鮮・ミャンマーを除けば、貧困問題が解決しつつあるのだろうか。ベトナムに頑張って欲しいものである。


 


社会主義が独裁者をうむのは歴史的事実である。弱い人間は権力の座から降りられないのである。特に権力を手に入れる過程で、同志を殺害したような独裁者は報復・裁きを恐れて、権力に居座るしか方法が無くなる。


ゲバラの幻影の先にある社会主義の現実は夢を見ない眼で見る必要がある。



『キューバやボリビアで式典 チェ・ゲバラ没後40周年
  2007109日(火)12:28


 キューバ革命の英雄チェ・ゲバラの没後40周年を記念するキューバ政府主催の式典が8日朝、遺骨が埋葬されているサンタクララの革命広場で開かれ、約1万人の市民が参加した。病気療養中のカストロ国家評議会議長(81)は欠席したが、「あまりに早く手折られた花だった。彼がやろうとしてくれたことに感謝したい」とのメッセージが会場で読み上げられた。

  式典はゲバラの巨大な記念碑の前で開かれ、カストロ氏の弟のラウル暫定議長や遺族らが出席。碑の下にある霊廟(れいびょう)にはゲバラや共に戦ったゲリラらの遺骨が埋葬されており、式典の終了後、関係者らは次々に献花した。サンタクララは58年、ゲバラが率いる部隊が攻略し、独裁政権崩壊につながる重要な舞台になった。



 ゲバラが銃殺されたボリビアでも、遺体が秘密裏に埋められたバジェグランデなどで追悼式典が開かれた。ロイター通信などによると、同国の大統領として初めて参加した左派のモラレス氏は「チェは生き続けている。彼の英雄的な闘いは、残酷な資本主義を終わらせるまで続くだろう」などと称賛した。

  ゲバラは67年10月8日に拘束され、翌9日にボリビア軍によって銃殺された。』(asahi.com)

2007-10-08 (Mon)

2007/10/08 日記 雨の秋祭り

2007/10/08 日記 雨の秋祭り

10月8日(月)乙亥 旧八月廿八日 大安 体育の日, 大犯土『10月8日生の性格: 高望みすることのない、平凡でおだやかな暮らしを好む人。 保守的な傾向があり、自分の暮らしに波風をたてる相手に対しては強い敵意を持ちます。 』『10月8日の誕生花は「ノボタン」「野牡丹」花言葉は「自然」 ノボタン科。常緑低木。ピンクや紫の美しい花を咲かせます。小笠原諸島、奄美~沖縄、台湾、インドシナ半島~フィリピンに分布...

… 続きを読む


10月8日(月)乙亥 旧八月廿八日 大安 体育の日, 大犯土



『10月8日生の性格:
 高望みすることのない、平凡でおだやかな暮らしを好む人。
 保守的な傾向があり、自分の暮らしに波風をたてる相手に対しては強い敵意を持ちます。 』





『10月8日の誕生花は「ノボタン」「野牡丹」
花言葉は「自然」


 




ノボタン科。常緑低木。
ピンクや紫の美しい花を咲かせます。
小笠原諸島、奄美~沖縄、台湾、インドシナ半島~フィリピンに分布します。



高さは、1~2メートルほど。
花期は、7~8月。
直径5~7センチくらいの5弁花を咲かせます。
1日で散ってしまいますが、一度にたくさんの蕾が出てくるので、次々に咲いてくれます。
花色は、ほんのり紫がかったピンク色。



小笠原諸島には、
父島に「ムニンノボタン」
母島に「ハハジマノボタン」
という、固有種がそれぞれ自生していますが、それぞれ、
「絶滅危惧IA類」 
  近い将来、絶滅する危険性が極めて高い種・・・
「絶滅危惧II類」
   絶滅の危険が増大している種・・・
に指定されています。』
(366日・誕生花の辞典
http://www.366flower.net
 より転載)




連休の最終日、朝からかなりの雨音がしている。
各地で秋祭りが行われているが、今日企画した場所には気の毒な天候になった。イベントはお天気次第である。準備して屋台を出しても強い雨が降り続く日になれば、人は来てくれず、天を見上げて長嘆息することになる。秋祭りの日には雨は降らさないで欲しいものである。



今日は天気も悪いので朝から、書きかけで止まっていたブログの記事を完成させることにした。
 午前中、9月30日の「板さんの料理教室」を完成。料理の細かい手順・写真を纏めるのに時間がかかった。
 夜は、10月6日の松尾大社参拝、これは昨年の報告があるので、簡単に済ませることにした。



 

2007-10-08 (Mon)

2007/10/08 グルメ番組「PS」のかき揚げ丼とある時のかき揚げ丼

2007/10/08 グルメ番組「PS」のかき揚げ丼とある時のかき揚げ丼

丼からはみ出したような豪快な天丼が好きである。鈴鹿市の穴子専門店「魚長」の穴子の天丼は確かに豪快であった。(清水醸造の藏見学報告 http://www.sakenagoya.com/taiken/2007/20070323/tai20070323.htm)昨晩、中京TV グルメ番組「PS」の天ぷら特集で丼より二周り大きいかき揚げののった天丼が放送された。http://www.ctv.co.jp/ps/2007/1007/04.html加藤晴彦がそれを見て驚いて言う。“かき揚げとご飯の間が開いている。...

… 続きを読む


丼からはみ出したような豪快な天丼が好きである。
鈴鹿市の穴子専門店「魚長」の穴子の天丼は確かに豪快であった。
(清水醸造の藏見学報告 http://www.sakenagoya.com/taiken/2007/20070323/tai20070323.htm



昨晩、中京TV グルメ番組「PS」の天ぷら特集で丼より二周り大きいかき揚げののった天丼が放送された。
http://www.ctv.co.jp/ps/2007/1007/04.html



加藤晴彦がそれを見て驚いて言う。
“かき揚げとご飯の間が開いている。”
かき揚げが丼の周囲より大きいので、ご飯の上に乗らないのである。スタジオに来ていた天一さんが答える。
“タレを掛ければ下がります...”



これを見てはそのままには捨て置けない。
そこで、今日、遙々行ってみた。


 


番組放送の翌日でもあり、夜の開店時間5:00前から行列している。



流石に、かき揚げ丼を注文する人が多い
メニューを見て、当然、お目当てのかき揚げ丼を確認して注文した。
 




暫く、待つと、待望のかき揚げ丼が運ばれてきた。
 





注文したのを間違えたかと思った。
確かに普通のかき揚げより面積は大きいが、TVで晴彦が驚いたかき揚げは丼より面積が大きかった、メニューに載っている写真はTVより小さいが目の前の物より一周りは大きい。
 目の前のものは普通のかき揚げ丼である豪快とは言えない。天一はかき揚げの大きさにはあまり拘りのないおおらかな店らしい。


 


揚がり: かき揚げの内部に火が通っていない部分がある。
素材 : 海老は大きめの物が使われているが、海老の味は
     あまりしない。むき身の冷凍だろうか。
味  : 放送でも言っていたが、軽い。油もタレも薄い味であ
     る。
ご飯: 柔らかめのご飯で、薄タレにベトベトした食感になる。
    丼のご飯は硬めが鉄則の筈だが。



サービスの品質について、よく言われる客の反応である。
期待していた水準を遙かに超えたサービス→驚き・賞賛
期待していた通りの水準        →平静
期待していた以下の水準        →失望


 


天一は普通の天ぷら屋さんであった。驚くかき揚げ丼ではなかった。
噂・宣伝と実態との間には不一致があることは世の常であるが、そんな話しに終わってしまったのは残念である。




天一:


 




住所:岩倉市 川井町村西3
TEL:0587-37-6080
営業時間:11:15am~1:45pm / 5:00pm~9:30pm / 日・祝 11:15am~1:45pm / 5:00pm~9:00pm
定休日:月曜(月曜祝日の場合営業、翌日火曜休み)


 

2007-10-07 (Sun)

2007/10/07 日記 秋の陶器祭り

2007/10/07 日記 秋の陶器祭り

10月7日(日) 甲戌(きのえいぬ・こうじゅつ) 旧八月廿七日 佛滅 大犯土『10月7日の誕生花「シオン」「紫苑」花言葉は「遠方にある人を思う キク科。多年草。原産地は朝鮮半島、中国北部、シベリア、モンゴルです。草丈は2メートルほどになり、花を房状につけます。 日本には、古い時代に中国から朝鮮半島を経て、当初は薬草として渡来しましたが、花が美しいので観賞用として栽培が盛んになりました。 紫式部...

… 続きを読む


10月7日(日) 甲戌(きのえいぬ・こうじゅつ) 旧八月廿七日 佛滅 大犯土



『10月7日の誕生花「シオン」「紫苑」
花言葉は「遠方にある人を思う


 




キク科。多年草。
原産地は朝鮮半島、中国北部、シベリア、モンゴルです。
草丈は2メートルほどになり、花を房状につけます。


 


日本には、古い時代に中国から朝鮮半島を経て、当初は薬草として渡来しましたが、花が美しいので観賞用として栽培が盛んになりました。
紫式部の「源氏物語」にも、この花が出てきますから、平安時代にはすでに栽培されていたらしいのですね。



秋の澄んだ青空に揺れる花を愛でつつ、しばらく会っていない旧友や家族に連絡を取ってみたり、思いを馳せるのも、いいですね。』
(366日・誕生花の辞典
http://www.366flower.net
 より転載)




散歩を兼ねて、土岐市の下石(おろし)の陶器祭りに行った。
3連休の中日、天気予報では雨マークもあったが、結構良い日であった。
 太陽は雲に隠れているが、返って暑くなくて、歩くには都合が良かった。


 


 

2007-10-07 (Sun)

2007/10/07 第11回下石どえらあええ陶器祭り

2007/10/07 第11回下石どえらあええ陶器祭り

連休の中日、太陽は出ていないが、歩くには良い天気なので散歩を兼ねて下石陶器祭りに行く、今回で何回目であろうか。 駄知の祭りは先週終わっている、今週は下石、多治見、笠原、市の倉でそれぞれ秋祭り、と言っても陶器の廉売市である。家の玄関を出ると、紫式部の実が色を濃くしているのに気付いた。自然の紫の色は日本を感じる色だ。   多治見を中心とした土岐・笠原・市の倉の地域は、陶磁器・焼き物・窯業製...

… 続きを読む


連休の中日、太陽は出ていないが、歩くには良い天気なので散歩を兼ねて下石陶器祭りに行く、今回で何回目であろうか。
 駄知の祭りは先週終わっている、今週は下石、多治見、笠原、市の倉でそれぞれ秋祭り、と言っても陶器の廉売市である。



家の玄関を出ると、紫式部の実が色を濃くしているのに気付いた。自然の紫の色は日本を感じる色だ。


 



 



 




多治見を中心とした土岐・笠原・市の倉の地域は、陶磁器・焼き物・窯業製品の製造の一大集積地である。
 それぞれ地域的に特徴があるが、土岐の下石地区は徳利の生産地であった。今は徳利の生産だけでは生業を保てないので種々の焼き物を生産しているが、歴史・伝統は徳利にある。
 日本酒に拘りのある人は、避けて通れないところである。



土岐市立総合病院近くの山の徳利会館に設置された駐車場に車を止める。
 徳利会館にはとっくり村と現役の登り窯がある。とっくり村の壁面にはとっくりのコレクションが壁に埋められている。
 とっくりの形は一般的イメージがあるが、現実のとっくりの形には驚くほどのバリエーションがある。
 紹介は出来ないが、それぞれに形の名前が付けられている。


 




伝統的な薪を使う登り窯である。 



管理・技術・コストの面から、今では陶芸とかの1点物を焼く場合にしか用いられない。大量生産品は電気窯である。
 



 


焼く度に、煉瓦を取り外して焼き物を出し入れしなければならない。 





 駐車場から市内の廉売市の会場である下石陶磁器会館へは無料シャトルバスが運行されているので便利である。
 下石の祭りは廉売市と窯巡りが2本の柱になっている。今年の窯巡りは駐車場の直ぐ下の裏山地区が会場になっている。
 歩いて窯の間を巡ることにする。


 




 


民家、窯を巡る道筋には家の庭に植えられた草花が花を咲かせたり、実を付けたりしている。
 何か蜆貝を思わせる花。


 



 


 


今は使われていない煙突を残した窯元。風景である。
 




この窯元一洸園の皿、鉢は渋く繊細な感性があり、お薦めの窯元である。原色でもパステルでもない中間色の秋に相応しい薄枯葉色の色調である。和食にも洋食にも使える抽象的な模様である。
即売しているので、購入することも出来る。
 





古くからの焼き物地には古窯跡がある。今は子供の遊び場の横にひっそりと碑が立てられている。
 




 


道ばたによく咲いていた花。蜂、虫が花の間を飛び回っている。





赤の曼珠沙華は見慣れているが、白の曼珠沙華も咲いていた。
 




裏山地区すべての窯が窯巡りに参加している訳ではないが、それでも24の窯を巡ることが出来た。それぞれ、伝統的な和の焼き物の他お面・下駄の置物・電気スタンドの焼き物などが窯毎に展示され、即売されている。
 



 



 




窯巡りを終えて、駐車場には戻らずそのまま歩いて、下石陶磁器組合の廉売市の会場に向かう。
 会館の周囲にはとっくりの焼き物を飾りにした壁が下石の伝統を表している。
 


 



 



 



 


会館の周辺道路では、廉売市が行われている。今年の窯巡りには参加していない地域・窯が店を出している。
 






組合の敷地では、窯ごとごとの製品と窯の紹介が展示されている。




会館の駐車場には五平餅・弁当・牛串・たこ焼きetc食べものの店が並び駐車場中央に用意されたテーブルで食事が出来るようになっている。すでに最終日の午後4時を過ぎて、売り切れの店は片づけに入っている。
 会場には井上陽水の「少年時代」が流れている。違和感があるような無いような甘美な歌声である。


 


シャトルバスに乗り込み、駐車場まで帰ることにした。



【今日の買い物】



散歩に行くのが目的で、むしろ買うのは収納の問題から避けようとしたのだが、安いから買ってしまった物たちである。


 




 抹茶茶碗。 テント柱に飾りのためにアケビが括り付けてあったおばちゃんの店で買った。買い物をせずにアケビだけただで欲しいといった女の人に快くあげていたおばちゃんである。
 1個300円 2個買ったら500円にまけてくれた。
厳密な検査をすれば釉薬の1mm程のかかり洩れがあるだけなのだが、ペケ品である。日用の煮物など入れればそれでお洒落。
 



酒器セット300円。蔵ざらえ品。
 



 グイ呑み、1000円。手びねり一点物の窯。形が変わっている。四隅に角が入れてあるので、持ちやすく呑みやすい。これは掘り出し物。


 



 茶碗2個1000円。秋を感じさせる茶碗。口が広く、底が浅いので、煮物を入れてもいいかも。


 



 ビヤグラス、200円。色目が良い。


 



 水盤、2500円。新進作家の手びねり品。これも買い物。



 


 

2007-10-06 (Sat)

2007/10/06 秋日和

2007/10/06 秋日和

10月6日(土)癸酉(みずのととり・きゆう) 旧八月廿六日 先負 不成就日, 大犯土『10月6日生の性格: 秘密が多い人。 そのせいか友達とも今ひとつフランクに付き合うことができません。 ある意味では、秘密を1人で抱えていられる強い人とも言えます。 』『10月6日の誕生花「ウメモドキ」「梅擬」花言葉は「明朗」 モチノキ科。落葉低木。日本が原産地で、高さ2~3mになります。雌株と雄株があり、実のなる木は雌...

… 続きを読む


10月6日(土)癸酉(みずのととり・きゆう) 旧八月廿六日 先負 不成就日, 大犯土



『10月6日生の性格:
 秘密が多い人。
 そのせいか友達とも今ひとつフランクに付き合うことができません。
 ある意味では、秘密を1人で抱えていられる強い人とも言えます。 』




『10月6日の誕生花「ウメモドキ」「梅擬」
花言葉は「明朗」


 





モチノキ科。落葉低木。
日本が原産地で、高さ2~3mになります。
雌株と雄株があり、実のなる木は雌株です。
梅に似た小さな白い花は初夏(5月~7月)に咲き、秋から冬にかけて小さな赤い実を枝いっぱいに実らせます。



実は、葉が落ちてからも枝に残るので、とても目立ち、生け花の花材として使われます。



赤い実は野鳥(ツグミ、ヒヨドリ、ジョウビタキなど)の大好物。
赤い果肉部分には、種の発芽を抑制する物質が含まれています。



果肉を小鳥に消化させ、中心の種を糞と一緒に排泄してもらう。
当然、あちこちに種が散らばって、広範囲に種(しゅ)を保存することができるというわけです。


 


小鳥を使って種を遠くに運んでもらおうという、見事な知恵ですね。』
(366日・誕生花の辞典
http://www.366flower.net
 より転載)



 


今日は、愛知県酒造技術研究会の松尾大社参拝の日。
昨年に続き、2度目の参加。
幸いにも好天に恵まれた。
19時に名古屋帰着。
帰宅後、快い疲れの中、早く眠ってしまった。


 


 

2007-10-06 (Sat)

2007/10/06 愛知県酒造技術研究会松尾大社参拝 その1

2007/10/06 愛知県酒造技術研究会松尾大社参拝 その1

昨年に続き、松尾大社の参拝に参加した。今年は昨年より、一ヶ月以上早い開催である。 昨年は初めての参加で、目に映る物すべて興味深く感じられた。現代の機械化された社会に順応しなければならない蔵の中で松尾大社の神の加護が生きていることに驚かされた。(この報告は、日本酒の会のサイトの体験報告に掲載されている。http://www.sakenagoya.com/taiken/2006/20061125/tai20061125.html  )3連休の初日だけは天気が良い...

… 続きを読む


昨年に続き、松尾大社の参拝に参加した。今年は昨年より、一ヶ月以上早い開催である。
 昨年は初めての参加で、目に映る物すべて興味深く感じられた。現代の機械化された社会に順応しなければならない蔵の中で松尾大社の神の加護が生きていることに驚かされた。
(この報告は、日本酒の会のサイトの体験報告に掲載されている。
http://www.sakenagoya.com/taiken/2006/20061125/tai20061125.html  )



3連休の初日だけは天気が良いという予報の通り晴れた。朝のJRの太閤口は、日帰りのバスツアー客で一杯である。
 ただ本格的な行楽シーズンには、入っていないらしく、昨年の芋を洗うような、肩のぶつかり合う混雑はない。
 参加者はほぼ時間通り集合し、出発した。



バスの中は、貸し切りで参加者26名のため余裕がある。
昨年は、京都までの道中にバス内で総会が開催されたが、今年はなく、最初から宴会である。バスガイドさんは昨年と異なり、超ベテランの人である。道中経路の景物の歴史・由来についての蘊蓄がすごい。歴史の先生顔負けである。


 




ガイドさんの説明では、今の時期は紅葉の観光客はまだ出ていないので、京都は修学旅行の生徒が多い時期で、マイカーが少ない分、交通は楽であるとの事であったが、道中渋滞もなく順調に松尾大社に到着した。


 


松尾大社の参道は、昨年に比べ人が少ないようである。天気は同じように良い。


 



昨年気が付かなかったが、鳥居をくぐった直ぐに「日本第一酒造之神」の石柱が建っている。


 



山門に近づくと、昨年同様婚礼風景が目に入る。羽織袴の新郎と高島田の花嫁が人力車に乗って出発するところである。


 



 婚礼の参加者が記念撮影をしている、新郎新婦および車夫にポーズの注文が飛ぶ。新郎は照れくさげ、新婦は満面の笑みである。
 やがて、車夫が車を引き始め、拍手が起きる。
“頑張ってね~” “頑張れよ-”の掛け声が飛ぶ。
 参列者の祝賀の声と拍手の中、二人は荒海に漕ぎ出していった。




 




境内は静かな雰囲気も持っている。


 




奉納された酒樽の中に愛知の「生道井」、「ねのひ」、岐阜の「女城主」の名も見える。


 


安全な酒造祈願のお祓いを受けるために、社殿控え室に上がり、順番を待つ。


 



 



 廊下の近くに亀の井の名水を吐いている亀が居るのは昨年通り。やはり柔らかい名水である。


 


 




祈願所に続く廊下である。昨年は右に巫女さんが立って、祈祷を終えた人に御神酒をふるまっていたが、今年は姿が見えない。
ここから先は、撮影禁止である。


 





廊下の反対側は、新しい建物があり、その前の庭には曲水の宴ができる泉水の流れがある。



酒造祈願のお祓いと巫女さんの舞は昨年と同じように、厳かなものであった。
 祈祷が終わり、廊下を渡り社務所の方に帰ると、階段を上がり、大広間に案内された。披露宴が行われる場所であろうか、白布の掛けられたテーブルが並んでいる。


 





テーブルに着席すると、三宝の上に御神酒と紅白の落雁の入った熨斗袋が乗せられていた。
 昨年は、廊下で済ませた御神酒が今年は披露宴会場であった。


 





 場所が違った所為かもしれないが、御神酒の味わいもひねた感じが無く、純米酒の秋上がりといった味わいのものであった。


 





 紅白の落雁が熨斗袋に入っている。


 



 安全酒造の御札を各人にいただく。


 


無事に松尾大社への参拝も終え、昼食のために、刺繍の館に向かう。昨年と同じ場所であるが、今年は会場が違った。昨年は入って直ぐ左の待合室のような狭い食事どころであったが、今年は2階に上がり、障子に囲まれた落ち着いた場所である。
 



 昼食の挨拶が行われ、昼からまた宴会である。お燗の銚子40本が注文されている。昨年もそうであったが、バスの宴会の後のこの銚子40本は、かなりきく。それでも、飲みきってしまうのは流石である。
 この場は、杜氏、蔵の方、メーカーの方、酒造コンサルタント等多彩な参加者の自由に歓談が出来る機会である。
 最年長の酒造コンサルタント伊藤氏に酒の鑑定方法について質問をし、お教え頂いた。


 



 湯豆腐の弁当である。


 


 

2007-10-06 (Sat)

2007/10/06 愛知県酒造技術研究会松尾大社参拝 その2

2007/10/06 愛知県酒造技術研究会松尾大社参拝 その2

昼食が終了すれば、行楽である。今年は紅葉にはまだ早いが、湖東三山の西明寺である。 信長の兵火を機転を利かして避けた僧侶のお陰で、平安期の仏像が残っている古刹である。  駐車場近くの石柱。  山内図であるが昨年の金剛輪寺より参道は短いようで、安心した。千鳥足には修行の参道は辛いものがある。  紅葉にはまだ早いこの時期は、観光客も姿が無く、着いたのは開門時間の16:30を過ぎていたが、何と...

… 続きを読む


昼食が終了すれば、行楽である。今年は紅葉にはまだ早いが、湖東三山の西明寺である。
 信長の兵火を機転を利かして避けた僧侶のお陰で、平安期の仏像が残っている古刹である。


 





 駐車場近くの石柱。


 





 山内図であるが昨年の金剛輪寺より参道は短いようで、安心した。千鳥足には修行の参道は辛いものがある。


 





 紅葉にはまだ早いこの時期は、観光客も姿が無く、着いたのは開門時間の16:30を過ぎていたが、何とか入山料を支払い入れて頂くことが出来た。


 




 何となく参道は湖東三山の敵信長の安土城趾の参道に似ているのは因縁であろうか。


 



古刹のため、ご神木苔むした石垣が歴史を物語っている。


 



 



 


 山門の入り口左右には、不動明王の立像が入山者を睥睨している。昨年も感じたが、神社と違いお寺は修行の場である。厳しい物を感じさせる。


 





  国宝の本堂の脇には矢張り国宝の鎌倉時代建立の三重塔が現存している。
 




本堂で忙しくご本尊、十二神将の説明を聞き、慌ただしく参拝を済ませて、駐車場に帰る。


 



 紅葉の時期の美しさを感じさせる、楓の枝が石段の所々に見られる。紅葉の時期に訪れたいものである。


 




 観光客の居ない山内は静かである。紅葉がない代わりの静けさである。


 




バスに乗り込み、名古屋に向かう道を走り始めると、太陽は山並みに沈み、山の陰が暗く、まだ明るさをとどめている空に稜線がクッキリとしたシルエットを見せていた。



酒酔いの後の石段登りに疲れた参拝者達はバスに揺られ始めると爆睡状態である。バスガイドさんはやむなく説明を止めて、車内ビデオを放映する。
 出し物は松竹新喜劇、「お種と仙太郎」である。
バスの乗客は年寄りも0ではないが若い人が圧倒的に多い。ちょっとこの選択はどうか、綾小路キミマロの方が適切ではないかと思っている内に、松竹新喜劇のお笑いと涙と若干の教訓の世界に引きずり込まれてしまった。流石に、舞台の上の藤山寛美は上手いものである。観客との呼吸の合わせ方が自由自在で、観客は安心して笑ったり泣いたり出来る。



そうこうする中にバスは出発地の名古屋駅に着き、今年の松尾大社の参拝は終了したのである。



 

2007-10-05 (Fri)

2007/10/05 日記 秋時雨

2007/10/05 日記 秋時雨

10月5日(金)壬申 旧八月廿五日 友引 一粒万倍日, 大犯土天気は曇りから晴れに回復。『10月5日生の性格: いつでも陽気な人。 愉快な事を考えだして皆を楽しませるので、仲間があなたのまわりに集まってきます。 なかなか才人で、妙に深刻ぶるのを、嫌う性格です。 』『10月5日の誕生花「クコ」「枸杞」花言葉は「お互いに忘れよう」 ナス科。つる性落葉低木。1~1.5メートルの長さにつるを伸ばします。中国が...

… 続きを読む


10月5日(金)壬申 旧八月廿五日 友引 一粒万倍日, 大犯土
天気は曇りから晴れに回復。



『10月5日生の性格:
 いつでも陽気な人。
 愉快な事を考えだして皆を楽しませるので、仲間があなたのまわりに集まってきます。
 なかなか才人で、妙に深刻ぶるのを、嫌う性格です。 』




『10月5日の誕生花「クコ」「枸杞」
花言葉は「お互いに忘れよう」




 



ナス科。つる性落葉低木。
1~1.5メートルの長さにつるを伸ばします。
中国が原産地です。
食用や、漢方薬の材料にもなる、鮮やかな赤い実をつけます。
花は、紫色の5弁花。
赤い実は漢方の食材として、クコ酒やクコ粥などに使われています。
とても甘く、栄養価に富んでいます。



また、葉もお粥に混ぜたり、お茶にしたり。
根も漢方薬に使われ、食用・薬用両方に使われる、薬膳に欠かせない材料です。



効果は・・・。
高血圧や動脈硬化、不眠、糖尿病、眼精疲労の改善、滋養強壮、美容、などなど。



クコ酒はその効果から、「皇室御用達」、養生訓で知られる貝原益軒も「最良の薬菜」として太鼓判を押しています。』
(366日・誕生花の辞典
http://www.366flower.net
 より転載)



「お互いに忘れよう」 良い花言葉だ。


 忘れた方が良いことは沢山ある。一方だけでもなかなか忘れられないから、お互いに忘れることは、なお難しい。


嫌なことは、みーんな忘れたいものだ。忘れることにしよう。


ぐずぐずとしていた天気が週末になり回復した。秋時雨も良いが晴れの日が欲しいのは家庭の奥さんばかりではない。
 連休中の天気はあまり良くないようだが、明日は良いらしい。
明日は松尾大社参拝の日、秋晴れの好日になって欲しい。


 


 

2007-10-05 (Fri)

2007/10/05 飲めばガンになる? 飲めばガンにならない?

2007/10/05 飲めばガンになる? 飲めばガンにならない?

飲食物とガンの発生率との相関関係の調査が種々発表されている。 飲酒はガンの発生率を高めるという調査、発生率を下げるという調査、両方有る。転載参照。酒を飲んで顔が赤くなるのは、一般的には良いことと思われている。飲んで青くなる人はいけない。笑山も日頃の経験からそのように思う。 飲んだら顔が赤らむのが当然で、快い酔いに浸っているときである。桜の花の下ほんのりと紅のさした女性の頬、これは美しい。花も美しい...

… 続きを読む


飲食物とガンの発生率との相関関係の調査が種々発表されている。
 飲酒はガンの発生率を高めるという調査、発生率を下げるという調査、両方有る。転載参照。



酒を飲んで顔が赤くなるのは、一般的には良いことと思われている。飲んで青くなる人はいけない。笑山も日頃の経験からそのように思う。
 飲んだら顔が赤らむのが当然で、快い酔いに浸っているときである。桜の花の下ほんのりと紅のさした女性の頬、これは美しい。花も美しいが、女性も美しい。
 しかし、真っ赤になり赤鬼のようなオッさんが酔いつぶれていても見苦しいだけ。
 非疫学的には、美しい女性には飲んで欲しい、酔いつぶれるオッさんには飲んで欲しくない。



こういう調査は出来ないと思うが、お酒好きな人が禁酒をした場合としなかった場合のガンの発生率に有意な差はあるか?



笑山の推測では、有意な差はないと推測する。
 その理由は、好きな物が飲めなければ、ストレスが高まる。ストレスの危険度は飲酒の危険度を遙かに超えている。ストレスがガンの発生率を高める。という論法なのだがどうだろう。



花はまだ先だが、もうすぐ紅葉酒の季節。
紅葉の下ほんのりとほおを染めて...
そんな時を迎えたいものである。




--- 転載

『飲むと赤ら顔、膵臓がんのリスク1・44倍
2007年10月4日(木)12:57
 


 酒を飲むと顔が赤くなる人は、そうでない人に比べて、膵臓(すいぞう)がんになるリスクが1・44倍高いことが、愛知県がんセンター研究所(名古屋市)の調査で分かった。



 アルコールを体内で分解する酵素の遺伝子タイプの違いによるもので、同研究所の松尾恵太郎主任研究員(がん疫学)は「飲酒後に顔が赤くなる人は、口腔(こうくう)がんやいん頭がんのリスクも高くなる。顔が赤くなるのは体内からの注意信号だと思って、飲酒を控えた方がいい」と助言している。



 飲んだアルコールは体内でまず、発がん性が指摘されているアセトアルデヒドに分解され、次に酢酸へと分解されていく。松尾主任研究員らは、このアセトアルデヒドを分解する能力が、酵素の遺伝子タイプによって三つに分かれることに着目。2001~05年に同センターを訪れた膵臓がん患者138人と、がんではない1373人の酵素の遺伝子タイプと飲酒との関係を調べた。』(YomiuriOnline)




『コーヒーが男性の膵がん抑制?=緑茶は関連なし-厚労省研究班
2007年10月5日(金)18:19
 

 コーヒーを多く飲む男性ほど、膵臓(すいぞう)がんになるリスクが低いことが、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター部長)の大規模疫学調査で分かった。横浜市で開かれている日本がん学会で5日発表した。



 コーヒーは膵臓がんのリスクを高めるとの報告が1980年代に米国であり、その後ほぼ否定されたものの、一致した結果は出ていない。



 研究班は90年から93年にかけて、全国10地域の40~69歳の男女約10万人の生活習慣などを調査し、2003年末まで追跡した。



 この間に233人(男性135人、女性98人)が膵臓がんになった。男女別にコーヒーの摂取頻度で5グループに分け、膵臓がんリスクを比較したところ、男性は摂取が多いほどリスクが低く、1日3杯以上のグループはほとんど飲まないグループの0.6倍だった。



 女性ではこうした傾向は見られなかった。



 また、抗酸化作用でがん予防の可能性が示唆される緑茶でも同様に5グループに分けて分析したが、男女とも摂取量とリスクとの間に関連が見られなかった。』(時事通信)




『女性の乳がん、飲酒でリスク拡大=赤ワインも同様-米民間調査
2007年9月28日(金)15:42
 

 【シリコンバレー27日時事】米保険大手カイザー・パーマネンテが27日発表した調査結果によると、女性が毎日飲酒した場合、乳がんになるリスクが拡大する傾向が確認された。酒の種類を問わず、健康に良いとされる赤ワインでも発生率が高まった。



 調査は約7万人(うち2829人が乳がん発病)を対象に実施。ワインなどを毎日3杯以上飲む女性の乳がん発生率は、ほとんど飲まない女性より30%高かった。同社研究員は「毎日3杯以上の飲酒が乳がん発生率拡大につながるのは、毎日1箱以上の喫煙が肺がん発生率拡大につながるのと似た関係にある」と警告した。



 毎日1、2杯飲酒する女性の乳がん発生率も10%高かったため、家族に乳がん患者がいる場合などは飲酒習慣に注意が必要だと助言した。



 飲酒と乳がんリスクの関連性は指摘されてきたが、血圧低下などの効果がある赤ワインは例外との意見もあった。しかし、今回の大規模調査で、赤ワインやビール、ウイスキーの間に違いはなく、アルコール摂取量が発がん率を左右する傾向が分かった。ただ、リスクを高める原因は未解明という。 』(時事通信)



 

2007-10-04 (Thu)

2007/10/04 日記 零余子と珠芽

2007/10/04 日記 零余子と珠芽

10月4日(木)辛未 旧八月廿四日 先勝 大犯土『10月4日生の性格: 感情に左右されやすいタイプ。 わかっていながら、かっとなったり、雰囲気にのまれて突っ走ってあとで後悔する事が多いかも。 もう少し理性的になってみては? 』『10月4日の誕生花「オニユリ」「鬼百合」花言葉は「荘厳」 別名「テンガイユリ(天蓋百合)」。そり返った花びらを、天のフタに喩えました。こちらは、なかなか詩的なネーミングですね...

… 続きを読む


10月4日(木)辛未 旧八月廿四日 先勝 大犯土



『10月4日生の性格:
 感情に左右されやすいタイプ。
 わかっていながら、かっとなったり、雰囲気にのまれて突っ走ってあとで後悔する事が多いかも。
 もう少し理性的になってみては? 』




『10月4日の誕生花「オニユリ」「鬼百合」
花言葉は「荘厳」




 



別名「テンガイユリ(天蓋百合)」。
そり返った花びらを、天のフタに喩えました。こちらは、なかなか詩的なネーミングですね。



ユリ科。球根植物。多年草。
高さは1~2メートルにもなり、花も多くつける大型の百合です。



古くに中国から伝来し、主に地下の鱗茎を
「ユリネ(百合根)」として食用にするために栽培され、広まりました。
ほんのりした苦味が好まれ、正月料理や中華料理によく利用されています。
また、葉の根本につく「むかご(珠芽)」が特徴的です。
タネを作らず、「むかご」で繁殖する種類です。



「むかご」とは、茎や葉のつけねなどにできる発芽機能をもつ小さなかたまりです。
地面に落ちてから発芽するので、その性質をうまく利用したのが「むかご繁殖」という方法。



また、「百合(ビャクゴウ)」の名の漢方薬として、滋養強壮・鎮咳去痰・消炎などに用いられます。
食べてよし、クスリでもよし、花も楽しめると、三拍子揃った存在として親しまれているようです』
(366日・誕生花の辞典
http://www.366flower.net
 より転載)




「むかご(珠芽)」というのは、自然薯の子を謂う言葉かと思っていたが、一般的な用語であることが解った。
 自然薯の零余子俳句にも出てきましたが、秋の味覚として酒の肴にも良いですね。



 

2007-10-04 (Thu)

2007/10/04 懲りない悪と懲りない愚か者

2007/10/04 懲りない悪と懲りない愚か者

以前から、騒がれていた波会長率いるL&Gが遂に強制捜査を受けた。 このような不特定多数の人を勧誘するネズミ講的詐欺は、早い段階で摘発するのが被害拡大防止の決め手だが難しい面もある。 規模が拡大している間は、不払いは発生せず、参加者はうまい話に酔いしれている。この段階では被害者はいないので手を出せない。強制捜査できるのは、上手く行かなくなってからになる。その時には被害者が多数に上ることになる。 法的...

… 続きを読む


以前から、騒がれていた波会長率いるL&Gが遂に強制捜査を受けた。
 このような不特定多数の人を勧誘するネズミ講的詐欺は、早い段階で摘発するのが被害拡大防止の決め手だが難しい面もある。
 規模が拡大している間は、不払いは発生せず、参加者はうまい話に酔いしれている。この段階では被害者はいないので手を出せない。強制捜査できるのは、上手く行かなくなってからになる。その時には被害者が多数に上ることになる。
 法的規制を考えるとすれば、会員に会員を募集させるやり方を問題にするしかないだろう。



波会長は過去にも詐欺で逮捕歴のある人物である。ニュースの写真で見る限り、信頼するに足りる風貌ではないように思われる。被害者のインタビューである中年の女性は、今でも憎句思えないねーと話していた。



人間の弱味を知悉している悪は懲りることはない。経済犯の刑期は短いのですぐ出てきて、また新たな詐欺に取りかかるだろう。
 騙される方も懲りないからいけない。よく知った人から内緒の儲け話を聞かされて、ホテルか何かの立派な会場で、豪勢なパーティに参加し、2回ぐらいの配当を貰うともう信じ込んでしまう。わたしだけこんな良い思いしてはいけない。親類・知人に教えてあげようと考える。
 人間は目の前で、姿が見える物は本当だと思いこんでしまう。TVの映像、スクリーンの映画ですら本当と思ってしまう傾向がある。



ロマンの話は信じても良いだろう。夢を見ることも良いだろう。しかし、金を出せばこんなに儲かります。金額以上のサービスが受けられますという話は信じないことにしよう。
 なぜなら、冷静に考えてみよう本当に儲かる話しがあれば、それを人に教えることは無く自分たちで儲けるはずである。



しかし、懲りない悪と懲りない愚か者の悲喜劇は、人間の欲呆けが無くならならない以上、まだまだ続くに違いない。




『L&Gを強制捜査、会長宅など捜索 出資法違反容疑
2007年10月03日20時07分



 高利の配当や「円天」と称する疑似通貨を売り物に、健康商品販売会社「エル・アンド・ジー(L&G)」(東京都新宿区、波和二会長)が違法に出資金を集めた疑いが強まったとして、警視庁と宮城、福島両県警の合同捜査本部は3日、出資法違反(預かり金の禁止)容疑で同社の本社や波会長の自宅など関係先を家宅捜索した。全国約5万人から1000億円超を集めたとされ、捜査本部は過去最大規模とみられるマルチ商法の実態解明を進め、最終的には詐欺容疑での立件を目指す。
 

L&G本社には捜査員約90人が家宅捜索に入った。10階建てビルには約15の関連会社とNPO法人「あかり研究所」も入居する。詐欺容疑での立件に向け本格捜査が始まった=3日午前9時54分、東京都新宿区新宿2丁目で、
 

 捜索は4日以降も行われ、計約50カ所以上に及ぶ見通しだ。



 出資法は、法で規定された者以外が、不特定多数から資金を集めることを禁じている。同庁生活経済課などによる今回の捜索の容疑は、L&Gが05年4月~07年4月、東京都内と宮城、福島両県内に住む40代~80代の男女4人から、「協力金」名目で計約1700万円を預かった疑い。


 


 同課などによると、同社は01年ごろから、「100万円を預ければ年利36%」などとうたい、「協力金」と称して不特定多数から出資金を集め、出資金を配当に回す「自転車操業」を繰り返していたとみられる。



 さらにグループは数年前から、疑似通貨「円天」を発行。「保証金」名目で現金を振り込むと、その額に応じて年1回、同額の円天が与えられた。会員は全国のホテルや銀座のビル、インターネット上の「円天市場」で各種の商品を得る仕組みだった。



 会員は「あかり価格」と称する金を払って入会。自ら新たに会員を勧誘すると、その会員が契約した投資商品や円天の25%を報酬として受け取る制度だった。



 しかし、L&Gは今年1月、協力金の配当の支払いを、現金から円天に切り替えると決め、2月に会員に通知。その後、円天での配当も止まった。9月20日、資金繰り悪化などを理由に約15の関連会社を含め従業員の大半を解雇し、活動は行き詰まっていた。



 L&Gは朝日新聞の取材に「配当は株主社員(会員)への給料。不特定多数から金を集めてはおらず、違法ではない」と説明している。



 同庁などは、L&Gが経営に行き詰まってからも、配当を受けられるかのように装い出資金を集め続けた疑いもあるとみて、詐欺罪の適用も視野に捜査する。 』(Asahi.com)



 

2007-10-03 (Wed)

2007/10/03 日記 年金保険料猫ババ同士の泥仕合

2007/10/03 日記 年金保険料猫ババ同士の泥仕合

10月3日(水)庚午 旧八月廿三日 赤口 大犯土『10月3日生の性格: 足が地についた誠実なタイプ。 大きな冒険はしない代わり、目標に定めて着々とそれをかなえる努力をします。 とっても家族を大事にします。 』いい人ですね。こうあるべき人ですね。だけど、つまらない人でしょうね。『10月3日の誕生花「ランタナ」花言葉は「協力」 オレンジや黄色の鮮やかな花。アジサイを小型にした感じです。小さな花が肩寄せ合...

… 続きを読む


10月3日(水)庚午 旧八月廿三日 赤口 大犯土



『10月3日生の性格:
 足が地についた誠実なタイプ。
 大きな冒険はしない代わり、目標に定めて着々とそれをかなえる努力をします。
 とっても家族を大事にします。 』



いい人ですね。こうあるべき人ですね。
だけど、つまらない人でしょうね。



『10月3日の誕生花「ランタナ」
花言葉は「協力」


 




オレンジや黄色の鮮やかな花。
アジサイを小型にした感じです。
小さな花が肩寄せ合って咲いている姿がほほえましく、「協力」ということばがピッタリです。



クマツヅラ科。常緑小低木。
熱帯アメリカ原産です。
日本には江戸時代に入ってきました。



別名「シチヘンゲ(七変化)」の通り、咲き始めの淡い黄色~オレンジ~紅色と花色が変化していきます。
そこも、ちょっとアジサイに似ていますね



鉢植え用に改良された品種も多く、栽培も簡単です。



また、花が終わった後には、
ブドウや和菓子(ぬれ甘納豆の粒を丸く形作ったような・・・)を思わせる、つやのある実をつけます。』
(366日・誕生花の辞典
http://www.366flower.net
 より転載)



社会保険料の窓口猫ババ事件について、泥仕合。
社会保険庁も市町村も同類・同罪である。人をとやかく言う前に、反省すべきである。
 犯罪を犯した人が処罰されないなら、犯罪を奨励しているようなものだ。



調査したのは、現在までに判明している分だけだろう。問題は氷山の一角ではなく、水の下に沈んでいる部分を水の上に上げることだ。



『「市町村窓口、信用ならない」 厚労相発言に自治体反発
2007年10月01日21時07分



 年金保険料の横領問題で、舛添厚生労働相が先月29日のテレビ番組出演後、記者団に「市町村の窓口は信用ならない」と発言した。この発言に対し、鳥取県の倉吉市長が同30日、発言の「訂正」を申し入れたほか、1日には東京都の武蔵野市長が「看過できない」との抗議文を大臣あてに提出するなど、地方自治体から批判が相次いでいる。



 舛添氏は番組の中で、社保庁職員と市区町村職員による過去の年金横領が153件、4億1321万円に達したとの調査結果を受け、社保庁の窓口での保険料徴収を廃止し、銀行振り込みなどに限定する意向を示した。現在、自治体の窓口での徴収は行われていないが、舛添氏は出演後、記者団に対し、「社保庁は信用ならない。市町村の窓口はもっと信用ならない」と話した。



 これに対し、長谷川稔・倉吉市長は「鳥取県では過去にも(横領は)一件もない」と、舛添氏に抗議文を送付。邑上守正・武蔵野市長も「発言は、年金行政全体への不信感を増幅しかねない。日々、住民への対応に尽力している市町村職員の士気を著しく損なうものだ」と、発言の真意を説明するよう求めた。


 


 自治体の反発について舛添氏は1日、記者団に「目の前に現金があり、借金に追われていたら、とっちゃう。人間の弱さを前提にして(制度設計を)やった方がいい」と再反論した。
この記事の関連情報を』



『舛添厚労相、抗議の自治体に「ざれ言につきあう暇ない」
2007年10月2日(火)11:26
 

 年金保険料の横領問題で、舛添厚生労働相が「市町村の窓口は信用ならない」と発言したことに対し、鳥取県倉吉市長と東京都武蔵野市長が抗議文を提出していることについて、舛添氏は2日の閣議後の記者会見で、「小人(しょうじん)のざれ言につきあってる暇があったら、(私は)もっと大事なことをやらないといけない」と強い不快感を示した。


 


 抗議文では、「職員の士気を損なう」などとしているが、舛添氏は「(年金横領では)市町村の不正の方が社会保険庁よりもはるかに数が多かった。士気の問題ではない。(抗議する)暇があったら、ちゃんと監視しなさい」と批判した。』(Asahi.com)


 


 

2007-10-03 (Wed)

2007/10/03  K-1 WORLD MAX 2007~世界一決定トーナメント決勝戦

2007/10/03  K-1 WORLD MAX 2007~世界一決定トーナメント決勝戦

K-1 WORLD MAX 2007~世界一決定トーナメント決勝戦  日付 10月3日(水)  開始 17:00  会場 東京・日本武道館   今日は晴れの日である。年に一度のMAXの王者決定戦である。GPよりMAXの方がスピードもあり、日本人が活躍するので面白い。 今日の最大のポイントは、魔裟斗がブアカーオに準々決勝で対戦することである。準々決勝は第一試合なのでダメージがない。本当の実力で戦うことができる。 前回...

… 続きを読む


K-1 WORLD MAX 2007~世界一決定トーナメント決勝戦 
日付 10月3日(水)  開始 17:00 
会場 東京・日本武道館 
 

今日は晴れの日である。
年に一度のMAXの王者決定戦である。
GPよりMAXの方がスピードもあり、日本人が活躍するので面白い。
 今日の最大のポイントは、魔裟斗がブアカーオに準々決勝で対戦することである。準々決勝は第一試合なのでダメージがない。本当の実力で戦うことができる。
 前回、ブアカーオに手玉に取られ、なすことなく敗れた魔裟斗がどこまで戦えるかが興味の中心である。
 朝からTV放送が楽しみであった。



【試合結果】(以下 スポーツナビ から転載)



第3試合 トーナメント準々決勝第1試合 3分3R延長1R 
ブアカーオ・ポー.プラムック
(タイ/ポー.プラムックジム)  ● 3R判定 0-3(27-30、27-30、27-29)   ○ 魔裟斗(日本/シルバーウルフ) 
 
 

第4試合 トーナメント準々決勝第2試合 3分3R延長1R 
マイク・ザンビディス(ギリシャ/メガジム)  ● 3R判定 ドロー 0-1 延長R 0-3   ○  アルトゥール・キシェンコ(ウクライナ/キャプテンオデッサ) 
 
 

第5試合 トーナメント準々決勝第3試合 3分3R延長1R 
佐藤 嘉洋(日本/フルキャスト・名古屋JKファクトリー)  ●
3R判定 0-3   ○ アルバート・クラウス(オランダ/チームスーパープロ) 
 
 

第6試合 トーナメント準々決勝第4試合 3分3R延長1R 
アンディ・サワー(オランダ/シュートボクシングオランダ)  ○2R 1分43秒KO   ● ドラゴ(アルメニア/チームショウタイム) 
 
 

第7試合 トーナメント準決勝第1試合 3分3R延長1R 
[準々決勝第1試合勝者]魔裟斗○2R 0分41秒KO    ● [準々決勝第2試合勝者]アルトゥール・キシェンコ
 
 

第8試合 トーナメント準決勝第2試合 3分3R延長1R 
[準々決勝第3試合勝者]アルバート・クラウス●3R判定 0-2(29-30、30-30、29-30) ○ [準々決勝第4試合勝者]アンディ・サワー
 
 

第10試合 トーナメント決勝 3分3R延長2R  [準決勝第1試合勝者]魔裟斗●2R終了 TKO ○ [準決勝第2試合勝者]
アンディ・サワー
 サワーが2年ぶり2度目の優勝
 
 

 【感想】

①魔裟斗-ブアカーオ戦
 まさか魔裟斗が勝つとは思わなかった。嬉しい誤算だった。魔裟斗の速攻の勝利だったが、飛び込んでくる魔裟斗を前回のブアカーオは前蹴りで止めて、下、中、上の蹴りで攻めたが、今年はパンチで打ち合ってしまった。魔裟斗の作戦勝ち、次回があるとすれば、今回みたいには行かないだろう。3度目がどうなるか楽しみである。



②サワーの安定感・テクニック・頭脳的戦術が光った。
ドラゴ戦の右のクロスカウンターは、ボクシングでも見られない見事な物だった。ドラゴは見えないから何が起こったか解らないだろう。ビデオをみて初めて解るだろう。
 魔裟斗戦も魔裟斗が前に出てくると横にサイドステップして魔裟斗の足をローと太股とを蹴り分けていた。考えたとおりに試合を運べるのが素晴らしい。魔裟斗はサワーに2連敗。次は第1戦でやって欲しいが、苦手かも知れない。


 


③佐藤は負けたが良かった。従来のアマチュアの試合のようなおとなしい戦い振りではなく、派手に打ち合った。
 負けたが、次に繋がる内容であった。パンチに力があった。蹴りを下のように使えば、クラウスに勝てただろう。



 

2007-10-02 (Tue)

2007/10/02 日記 青い地球

2007/10/02 日記 青い地球

10月2日(火)己巳 旧八月廿二日 大安 己巳『10月2日生の性格: 親から特別にかわいがられた人です。 そのせいか、かなりの甘えん坊。 いくつになってもかわいげのある素直な性格で、年長者からかわいがられます。 』『10月2日の誕生花は「キバナコスモス」花言葉は「野生美」 キク科。一年草。原産地は、コスモス同様、メキシコです。日本への渡来は、大正時代。こぼれ種でどんどん増えるので、野生化もしてい...

… 続きを読む


10月2日(火)己巳 旧八月廿二日 大安 己巳



『10月2日生の性格:
 親から特別にかわいがられた人です。
 そのせいか、かなりの甘えん坊。
 いくつになってもかわいげのある素直な性格で、年長者からかわいがられます。 』




『10月2日の誕生花は「キバナコスモス」
花言葉は「野生美」


 




キク科。一年草。
原産地は、コスモス同様、メキシコです。
日本への渡来は、大正時代。
こぼれ種でどんどん増えるので、野生化もしているようです。
草丈は、1メートル~1メートル20ほど。
けっこう、大株になって迫力があります。
花期は、6~11月。



さて、この花、
花びらは当然、一枚ずつバラバラ、に見えますよね?



ところがどっこい!
花びらの根本は、くっついているんです。
筒のようになっていて、「合弁花(ゴウベンカ)」とされています。』
(366日・誕生花の辞典
http://www.366flower.net
 より転載)




『闇に浮かぶ青い地球 かぐやがハイビジョン撮影
2007年10月1日(月)19:43 (共同通信)


 




 宇宙航空研究開発機構などは1日、同機構種子島宇宙センターから打ち上げた月周回衛星「かぐや」が、搭載しているハイビジョンカメラで初めて撮影した地球の動画を公開した。9月29日、かぐやが地球の周回軌道から離れ月に向かって飛行中、地球から約11万キロの位置で撮影した。真っ暗な宇宙空間に、ほぼ右半分が太陽光で照らされて青く輝く地球が浮かび、大西洋上にある雲がくっきりと映っている。』


 


地球から見る月は詩心の対象だが、月から見る地球はどうなのだろう?
 写真で見ると、青く輝いているが、何となく冷たい感じがする。温暖化の割には冷たい印象である。月にも、Blue Moonという言い方があるが…。