FC2ブログ

  •    酒蔵 カテゴリーの一覧

2014年03月30日(日) 記事No.2969


毎年恒例の美濃天狗(林酒造)春の大試飲即売会が開催された。

期日:
 
平成26329日(土)10:00
16:00
 
平成26330日(日)10:00
16:00

生憎の雨になってしまった。

雨脚が強く、イベントには厳しい天気だ。

林酒造に着き、傘の中で身体を窄めながら、門に入る。
テントが用意されて、新酒の試飲・販売、物品の販売が行われているのは、いつもの通りだ。

昨年の様子は、以下の記事に書いた。
2013/04/07 美濃天狗(林酒造)春の新酒・大試飲即売会(その1)」
http://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/23fa1c677b6d47799ca0e24219568fd2

かなりの雨だが、テントの下のテーブル席は満席で、立っている人も多く、会計のコーナーではお酒や物品を購入する人が、順番を待っている。
雨はイベント泣かせだが、この様子を見て安心した。

このイベントの楽しみは、お座敷でいただけるお花見弁当と大吟醸の利き比べだ。
日程の都合でお花見弁当の予約が遅くなり、29日、30日それぞれ3回合計6回あるのだが、30日の12:00の回しか空いていなかった。
雨に負けること無く、来場者は楽しみに来ている。

時間が来たので、お座敷に入る。
お座敷でお花見弁当をいただきながら、美濃天狗の大吟醸を飲むのは贅沢の時間だ。
clip_image002
雨は、かなりの雨だが、お座敷に入れば、寧ろ雨の風情も良いものだ。

clip_image004
指定された場所で、お弁当を待つ。

今年のお花見弁当が運ばれてきた。
蔵元のお姉さんがプロデュースするお花見弁当はお弁当屋さんの弁当とは違ったもの。
<お花見弁当>
clip_image006
美濃天狗の酒粕や塩麹を使った料理を中心に、春を感じさせる盛り沢山な内容になっている。

・烏賊と筍の和え物木の芽添え
clip_image008
甘く、ふんわりとした味わいが春の訪れを感じさせる。
烏賊のぬめりとし食感と筍ののサクサクとした食感の違いが面白い。

・糸もずくの酢の物
clip_image010
もずくが細すぎるのか、カメラのピントが合わなかった。それ程細いもずくだ。
細いが食感は、シャリシャリとしたものでダラリとはしていない。

もずくの本場は沖縄だが、沖縄のもずくは太いもずくが多く糸もずくは少ない。
沖縄のもずくは養殖が多く、みやげ物や一般の居酒屋で出るものは新鮮さがないのでどうしてもダラリとした食感になる。
宮古島で食べた天然のものは細く、シコシコとして美味しかったが、このもずくはそれに近い印象だ。

お膳の右側には、色々乗せられている。
clip_image012


・卯の花と蛤と人参の炊きもの
clip_image014
軽く甘い味わい。後口に残る香りは胡麻だろうか。


・鳥の唐揚げ
clip_image016
味の濃い唐揚げではなく、カリカリとした表面の食感の後、中の肉のふんわりとした旨味が出てくる。肉のつけダレに美濃天狗の塩麹が使われているのだろう。


・キュウリ、蛸、こんにゃくの串物
clip_image018
海の蛸と陸のキュウリとこんにゃくの食感を楽しむ串。
串の左は、そら豆、右下はミニトマト。


・鰆の焼き物
clip_image020
食べると魚の旨味が後から追いかけてくる。これは酒粕と塩麹のコラボレーションだろうか。


・だし巻き玉子
clip_image022
花見弁当には欠かせない出汁巻き玉子。薄塩の出汁の旨味が感じられる上品なもの。


・鰹のたたき
clip_image024
薬味が生姜・人参・葱・大葉と多彩で、香りの変化が楽しめる。




   酒蔵 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2014年03月30日(日) 記事No.2970


・粕汁
clip_image002
中に里芋、人参、花麩が入っている。
汁は甘いふんわりとした食感。
人参はシコシコした食感で、温野菜の感じだ。


・おにぎり
clip_image004
ゆかりと胡麻の風味。


・スイーツ
clip_image006
美濃天狗の酒粕を使った酒まんじゅう。
ホカホカのものが出される。
餡はこし餡で切れのよい上品な甘さ。
トッピングの桜の花の塩漬けが、桜の甘い香りを立て、塩味のアクセントを効かせて、とても良い感じだ。



<大吟醸3酒利き比べ>
大吟醸3酒の利き比べは有料だが、試飲の位置づけなので3杯で500円と格安。
clip_image008
なみなみと注いでいただいた。ありがたし。
clip_image010
個人の印象を書くが、個人の嗜好によるもので、一般的ではない。
是非、自分で飲んで確認していただきたい。

右から
・美濃天狗 大棟梁 純米大吟醸
立ち香はほのか、甘い入り口、酸は程々でスッキリとした印象。中盤は滑らかで、その後辛味が出る。苦味は底で締める程度で浮かない。後口はピリ辛系。

・美濃天狗 鼻高々 大吟醸
立ち香は軽い甘みを感じさせるバニラ風のもの。甘い入り口の後、大きく膨らむあじわいを感じる。味のバランス良い。含み香に仄かな麹バナのようなものを感じる。終盤にかけ辛味を感じる。後口は癖がなく、余韻も良い。

・美濃天狗 いひょうゑ 純米大吟醸雫取り
立ち香はあまり感じない。入り口からバランスの取れた味わい。注意すると甘い味の後酸が膨らみ、終盤にかけ切れの良い辛味が続く。

全体の印象としては、こちらの体調の問題かもしれないが、例年の味わいに比べ切れの良い辛味を感じた。
そのバランスがややハードな感じで、それが都会的なイメージを感じさせる。飲み会の傾向から考えると、最近の若い人にはこの味わいのほうが向いているかもしれない。


まったりと楽しませていただいたが、13;00からの回の準備が始まる前に、席を立たなければならない。
お座敷+お花見弁当+大吟醸3酒でサービスは、2000円の値段に吊り合わない本当に贅沢なもので、普通の財布しか持ち合わせていない普通人にはありがたい。
来年は、満席の危険を避けるために、もう少し予約を早くしなくては...


【データ】
林酒造株式会社
代表者:林 伊兵衛
所在地:〒509-0222
岐阜県可児市羽崎1418番地

電話番号:0574-62-0023
FAX
番号:
0574-61-2760
営業時間:90018
00
定休日: 土、日、祝、お盆、年末年始

ホームページ: http://www.minotengu.co.jp/
facebook
https://www.facebook.com/minotengu
メールアドレス:
info@minotengu.co.jp



   酒蔵 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2014年03月08日(土) 記事No.3029


clip_image002

本当は、3月末のイベントとに参加したいのだが、都合がわるいので、蔵開放に行ってきた。

この蔵は、搾りの違いを商品化しているので搾り方を自分の舌で確認することができるので、面白い蔵開きだ。
日本酒の持つ微妙さを理解することが出来る。
細部に拘るのが日本文化とすれば、日本酒の搾りも日本酒の文化といえる。

毎年、来ているのだが、昨年は記事を書かなかったが、花見には「純米吟醸はなざかり あらばしり」を持参した。
その前は記事にしている。

2011/03/06 花盛酒造蔵開き (その1)」
http://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/e85dbf139d6ff62978cf35820c759364

2012/03/04 花盛酒造蔵開き(その1)」
http://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/6673215af9bb46ecb5e5bcbd470c6501


「花盛 春の酒蔵開き 2014
期日: 38日(土)・ 9日(日)
時間: 10時~15


clip_image003
入り口では、梅の花がお出迎え。

頂いた案内ハガキを提出して受付を済ませ、奥に向かう。試飲は中庭で行われ、蔵では袋吊りが見学できる。

clip_image005
今日は、搾り機による作業は行われていない。
clip_image007

蔵の奥で、袋吊り作業が行われている。
clip_image008

clip_image010


clip_image012
写真を撮っていると、袋吊りタンクのカバーを外して、中を撮らせてくれた。

静かな蔵内では、耳を澄ますと、雫の垂れる音がする。

タンクの横では、搾りたての雫取りを試飲することが出来、購入することも出来る。
ふな口から出てきたばかりの雫取りは、甘い吟醸香が立ち、新酒らしいピチピチした活発さの後に、雫取りの切れの良さが上品さを感じさせる。

中庭での試飲、販売、粕汁や甘酒の振る舞いは例年通りだ。


蔵開放では新酒を主に試飲することが出来る。

clip_image014
初舟 純米吟醸はなざかり ふなくち
富山県産五百万石 精米歩合55

特別本醸造は、搾り別に4種類用意されている。
しずく(袋吊り自然垂れ)、ふなくち、あらばしり(うすにごり)なかとり(清澄)。

特別本醸造だが、しずくは中盤からの切れが良く、搾りの効果を感じさせる。
利き比べができるのは、勉強になる。

clip_image016
「はなもり にごり酒 生」、はスッキリとした飲み飽きしないにごりだ。

菊花盛 普通酒 しぼりたて (からくち) 初しぼり(甘口)
初しぼりのあまくちも切れがよく、べたついた甘さではなく、切れのよい甘さだ。


clip_image018
特別純米はなざかりも3種類利くことが出来た。
しずく(袋吊り自然垂れ)・あらばしり(薄にごり)・なかとり(清澄)

筆者の嗜好では、特別純米については、あらばしりの方がしずくより丸味ふくらみが感じられて、お花見には良さそうな感じがした。

clip_image020
最高クラスの、大吟醸と純米大吟醸のしずくも利くことが出来た。
それぞれ立香は吟醸香がかなり立つ。
大吟醸は大吟醸らしくスッキリと切れがよく、純米大吟醸は酸のふくらみがあり純米大吟醸らしさを感じることが出来る。これが大吟醸、これが純米大吟醸と感じられるオーソドックスな世界だ。

新酒を中心とした試飲だが、これは熟成酒だった。
clip_image021
至福千年というラベルは記憶にないが、矢張り新商品だった。

純米の九年古酒だそうだ「。
滋賀県産玉栄60%精米の純米酒を、平成16年に搾った後、氷温冷蔵庫で貯蔵されたものだそうだ。

立香は老香は全く感じない。
ほのかに甘さを感じる入り口、酸のふくらみは大きくはないが、まろやかで軽やかな印象。味の偏りがなくバランスが良いので食中酒として力を発揮しそうだ。

clip_image022

clip_image023
価格も1.8L2400円、720ml1200円の蔵開き特別価格だ。
9年の熟成酒でこの価格は、値打ちなので
2
本購入した。

【感想】
・今年は、例年よりスッキリと切れの良い印象を受けた。
・花盛酒造の蔵開きの試飲は、色々利くことが出来、新酒は搾りの違いがわかり、熟成酒も色々利くことが出来るので勉強になる。
お気に入りの蔵開きだが、今年は気になることがあった。
3人のグループが大吟醸のところに立ちどまって話をしており近づけない。割り込んで大吟醸を利こうとしたら空になっていた。
補充は行われているので、どうもこの人達が大吟醸ばかり飲んでいて無くなってしまったようだ。

蔵開きで、参加者のマナーが悪く試飲をやめてしまった蔵もあるくらいで、試飲を飲み放題と勘違いして高級酒ばかり飲み続ける不心得者がいるので困る。
だから、某蔵は樽を置いて手酌で飲めるようにしているが、普通酒クラスの酒だけだ。

花盛酒造の試飲も同じようにならないためには、こうした輩は来ないでもらいたい。
利くだけなら10ccもあれば充分だ。それ以上飲むのなら、買って飲めと言いたい。

・今月末には、古酒まで含めた試飲会がある。
日本酒の勉強ができるイベントなのでマナーの良い人は、是非参加して搾りやら新酒・熟成酒の違いを舌で味わってもらいたい。

「花盛 全新酒試飲会」
期日: 321日(春分の日)22日(土)23日(日)
時間: 10時~15
内容:
・試飲 本年度新酒種類+古酒
・イベント特別価格での販売
・粕汁、甘酒の振る舞い
・まんじゅう、塩麹、粕漬け等の特産品販売


【データ】
花盛酒造
岐阜県加茂郡八百津町八百津4091
Tel, 0574-43-0016
Fax, 0574-43-1120
営業時間:

平日 8時~19
土曜日 9時~18
日曜日 10時~18
祝日 10時~18
HP:

http://www.hanazakari.co.jp/



   酒蔵 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年04月07日(日) 記事No.3643

 


林酒造の新酒とお花見弁当を楽しんできた。

「春の新酒・大試飲即売会」
期日:
平成25年4月6日(土)10:00
16:00
平成254月7日(日)10:00
16:00

場所: 林酒造

内容:
<試飲即売>
 
無料試飲---純米吟醸、吟醸、純米、本醸造

有料試飲---いひょうゑ純米大吟醸雫
鼻高々大吟醸雫
大棟梁純米大吟醸
かくれ里 大吟醸 生原酒
3種飲み比べセット 500
追加一種 200



<お花見弁当>
お座敷で弁当をいただきながら、美濃天狗を楽しむことができる。予約1500

<試食>
酒饅頭、甘酒

<販売>
・塩麹 500
・板粕 500g500
・粕漬け
・酒饅頭 ひと箱9個入り 750
一個 80
・甘酒 11,050
・お酒のトリフチョコレート 2個500


お天気は生憎の雨と風になった。
マニアはともかく、一般人にはイベントに雨は辛い。
お天気であれば、駅から野遊びを楽しみながら蔵まで歩くのも楽しいイベントになるが、雨と風では足が重くなる。
今日は、運転手付の車で行くより方法がない。

clip_image001
林酒造に着くと、雨は降ってはいたが、春雨程度だった。
これなら、外の試飲会上でも大して不便ではない。

clip_image002
門には紅白の幕が掛けられ、酒林と化粧樽。
目出度い光景だ。

試飲即売会場にはテントが張られているので、弱い雨であれば支障はない。

<新酒の試飲コーナー>
(1)
無料試飲が可能な新酒6銘柄
clip_image003

右から、印象を書くが個人的な嗜好によるもので客観性はない。

・美濃天狗 本醸造 しぼりたて生原酒
甘味のあるスッキリとした入り口。酸が続き、酸、辛、苦など味が多く濃い味。
仄かな発泡感もある。後口の切れ良い。

・美濃天狗 しぼりたて純米生原酒
 
立香は、麹の香り。本醸造に似ているが比べてふくらみが大きく、とろりとした舌触りが強く、味は苦味が多い。

・美濃天狗 しぼりたて吟醸生原酒
 
立香は吟醸香。含み香に麹の香りを感じる。酸味系の味わい味が濃い。苦味がを感じる。


clip_image004


・美濃天狗 しぼりたて純米吟醸生原酒
 
立香は軽い吟醸香と麹香。甘い入り口。酸は穏やか。吟醸と比べるとスッキリとしている。

・美濃天狗 美濃のつらゝ酒 純米にごり発泡酒
 
立香は甘い香り。甘い入り口、酸味の後発泡感の辛味が来る。含み香は麹の香り。

・美濃天狗 手造り純米 しぼりたて生原酒
 
甘い入り口。麹の香り。酸はスッキリとしている。中盤から苦味の後辛味。しぼりたての生酒らしい世界。


(2)
有料試飲コーナー
clip_image005
美濃天狗の最高級銘柄4酒が、31セット単位で500円。
追加は1種類ごとに200円。

clip_image006
右から
・美濃天狗 かくれ里 大吟醸 袋搾り しずく酒 生原酒
・美濃天狗 大棟梁 純米大吟醸 袋搾り しずく酒 生原酒
・美濃天狗 鼻高々 大吟醸 袋搾りしずく酒 生原酒
・美濃天狗 いひょうゑ 純米大吟醸 袋搾り しずく酒 生原酒

この4酒は、それぞれ火入れ通年商品であるいひょうゑ、鼻高々、大棟梁、かくれ里の袋搾りしずく酒の生原酒であり、期間限定のものである。
  期間限定品を4酒揃えて飲める機会はなかなか無いので、見逃すことは出来ない。



これは、お座敷で花見弁当をいただきながら楽しむことにする。

<試食販売コーナー>
clip_image007
・塩麹と粕漬け
試食もできる。塩麹はまろやかな膨らみある味わいを演出する。

以下は写真を撮り忘れた。
・板粕
・甘酒
酒を飲めない人には甘酒が振舞われる
・酒饅頭
試食ができる。
・チョコレート


<お座敷で花見弁当と美濃天狗を楽しむ>

clip_image008

clip_image009

clip_image010
庭に面したお座敷で花見弁当をいただきながら、美濃天狗を飲むのは贅沢なものだ。

美濃天狗上位4酒の利き酒
clip_image011


右から
・美濃天狗 かくれ里 大吟醸 袋搾りしずく酒 生原酒
  ふわりとした入り口。ふくらみを感じさせる軽い甘味。軽目の大らかな酸。中盤から仄かな苦味が味を締める。後半にかけての切れが良い。後口は辛味系。

・美濃天狗 大棟梁 純米大吟醸 袋搾りしずく酒 生原酒
  まったりとした入り口。ふくらみあり、広がりもある味のバランスが良い。含み香に麹の仄かな香り。後半にかけてやや腰が弱くなる印象。後口は辛味系の押しがある。

・美濃天狗 鼻高々 大吟醸 袋搾り しずく酒 生原酒
  立香は適度な吟醸香。スッキリとした入り口。含み香は麹香。仄かに甘いが味の偏りがなくバランス良い。ふくらみが品位を感じさせる、中盤にかけ良いスピードでふくらみが広がる。中盤から終わりにかけて切れて行く余韻が良い。

・美濃天狗 いひょうゑ 純米大吟醸 袋搾り しずく酒 生原酒
  立ち香はあまり感じない。入り口は軽い甘みのふくらみ。味のバランスがとれたふくらみが広がる。穏やかでのびのびとした余裕を感じさせる世界がある。

この4酒は、通年商品とは違い期間限定のしずく取り生原酒なので無くなり次第終了である。
 林酒造の店頭で在庫があれば購入が可能だ。
オンラインショップには登録がないが、取り寄せ可能かもしれない。



毎年、美濃天狗の大吟醸は美味しいと思うのだが、今年は特に良かった。


山田錦をいひょうゑと鼻高々は35%まで大棟梁とかくれ里は40%迄磨いたもの。
おおらかなスケールのふくらみと広がりのある山田錦の良さが素直に現れている造りになっている。
山田錦を使って苦みばしった渋味を感じさせる酒を造る蔵があるが、それは山田錦の世界ではない。
今年の美濃天狗の大吟醸は、山田錦の大吟醸のお手本のような仕上がりになっていると感じた。
品位とか品格を感じさせる造りは、福井の加藤吉平商店の梵に通じる世界だ。

後で、林伊兵衛蔵元に感想をお話すると、我が意を得たりと話された。
新潟から来られていた杜氏さんが亡くなられたので、今年の造りから蔵元が一人責任をもって造られたとのこと。
ふくらみと広がりのある品格を感じさせる大吟醸は、岐阜でも多くはない。
美濃天狗は、その世界を持っていると言って良いと思う。

   酒蔵 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年04月07日(日) 記事No.3644

<花見弁当>
clip_image012_thumb

clip_image013_thumb
上:もずく酢
糸のように細いもずく。沖縄の糸こんにゃくのようなもずくと違い、文字通り糸の細さ。つるつる滑らかな舌触りだが、噛むとシコシコとした食感。
浮かべてあるのは、紫蘇の風味をつけたハート型の大根の薄切り。

下:卯の花の焚き物
薄い出汁で炊いてある卯の花の中に入っている蛤を噛むとじんわりと旨味が広がる。

clip_image014_thumb
中: 蕗と筍の煮物木の芽添え 春満開を感じさせる
左上:だし巻き卵
左中:トマトの湯むき 酸味と甘味のあるトマトがフルーティ
左下:鰆粕漬けの焼き物
ほのかに甘く、粕の香りが口に広がる。
鼻高々とよく合った。
口に含み噛むと、鰆の旨みと粕の旨みがじんわりと口に広がる。

clip_image015_thumb
左上:鶏のから揚げ
左下:牛蒡と人参と青菜の胡麻和え

clip_image016_thumb
鰹のたたき
ポン酢の味に大葉の香り。

clip_image017_thumb
粕汁 具は里芋の上に人参
とろりとした舌触りと甘味。酒粕の香りが楽しめる。



clip_image018_thumb
瓜の粕漬けと五平餅。
東濃の五平餅は、わらじではなく団子型だ。
表面は香ばしくカリッと焼かれ、中はもちもち。

clip_image019_thumb
酒饅頭。
皮は仄かな酒の香り。
餡はあっさりと上品な漉し餡。




【データ】
林酒造株式会社
代表者:林 伊兵衛
所在地:〒509-0222
岐阜県可児市羽崎1418番地

電話番号:0574-62-0023
FAX
番号:
0574-61-2760
営業時間:90018
00
定休日: 土、日、祝、お盆、年末年始

ホームページ: http://www.minotengu.co.jp/
facebook
https://www.facebook.com/minotengu
メールアドレス:
info@minotengu.co.jp



   酒蔵 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |