FC2ブログ

  • (2)日記 カテゴリーの一覧

2019年05月23日(木) 記事No.7567

2019/05/23 (木) 旧暦: 419日 祝日・節気:  日出: 431分 日没: 1844分 月出: 2245分 月没: 758分 月齢: 18.18 干支: 庚申 六曜: 仏滅 九星: 六白金星


今日のあれこれ: 芍薬

「牡丹 芍薬 ぼけ封じのお寺さん Peony flower temple


https://youtu.be/CXWhFbJwK8g



『シャクヤク(芍薬)はボタン科の多年草。学名 Paeonia lactiflora。高さ約60cm。葉は複葉。初夏、大形の紅・白色などのボタンに似た花を開く。アジア大陸北東部の原産。品種も多い。

概要
牡丹が「花王」と呼ばれるのに対し、芍薬は花の宰相、「花相」と呼ばれる。ボタンが樹木であるのに対して、シャクヤクは草本である。そのため、冬には地上部が枯れてしまい休眠する。ボタンの台木として使用されるが、シャクヤク自体の花も美しく、中国の宋代には育種が始まった。江戸時代には「茶花」として鑑賞され、品種改良も行われた古典園芸植物でもある。また熊本藩では武士の素養として園芸を重要視し、奨励された。特に六種類の植物が盛んに栽培、育種され、これを「肥後六花」と総称するが、キク、朝顔、椿等と共にシャクヤクもそこに加わっている。この熊本で育種された系統を「肥後芍薬」と呼ぶ。これを含め日本のシャクヤクは一重咲きが中心で、特に雄蕊が大きく発達して盛り上がり花の中央部を飾るものが多く、全般にすっきりした花容である。この花型を「金蕊咲き」と呼び、海外では「ジャパニーズ・タイプ」と呼んでいる。

花の形は「一重咲き」「八重咲き」「翁咲き」などがある。

株分けで増やすことが一般的。

歴史
中国で、宋代には育種が始まっている。
近代に入り西洋にも紹介され、19世紀には特にフランスで品種改良がなされ、豪華な千重咲き大輪の品種群が生まれた。明治時代以降の日本では、神奈川県農事試験場(現神奈川県農業技術センター)がこれらを導入し従来の日本の品種群との交配を重ねて、新たな一群が作られた。その後日本でも切り花用品種の育成が続いているほか、伊藤東一によりボタンの黄花品種との交配により濃黄色の品種がいくつか生まれ、世界的にも注目された。また20世紀後半にはアメリカでの育種が進み、いくつかの近縁種との種間交雑も試みられ、従来にない花色を備えたものもいろいろと現れている。外国での品種は「洋芍」とよばれる。

薬用
シャクヤクまたは近縁植物の根は、消炎・鎮痛・抗菌・止血・抗けいれん作用がある生薬であり[2][3]、日本薬局方に収録されている[4]。生薬名「芍薬」(シャクヤク)。初出は『神農本草経』[2]。漢方ではポピュラーな生薬で葛根湯、十全大補湯、芍薬甘草湯、大柴胡湯、当帰芍薬散など多くの漢方方剤に配合される[5]。根には配糖体であるペオネフリン、アルカロイドであるペオニンが含まれる[6]

現在、中国では芍薬を赤芍と白芍とを区別して用いている。一時期、赤花を赤芍、白花を白芍としたり、野生品を赤芍、栽培品を白芍としたりしたが、外皮をつけたまま乾燥したものを赤芍、外皮を取り去って乾燥させたものを白芍とするのが正しい区別である[2][3]

近縁種
ボタンやヤマシャクヤク、パエオニア・ムロコセウィッチー、パエオニア・テヌイフォリア、パエオニア・オフィキナリスなど日本から中央アジア、地中海沿岸まで十数種が分布している。
...』
Wikipedia



芍薬の俳句:


・紅白の芍薬活けて客を待つ   印牧緑


・近づけば芍薬と息かよひけり   葉山美香


・供へたる芍薬の香に寝つかれず   西畑敦子




芍薬の花には、心を通わせるもの、心を湧き立てるもの、心を震わせる何かがありそうだ。

芍薬の花には、絶世の美女の小野小町と深草の少将にまつわる百夜通いの物語がある。

 小野小町に心を奪われた深草の少将に、小町は毎夜芍薬の花を持ち、百日の夜通いを遂げれば、契りを結んでもよいと言う。
 
深草の少将は、深草から山科まで芍薬を持参し毎夜通い続けた。
 毎夜通って、深草の少将は残り1日まで通いつめたが、99日目の夜、真冬の夜は吹雪となり、深草の少将は凍死してしまう


俳句の世界では、女性たちが芍薬に心を掻き立てられている。




(2)日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2019年05月22日(水) 記事No.7566

2019/05/22 (水) 旧暦: 418日 祝日・節気:  日出: 431分 日没: 1844分 月出: 2157分 月没: 706分 月齢: 17.18 干支: 己未 六曜: 先負 九星: 五黄土星


今日のあれこれ: 風薫る


「【弘前公園・空撮映像】天守と岩木山 弘前さくらまつり2017


https://youtu.be/T5Ji7QL5AhE



『風薫る : 薫風、薫る風、風の香、南薫

  三夏
夏に吹きわたる風をほめたたえた季語であるが、新緑、若葉のころの風として使いたい季語でもある。語源は漢語の「薫風」で、それを訓読みして和語化したものである。』
(季語と歳時記)



風薫るの俳句:


・岩木山のぞむ天守や風薫る   鈴木静恵


・雨止んで吹き下ろす風薫りけり   稲畑汀子


・一歩出づればそこに山あり風薫る   足立典子


・化粧せし石仏のあり風薫る   黒田秋子


・乾杯のグラスきらりと風薫る   青野安佐子



今日は風薫る日だった。

鈴木の句の天守は、弘前城に違いない。
写真や動画を調べてみると、弘前城と岩木山をテーマにしたものは沢山あった。
掲載した動画は、沢山登録があったyoutubeの動画の一つだ。

大雨が降った後の今日は、塵が流されて、空気は澄み渡った。
 風薫る五月らしい良いお天気になった。

五人の俳人たちも、今日のように光と風に祝福された日に思わず句を詠んだ筈だ。





(2)日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2019年05月21日(火) 記事No.7565

2019/05/21 (火) 旧暦: 417日 祝日・節気: 小満 日出: 432分 日没: 1843分 月出: 2104分 月没: 616分 月齢: 16.18 干支: 戊午 六曜: 友引 九星: 四緑木星


今日のあれこれ: 小満

「伊豆のわさび田 ロッキィ使用」


https://youtu.be/4Wgp6hCfq9U



『小満(しょうまん)は、二十四節気の第8。四月中(通常旧暦4月内)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が60度のときで521日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から5/12年(約152.18日)後で523日ごろ。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の芒種前日までである。

西洋占星術では、小満を双児宮(ふたご座)の始まりとする。

季節の特徴
万物が次第に成長して、一定の大きさに達して来るころ。『暦便覧』には「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と記されている。

麦畑が緑黄色に色付き始める。

沖縄では、次の節気と合わせた小満芒種(すーまんぼーすー)という語が梅雨の意味で使われる。
...
七十二候
小満の期間の七十二候は以下の通り。

初候
蚕起食桑(かいこ おこって くわを くらう) : 蚕が桑を盛んに食べ始める(日本)
苦菜秀(くさい ひいず) : 苦菜がよく茂る(中国)
次候
紅花栄(こうか さかう) : 紅花が盛んに咲く(日本)
靡草死(びそう かる) : 薺など田に生える草が枯れる(中国)
末候
麦秋至(ばくしゅう いたる) : 麦が熟し麦秋となる(日本)
小暑至(しょうしょ いたる) : ようやく暑さが加わり始める(中国)
...』
Wikipedia



小満の俳句:


・山葵田に小満の水余りけり  鈴木しげを


・小満のひと日始まる空真青   折橋綾子


・小満の人影ふゆる田に畑に  太田 嗟




昨夜から今朝にかけての暴風雨が去り、お天気が回復した。
 青空のもと爽やかな風が吹いた。

伊豆や安曇野の大王わさび農場の清流にも初夏の日差しが降り注ぎ、水と山葵の葉が光に照らされて輝いていただろう。

今日、郊外の農地では、田に水が張られていた。
その先の水田では、耕運機が水の中を走り、土を耕していた。

直ぐに田植えが始まるだろう。
梅雨に入れば、稲の晴れ舞台が開幕する。





(2)日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2019年05月20日(月) 記事No.7563

2019/05/20 (月) 旧暦: 416日 祝日・節気:  日出: 432分 日没: 1842分 月出: 2005分 月没: 531分 月齢: 15.18 干支: 丁巳 六曜: 先勝 九星: 三碧木星


今日のあれこれ: 青鷺


「アオサギがボラを食べまくり。」


https://youtu.be/DyQAU9FWFcQ



『アオサギ(蒼鷺、Ardea cinerea) は、ペリカン目サギ科アオサギ属に分類される鳥類。
...
生態
河川、湖沼、湿原、干潟、水田などに生息する[5]。非繁殖期には単独で生活するが[4][6]、本種のみで数羽が同じねぐらに集まったりコサギなどのねぐらに混ざることもある[5]

魚類、両生類、昆虫などを食べるが、鳥類の雛、小型哺乳類を食べることもある[5]。水辺で待ち伏せたり、水辺や浅瀬を徘徊しながら獲物を探す[5][6]。小型の魚類は嘴で挟んで捕えるが、コイなどの大型の魚類は側面から嘴で突き刺して捕えることもある[5]。獲物を発見すると、素早く頸部を伸ばし捕食する。

繁殖形態は卵生。松林などに集団繁殖地(コロニー)を形成する[5]。主に本種のみのコロニーを形成するが、同科他種のコロニーに混ざることもある[5]。主にオスが巣材を集め、メスが樹上に木の枝を組み合わせた皿状の巣を作る[4][5]。日本では4 - 5月に1回に3 - 5個の卵を産む[6]。同じ巣を修理して何年にもわたり使用しつづける[5]。雌雄で抱卵・育雛を行い、抱卵期間は23 - 28[4]。雛は孵化してから50 - 55日で巣立つ[5][6]。生後2年で成熟する[6]。アシの生えた地上での営巣記録もある。

人間との関係
離島の溜池に餌になる魚を求め飛来したアオサギ(神島)
養殖魚を食べるため、害鳥とみなされることがある[7]

害鳥としての駆除などにより生息数が減少している地域もある。例としてイングランドとウェールズでは1970年代後半には年あたり4,600羽以上が駆除されたと推定され、1979年における繁殖個体数は5,400ペアまで激減した[7]。日本では集団繁殖地は限定的で、日本海側に多い傾向がある[5]1978年に環境庁による調査では確認された繁殖地は18メッシュで、例として猿賀神社のように消滅した繁殖地もある[5]。一方で関東地方では近年繁殖数が増加傾向にあり、例として神奈川県では1995年に初めて繁殖が確認された[5]
...
』(Wikipedia



青鷺の俳句:


・夕風や水青鷺の脛をうつ  與謝蕪村


・青鷺の叱と鳴つゝけふの月  服部嵐雪


・ついと首伸ぶる青鷺木を離る   加藤静江


・一歩出で青鷺狙ひ定まりぬ   間宮あや子


・群れなして青鷺諍ふことしきり   大橋晄




白鷺は、郊外の田でよく見る。
白い優美な姿が魅力になっている。

青鷺はあまり見かけない。
というより見ているが知らないだけかも知れない。
句では江戸の昔から詠まれているから、それなりの情趣を持つ鳥なのだろう。

今回,youtubeで動画を見てみると、なかなか優美とは言えず、魚、蛙は勿論、鼠や蛇まで捉えて食べてしまう貪欲な鳥で、烏や鵜などと勢力争いを避けない戦闘的な志向性もあるようだ。

日本でも養殖の魚や観賞用の池の鯉など食べてしまうので嫌がられているが、外国では害鳥として駆除されている。

あまり人里に近いところに来ないほうが良い鳥かもしれない。






(2)日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2019年05月19日(日) 記事No.7562

2019/05/19 (日) 旧暦: 415日 祝日・節気: 望 日出: 433分 日没: 1841分月出: 1903分 月没: 450分 月齢: 14.18 干支: 丙辰 六曜:赤口 九星: 二黒土星


今日のあれこれ: 筍飯


clip_image002
(京料理 筍亭(じゅんてい) 桂コース
http://www.juntei.jp/menu.html
615-8164 京都府京都市西京区樫原鴫谷50
TEL.075-391-7191




『筍飯
  初夏

採りたての筍であれば皮をとりそのまま調理できる。日を経たものは米糠などであく抜きをしてから使う。細かく刻んだ筍と油揚や鶏肉などを煮含めご飯に炊き込む。山椒の若い葉をのせると色取りも香も楽しめる。』
(季語と歳時記)



筍飯の俳句:


・ふるさとの筍飯の旨さかな  羽生栄子


・ようきたと筍飯をてんこもり  樋口英子


・京二夜筍飯でしめくくる  内藤静



故郷の実家や親戚に筍山があったりすると。
掘りたての筍を味わうことができる。
筆者には残念ながらそのようなツテはないので、店で購入するより方法はない。

店で購入しても、筍は下処理に時間がかかる。
料理は手をかけてこそだから、当然なのだが、出来れば作って貰える人がいたほうが美味しい。
なかなか、筍飯も簡単ではない。

京都には、筍料理の専門店があるそうだ。
季節の筍を工夫をこらした献立で味わい尽くす贅沢を京都では実現している。

一人では無理だが、人が揃えば、この季節荀亭の筍づくし会席を楽しむことができる。




(2)日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |