(2)日記 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Category - (2)日記
2021-01-16 (Sat)

2021/01/16 日記  白菜

2021/01/16 日記  白菜

2021/01/16 (土)  旧暦: 12月4日  祝日・節気・雑節・朔望: 藪入り  日出: 6時49分  日没: 16時51分  月出: 9時06分  月没: 19時56分  月齢: 2.92  潮汐: 中潮  干支: 甲子  六曜: 先負  九星: 一白水星  今日のあれこれ: 白菜 「白菜を収穫!! Harvesting an organic hakusai cabbage.」 https://youtu.be/FhSmQpzX1Kw 『白菜: 白菜漬   三冬 アブラナ科。明治時代に...

… 続きを読む

2021/01/16 ()  旧暦: 124日  祝日・節気・雑節・朔望: 藪入り  日出: 649分  日没: 1651分  月出: 906分  月没: 1956分  月齢: 2.92  潮汐: 中潮  干支: 甲子  六曜: 先負  九星: 一白水星 


今日のあれこれ: 白菜

「白菜を収穫!! Harvesting an organic hakusai cabbage.


https://youtu.be/FhSmQpzX1Kw



『白菜: 白菜漬

  三冬

アブラナ科。明治時代に中国から渡来した、冬野菜の代表的なもの。堅く結球する系統と、半結球の系統がある。
みずみずしさ、淡白な味は、和、洋、中華に重宝される。
漬物、煮物、鍋物には欠かせない。』
(季語と歳時記)



白菜の俳句:


・白菜の出来栄え愛でる畑仲間   青木英林


・白菜の尻つやつやと売られけり   中原幸子


・白菜かかへみやこのなかは曇なり  飯島晴子


・白菜かがやく耳朶ほてらせて洗ふ妻  河野南畦


・白菜のずしり坐りて主の座   吉田宏之


・寄鍋の白菜雪のごとくなり  山口青邨


・白菜の甘さ言ひ合ふ夕餉かな   丸山敏幸




今日は、土曜日。
週末だが自粛の日が続く。

明日から寒さが戻るという。
寒い日は、身体から温めなければ、心も温かくならない。
寒い夜は、鍋に熱燗。
それで温まることが出来る。

鍋は何を入れても良い。
魚でも鳥でも豚でも。
だが、白菜は外せない。

火が通り、出汁の旨さをたっぷり吸い込んだ白菜の芯。
口の中に入れ、噛むと旨味と甘味が溢れ出す。
丸山の詠むように、白菜の甘さは夕餉を幸せにする。

白菜は、幸せの野菜だ。
中原も飯島も河野妻も白菜を抱え込んで幸せに照らされている。

ちょっと、気難しい飯島晴子も都の空の下、白菜を抱えて嬉しそうだ。
 飯島晴子にも至福の時があったのだ。

考えてみれば当たり前だが、人間、俳句だけで生きているものではない。
 買い物したり、支度したり、話したり、笑ったり、怒ったり...色々ある。

白菜のずっしりとした幸せ力に照らされて、嬉しそうな飯島晴子に会えたのは、今日の収穫だった。

明日は、寒いそうだ。
白菜の鍋にして、温かくなろう。





2021-01-15 (Fri)

2021/01/15 日記  女正月

2021/01/15 日記  女正月

2021/01/15 (金)  旧暦: 12月3日  祝日・節気・雑節・朔望: 小正月  日出: 6時50分  日没: 16時50分  月出: 8時29分  月没: 18時52分  月齢: 1.92  潮汐: 大潮  干支: 癸亥  六曜: 友引  九星: 一白水星  今日のあれこれ: 女正月 「2020 01 25 長崎県【女正月】年末年始に 家事に追われた女性たちの労を ねぎらう・五島市」 https://youtu.be/rqzunfr_kZI 『女正月(めしやうぐ...

… 続きを読む

2021/01/15 ()  旧暦: 123日  祝日・節気・雑節・朔望: 小正月  日出: 650分  日没: 1650分  月出: 829分  月没: 1852分  月齢: 1.92  潮汐: 大潮  干支: 癸亥  六曜: 友引  九星: 一白水星 


今日のあれこれ: 女正月

2020 01 25 長崎県【女正月】年末年始に 家事に追われた女性たちの労を ねぎらう・五島市」


https://youtu.be/rqzunfr_kZI



『女正月(めしやうぐわつ)

  新年

元日を男正月というのに対して、一月十五日の小正月を女正月という。
 正月忙しかった女たちが、この日ようやく正月気分にひたれるという。社寺に参詣したり、女同士で酒を酌み交わしたりする。』
(季語と歳時記)



女正月の俳句:


・猫脚の膳がずらりと女正月   原田しずえ


・女正月得意料理を持ち寄りて   田下宮子


・枡席の女正月あかりかな   奥田節子


・連れ立つて通し狂言女正月   安永圭子


・昼酒を銀座で飲もう女正月   森脇多恵子


・日本中温泉ブーム女正月   武田美雪


・女正月悪妻どもの溜り茶屋   松本恒子


・夫看取る話の弾む女正月   高倉恵美子




今日は115日。
伝統的な習慣では、小正月の小豆粥や小豆ぜんざい、左義長・どんど焼き、雪国ではなまはげやかまくら、この辺りでは飛騨古川の三寺まいりなど行事の多い楽しい日だ。

もう一つ伝統的な行事がある、女正月だ。
季語の説明にある通りだ。

今の日本、特に都会では、もう実態が見えなくなった習慣かもしれない。
 しかし、動画の様に五島市では今も行われている行事だ。
例句でも、原田、田下の句では女正月が確かに行われている。

奥田、安永の句。
昔も今も、女性は贔屓の舞台に通うのが一番の楽しみだ。
昂じては歌手や舞台の全国ツアーを追っかける人もいる、こうなると毎日が女正月だ。

森脇・武田の句。
女だから遊び歩いちゃいけないことは、もう無い。
飲んで歩こうと温泉巡りを楽しもうと、それは気の儘、思う儘。

戦後、核家族化が進み、女性の社会進出が当たり前になり、共働き家庭が増えた。
 戦前の女は家にいるのが当たり前ではなくなった。
女性の生きる環境は、大きく変化した。
それで、今の女性は幸せ?

今の女性の幸福感について、以下の記事があった。

「働く妻と専業主婦の「幸福度格差」が示す、日本社会の厳しい現実」
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67894?imp=0

詳しくは、原文を読んで頂くことにして、
今の女性の生活を左右する大きな条件は、職を持っているかと子どもが居るかの二つだ。

記事にはこう書かれている。
『統計的な手法を用い、さまざまな個人属性の影響を除去した結果、幸福度の大小関係は以下のとおりとなった。

子どもがいない専業主婦>子どもがいない働く妻>子どもがいる専業主婦>子どもがいる働く妻

この結果には興味深い点が3つある。
...

(...以下は長くなるので割愛した、興味のある方は原文を読んでいただきたい。)

確かに、観劇、お食事会、温泉巡りを楽しむことが出来る女性は、子育てを終えた有閑マダムだろう。

記事では、「子どもがいる働く妻」が幸福度が最も低い。
アンケートでは、そうなのだろう。
しかし、その時点ではなく、生涯を通して見ることが出来る時点では、違うような気がする。
 毎日働いて、稼いで、子どもを育てる、これが自分の責任と病気にもなれず頑張った日々、この時代が一番充実していたと思うようになる。
 これは、女性だけではなく、男もそうだと思う。


松本、高倉の女正月。
これは、少々怖い。
特に、高倉の「弾む」は怖い。
まぁ、話だけだとは思うが。


今日15日の東京のコロナ感染者数は、2001人。
時事通信の世論調査では、内閣支持率が前月比8.9ポイント減の34.2%となった。不支持率は13.1ポイント増の39.7%となり、初めて不支持率が上回った、そうだ。





2021-01-14 (Thu)

2021/01/14 日記  福寿草

2021/01/14 日記  福寿草

2021/01/14 (木)  旧暦: 12月2日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 6時50分  日没: 16時50分  月出: 7時45分  月没: 17時47分  月齢: 0.92  潮汐: 大潮  干支: 壬戌  六曜: 先勝  九星: 二黒土星       今日のあれこれ: 福寿草   「雪解けに咲く福寿草」   https://youtu.be/-ZggS6NyjqM         『福寿草(ふ...

… 続きを読む

2021/01/14 ()  旧暦: 122日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 650分  日没: 1650分  月出: 745分  月没: 1747分  月齢: 0.92  潮汐: 大潮  干支: 壬戌  六曜: 先勝  九星: 二黒土星  

 

 

今日のあれこれ: 福寿草

 

「雪解けに咲く福寿草」

 

https://youtu.be/-ZggS6NyjqM

 

 

 

 

『福寿草(ふくじゅそう、ふくじゆさう) 新年

 

子季語: 元日草

関連季語: 

解説: 福寿草は、花のこがね色とその名がめでたいことから新年の花とされる。元日草ともいわれるように、古くから元日に咲くように栽培されてきた。

来歴: 『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。

文学での言及: 

実証的見解: キンポウゲ科フクジュソウ属の多年草で丈は十センチほど。観賞用に栽培されるほか日本各地に広く分布する。花は黄色で、人参に似た葉を持つ。花期は二月から四月。』

(季語と歳時記)

 

 

 

福寿草の俳句:

 

・安曇野の日は透明に福寿草   熊岡俊子

 

・一人居のにはかに日差福寿草  川崎展宏

 

・雲間より日矢さして来し福寿草   吉田順子

 

・黄のにじむ光を弾き福寿草   藤原明美

 

・黄は日射し集むる色や福寿草  藤松遊子

 

・音もなく日はかがやけり福寿草  仙田洋子

 

・福壽草花の限りに日を彈く   佐藤喜孝

 

 

 

花の少ない時期に、寒い戸外で咲く花、福寿草。

人気の花で、句も沢山詠まれている。

例句を読んでいるうちに7句も選んでしまった。

しかも、日差し、光と福寿草の句ばかり。

福寿草は光の同志のようだ。

 

動画は「雪解けに咲く」と書かれているが、雪が降る前も、降る間も、雪が解け始めても咲いているそうだ。

 

2021年も福寿草の名所では、もう咲いているそうだ。

福島県いわき市福寿草の里。

『市内有数のフクジュソウ群生地として知られており、複数の個人宅が協力して育てています。

例年12月末に日当たりの良い南向きの斜面から開花し、3月上旬まで黄金色の花を楽しむことができます。

今年も昨年末から開花し、可憐な黄色い花びらがそこかしこから顔をのぞかせています。

見頃となるのはもうしばらく先ですので、一面に咲く日まで楽しみですね。』

(ふくしまの旅

https://www.tif.ne.jp/jp/ati/ati_disp.php?id=17532

より転載)

 

 

日本に新型コロナウイルスやって来て、1年。

振り回される日々が続いている。

先が見えない不安の日々が続いている。

 

その様な、この冬でも福寿草はいつもと同じ様に変わりなく咲いている。

 

雪の冷たさにもまけず、日を浴びて輝いている姿は、こう言っているようだ。

“夜が明ければ朝だよ

雪が溶ければ春だよ

もうすぐ、梅も咲くよ

それから、カタクリの花も、白木蓮も咲くよ

桜だって咲くさ“

 

確かに、そうだ。

コロナに勝つ日は必ずやってくる。

その日まで、コロナに捉まらないように一日一日生きて行こう。

 

 

2021-01-13 (Wed)

2021/01/13 日記  寒の水

2021/01/13 日記  寒の水

2021/01/13 (水)  旧暦: 12月1日  祝日・節気・雑節・朔望: 朔  日出: 6時50分  日没: 16時49分  月出: 6時53分  月没: 16時41分  月齢: 29.45  潮汐: 大潮  干支: 辛酉  六曜: 赤口  九星: 三碧木星  今日のあれこれ: 寒の水 「第21回 菅名岳 寒九の水汲みダイジェスト」 https://youtu.be/MHR_YUKjOTU 『寒の水: 寒水、寒九の水   晩冬 寒中の水はその冷たさ極ま...

… 続きを読む

2021/01/13 ()  旧暦: 121日  祝日・節気・雑節・朔望: 朔  日出: 650分  日没: 1649分  月出: 653分  月没: 1641分  月齢: 29.45  潮汐: 大潮  干支: 辛酉  六曜: 赤口  九星: 三碧木星 


今日のあれこれ: 寒の水

「第21回 菅名岳 寒九の水汲みダイジェスト」


https://youtu.be/MHR_YUKjOTU


『寒の水: 寒水、寒九の水

  晩冬

寒中の水はその冷たさ極まった様子から、神秘的な力があると信じられている。
 飲むと身体に良いとされ、ことに寒中九日目の水(寒九の水)は効能があるといわれている。
 その水で餅を搗いたり、酒を造ったり、布を晒したりする。』
(季語と歳時記)



寒の水の俳句:


・寒の水あをあをとして吉野川  日野草城


・わさび田のまろ石寒の水ながれ  皆吉爽雨


・花絶えし壺拭き浄む寒の水  林翔


・噛んで飲めよと伏見より寒の水  鷹羽狩行


・飲み干してたましひ青し寒の水   宮島宏子




今日は、寒の入り九日目の寒九。
寒の水には、神秘的な力があると言われ、特に寒九の水は古来、尊ばれてきた。

季語の説明にあるように、寒の水を使うと良いものが出来ると考えられているので、寒九の水を使いお酒を造る蔵もある。

『寒九の日、寒九の水
小寒から数えて9日目に雨が降ると、その年は豊作になると喜ばれました。

また、この寒九の日は一年で最も水が澄む日とされており、その日に汲んだ水は「寒九の水」と呼ばれ珍重されてきました。

「寒九の水」で薬を飲むを薬効が高まるとも言われ、最高級のお酒を仕込める水と信じられてきました。

現在でも、新潟県五泉市の近藤酒造さんでは、菅名岳(すがなだけ)のどっばら清水で「寒九の水」を汲み、「菅名岳」という日本酒を作られています。』
(四季おりおり快適生活
https://mshabit.info/24sekki_shokan/
より転載)


「菅名岳 寒九の水汲み」イベントは、2020年は開催されたが、今年は例年通り開催されたのか、調べたがわからない。

動画の様子は、2012年の第21回目だが、この年は前年の集中豪雨で山が被害を受けたため、一般の参加者は募集せず、関係者だけで開催されたとのことだ。

コロナ禍の自粛と年末からの寒波による豪雪で、今年も、一般参加募集は中止し、関係者のみで行われたのかも知れない。


日本には山紫水明の自然があり、水は清く美しい。
水に恵まれた国だ。
 富士の湧水は、雨が地下を通り、山麓に湧き出るまで15年から20年の歳月をかけ浄化されて出るそうだ。
 その様な水は特別な水であることは理解できる。

寒九の日に目の前に湧き出る富士の湧水が飲めれば最高だがそれは難しい。
 都会で暮らす人は、水道水になるが、浄水器を使えば、それなりに満足はできる。


例句の5句の世界は、それぞれ清々しい。
宮島の句も理解できる。
今朝は、朝起きてまず一杯の水を飲んだ。
夜、ブログの記事を書く時、いつもは熱いコーヒーを飲むのだが、今日は浄水器の水道水を飲んだ。
 それでも寒九の水はキリリと美味しく、頭がスッキリしたような気がした。





2021-01-12 (Tue)

2021/01/12 日記  千両

2021/01/12 日記  千両

2021/01/12 (火)  旧暦: 11月29日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 6時50分  日没: 16時48分  月出: 5時53分  月没: 15時37分  月齢: 28.45  潮汐: 中潮  干支: 庚申  六曜: 先負  九星: 四緑木星   今日のあれこれ: 千両 「万両 千両 十両の見分け方 赤い実がなる縁起の良い植物 どこが違う?」 https://youtu.be/qRIkqbY_VRE 『千両: 千蓼、草珊瑚/実千両   三...

… 続きを読む

2021/01/12 ()  旧暦: 1129日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 650分  日没: 1648分  月出: 553分  月没: 1537分  月齢: 28.45  潮汐: 中潮  干支: 庚申  六曜: 先負  九星: 四緑木星  


今日のあれこれ: 千両

「万両 千両 十両の見分け方 赤い実がなる縁起の良い植物 どこが違う?」


https://youtu.be/qRIkqbY_VRE



『千両: 千蓼、草珊瑚/実千両

  三冬

センリョウ科の常緑低木。六~七月ごろ黄緑色の花を咲かす。葉の傍に五ミリほどの球形の実をつけ、冬に赤く熟す。
江戸時代初期より栽培されている。』
(季語と歳時記)



千両の俳句:


・千両や陶の有田の門構へ  今井千鶴子


・千両や日陰をつねの遊女塚  中村翠湖


・活け終えし松の根締は実千両  山崎道子




冬に赤い実をつける木は目立ちやすいので目につく。
千両や万両はよく見かける。名前も似ているし、赤い実も同じようだし、どちらかわからない。
 しかし、特徴を確認すれば、簡単に判るそうだ。

家の庭には、千両が自生する。
植えてはいないから、鳥が赤い実を食べて撒き散らすのだろう。
 人家にもやってくるヒヨドリの仕業に違いないが、目撃しても千両を撒いているかどうか判らないので、現行犯逮捕は出来ないし、そもそも咎める必要もない。

千両は縁起の良いものとされ、正月の生花にもよく使用されるのだから、幸をもたらすヒヨドリと褒めてやっても良い。

赤い実をつけるものに南天もある。
いずれの木の赤い実も鳥に食べられ無くなってしまう。
赤い実を付けるのは、目立って、鳥が気付いて食べるようにしているのだから、無くなれば木は目的を達し、してやったりの筈だ。

今度、千両の赤い実を見つけたら、声を掛けてやろう。
“まだ食べてもらえないのか
早く食べて貰うと、イイね”
と。





2021-01-11 (Mon)

2021/01/11 日記  成人の日

2021/01/11 日記  成人の日

2021/01/11 (月)  旧暦: 11月28日  祝日・節気・雑節・朔望: 成人の日  日出: 6時50分  日没: 16時47分  月出: 4時46分  月没: 14時40分  月齢: 27.45  潮汐: 中潮  干支: 己未  六曜: 友引  九星: 五黄土星  今日のあれこれ: 成人の日 「中止、延期相次ぐ 成人の日 緊急事態宣言下」 https://youtu.be/3mRUsNs5d0s 『成人の日: 成人式、成人祭   新年 一月の第二月...

… 続きを読む

2021/01/11 ()  旧暦: 1128日  祝日・節気・雑節・朔望: 成人の日  日出: 650分  日没: 1647分  月出: 446分  月没: 1440分  月齢: 27.45  潮汐: 中潮  干支: 己未  六曜: 友引  九星: 五黄土星 


今日のあれこれ: 成人の日

「中止、延期相次ぐ 成人の日 緊急事態宣言下」


https://youtu.be/3mRUsNs5d0s



『成人の日: 成人式、成人祭

  新年

一月の第二月曜日、国民の祝日である。
過去一年間に満二十歳になった青年男女を祝福する。
市町村では祝賀の式典をおこなう。』
(季語と歳時記)



成人の日の俳句:


・成人の日いきなり雪の平手打ち  鈴木真砂女


・成人の日をくろがねのラッセル車  成田千空


・成人の日の海荒るる九十九灘   田中臥石


・成人の日よ遠山の輝けり   斎藤くめお


・よそほひて成人の日の眉にほふ  猿山木魂


・やはらかき成人の日のパンの耳  岡本卿子




今日は1月の3連休の最後の日、成人の日。
天気は、日本海側は荒れ模様だった。
ラッセル車も出動したことだろう。

今年の成人式は、密を避けるため、人の集まりを避けるため、コロナ対策のため、開催を中止する自治体が多かった。

それでも、最大の成人が住む横浜市は、場所の分散、式の開催など工夫をして開催したそうだ。
 開催をするほうが良いのか、リスクを避けて中止するほうが良いのか、誰も正解は持っていない。
 ただ、開催の場合も、成人式の後の会食は禁止としたところがあった。折角、自治体が努力して開催してくれたのだから、新成人も自覚して、今日はおとなしく帰宅し、コロナが過ぎ去った後に思う存分会食をすれば良い。

沖縄では、例年通り一部の市町村では、騒ぐ新成人がいたそうだ。
 元気なのは良いが、独りよがりの空元気では、未来は開けない。

良い話では、振り袖のレンタルのニュースが有った。
成人式が中止になり、ある新成人が晴れ着を着る舞台を失ってしまった。その晴れ着を契約したレンタル業者が、その晴れ着をプレゼントしたそうだ。
 成人式は中止、レンタル費用は支払うの二重苦に遭遇した新成人も多いことだろう。レンタル費用を中止した自治体が負担できないものだろうか。


岡本の句。
成人の日のパンの耳は、矢張り、とっても柔らかい。





2021-01-10 (Sun)

2021/01/10 日記  稽古始

2021/01/10 日記  稽古始

2021/01/10 (日)  旧暦: 11月27日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 6時50分  日没: 16時46分  月出: 3時35分  月没: 13時50分  月齢: 26.45  潮汐: 中潮  干支: 戊午  六曜: 先勝  九星: 六白金星  今日のあれこれ: 稽古始 「九州産業高校和太鼓部 2021年【新春】初稽古」 https://youtu.be/SYm3oG4tAGs 『稽古始(けいこはじめ ) 新年 【子季語】  初稽古 【...

… 続きを読む

2021/01/10 ()  旧暦: 1127日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 650分  日没: 1646分  月出: 335分  月没: 1350分  月齢: 26.45  潮汐: 中潮  干支: 戊午  六曜: 先勝  九星: 六白金星 


今日のあれこれ: 稽古始

「九州産業高校和太鼓部 2021年【新春】初稽古」


https://youtu.be/SYm3oG4tAGs



『稽古始(けいこはじめ ) 新年

【子季語】
 初稽古
【解説】
 新年初めての武術、音曲、生花、茶の湯などの稽古を始めること。』
(季語と歳時記)



稽古始・初稽古の俳句:


・弓凛と張りたる稽古始かな   清水晃子


・はじかれて竹刀ころがる初稽古  廣瀬直人


・てんでんばらばらに四股踏み初稽古  鷹羽狩行


・ファイティングポーズで痩せる初稽古   北川隆子


・かんざしの稲穂のゆるる初稽古  井口はる子




新年はコロナ非常事態からの始まりで、仕事も生活も制約を受けている。
 普通の生活であれば、仕事も始まり生活もお正月気分から戻り、趣味のお稽古事も始まる時期だ。

稽古始めも、内容によって影響を受けている。
柔道など二人で組み合うものは中止になったりしている。一方、剣道は行っているようだし、団体によって違うのかも知れない。

個人的には、昨年の第1波、第2波の時は公共施設がすべて閉鎖されたので、身体を動かすことができなくなってしまった。
 第3波は、現在感染爆発中、これからどうなるのか?
公共施設、スポーツジムなどが閉鎖されると、健康維持も難しくなる。

日本舞踊のような稽古事は、コロナのリスクは低いから大丈夫だろうが、運動系のものは施設が使えないと開催が難しくなる。
 施設関係の利用停止は、避けて欲しいと思う。





2021-01-09 (Sat)

2021/01/09 日記  冬将軍

2021/01/09 日記  冬将軍

2021/01/09 (土)  旧暦: 11月26日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 6時51分  日没: 16時45分  月出: 2時24分  月没: 13時07分  月齢: 25.45  潮汐: 若潮  干支: 丁巳  六曜: 赤口  九星: 七赤金星   今日のあれこれ: 冬将軍 「大雪のリアル【富山県・2021年1月9日】」 https://youtu.be/dpQUmRw8_4c 『【冬将軍】 の解説 《モスクワに遠征したナポレオンが、冬の寒さと...

… 続きを読む

2021/01/09 ()  旧暦: 1126日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 651分  日没: 1645分  月出: 224分  月没: 1307分  月齢: 25.45  潮汐: 若潮  干支: 丁巳  六曜: 赤口  九星: 七赤金星  


今日のあれこれ: 冬将軍

「大雪のリアル【富山県・202119日】」


https://youtu.be/dpQUmRw8_4c



『【冬将軍】 の解説
《モスクワに遠征したナポレオンが、冬の寒さと雪が原因で敗れたところから》冬の厳しい寒さをいう語。
 また、寒くて厳しい冬のこと。「冬将軍の訪れ」《季 冬》』
(デジタル大辞泉)



冬将軍の俳句:


・冬将軍伊吹の山を白塗りに   内藤順子


・列島は冬将軍の手の中に   須賀敏子


・風神も雷神も連れ冬将軍   田中責


・覇気持ちて迎へ撃つべし冬将軍   中島玉五郎


・冬将軍何する者ぞちやんこ鍋   中島陽華




3
回目の寒波が日本列島を襲っている。
爆弾低気圧とやらで、日本海側が集中的豪雪になっている。

今、NHKのニュースサイトのLIVE映像を見ながら記事を書いている。
 映像は新潟の長岡、秋田の横手、富山空港の様子を写している。

新潟は長岡の市街だろうか暗く暮れた夜の街が雪に埋もれている。上の方の少し明るい部分は道路で、ほとんど動くものは見えない。小さな蟻のように見えるのは車だろうか。

秋田も横手市内だろう、街が雪に埋もれている。こちらは新潟のLIVEに比べると明るい。カメラが近く、真ん中に明るい道路が上から下へと走っている。自粛のためか雪のためか交通量は少ない。それでも、時折車は走っている。先程は、歩いている人影もはっきりと写していた。

富山空港は、画面が赤い色をしている、カメラの増感操作によるものだろうか。動くものはまったく無い画面が続いている。動いているのは、飛行場を照らすサーチライトの光が浮かび上がらせる降る雪だけだ。先が見通せないような雪が休むこと無く降り続いている。3場所の内最も雪が強そうだ。


カメラが写している冬将軍の占領地にいれば、人は間違いなく凍死する。
 するべきことは唯一つ、温かい部屋の中に逃げ込むことだ。
 それに、出来れば、中島のように熱々のちゃんこ鍋を肴に熱燗の日本酒で身体を中から温めることだ

雪は、明日もまだ続くという。
油断せずに、中島の言う様に覇気持ち、迎へ撃つことだ。


【データ】

NHK
 
NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/realtime/rt0004263.html?utm_int=all_contents_realtime_001




2021-01-08 (Fri)

2021/01/08 日記  初薬師

2021/01/08 日記  初薬師

2021/01/08 (金)  旧暦: 11月25日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 6時51分  日没: 16時44分  月出: 1時14分  月没: 12時30分  月齢: 24.45  潮汐: 長潮  干支: 丙辰  六曜: 大安  九星: 八白土星  今日のあれこれ: 初薬師 「みどり市大間々町 光栄寺の初薬師 厄除大護摩供修行」 https://youtu.be/NIxWZpiW0ns 『初薬師   新年 正月八日は新年はじめての薬師...

… 続きを読む

2021/01/08 ()  旧暦: 1125日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 651分  日没: 1644分  月出: 114分  月没: 1230分  月齢: 24.45  潮汐: 長潮  干支: 丙辰  六曜: 大安  九星: 八白土星 


今日のあれこれ: 初薬師

「みどり市大間々町 光栄寺の初薬師 厄除大護摩供修行」


https://youtu.be/NIxWZpiW0ns



『初薬師

  新年

正月八日は新年はじめての薬師の縁日である。
薬師は薬師瑠璃光如来の略称であり、病を癒すといわれ、信仰されている。元旦にお参りすると、平常の三千日分のご利益がいわれる。縁日は毎月八日と十二日。』
(季語と歳時記)



初薬師の俳句:


・護摩祈祷待つ日溜や初薬師  富田潮児


・み仏に男の煮炊き初薬師  松本千代子


・ハイヒール提げて火渡る初薬師  永井武子




子供の頃、縁日に行くのが楽しみだった。
人が集まり、出店が出て、面白い大道芸などもあったり、怪しげな、恐ろしげな包丁で自分の腕を切って見せたりする油売りもいたりした。
 色々な縁日があったが、その中に「おやくっさん」というものがあった。これはお寺の縁日で、お参りに行く大人について行ったものだった。

「おやくっさん」というのが縁日ではなく、薬師如来の愛称であることを知ったのは、遥か後長じてからだった。
そのためか、御薬師の縁日には親しみがある

この記事を書きながら、薬師如来のことを読んでみた。


『薬師如来とは?

 薬師如来は、正式には「薬師瑠璃光如来」と申しあげ、一般には「おやくっさん」として知られています。
 「薬師」とは「医師」と同じ意味であり、古くから病気治療をつかさどる仏様として信仰されてきました。
 人間は誰しも生きているかぎり、病気災厄をまぬがれ、物心両面にわたって幸福に暮らしたいという願いを持っております。『薬師経』には、薬師如来の十二の大願によって、現世と来世にわたってこれらの願いを満たすということが、くわしく説かれています。
 薬師如来は、右手は施無畏印、左手には薬器(薬壷)を持っておられるお姿が一般的です。日光菩薩と月光菩薩を脇侍として薬師三尊となり、眷属として護法神の十二神将を従えておられます。
 金蔵寺の場合は、薬師三尊はお厨子の中に秘仏として安置されていますので、普段はお目にかかれませんが、十二神将はお厨子の両側に安置されていますので、いつでもお目にかかれます。
 秘仏とされている御尊像をお厨子の戸帳を開いて公衆に礼拝していただくことを開帳とか開扉とか言います。
 金蔵寺の薬師如来の場合は、三十三年に一度のご開帳となっており、最近では、平成5年10月17日に御開帳法会、26日に結願法会を厳修いたしました。』
(金蔵寺
http://www.eonet.ne.jp/~kanakura/index.html
より転載)

『薬師本願功徳経では、薬師如来は東方浄瑠璃世界(瑠璃光浄土とも称される)の教主で、菩薩の時に12の大願[3][信頼性要検証]を発し、この世門における衆生の疾病を治癒して寿命を延べ、災禍を消去し、衣食などを満足せしめ、かつ仏行を行じては無上菩提の妙果を証らしめんと誓い仏と成ったと説かれる。瑠璃光を以て衆生の病苦を救うとされている。無明の病を直す法薬を与える医薬の仏として、如来には珍しく現世利益信仰を集める。
...
<十二誓願>
光明普照(自らの光で三千世界を照らし、あまねく衆生を悟りに導く。)
随意成弁(仏教七宝の一つである瑠璃の光を通じて仏性を目覚めさせる。)
施無尽仏(仏性を持つ者たちが悟りを得るために欲する、あらゆる物品を施す。)
安心大乗(世の外道を正し、衆生を仏道へと導く。)
具戒清浄(戒律を破ってしまった者をも戒律を守れるよう援ける。)
諸根具足(生まれつきの障碍・病気・身体的苦痛を癒やす。)
除病安楽(困窮や苦悩を除き払えるよう援ける。)
転女得仏(成仏するために男性への転生を望む女性を援ける[注釈 2]。)
安心正見(一切の精神的苦痛や煩悩を浄化できるよう援ける。)
苦悩解脱(重圧に苦しむ衆生が解き放たれるべく援ける。)
飲食安楽(著しい餓えと渇きに晒された衆生の苦しみを取り除く。)
美衣満足(困窮して寒さや虫刺されに悩まされる衆生に衣類を施す。)
』(Wikipedia

今、日本も世界もコロナウイルスによるパンデミックの中で苦しんでいる。
 苦しみは、健康・生活・収入・病気・別離...数限りない苦しみが人々に覆いかぶさっている。

人々を救済されるため十二請願を持っておられる薬師如来様は、今、最も頼りになる仏様だ。
 現世利益でもOK、「おやくっさん」に行こう。





初薬師 * by miki
特に俳句を愛読させていただき10年位になります。
興味深く学べて楽しみです。

「初薬師」子供の頃の思い出に郷愁ふかく共感しました。拙句を寄せさせてください。
初薬師五穀の菓子が日を弾き

Re: 初薬師 * by 菜花亭笑山

miki 様

コメントありがとうございます。

10年来拙ブログを読んでいただいているとのこと、重ね重ねありがとうございます。
 毎日欠かさずを自ら課しておりますが、励みになります。

お寄せいただきました貴句ありがとうございます。

・初薬師五穀の菓子が日を弾き

眩しいですね。
口ずさみましたら、心のなかに、縁日の露店・行商のお菓子などが蘇りました。

子供の心を引きつける魅力的なものが沢山ありました。
飴や餅のお菓子、冷えたチョコレートなど味噌おでんもありました。

飴もいくつかありましたが、りんごに棒を刺し飴をかぶせるもの、りんご飴というのでしょうか、板の上に並べてあるのは光り輝いてりんごの赤が日に映えて美しく、美味しそうでした、ただ、ポケットの中のお金では買えませんでした。

今では、考えられませんが、飴の菓子は行商が目の前で飴を木のストローのような物で息を飴に吹き込んでふくらまして様々な形のものを作って見せてくれました。今で言えば、ガラスの吹き工芸のようなものですね。
 当時でも親がいる時は、汚いから駄目と言われました。今では、衛生面から許されないでしょうね。
 もう、この世に出来る人はいないかも知れませんが。

拙いブログですが、これからもよろしくお願いいたします。

2021-01-07 (Thu)

2021/01/07 日記  人日

2021/01/07 日記  人日

2021/01/07 (木)  旧暦: 11月24日  祝日・節気・雑節・朔望: 人日  日出: 6時51分  日没: 16時43分  月出: 0時06分  月没: 11時57分  月齢: 23.45  潮汐: 小潮  干支: 乙卯  六曜: 仏滅  九星: 九紫火星  今日のあれこれ: 人日「数年に一度の“強烈寒波” 広範囲で大雪暴風の恐れ(2021年1月7日)」https://youtu.be/6xMoi3qLPT0『人日(じんじつ)とは、五節句の一つ。1月7日。七草がゆを食べるこ...

… 続きを読む

2021/01/07 (木)  旧暦: 11月24日  祝日・節気・雑節・朔望: 人日  日出: 6時51分  日没: 16時43分  月出: 0時06分  月没: 11時57分  月齢: 23.45  潮汐: 小潮  干支: 乙卯  六曜: 仏滅  九星: 九紫火星  


今日のあれこれ: 人日

「数年に一度の“強烈寒波” 広範囲で大雪暴風の恐れ(2021年1月7日)」

https://youtu.be/6xMoi3qLPT0



『人日(じんじつ)とは、五節句の一つ。1月7日。七草がゆを食べることから七草の節句ともいう。また、霊辰(れいしん)、元七(がんしち)、人勝節ともいう。

風習
古来中国では、正月の1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていた。そして、7日目を人の日(人日)とし、犯罪者に対する刑罰は行わないことにしていた。

また、この日には7種類の野菜(七草)を入れた羹(あつもの)を食べる習慣があり、これが日本に伝わって七草がゆとなった。日本では平安時代から始められ、江戸時代より一般に定着した。人日を含む五節句が江戸幕府の公式行事となり[1]、将軍以下全ての武士が七種粥を食べて人日の節句を祝った。

また、この日は新年になって初めて爪を切る日ともされ、七種を浸した水に爪をつけて、柔かくしてから切ると、その年は風邪をひかないと言われている。

なお、経緯からわかるように、本来は1月7日 (旧暦)の風習である。
(季語と歳時記)



人日の俳句:


・人の日と云ふなり荒き風吹けり  相生垣瓜人


・賀状机辺に散つて人日たよりなし  石原八束


・厭ふにあらず人日こもるばかりかな  星野麥丘人


・人の日の人にも逢はで暮れにけり  角川照子


・人日のすとんと昏れて了ひけり  杉元零



午前中は、太陽が出て青空が見えていた。
昼前から風が強くなり、午後になると急に風が冷たくなり、白いものが舞い始めた。
 西の方から雪になると予報士が話していた。名古屋は明日以降雪が本格的に降るかも知れない。

今日は7日。
七種、人日の日だ。
元日の鶏の日、2日の狗、3日の猪(豚)、4日の羊、5日の牛、6日の馬と来て、7日目が人なので、人の日(人日)と呼ぶのは解りやすい。

松の内も今日で終わり、正月気分も薄らいで行くだろう。
コロナの感染は、暫くは目が離せなさそうだ。

人日の日は、三ヶ日も終わり、仕事始めが始まり少し疲れが出るのか、例句を読むとお疲れの句が目についた。
例句の五句は、今年の人日の日を詠んでいるようにも思える。

猛烈な寒気団に負けないように、七草粥でビタミンを補給するのは理に適っている。





2021-01-06 (Wed)

2021/01/06 日記  初夢

2021/01/06 日記  初夢

2021/01/06 (水)  旧暦: 11月23日  祝日・節気・雑節・朔望: 下弦  日出: 6時51分  日没: 16時42分  月出: #NAME?  月没: 11時26分  月齢: 22.45  潮汐: 小潮  干支: 甲寅  六曜: 先負  九星: 一白水星  今日のあれこれ: 初夢 「君の名は ♪織井茂子」 https://youtu.be/NEn0NjGI4Fs 『初夢(はつゆめ)  新年 子季語: 夢祝、夢流し、初枕、獏枕 関連季語: 解説: ...

… 続きを読む

2021/01/06 ()  旧暦: 1123日  祝日・節気・雑節・朔望: 下弦  日出: 651分  日没: 1642分  月出: #NAME?  月没: 1126分  月齢: 22.45  潮汐: 小潮  干支: 甲寅  六曜: 先負  九星: 一白水星 


今日のあれこれ: 初夢

「君の名は ♪織井茂子」

https://youtu.be/NEn0NjGI4Fs



『初夢(はつゆめ)  新年

子季語: 夢祝、夢流し、初枕、獏枕
関連季語:
解説: 元日の夜または二日の朝にみる夢。
二日の夜に見る夢を初夢という地方もある。
縁起のよい初夢として「一富士二鷹三茄子」があるが、吉夢を願って宝船の絵を枕の下に置いて寝たり、悪い夢は「獏に食わせろ」ということから、獏の絵を枕の下にして寝たりする。
来歴: 『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。
文学での言及: 年くれぬ春は来べしとは思ひ寝にまさしく見えてかなふ初夢 西行『山家集』

(季語と歳時記)



初夢の俳句:


・初夢や咸臨丸に乗り込みし   前田美恵子


・槍もちて走る初夢さめて雪  長谷川秋子


・亡き母の背なの温みを初夢に  福永鳴風


・「君の名は」と聞かれ初夢覚めにけり   森下康子


・力在るものと格闘初夢に  高澤良一




子供の頃、初夢は正月には見るものだった。
お年玉や雪合戦や夢に見るものはいっぱい在った。
いつからか初夢は記憶から遠ざかった。
初夢の句を読んで、そうか初夢かと思い出しだ。

前田も長谷川も男に生まれたかったのか、初夢もかっこいい。
 咸臨丸に乗り込んで、勝海舟と話したのか、福沢諭吉はどんな話をしたのか訊いてみたい。

槍を持って走るからには男だったのだろう。
戦争だったのかどうかはわからないが。
薙刀だったら、会津若松の婦女隊の中野竹子の様に奮戦したのだろう。
 ・ものゝふの猛きこころにくらぶれば 数にも入らぬ我が身ながらも (竹子の辞世)

一方、福永はお母さんの背の中で温かく微睡んでいる。

森下が見たのは、どの「君の名は」かわからないが、高齢なら岸恵子と佐田啓二だ。
 肝心の場面で目が覚めたのは口惜しい。

この正月、初夢は見たのか見ていないのか覚えていないが、夢は見ている。
 だが、内容は思い出せない。
目が覚めて、何か疲れている、寝汗をかいているような朝は、難しい夢を見ていたのだと思う。
高澤も相手は難敵で疲れたと思う。

夢を見るのは過去が舞台であることが多い。
出来れば、未来の夢を見てみたい。
コロナが消え去って、嬉しそうに歌って、踊って、飲んで、食べている夢を。





2021-01-05 (Tue)

2021/01/05  日記  淑気

2021/01/05  日記  淑気

2021/01/05 (火)  旧暦: 11月22日  祝日・節気・雑節・朔望: 小寒  日出: 6時51分  日没: 16時41分  月出: 22時59分  月没: 10時56分  月齢: 21.45  潮汐: 小潮  干支: 癸丑  六曜: 友引  九星: 二黒土星  今日のあれこれ: 淑気 「冬の晴れた日の煌きと輝きの那須高原」 https://youtu.be/MtNaHBkGRhE 『淑気(しゅくき) 新年 【子季語】  淑気満つ 【解説】 新しい...

… 続きを読む

2021/01/05 ()  旧暦: 1122日  祝日・節気・雑節・朔望: 小寒  日出: 651分  日没: 1641分  月出: 2259分  月没: 1056分  月齢: 21.45  潮汐: 小潮  干支: 癸丑  六曜: 友引  九星: 二黒土星 


今日のあれこれ: 淑気

「冬の晴れた日の煌きと輝きの那須高原」


https://youtu.be/MtNaHBkGRhE



『淑気(しゅくき) 新年

【子季語】
 淑気満つ

【解説】
新しい年を迎え、天地山河いたるところに瑞祥の気が満ちていること。』
(季語と歳時記)



淑気の俳句:


・雲置ける那須の五峰に淑気満つ   紺野とも子


・安芸の灘海光の果淑気立つ  木場一恵


・コバルトの富士湧水の淑気かな   宇都宮敦子


・一島を置く一湾の淑気かな   黒滝志麻子


・稲荷社の鳥居千本淑気満つ   中御門あや




昨年12月の気の緩みでコロナウイルスに活躍の機会を与えてしまった。
 東京を中心に首都圏で感染者が激増、地方都市でも過去最高の感染者数を出している。
 そのためお正月はそのニュースと緊急事態宣言の発出の報道ばかりで、世の中が落ち着かない。

しかし、人の世を離れれば、正月の日本には淑気が満ちている。
 山、海、空、湖、森、神社、寺院...
至るところ、真冬の中に、きりりとした淑気が満ちている。

人が集まるところで飲み食いする、大勢が集まってパーティーをする、それも楽しいことだが、今はその時期ではない。

厳しくも崇高な自然の中に自分の心身を運び、浄化する方が良いはずだ。

例句の詠まれた光景は日本の淑気の美しさに満ちている。

今年の正月は厳しい寒波が来ている。
雪は生活には大変だが、美しい世界に身を置くことが出来るのも事実だ。

今年も高山稲荷神社では、千本鳥居の雪景色を見ることが出来るだろう。

「千本鳥居 by 高山稲荷神社 ~2019年2月(雪景色)~」


https://youtu.be/_ZpV5JYmk_U




2021-01-04 (Mon)

2021/01/04 日記  仕事始め

2021/01/04 日記  仕事始め

2021/01/04 (月)  旧暦: 11月21日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 6時50分  日没: 16時40分  月出: 21時53分  月没: 10時24分  月齢: 20.45  潮汐: 中潮  干支: 壬子  六曜: 先勝  九星: 三碧木星  今日のあれこれ: 仕事始め 「年末年始の休みを終え仕事始め」 https://youtu.be/YWujjrydWLg 『仕事始: 事務始、初仕事、初事務   新年 新年になって初めて仕...

… 続きを読む

2021/01/04 ()  旧暦: 1121日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 650分  日没: 1640分  月出: 2153分  月没: 1024分  月齢: 20.45  潮汐: 中潮  干支: 壬子  六曜: 先勝  九星: 三碧木星 


今日のあれこれ: 仕事始め

「年末年始の休みを終え仕事始め」


https://youtu.be/YWujjrydWLg



『仕事始: 事務始、初仕事、初事務

  新年

新年になって初めて仕事にとりかかることであるが、もともとは仕事を始める式を行うことであった。
 かつてはたずさわる職業によって仕事始めの日は決まっていて、おおむね二日は仕事に取り掛かれるように準備をする程度にとどめ、十一日に正式の儀式をするようであった。
 昔の農家の仕事始めは、二日と決まっていて、朝早く起き、朝飯までの間に、藁仕事や裁縫など、それぞれの分野の仕事を形式的に行った。』
(季語と歳時記)



御用始・仕事始の俳句:


・船曳くを仕事始の男かな  鈴木真砂女


・石切場仕事始の発破鳴る  阪上史琅


・天界に仕事始めの縄なふや  曽根原幾子


・父を師と敬ひ仕事始かな  長谷川芳子


・立ちて酌む仕事始の茶碗酒  近沢多津郎




電車やバス、公共交通機関を使って勤務先まで行く仕事始めを想像して、例句を読んだが、意外にそのイメージと違う句が多かった。

世の中の仕事は、都会の事務職以外にも沢山ある。
句に見えるそんな仕事始めを選んでみた。

船を曳いたり、発破をしたり、勇壮な仕事始めもある。
曽根原は、あの世での仕事始めを詠んでいるのだろうか?
夫か父か子どもか、誰だろう。
自分だったらあの世で句を詠んでいることになるし。

長谷川は職人の家の娘だろうか。
敬って跡を続けてくれる娘がいる父は幸せだ。

昔の仕事始めは、会社の事務でもお酒を飲んで、後はシャンシャンとお開きの様な古き良き時代が在ったそうな。

コロナ禍のオンライン、テレワークの仕事始めでは、句も詠みようがないだろうか?





2021-01-03 (Sun)

2021/01/03 日記  初詣

2021/01/03 日記  初詣

2021/01/03 (日)  旧暦: 11月20日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 6時50分  日没: 16時40分  月出: 20時47分  月没: 9時50分  月齢: 19.45  潮汐: 中潮  干支: 辛亥  六曜: 赤口  九星: 四緑木星  今日のあれこれ: 初詣 「【初詣2021】熱田神宮【分散参拝】」 https://youtu.be/cFj5bQp58FQ 『初詣(はつもうで、はつまうで)  新年 子季語: 初参、初社、初祓、...

… 続きを読む

2021/01/03 ()  旧暦: 1120日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 650分  日没: 1640分  月出: 2047分  月没: 950分  月齢: 19.45  潮汐: 中潮  干支: 辛亥  六曜: 赤口  九星: 四緑木星 


今日のあれこれ: 初詣

「【初詣2021】熱田神宮【分散参拝】」


https://youtu.be/cFj5bQp58FQ



『初詣(はつもうで、はつまうで)  新年

子季語: 初参、初社、初祓、初御籤
関連季語: 恵方詣
解説: 新年のはじめに社寺へ参詣し、一年の息災を祈願すること。
 産土詣や恵方詣から始まった行事であるが、今では日ごろ信仰する社寺や著名な社寺に詣でることが多い。』
(季語と歳時記)



初詣の俳句:


・あさくさや師の句碑のあと初詣   渡辺立男


・初詣隙間なく咲く神籤花   松下君子


・初詣みな新しき顔をして  渡辺笑子


・えりあしのましろき妻と初詣  日野草城


・このままの倖せ胸に初詣   高尾幸子


・初詣り健康祈る他はなし   星野とみ




今年の初詣は分散参拝の呼びかけが行われていた。
しかし、大晦日から除夜の鐘から元旦に掛けては、多くの人が出て、ニュースになった。
 感染者数も爆発一歩手前で、心ある人は行かなかったが、遊びたい年頃の世代は、軽い気持ちで出かけたのだろう。
 元旦は避けることにした。

二日、熱田神宮などの人気神宮は避け、近くの歩いていくことが出来る神社に行った。
 神社に通じる参道は、ちらほら人影が見える程度で静かな街並みだった。

神社の鳥居の前まで来ると、マイクと指示棒を持った神社の半被姿の整理員が満杯の駐車場に向かう車に満車で止まれないの指示を出している。

鳥居の前に立つと、それなりに人は来ていて、おみくじ売り場では多くの人がいた。
 参拝の賽銭箱から続く順番待ちの列に並ぶと、長いようだったが距離が開けてあるので、以外に早く進んだ。

神社の中は、ソーシャルディスタンスが保たれ、行列も間隔が取られており、感染のリスクを感じることはなかった。
 参拝を終え帰る道、前から歩い来るベビーカーの若い夫婦、マスクもせず、大きな声で話し合いながら、通り過ぎた。
 神社の警備員は、参拝にはマスクを着けてくださいと言っていたが、参拝することが出来たのか、それは知らない。


この神社は、少人数で静かな初詣の光景ではあった。
何処に寄り道することもなく、ステイホームに戻った。




2021-01-02 (Sat)

2021/01/02 日記  二日

2021/01/02 日記  二日

2021/01/02 (土)  旧暦: 11月19日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 6時50分  日没: 16時39分  月出: 19時41分  月没: 9時12分  月齢: 18.45  潮汐: 大潮  干支: 庚戌  六曜: 大安  九星: 五黄土星  今日のあれこれ: 二日 「2021/01/02 土 07:10 国府津海岸」 https://youtu.be/T_bXzHcfYrA 『二日ふつか』: 狗日(くじつ)   新年 正月二日のこと。 二日...

… 続きを読む

2021/01/02 ()  旧暦: 1119日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 650分  日没: 1639分  月出: 1941分  月没: 912分  月齢: 18.45  潮汐: 大潮  干支: 庚戌  六曜: 大安  九星: 五黄土星 


今日のあれこれ: 二日

2021/01/02 土 07:10 国府津海岸」


https://youtu.be/T_bXzHcfYrA



『二日ふつか』: 狗日(くじつ)

  新年

正月二日のこと。
二日は仕事始めの吉日され、初荷、初商、書き初め、縫初めなどの行事が行なわれる。
 
家族とゆっくり過ごす元日に対し、世の中が動き始める日でもある。』
(季語と歳時記)



二日の俳句:


・一社一寺詣で正月二日果つ   尾崎みつ子


・駅伝の手旗へ風の二日かな   岩上行雄


・嫁になる娘が来てくれし二日かな  藤実艸宇


・岩手山雪けむり立つ二日かな  沼澤石次


・義仲寺にときをりひとの来て二日  片山由美子



正月二日。
名古屋は、風はあったが、雪は無く、陽射しがあり青空も見えたので、穏やかな日だった。

季語「二日」は、伝統的な本意には仕事始めの意味があったようだが、今の日本では官庁・会社は4日が仕事始め、一方、大手スーパーなどは二日から営業もあるが年末年始無休もあり、一定していない。
 仕事始めの語感より、年始や初詣や箱根駅伝のあるお正月の二日目のイメージのほうが強くなっている。

今年は、帰省や年始は自粛になっているので、婚約者が来てくれるような環境ではないので、残念な正月だ。
 だが、オンライン会議などで顔を見ながらお話することは出来る。時代の要請なのだから、自粛は必要だ。
 会うのはオンラインでが今の良識だ。

太平洋側は、新年に入り青空の見えるお天気に恵まれているが、北日本・北陸は大雪と言われている。
 今日の岩木山の様子は? とyoutubeを探したが、見つからなかった。

元旦の青森市内の様子を報告している動画はあった。

「【とある光景】2021 青森市内の冬」

https://youtu.be/G98U_XoXxhk

市内がこの雪であれば、岩木山の様子を動画に撮ることなど出来ないことだ。探しても無いのは当たり前だ。


義仲寺に二日に行く人は、芭蕉に年始のご挨拶だろう。
そんなことが普通にできる正月二日が、今の季語「二日」に相応しい。

自粛が解け自由に動ける日が早いことを祈りたい。




2021-01-01 (Fri)

2021/01/01 日記  新年

2021/01/01 日記  新年

2021/01/01 (金)  旧暦: 11月18日  祝日・節気・雑節・朔望: 元日  日出: 6時50分  日没: 16時38分  月出: 18時36分  月没: 8時29分  月齢: 17.45  潮汐: 大潮  干支: 己酉  六曜: 仏滅  九星: 六白金星   今日のあれこれ: 新年 「異例の新年幕開け 初日の出に“穏やかな一年”願う(2021年1月1日)」 https://youtu.be/b2bh-s8-XW4 新年の俳句: ・年新た嶺々山々に神おはす ...

… 続きを読む

2021/01/01 ()  旧暦: 1118日  祝日・節気・雑節・朔望: 元日  日出: 650分  日没: 1638分  月出: 1836分  月没: 829分  月齢: 17.45  潮汐: 大潮  干支: 己酉  六曜: 仏滅  九星: 六白金星  


今日のあれこれ: 新年

「異例の新年幕開け 初日の出に“穏やかな一年”願う(202111)


https://youtu.be/b2bh-s8-XW4



新年の俳句:


・年新た嶺々山々に神おはす  飯田蛇笏


・甕の御酒海に撒き年改る  上村占魚


・路地の子が礼して駆けて年新た  菖蒲あや


・新年といふ一区切りありてこそ   稲畑汀子


・新年に生きる慶びわが人生   佐藤健伍




今年のお正月は、「静かに家に居る」のが時代の要請。
だから、初詣にも行かず、家に居た。

それでも、お正月はお正月。
おせち料理に年酒で、朝から良い心地になって新年が始まった。

「新年といふ一区切り」があって、もの皆改まる。
カレンダーもブログのフォーマットも背景画像も新しくなった。
年賀状も届いた。

丁寧に作られたおせち料理をいただきながら、年酒として開栓した大吟醸酒の香りに心澄まされながら、年が改まること、新年を感じることが出来た。

新年のものにすべてに祝はれて、自分が新しく改まるのだ と。





2020-12-31 (Thu)

2020/12/31  日記  大晦日

2020/12/31  日記  大晦日

2020/12/31 (木) 旧暦:  11月17日 祝日・節気・雑節・朔望:  大晦日 日出:  6時50分 日没:  16時37分 月出:  17時34分 月没:  7時40分 月齢:  16.45 潮汐:  大潮 干支:  戊申 六曜: 先負 今日のあれこれ: 大晦日 「年末の食品の買い出し 今年は例年の3割減 店員の声も控えめ 名古屋・柳橋中央市場 (20/12/31 12:06)」 https://youtu.be/GD49KcCvPTk ...

… 続きを読む

2020/12/31 () 旧暦:  1117日 祝日・節気・雑節・朔望:  大晦日 日出:  650分 日没:  1637分 月出:  1734分 月没:  740分 月齢:  16.45 潮汐:  大潮 干支:  戊申 六曜: 先負


今日のあれこれ: 大晦日

「年末の食品の買い出し 今年は例年の3割減 店員の声も控えめ 名古屋・柳橋中央市場 (20/12/31 12:06)


https://youtu.be/GD49KcCvPTk



『大晦日(おおみそか、おほみそか) 暮

【子季語】
 大三十日、大歳、除日、大年

【解説】
晦日は三十日とも書き、月の第三十番目の日。
転じて、月の末日をいう。
大晦日は即ち一年の最後の十二月三十一日のこと。
「大つごもり」ともいう。』
(季語と歳時記)



大晦日の俳句:


・一天の雲重たさう大晦日   森清堯


・どやどやと子が子を連れて大晦日   志水芳秀


・空つぽのバス弾みゆく大晦日   紅谷芙美江


・どの家も窓に灯のある大晦日   鈴木美江


・魚捌く父の背広き大晦日   後藤晴子


・佳き言葉添へて別るる大晦日   川村政枝


・荒れし手に保湿クリーム大晦日   朝熊精子


・あしたへと大晦日の雪を掻く   平野きぬ子




正午を合図に、名古屋でも鉛色の空から白いものが降ってきた。
 予報通り、新年の朝は雪景色になるかも知れない。

そうなる前に、ノーマルタイヤの車に乗って、巣ごもり用の食料品の買い出しに出かけた。
 近くの大型スーパーは、正月三ヶ日も営業するのだが、同じ思いの人が溢れていた。
 マスクはしているが咳をする人、クシャミをする人が居て、ゆっくりと品定めをするより早く帰る気持ちが先に立つ。

15
時過ぎには、ブログの記事に取り掛かることが出来た。
大晦日の句は、数多くあるのでありがたい。
選り取り見取りで進められる。

例年は志水の句の様な里帰りだが、困ったことに今年は違う、里帰りは自粛なので、どの家も家族打ち揃っての年越しではない。こんな年もあるのだ。

自家用車、スーパーには人が溢れているが、雪が舞う冷え込んだ街に人影はない。バスの中は見えないが、細谷の句の通り、空いているはずだ。


いつもの年でもクリスマス、忘年会の夜は外で遊ぶのが普通だが、大晦日の夜は家で落ち着くのが日本の風習だ。
 特に今年は、大勢で賑やかではなく、少人数で静かな大晦日だ。
 日が暮れた後、大型マンションの部屋部屋には先を争って日が灯り始めている。

後藤の句。いつの大晦日なのか知らないが、今年のような大晦日ではない年、大晦日にいつものように魚を捌いている父親の後ろで父を見ている娘の眼には気持ちの良い光が映えている。
 この様な父と娘の光景は、小津の映画の世界だろう、「日乗というドラマ」のなかの何気ないが、貴く輝くワンカットだ。

川村の句。
こんな年なのだがと言うべきなのか、こんな年だからこそと言うべきなのか、この難しい年を共に過ごした友人、知己に年の瀬の挨拶をした。佳き言葉添へて。

朝熊の句。
戦前の大家族の時代は言うに及ばず、戦後でも一家の主婦の年末・年始は大変だった。
 社会的な地位のある人であれば、来客の接待もしなければならない。一般の家庭でも、里帰りをする子どもや孫たちの為に、家中の部屋の掃除、寝具の準備、年越し・お正月のための料理と休む間もなく働き続けた。
 核家族化が進んだ今でも年末、年始も主婦の大変さは変わっていない。
 昔は、そのため、女正月の風習があった。115日は小正月で、女が外で遊ぶ日とされた。地域により違いはあるそうだ、秋田地方では16日から半月は、女子(おなご)正月とよび、女の休日としたそうだ。
 女性が外で働くことが普通になった今、今まで通りの男正月では、女性はやってはいられない。
 大晦日に保湿クリームなどは当然の事、全身クリームマッサージが必要だ。

平野の句。
この年の瀬は、北陸・北日本では豪雪だ、巣ごもりにしても、雪下ろしや雪掻きはしなければならない。
 子どもが帰らない今年は、老夫婦だけになることが多いだろう。老人だけの家が普通の年越しとお正月が過ごせるように、自治体やNPOが地域でボランティア活動を助成するなどの工夫が必要だと思う。老人が雪に埋もれてしまうことがないように。


今日のニュースの速報では、東京の感染者数が、一挙に1300人を超えた。予想されたことではあるが、非常事態だ。
 2040歳の人たちが、外出を控えて、無症状の儘の感染を引き起こさないようにする自覚と行動をすることが必要だ
 一時の不用意な行動のためにお祖母ちゃん・お祖父ちゃんに感染させて、あの世に送る結果になって良いことなど一つもない。

禍々しいパンデミックを世界にもたらした2020年も残り10時間を切った。
 新しい年は目の前に近づいている。暫くは家に引き籠もって、人と接触するのは避けよう。静かに過ごすことにしよう。





2020-12-30 (Wed)

2020/12/30  日記  年惜しむ

2020/12/30  日記  年惜しむ

2020/12/30 (水) 旧暦:  11月16日 祝日・節気・雑節・朔望:  望 日出:  6時50分 日没:  16時37分 月出:  16時37分 月没:  6時47分 月齢:  15.45 潮汐:  大潮 干支:  丁未 六曜: 友引 今日のあれこれ: 年惜しむ 「Steller's sea eagle オオワシ 狩り 東北の湖沼 12月中旬 野鳥4K 空屋根FILMS#1152」 https://youtu.be/BXN3bKe89HQ 『年惜しむ: ...

… 続きを読む

2020/12/30 () 旧暦:  1116日 祝日・節気・雑節・朔望:  望 日出:  650分 日没:  1637分 月出:  1637分 月没:  647分 月齢:  15.45 潮汐:  大潮 干支:  丁未 六曜: 友引


今日のあれこれ: 年惜しむ

Steller's sea eagle オオワシ 狩り 東北の湖沼 12月中旬 野鳥4K 空屋根FILMS#1152

https://youtu.be/BXN3bKe89HQ



『年惜しむ: 惜しむ年、惜年

  暮

一年を振返って、去り行く年を惜しむこと。
今年もいろいろなことがあった、という感慨が込められている。』
(季語と歳時記)



年惜しむの俳句:


・しら雲に鷹まふ嶽の年惜しむ  飯田蛇笏


・健啖の米寿を囲み年惜しむ   野畑さゆり


・この人を惜しむ心に年は逝く  高野素十


・行きむかふ闇あり年を惜しむべし  森澄雄


・悪しきこと多かりし年を惜しむかな  相馬遷子




季語「年惜しむ」の本意は、去りゆく年にもう行ってしまうのか、別れは近い、惜別の情が込められている。

「名残惜しい」と言う思いが本意だろう。
「【名残惜しい】 の解説
[形][文]なごりを・し[シク]別れがつらく、心残りのするさま。「親友との別れはことさら―・い」」
(出典:デジタル大辞泉(小学館))


一方、「惜しい」には「口惜しい」と言う言葉もある。
「【口惜しい】 の解説
[形][文]くちを・し[シク]
1 思うようにいかなかったり大切なものを失ったりして残念に思うさま。また、いまいましく思うさま。くやしい。「こんな結果になるなんて・いことだ」

2 対象が期待外れで満足できないさま。つまらない。取り柄がない。
「人のありさまの、とりどりに―・しくはあらぬを」〈源・若菜下〉

3 身分などが低くて言うに足りない。取るに足らない。
「いと―・しき際(きは)の田舎人こそ」〈源・明石〉」
(出典:デジタル大辞泉(小学館))

さて、今年の今日、季語「年惜しむ」を考えると、名残惜しいとは言っていられない、寧ろ口惜しいの思いが先に立つ。
名残惜しいどころか、早く過ぎ去って欲しいと思う人が多いはずだ。
 不幸にもコロナに感染して亡くなってしまった本人、家族、関係者は、口惜しい年に決まっている。
 コロナに感染はしなかった人にとっても、時間は大切なのに、ほぼ1年をひっそりと殻に閉じこもって日々を送らなければならなかった口惜しさ。
 人生は多くは100年にも満たない、その貴重な1年を思い通り生きられなかった残念さ。

相馬の句は、その年に対する否定と肯定の両面がある。
悪いことが多かった、残念な年だった。
だが、それはそれとして、この掛替えのない年を矢張り名残惜しく思いたいと。

同じ想いで新しい年を迎えたい。





2020-12-29 (Tue)

2020/12/29  日記  冬銀河

2020/12/29  日記  冬銀河

2020/12/29 (火) 旧暦:  11月15日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  6時49分 日没:  16時36分 月出:  15時46分 月没:  5時50分 月齢:  14.45 潮汐:  大潮 干支:  丙午 六曜: 先勝 今日のあれこれ: 冬銀河 「周智郡森町かわせみ湖12月天の川&星空タイムラプス2020年12月6日-4K」 https://youtu.be/i0VoIXzwdPM 『冬銀河   三冬 ...

… 続きを読む

2020/12/29 () 旧暦:  1115日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  649分 日没:  1636分 月出:  1546分 月没:  550分 月齢:  14.45 潮汐:  大潮 干支:  丙午 六曜: 先勝


今日のあれこれ: 冬銀河

「周智郡森町かわせみ湖12月天の川&星空タイムラプス2020126-4K


https://youtu.be/i0VoIXzwdPM



『冬銀河

  三冬

冬の夜空にかかる天の川のこと。
冴え冴えとした趣がある。秋の天の川と違っていくらか明るさが弱い。』
(季語と歳時記)



冬銀河の俳句:


・冬銀河無限の光ふりこぼす   荻野千枝


・冬銀河大河は音もなく流る   高橋将夫


・冬銀河夫光年の旅に出づ   中村房子


・亡き人を無性に恋ふる冬銀河   祐宗千代子


・無量光院蓮華定院冬銀河  黒田杏子




今日は12月29日。
今年は、もう残すところ今日を入れて3日。
まだ出来ていないこと、やらなければならないことは沢山ある。
 時間切れで出来ないことも出ることは避けられない。

考えても滅入る場合は、超越者に目を向けるのは良い方法だ。
 冬のキリリと冷えた空気の中で、億光年とか人間の尺度では測れない、実感することも出来ない、広大無辺な世界に目を向ければ、全てのことは些細・些末なものだ。

冬銀河を見上げれば、この世には亡い人にも逢うことが出来、話すことも出来る。





2020-12-28 (Mon)

2020/12/28  日記  御用納め・仕事納め

2020/12/28  日記  御用納め・仕事納め

2020/12/28 (月) 旧暦:  11月14日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  6時49分 日没:  16時35分 月出:  15時02分 月没:  4時51分 月齢:  13.45 潮汐:  中潮 干支:  乙巳 六曜: 赤口 今日のあれこれ: 御用納め・仕事納め 「RBC NEWS「ことしも残りわずか 官公庁仕事納め」2020/12/28」 https://youtu.be/3M2jnC6KiE0 『御用納: 御用終、仕...

… 続きを読む

2020/12/28 () 旧暦:  1114日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  649分 日没:  1635分 月出:  1502分 月没:  451分 月齢:  13.45 潮汐:  中潮 干支:  乙巳 六曜: 赤口


今日のあれこれ: 御用納め・仕事納め

RBC NEWS「ことしも残りわずか 官公庁仕事納め」2020/12/28


https://youtu.be/3M2jnC6KiE0



『御用納: 御用終、仕事納、事務納

  暮

十二月二十八日、その年の仕事を終えることをいう。
官公庁、会社、学校などでは十二月二十八日まで仕事をし、翌年の一月三日までを休暇とする。残務を整理し、机のまわりなどを掃除して片づけ、互いに年末の挨拶などをして帰る。半日で仕事を終えることが多い。』
(季語と歳時記)



御用納め・仕事納めの俳句:


・ガラス拭く御用納めの気象台  辻田克巳


・投函の音もて仕事納とす  山崎ひさを


・揺れゐたり仕事納めの弥次郎兵衛  宮坂静生




今日は1228日、御用納め・仕事納めの日だ。
今年は、コロナの影響で仕事の仕方に変化があり、テレワークやオンライン会議などが導入され、民間企業では25日を仕事納めとしたケースもあったようだ。

以前は、官公庁の場合は御用納め、民間の場合は仕事納めと使い分けていた。
 季語も、双方を季語として扱っており、どちらも例句は多くないが、御用納めの方が少し多い気がする。
 俳句に関係する人が、官公庁のほうが多いのだろうか。

世の中でも、御用納めを使わずに仕事納めを使う事が増えている様で、掲載させていただいた琉球放送も仕事納めを使っている。

世の中はコロナの第3波の真っ只中で、落ち着かないが、宮坂の句の様に、心は弥次郎兵衛のバランスで揺れていたいものだ。