(2)日記 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Category - (2)日記
2020-09-02 (Wed)

2020/09/02  日記  秋暑し

2020/09/02  日記  秋暑し

2020/09/02 (水) 旧暦:  7月15日 祝日・節気・雑節・朔望:  旧盆、望 日出:  5時13分 日没:  18時07分 月出:  18時30分 月没:  4時48分 月齢:  14.01 潮汐:  大潮 干支:  戊申 六曜: 先負 今日のあれこれ: 秋暑し 「ピカソを魅了した大津絵って何?|ゆるキャラの様な愛らしさと美しさ @concierge takada」 https://youtu.be/ooPjemwaz6o 『秋...

… 続きを読む

2020/09/02 () 旧暦:  715日 祝日・節気・雑節・朔望:  旧盆、望 日出:  513分 日没:  1807分 月出:  1830分 月没:  448分 月齢:  14.01 潮汐:  大潮 干支:  戊申 六曜: 先負


今日のあれこれ: 秋暑し

「ピカソを魅了した大津絵って何?|ゆるキャラの様な愛らしさと美しさ @concierge takada


https://youtu.be/ooPjemwaz6o



『秋暑し
「残暑」の副題。
  立秋が過ぎても暑さがきびしい・残暑をいう。』
(清月俳句歳時記)



秋暑しの俳句:


・大津絵の鬼が目をむく秋暑かな   館容子


・雷神風神共に居飽いて秋暑し   池田澄子


・俯きて上る秋暑の九段坂   十文字慶子


・舌垂らし秋暑にダァと寝そべる犬  高澤良一


・仁王の手秋暑の風を押し返す   小川明美




台風9号が送り込む雲のお陰で、昨日は太陽の熱が遮られれた。
 連日猛暑の名古屋も一息ついた。

今日はまた朝から太陽が照りつけ、猛暑が戻った。
道路、建物からの照り返しは加熱器のような熱気を感じた。

殆ど太陽が出なかった今年の長梅雨が7月とともに終わると、8月は猛暑の月になった。

両極端のお天気だ。
晴れたり、曇ったり、雨が降ったり色々あるのが、適当なのだが、今年のお天気は極端だ。


「秋暑し」と言っても感覚的にはまだ夏だ。
暦では立秋を過ぎているので、猛暑の暑さでも、残暑。
俳句の世界では、秋暑・秋暑し。

大津絵は知らなかったが、鬼は重要なモチーフだそうだ。
仁王の力を借りて、暑さに負けぬ元気を取り戻す感覚はよく解る。
 何の力を借りても秋暑には負けられない。

台風9号の後には10号が続く。
10
号は本土上陸の可能性が高いそうだ。
洪水や土砂崩れが起きない範囲で大雨を降らしてもらいたい。
 熱気で干からびた、山や林や畑にたっぷり雨を降らして、潤して、熱を取り去ってもらいたい。

そうなれば秋らしくなる。





2020-09-01 (Tue)

2020/09/01  日記  風の盆

2020/09/01  日記  風の盆

2020/09/01 (火) 旧暦:  7月14日 祝日・節気・雑節・朔望:  防災の日 日出:  5時12分 日没:  18時08分 月出:  17時59分 月没:  3時48分 月齢:  13.01 潮汐:  中潮 干支:  丁未 六曜: 友引 今日のあれこれ: 風の盆 「今年はわが家が特等席【上新町】4K」 https://youtu.be/Xt9Pxuq4Kf4 「今年はわが家が特等席【西新町】4K」 https://youtu.be/R...

… 続きを読む

2020/09/01 () 旧暦:  714日 祝日・節気・雑節・朔望:  防災の日 日出:  512分 日没:  1808分 月出:  1759分 月没:  348分 月齢:  13.01 潮汐:  中潮 干支:  丁未 六曜: 友引

今日のあれこれ: 風の盆

「今年はわが家が特等席【上新町】4K」

https://youtu.be/Xt9Pxuq4Kf4


「今年はわが家が特等席【西新町】4K」


https://youtu.be/R_9IEqrgMv4



『風の盆: おわら祭、八尾の廻り盆

  初秋

富山県富山市八尾町で毎年九月一日から三日にかけて行なわれる行事。胡弓や三味線などを奏で、越中おわら節にあわせて老若男女が夜通し踊る。
 哀愁のある旋律が心にしみる。』
(季語と歳時記)



風の盆の俳句:


・かへす人ゆく人波や風の盆   守屋井蛙


・遠くより胡弓の音色風の盆   岡本直子


・この町の刻ゆるやかに風の盆  陣野八代美




今日は、91日。
昨日は、8月というのに名古屋の予報は最高気温38度と騒いでいた、実測値は37.8度だったが、真夏の暑さであったことは変わりがない。
 今日は、雲が空を覆い風があったため昨日に比べれば、涼しくなった。
 暦は9月なのだから、夏の果は近い事は確かだ。

9
1日の今日は、風の盆が始まる日だ。
残念なことに、風の盆も中止になってしまった。

例年のような風の盆は開催できないが、八尾ではオンラインで昨年の様子を収めた動画を公開して、今年の空虚感を埋めてくれている。

何もなければ、俳句に詠まれている情趣の世界が有ったはずだ。
 人は集まって楽しむ動物だ、集まらない密にならないのは本当ではない。

来年は、全国の夏祭り、盆踊りが開催され、人が集まって踊り、楽しむことができるようになって欲しい。



【データ】

富山市八尾おわら資料館
https://www.youtube.com/channel/UCMkmwOTq2qeNpQO8sS5cAfQ


おわら風の盆
https://www.yatsuo.net/kazenobon/


風の盆 
Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%82%8F%E3%82%89%E9%A2%A8%E3%81%AE%E7%9B%86




2020-08-31 (Mon)

2020/08/31  日記  二百十日

2020/08/31  日記  二百十日

2020/08/31 (月) 旧暦:  7月13日 祝日・節気・雑節・朔望:  二百十日 日出:  5時12分 日没:  18時09分 月出:  17時23分 月没:  2時47分 月齢:  12.01 潮汐:  中潮 干支:  丙午 六曜: 先勝 今日のあれこれ: 二百十日 「台風9号 風速70メートルも...沖縄に最接近へ 今夜から明日」 https://youtu.be/BRnJXiMgaEc 『二百十日(にひゃくとおか、に...

… 続きを読む

2020/08/31 () 旧暦:  713日 祝日・節気・雑節・朔望:  二百十日 日出:  512分 日没:  1809分 月出:  1723分 月没:  247分 月齢:  12.01 潮汐:  中潮 干支:  丙午 六曜: 先勝


今日のあれこれ: 二百十日

「台風9号 風速70メートルも...沖縄に最接近へ 今夜から明日」


https://youtu.be/BRnJXiMgaEc



『二百十日(にひゃくとおか、にひやくとをか) 仲秋

子季語: 厄日、二百二十日
解説: 立春から数えて二百十日目をいう。新暦九月一日ころにあたる。台風シーズンの到来が、稲の開花時に当るため特に警戒したものである。二百二十日とともに稲作農家にとっては厄日とする。
来歴: 『俳諧通俗誌』(享保2年、1716年)に所出。
実証的見解: 二百十日は、なぜ二十四節気の一つ「立春」から数えるのか。二十四節気は太陽暦に基づいて一年を二十四に分けたもので、旧暦と違って季節のずれがなく、農作業の目安となる。
新暦の二月四日ころにあたる立春は、ちょうど旧暦の正月のころと重なる。正月も年のはじめなら、「立春」もまた年のはじめ。立春を年のはじめと定めることで、「八十八夜」「二百十日」というような季節点をおき、農事の目安や自然災害に対する備えとしたのである。』
(季語と歳時記)



二百十日の俳句:


・二百十日太陽くわつと照りつけぬ   八百山和子


・藍甕に蓋して二百十日過ぐ  岩淵喜代子


・夕焼の長しや二百十日暮れ  白石天留翁




今日は831日。
長梅雨が明けて暑い暑いと言っている内に1月過ぎてしまった。

8
月だが、今年は今日が二百十日。
折しも、暦通り沖縄本島に台風9号が直撃する予報が出ている。
 まだ速度がゆっくりしているので、通過が遅くなると、風速70mが予報通り吹けば、台風には強い沖縄でも被害は出るかもしれない。

明日から9月、9月はじめの沖縄のイベントに参加する予定だったが、コロナ自粛で中止になった。
 もし中止でなければ、飛行機で台風の中を飛行していたかもしれない。
  中止でがっかりしたが、今になって台風の状況を考えると、中止になってよかったとも言える。

未来は、全てが許されている。
何事が起きるかわからない。






2020-08-30 (Sun)

2020/08/30  日記  蜩

2020/08/30  日記  蜩

2020/08/30 (日) 旧暦:  7月12日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  5時11分 日没:  18時11分 月出:  16時42分 月没:  1時46分 月齢:  11.01 潮汐:  中潮 干支:  乙巳 六曜: 赤口 今日のあれこれ: 蜩 「ヒグラシ鳴く 4K60P」 https://youtu.be/l-dVsR0BcWA 『蜩(ひぐらし) 初秋  2011/03/11 【子季語】  日暮、茅蜩、かなかな ...

… 続きを読む

2020/08/30 () 旧暦:  712日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  511分 日没:  1811分 月出:  1642分 月没:  146分 月齢:  11.01 潮汐:  中潮 干支:  乙巳 六曜: 赤口


今日のあれこれ: 蜩

「ヒグラシ鳴く 4K60P


https://youtu.be/l-dVsR0BcWA



『蜩(ひぐらし) 初秋 
2011/03/11

【子季語】
 日暮、茅蜩、かなかな

【解説】
明け方や日暮に澄んだ鈴を振るような声でカナカナと鳴くのでかなかなともいう。未明や薄暮の微妙な光に反応し鳴き始める。鳴き声には哀れさがあり人の心に染みるようである。』
(季語と歳時記)



蜩の俳句:


・いつの間に蜩に鳴きかはりしや   稲畑汀子


・暁の夢のきれぎれ蜩も  林火


・雲切れて蜩の声つのりたる   住田千代子


・山雨過ぎ蜩のこゑ溢れけり   山本みゆき


・休み休み鳴くが優しき蜩は   ことり




油蝉は騒がしい。
蝉が鳴くのは、短い地上生活の間に命をつなぐための活動だから、黙って静かにしては居られないからだ。
それは解るが、それにしても騒がしく、うるさい。

人間の場合も、騒がしい人は多い。
沈黙に耐えられないのか、自己顕示欲なのか、人に喋らせず、時間をすべて自分の喋りに費やす人がいる。
 諺に「傍らに人無きが如し」もある。

それに比べ、蜩の鳴き方は穏やかだ。
鳴き声に哀れさがあると言うのは言いすぎだと思うが、奥ゆかしい情緒はある。
 そこが愛されるところだ。

休み休み鳴く蜩の声を俳人たちは耳傾けてよく聴いている。





2020-08-29 (Sat)

2020/08/29  日記  枝豆

2020/08/29  日記  枝豆

2020/08/29 (土) 旧暦:  7月11日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  5時10分 日没:  18時12分 月出:  15時55分 月没:  0時48分 月齢:  10.01 潮汐:  中潮 干支:  甲辰 六曜: 大安 今日のあれこれ: 枝豆 「【新潟特産黒埼茶豆】枝豆のモーニングルーティン-朝3時から枝豆選別の様子/EDAMAME」 https://youtu.be/-ufptLn_x4g 『枝豆(えだまめ...

… 続きを読む

2020/08/29 () 旧暦:  711日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  510分 日没:  1812分 月出:  1555分 月没:  048分 月齢:  10.01 潮汐:  中潮 干支:  甲辰 六曜: 大安


今日のあれこれ: 枝豆

「【新潟特産黒埼茶豆】枝豆のモーニングルーティン-3時から枝豆選別の様子/EDAMAME


https://youtu.be/-ufptLn_x4g



『枝豆(えだまめ) 三秋

子季語: 月見豆
解説: まだ十分に熟さない青い大豆のこと。
塩茹をして食べる。枝つきのまま茹でるので枝豆という名がついた。十五夜にお供えすることから月見豆ともいう。
来歴: 『増山の井』(寛文7年、1667年)に所出。』
(季語と歳時記)



枝豆の俳句:


・丹波路に積む枝豆や路肩売   山口キミコ


・茹で上げた枝豆に振る能登の塩   黒澤佳子


・二間続きに枝豆の香の満つる   高田令子


・茹上がる丹波枝豆句の成らず   横田矩子


・手と口と休む暇なし枝豆食ぶ   宮原みさを




これだけ暑い日が続くと、脂っこいものや重いものよりサッパリとして後に残らないものが欲しくなる。
 冷えたビールや泡盛の水割りのお伴は枝豆と冷奴が良い。

コロナの第2波のお陰で、また自粛生活に逆戻り、外飲みは無く家飲みばかりだ。
 家で枝豆を肴に飲むのだがもう一つ満足感がない。

毎月の日本酒の会で登場する枝豆の様な輝きを感じない。
同席者も会では利き酒の評価が終わるまで、肴に手を付けないことにしている。
 つやつやと緑色の膨らんだ枝豆を前にしながら、暫し評価に集中する、食べてしまってはお酒の評価基準が変わってしまう、それを防ぐための暗黙のルールだ。

評価シートを書き終わり、さて食べるぞと手を伸ばす枝豆。
この瞬間があってこそ枝豆は特別な味わいになる。

会は8月から再び中止。
9
月はまだどうなるかわからない要素がある。

スーパーで買ってきて、家飲みの肴にする枝豆も枝豆に変わりはないのだが、例会の「旬彩処かのう」出でる枝豆の輝きは感じられないのだから仕方がない。



2020-08-28 (Fri)

2020/08/28  日記  鬼灯

2020/08/28  日記  鬼灯

2020/08/28 (金) 旧暦:  7月10日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  5時09分 日没:  18時13分 月出:  15時00分 月没:  ---- 月齢:  9.01 潮汐:  長潮 干支:  癸卯 六曜: 仏滅 今日のあれこれ: 鬼灯 「お盆、ともす 「ホオズキタワー」出荷が最盛期」 https://youtu.be/K3QZ6A_LWjI 『鬼灯: 酸漿、虫鬼燈 初秋 ナス科の多年草。黄白...

… 続きを読む

2020/08/28 () 旧暦:  710日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  509分 日没:  1813分 月出:  1500分 月没:  ---- 月齢:  9.01 潮汐:  長潮 干支:  癸卯 六曜: 仏滅


今日のあれこれ: 鬼灯

「お盆、ともす 「ホオズキタワー」出荷が最盛期」


https://youtu.be/K3QZ6A_LWjI



『鬼灯: 酸漿、虫鬼燈

初秋

ナス科の多年草。黄白色の花が咲いた後、袋状の萼に包まれた球状の実が赤く色づく。種子を抜き取って風船のようにした実を口に含んで鳴らして遊ぶ。』
(季語と歳時記)



鬼灯の俳句:


・鬼灯の一心の朱に立ち止まる  北原志満子



鬼灯の朱が人の眼を惹き付ける。
北原の句を読んで、赤心を想った

赤心は、嘘偽りのない気持ち、本心を背景とした「真心」や「誠意」を意味する。
 その人の人格から滲み出る、ありのままの正直な気持ちと言うことができる。

言うこととやることが一致しないような人に、赤心は有ろうはずもない。

また、ありの儘と言っても赤心は赤ちゃんや幼稚園児にあるものでもない。
 生まれ育った経歴の中で自覚的に形成された心とか気持ちとか人格とかに関連して出来上がるものだと思う。


鬼灯も最初から赤ではない
緑から次第に色を変えて朱になる。
赤は成熟を示している色と見られる。

鬼灯(ホオズキ)の成長

https://youtu.be/71zqWaT5H9s


赤子の心も最初は緑から始まり、良く成熟すると赤心になるのだろう。





2020-08-27 (Thu)

2020/08/27  日記  墓参

2020/08/27  日記  墓参

2020/08/27 (木) 旧暦:  7月9日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  5時09分 日没:  18時15分 月出:  13時59分 月没:  23時54分 月齢:  8.01 潮汐:  小潮 干支:  壬寅 六曜: 先負 今日のあれこれ: 墓参 「"いつもと違う"お盆…分散化&オンライン墓参り&代行サービスも 新スタイル続々 #コロナとどう暮らす (20/08/12 20:00)」 https://youtu.be/Pt...

… 続きを読む

2020/08/27 () 旧暦:  79日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  509分 日没:  1815分 月出:  1359分 月没:  2354分 月齢:  8.01 潮汐:  小潮 干支:  壬寅 六曜: 先負


今日のあれこれ: 墓参

"いつもと違う"お盆分散化&オンライン墓参り&代行サービスも 新スタイル続々 #コロナとどう暮らす (20/08/12 20:00)


https://youtu.be/PtnjOuO5zCY


『墓参: 墓詣、展墓、墓掃除、掃苔、墓洗ふ、墓ぬらす

  初秋

八月十三日のお盆に墓参りすをること。墓に詣でる機会は多いが、中でも祖先の霊を迎える盂蘭盆会は日本人にとって最大の宗教行事である。前もって墓を洗い清め、花や香を手向けてお参りし、祖先をこの世に迎えるのである。』
(季語と歳時記)



墓参の俳句:


・一家して朝の墓参の清々し   大橋晄


・行く雲としばらくあそぶ墓参り   神蔵器


・寺水の今も冷たき墓参かな   南出律子




いつもと違う夏。
毎年恒例の行事も人が集う行事は、今年はできない。
大都市から子供を連れて里帰りし、爺さん、婆さんに親孝行し、ご先祖様には墓参するも今年はしたくても出来なかった。

自分は帰れないから、業者にお墓の掃除と墓参の代行を依頼する人も多かったそうだ。
 墓参は心のなかで済ますことはできるが、雑草取りや掃除はオンラインでは出来ない。

今年の夏は、人が動くことも、集うことも出来ない、いつもと違う夏。





2020-08-26 (Wed)

2020/08/26  日記  蕎麦の花

2020/08/26  日記  蕎麦の花

2020/08/26 (水) 旧暦:  7月8日 祝日・節気・雑節・朔望:  上弦 日出:  5時08分 日没:  18時16分 月出:  12時53分 月没:  23時05分 月齢:  7.01 潮汐:  小潮 干支:  辛丑 六曜: 友引 今日のあれこれ: 蕎麦の花 「信濃路に初秋の便り・4K」 https://youtu.be/G32TpsyVv3k 「ソバの花と稲穂が揺れる初秋の戸隠高原・4K」 https://youtu.be/Wdfy...

… 続きを読む

2020/08/26 () 旧暦:  78日 祝日・節気・雑節・朔望:  上弦 日出:  508分 日没:  1816分 月出:  1253分 月没:  2305分 月齢:  7.01 潮汐:  小潮 干支:  辛丑 六曜: 友引


今日のあれこれ: 蕎麦の花

「信濃路に初秋の便り・4K


https://youtu.be/G32TpsyVv3k



「ソバの花と稲穂が揺れる初秋の戸隠高原・4K

https://youtu.be/WdfywbYZd1M



『蕎麦の花

  初秋

蕎麦は茎先に白または淡紅色の小花を総状に咲かせる。
高所で栽培される蕎麦は品質もよく、高原一面、蕎麦の白い花でおおわれる風景もよく目にする。』
(季語と歳時記)



蕎麦の花の俳句:


・ゴンドラの蔵王眼下や蕎麦の花   阿部綾子


・花蕎麦やたちまち暮るる八ヶ岳   田中藤穂


・安曇野を渡る鐘の音蕎麦の花   山下佳子


・花蕎麦のかなた比叡の暮残り   中原敏雄


・花蕎麦や天草灘のとどろく日   淵脇護




蕎麦の花は、日本の自然の中にある。
言うまでもないことだが、それ故に日本の情景と蕎麦の花は初秋の日本を心穏やかに楽しませえくれる。

例句に挙げた蔵王、八ヶ岳、安曇野、比叡、天草だけではなく、日本の自然を背景に蕎麦の花が広がり初秋の風に揺れる光景が数多く詠まれている。

名古屋は猛暑が続き、もう2週間。
8
月一杯は猛暑だそうだから、秋はまだまだだ。

掲載させていただいた信濃路の動画では蕎麦の花が咲き始めている。撮影されたのが19日だからもう1週間経つ。
今日は、もうかなり白い花が目立っているはずだ。

9
月に入れば、2番目の動画のように戸隠高原では、白い蕎麦の花が見渡す限りとのことだ。

台風8号が去れば、秋は山、高原から平野に降りてくる。
猛暑も、それまでのことだ。





2020-08-25 (Tue)

2020/08/25  日記  星祭

2020/08/25  日記  星祭

2020/08/25 (火) 旧暦:  7月7日 祝日・節気・雑節・朔望:  伝統的七夕 日出:  5時07分 日没:  18時17分 月出:  11時45分 月没:  22時22分 月齢:  6.01 潮汐:  小潮 干支:  庚子 六曜: 先勝 今日のあれこれ: 星祭 「MilkyWay TimeLapse 35 岐阜県下呂市 ~御嶽山から昇る天の川~ 4K」 https://youtu.be/_eccneyGw1Y 『[季題] 星祭(ほしまつり...

… 続きを読む

2020/08/25 () 旧暦:  77日 祝日・節気・雑節・朔望:  伝統的七夕 日出:  507分 日没:  1817分 月出:  1145分 月没:  2222分 月齢:  6.01 潮汐:  小潮 干支:  庚子 六曜: 先勝


今日のあれこれ: 星祭

MilkyWay TimeLapse 35 岐阜県下呂市 ~御嶽山から昇る天の川~ 4K


https://youtu.be/_eccneyGw1Y



[季題] 星祭(ほしまつり)
[
季節] 初秋(旧暦7月7日)      行事季題
[
副題] 牽牛(けんぎう/けんぎゅう)
      織女(しよくぢよ/しょくじょ)
      星迎(ほしむかへ/ほしむかえ)
      星合(ほしあひ/ほしあい)
      二つ星(ふたつぼし)
      彦星(ひこぼし)
      織姫(おりひめ)
      星の契(ほしのちぎり)
      星今宵(ほしこよひ/ほしこよい)
      鵲の橋(かささぎのはし)
 
 旧暦7月7日の行事。
 
 俳句では伝統的に旧暦7月7日又は月遅れの8月7日の七夕の夜の行事として詠まれる。
 
 この行事は中国の牽牛・織女の伝説とそこから派生した乞巧奠の行事が伝わり日本の棚機女の信仰と習合したものといわれている。
 
 笹竹に詩や歌を書いた短冊形の
色紙を吊し軒先や窓辺に立てて文
字や裁縫の上達を星に祈る。

(清月俳句歳時記)



星祭の俳句:


・仙台は明かりのるつぼ星祭   鷹羽狩行


・夢並ぶ子等の手形や星祭   永島雅子


・恋文の文字の歳月星祭   田下宮子


・父と母夢で逢ひたる星祭り   赤木真理


・凡そ世に夫の句がよし星祭  池上不二子




今日は、旧暦七夕の日。
星祭りの夜。

織女と牽牛の逢引に想いを馳せるのも良い。
短冊に願い事を書くのも良い。
流れ星に願い事をするのも良い。
満天の空、星の輝きに黙して語らぬも良い。

数え切れない星を見続けている。
美しいが人間の世界とは別の星の宇を見ていると人恋しくなる。

それは、通りすがりの、名前も知らない、話したこともない人では駄目で、この世の人でも、あの世の人でも、昔の人でも今の人でも構わない。
 懐かしい人、心通う人、思い出の中の人...
その様な恋しい人が沢山いる人は、幸せに生きてきたと断言できる。

二度と会いたくない人、嫌な思い出のある人、一緒に居たくない人などは恋しくはない。


例句でも恋人や父や母や夫との星祭を楽しんでいる。
星の輝く夜、この世では会えない人ともお祭りをすることは許されている。

この世に句を詠む人は数しれず居る、名句と言われる句も数多ある、しかし、星今宵、心の底から夫の句が一番だと池上は詠んでいる。





2020-08-24 (Mon)

2020/08/24  日記  百日紅

2020/08/24  日記  百日紅

2020/08/24 (月) 旧暦:  7月6日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  5時06分 日没:  18時19分 月出:  10時36分 月没:  21時44分 月齢:  5.01 潮汐:  中潮 干支:  己亥 六曜: 赤口 今日のあれこれ: 百日紅 「2020/08/24 体温級の猛暑! 冨士山を彩る百日紅とユリの花 ~愛媛県大洲市~」 https://www.youtube.com/watch?v=OR5_dYHB_Zg 『百...

… 続きを読む

2020/08/24 () 旧暦:  76日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  506分 日没:  1819分 月出:  1036分 月没:  2144分 月齢:  5.01 潮汐:  中潮 干支:  己亥 六曜: 赤口


今日のあれこれ: 百日紅

2020/08/24 体温級の猛暑! 冨士山を彩る百日紅とユリの花 ~愛媛県大洲市~」


https://www.youtube.com/watch?v=OR5_dYHB_Zg



『百日紅(さるすべり) 仲夏

子季語: 百日紅(ひやくじつこう)、紫薇、怕痒樹、くすぐりの木、白さるすべり
解説: 梅雨明けごろから九月末まで咲き続ける木の花。「百日紅(ひゃくじつこう)」の名は、百日ものあいだ咲きつづけることに由来する。花の色は紅のほかに白、紫もある。
樹幹の肌が滑らかで、「猿も滑る」ところからこの名がある。
来歴: 『俳諧初学抄』(寛永18年、1641年)に所出。
文学での言及: 
 足引のやまのかけぢの猿滑りすべらかにても世をわたらばや 藤原為家『夫木和歌抄』
実証的見解: ミソハギ科サルスベリ属の落葉小高木。中国南部が原産で、日本には江戸期以前に渡来した。高さは大きなもので十メートルくらいになる。幹はなめらかで薄茶色、葉は楕円形で長さ五センチくらい。七月から九月にかけて、枝先の円錐花序に皺の多い六弁の小花を次々に咲かせる。』
(季語と歳時記)



百日紅の俳句:


・死神が死んで居るなり百日紅  永田耕衣


・百日紅五十日目に母死なす  岡田久慧


・あかあかと誰が死人でも百日紅   伊藤通明


・死に未来あればこそ死ぬ百日紅  宇多喜代子


・白さるすべり百歳の死は水のごと   内山花葉




愛知県は猛暑が続いている。
体温を超える気温がもう10日以上続いている。
35
度以上は猛暑だが37度以上の暑さは身体への堪え方が違う。
 全国的にも熱中症の救急搬送はコロナ以上、死者数もコロナ以上だ。
 災害級の猛暑であることは間違いない。

用水路の側道を歩いていると、赤い花が咲いている樹が植え込まれている。百日紅だ。

百日紅は、赤い花の房を青い空に翳している。
目が眩むような夏の直射日光の下でも、もう10日以上続く灼熱の日々の中でも、平然と咲いている。
その生命力は目眩めくばかりだ。


百日紅の例句を読んでいて、永田耕衣の句に目が留まった。
死神でも死んでしまう暑さの中でも平気な百日紅、なんと強かな!!
今日までの暑さにへばった身にはもっともな気持ちだ。
死神を持ち出して生命力を語るのは面白い。

「死」の文字を使った百日紅の句を探してみた。
18
句見つかったが、そのうち5句を選んでみた。

百日紅は、死を想わせ、その先に貴い生命に心を運ぶ。
そんな樹のようだ。





2020-08-23 (Sun)

2020/08/23  日記  処暑

2020/08/23  日記  処暑

2020/08/23 (日) 旧暦:  7月5日 祝日・節気・雑節・朔望:  処暑 日出:  5時06分 日没:  18時20分 月出:  9時26分 月没:  21時08分 月齢:  4.01 潮汐:  中潮 干支:  戊戌 六曜: 大安 今日のあれこれ: 処暑 「関東など局地的に激しい雨 午後も広い範囲警戒」 https://youtu.be/PAlSo55Cyqo 『処暑(しょしょ)は、二十四節気の第14。七月中(通常...

… 続きを読む

2020/08/23 () 旧暦:  75日 祝日・節気・雑節・朔望:  処暑 日出:  506分 日没:  1820分 月出:  926分 月没:  2108分 月齢:  4.01 潮汐:  中潮 干支:  戊戌 六曜: 大安


今日のあれこれ: 処暑

「関東など局地的に激しい雨 午後も広い範囲警戒」


https://youtu.be/PAlSo55Cyqo



『処暑(しょしょ)は、二十四節気の第14。七月中(通常旧暦7月内)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が150度のときで823日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から2/3年(約243.4906日)後で823日ごろ。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の白露前日までである。

西洋占星術では、処暑を処女宮(おとめ座)の始まりとする。

季節
暑さが峠を越えて後退し始めるころ。『暦便覧』では「陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也」と説明している。

二百十日・二百二十日とともに台風襲来の特異日とされている。
...
七十二候
処暑の期間の七十二候は以下の通り。

初候
 綿柎開(めんぷ ひらく) : 綿を包む咢(がく)が開く(日本)
鷹乃祭鳥(たか すなわち とりを まつる) : 鷹が捕らえた鳥を並べて食べる(中国)

次候
 天地始粛(てんち はじめて しじむ(しゅくす)) : ようやく暑さが鎮まる(日本・中国)

末候
 禾乃登(か すなわち みのる) : 稲が実る(日本・中国)
...』
Wikipedia



処暑の俳句:


・処暑と言ふ暦に風のおのづから   服部菰舟


・駅頭や処暑の豪雨のひとしきり   岡田史女


・こもごもの愁ひ癒すや処暑の風   石塚ゆみ子


・けふ処暑や琥珀の酒に氷鳴り   田所節子


・今日処暑と思ひ心を立て直す   藤浦昭代




今日は処暑。
暦では、「暑さが峠を越えて後退し始めるころ」。
「二百十日・二百二十日とともに台風襲来の特異日とされている。」とされる日。

名古屋は、今日も猛暑で暑かったが、風はあった。
東京はかなり激しいゲリラ豪雨があった。
沖縄には台風8号が接近している。海は大時化で、石垣市の漁船が消息を絶ち遭難のおそれが出ている。

各地の状況は違うが、暦に沿ったお天気が見られる。
風が立ち始めれば、夏の暑さもしのぎやすくなる。
まだまだ残暑は続くが、処暑だと言ってくれて、気候の変化がいつもの変化を生じていれば、熱中症の危険ももう暫くで収束するはずだ。

暑さにやられておかしくなっていた頭・神経・こころ・身体をリセットする季節になった。
 藤浦の言うように先ずは「心を立て直す」ことから始めよう。





2020-08-22 (Sat)

2020/08/22  日記  花火

2020/08/22  日記  花火

2020/08/22 (土) 旧暦:  7月4日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  5時05分 日没:  18時21分 月出:  8時16分 月没:  20時35分 月齢:  3.01 潮汐:  中潮 干支:  丁酉 六曜: 仏滅 今日のあれこれ: 花火 「2020花火大会3分間完全版(2020Tokyo Olympic Fireworks display)」 https://youtu.be/Pc9kz-Wb4qE 「[4K] 長岡花火 2020 慰霊の白菊3発...

… 続きを読む

2020/08/22 () 旧暦:  74日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  505分 日没:  1821分 月出:  816分 月没:  2035分 月齢:  3.01 潮汐:  中潮 干支:  丁酉 六曜: 仏滅


今日のあれこれ: 花火

2020花火大会3分間完全版(2020Tokyo Olympic Fireworks display)


https://youtu.be/Pc9kz-Wb4qE



[4K] 長岡花火 2020 慰霊の白菊3発+コロナ終息祈願花火1発 長岡市内五ヶ所から撮影 - Nagaoka Fireworks 2020 -

https://youtu.be/MYRpEz69Xz4



『花火(はなび) 初秋
2011/02/21

【子季語】
 煙火、揚花火、仕掛花火、打上花火、遠花火、花火舟、金魚花火、花火大会

【関連季語】
 手花火

【解説】
 種々の火薬を組み合わせ、夜空に高く打ち上げて爆発の際の光の色や音を楽しむもの。
 もともとは、秋祭りの奉納として打ち上げられた。日本一の四尺花火が打ち上げられる新潟県小千谷市の片貝地区では、子供の誕生や入学就職記念、追善供養など、生活の節目節目に、住民が花火を奉納する。?

【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
...』
(季語と歳時記)



花火の俳句:


・兩國の花火見て居る上野哉   正岡子規


・湾内に花火の谺あまた度  西村和子


・連発の花火川面を朱に染む   山田晴久


・腕の子の眠りし重さ花火果つ  野田 史子


・旅終る車窓に遠き花火見て  片山由美子




2020
年の夏。
いつもと違った夏。

いつもの夏は、夏休みがあり、盆休みがあり、夏祭りがあり、盆踊りがあり...
 暑いが生命を燃焼させる祭りが全国津々浦々に行われる。
それが、日本の夏だ。

今年はコロナと言う疫病のために、人が集うことを阻まれてしまった。

多くの夏祭りは中止されてしまったが、花火はいつもと違うやり方で開催されたところもあった。

暗くなって花火は打あげられる。
真っ黒な闇の空を背景に花火は花を咲かせる。
花火師たちが手塩にかけて育てた花が次々と絢爛に咲く。
一瞬の輝きの花なのだが、儚さを超える生命の燃焼がある。


花火の俳句は数多い。
日本に住み、暮らし、生きている我々に花火は心に消えない輝きを残して来た。

2020
年の夏。
いつもと違った夏。

だが、花火は変わりなく、暗い闇に花を咲かせてくれた。






2020-08-21 (Fri)

2020/08/21  日記  酔芙蓉

2020/08/21  日記  酔芙蓉

2020/08/21 (金) 旧暦:  7月3日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  5時04分 日没:  18時23分 月出:  7時05分 月没:  20時02分 月齢:  2.01 潮汐:  大潮 干支:  丙申 六曜: 先負 今日のあれこれ: 酔芙蓉 「酔芙蓉と芙蓉」 https://youtu.be/Xgpcm8HKCTI 『酔芙蓉は、芙蓉の花とは違い、朝に白い花を咲かせ、昼になるとピンク色に変わる。そし...

… 続きを読む

2020/08/21 () 旧暦:  73日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  504分 日没:  1823分 月出:  705分 月没:  2002分 月齢:  2.01 潮汐:  大潮 干支:  丙申 六曜: 先負


今日のあれこれ: 酔芙蓉

「酔芙蓉と芙蓉」


https://youtu.be/Xgpcm8HKCTI



『酔芙蓉は、芙蓉の花とは違い、朝に白い花を咲かせ、昼になるとピンク色に変わる。そして夕方には赤くなり、一日にして終わる。この移り変わりからも察せられるが、「酒に酔い顔が赤くなる」様子を花にたとえて「酔芙蓉」の名が付いたようである。
 中国では酔芙蓉を酒に酔って頬を染める楊貴妃の美しさに例えたりするようである。

雑 記
 
 芙蓉の開花時期は、7月~8月頃だが、酔芙蓉はやや遅く8月下旬に咲き始め9月~10月頃まで見ることができる。
 
 花言葉で他に「芙蓉の貌」「芙蓉の顔(かんばせ)」などがあるが、いずれも「美しい、しとやかな顔立ち」を意味し、 美人の例えに使われている。
 
 芙蓉の花は大輪で美しいことから、陶磁器や様々な模様に描かれている。富士山の美しい姿を表している言葉に「芙蓉峰」がある。
 
 酔芙蓉は、一重のものと八重のものがある。また、酔芙蓉の変種で 一つの花に、白と赤が入り混じって咲くものを「獅子頭」と呼ぶ。
 
 芙蓉とハイビスカスは同じ仲間で、「繊細な美」「しとやかな恋人」が花言葉である芙蓉と、情熱的な南国のイメージを持ち「新しい恋」が花言葉のハイビスカスが親戚とは対照的で面白い。
 
 芙蓉は、樹皮が強く、昔は紙の原料や下駄の鼻緒、また花や葉の粉末は腫れ物の特効薬として用いられていたようである。
 
 酔芙蓉は、石川さゆりの歌謡曲「風の盆恋歌」の中で詠われており、伍代夏子も「酔芙蓉」の題名そのままに歌っている。』
(田中正造とその郷土
http://www8.plala.or.jp/kawakiyo/hana/hana09_01.htm
より転載)



酔芙蓉の俳句:


・越後富士望む湯宿や酔芙蓉  伊沢山


・一日の真白に明けて酔芙蓉  平田はつみ


・花びらを風にたゝまれ酔芙蓉 川崎展宏


・一輪のはや大酔や酔芙蓉 水原秋櫻子


・月光へ八重の花閉ぢ酔芙蓉  小川玉泉




芙蓉や木槿はよく見かけるが、酔芙蓉はあまり気が付かない。
 朝は白く咲き次第に紅を加えて夕方には赤く花が染まるので、酔と言う名がついたそうだ。

個々の花を見れば朝に咲き夕べには萎れる一日限りの生命で儚いが、木全体を見れば次から次へと長く咲き続けるそうだ。

花は一日花でも、それで短いことはない。
朝咲いて、夕方萎れるまで、決められた作法で仕事を終えれば、それで全し。
 外からとやかく言われることもない。


今日も暑い日だった。
夕方には、雷神がやってきて、ゴロゴロと騒がしくなった。
これはこれで夏らしい夕暮れだった。





2020-08-20 (Thu)

2020/08/20  日記  花氷

2020/08/20  日記  花氷

2020/08/20 (木) 旧暦:  7月2日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  5時03分 日没:  18時24分 月出:  5時54分 月没:  19時27分 月齢:  1.01 潮汐:  大潮 干支:  乙未 六曜: 友引 今日のあれこれ: 花氷 「【公式】「匠の蔵 ―創る人、開く人、発する人― 」村山正男(1) | TNCテレビ西日本」 https://youtu.be/5A33-bZ5N6U 「【公式】「匠の蔵 ―...

… 続きを読む

2020/08/20 () 旧暦:  72日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  503分 日没:  1824分 月出:  554分 月没:  1927分 月齢:  1.01 潮汐:  大潮 干支:  乙未 六曜: 友引


今日のあれこれ: 花氷

「【公式】「匠の蔵 創る人、開く人、発する人 」村山正男(1) | TNCテレビ西日本」

https://youtu.be/5A33-bZ5N6U


「【公式】「匠の蔵 創る人、開く人、発する人 」村山正男(2) | TNCテレビ西日本」

https://youtu.be/uOVk4f80qbc


「【公式】「匠の蔵 創る人、開く人、発する人 」村山正男(3) | TNCテレビ西日本」

https://youtu.be/Ah-hrlEJOG0


「【公式】「匠の蔵 創る人、開く人、発する人 」村山正男(4) | TNCテレビ西日本」


https://youtu.be/QyWMnIM52Ys



『花氷(はなごおり/はなごほり): 氷柱(こほりばしら)
2010/03/22

  晩夏

冷房が完備していなかった頃、デパートやホテルなどに見た目に美しく涼し気な氷の柱が置かれた。
色とりどりの草花が中に閉じこめられ、思わず触れてみたくなる。最近見かけなくなったが、懐かしい風物の一つ。』
(季語と歳時記)



花氷の俳句:


・くれなゐを籠めてすゞしや花氷  日野草城


・駅長の粋な計らひ花氷  高澤良一


・歌舞伎座のロビーの隅の花氷  北河 翠


・花氷みんなが触はりつるんつるん   秋千晴




酷暑が続いている。
ニュースでも熱中症がコロナを凌いでいる。
救急車も死者も熱中症の方が多い、死ぬ事は悲劇だが、当事者は苦しんで長く生死をさまようコロナよりその日の内に決着する熱中症の方が楽かもしれない。
 馬鹿なことを考えるほど、兎も角、暑い。

暑い時は、水分を摂る、塩分も摂る 室内ではエアコンを使って体温を下げるのが基本だ。

人を涼しくするのは、肌で感じる涼しさが現実的だが、心を涼しくする方法もある。

目で感じる涼しさがある。
氷の塊は涼しそうに見える。
それも、ただの氷柱より、中に花を活けてある花氷が情趣がある。

見た目も、触っても花氷は涼しい。

歌舞伎座に置かれた花氷は華やかさの中に華やかさが加わり、日本の情趣を感じる情景だ。

最近は、花氷を見る機会が無いように思えるが、造り手がいないのか買い手に余裕がないのか残念だ。
 日本の夏の景に浴衣、団扇、花火、かき氷、加えて、花氷もCool Japanにピッタリだと思うのだが。



2020-08-19 (Wed)

2020/08/19  日記  向日葵

2020/08/19  日記  向日葵

2020/08/19 (水) 旧暦:  7月1日 祝日・節気・雑節・朔望:  朔 日出:  5時03分 日没:  18時25分 月出:  4時43分 月没:  18時50分 月齢:  0.01 潮汐:  大潮 干支:  甲午 六曜: 先勝 今日のあれこれ: 向日葵 「【石川県の遊び場】河北潟ひまわり村の迷路に挑戦!! 夏休み レジャー 観光 子ども お出かけ 近場旅行」 https://youtu.be/Hlsk3jjj_ZE ...

… 続きを読む

2020/08/19 () 旧暦:  71日 祝日・節気・雑節・朔望:  朔 日出:  503分 日没:  1825分 月出:  443分 月没:  1850分 月齢:  0.01 潮汐:  大潮 干支:  甲午 六曜: 先勝


今日のあれこれ: 向日葵

「【石川県の遊び場】河北潟ひまわり村の迷路に挑戦!! 夏休み レジャー 観光 子ども お出かけ 近場旅行」


https://youtu.be/Hlsk3jjj_ZE



『向日葵(ひまわり、ひまはり) 晩夏

子季語: 日車、日輪草、天蓋花
解説: 向日葵は太陽の花。太陽に向かって花の向きを変えると考えて、この名がついた。夏の象徴の花である。
来歴: 『滑稽雑談』(正徳3年、1713年)に所出。
実証的見解: キク科ヒマワリ属の一年草。北アメリカ原産で、公園や庭などで広く栽培される。丈は二メートルほどにもなる。夏、茎頂に花径十五センチほどのあざやかな花を咲かせる。内側の花びらがない花を筒状花、外輪に黄色い花びらをつけた花を舌状花という。種からは油が取れ、食用にもなる。』
(季語と歳時記)



向日葵の俳句:


・空に月地にはひまわり真っ盛り   熊谷みどり


・海光に万の向日葵応へたる   碇天牛


・かくれんぼ向日葵畑駈け回る   大杉千津子


・ひまはり畑声の渦巻く迷路かな   吉田克美


・機嫌よき女に向日葵咲きにけり  仙田洋子




2020
年は極端な年。
コロナ騒ぎは勿論、災害級の荒梅雨と長梅雨。
梅雨が明ければ、体温を超える猛暑日が毎日続く。

そんな激しい夏にも負けない花が向日葵だ。
太陽に顔を向け、空を目指して伸びる夏の花だ。

背の高い向日葵の花の迷路には子どもたちの笑い声が絶えること無く続いている。





2020-08-18 (Tue)

2020/08/18  日記  入道雲

2020/08/18  日記  入道雲

2020/08/18 (火) 旧暦:  6月29日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  5時02分 日没:  18時26分 月出:  3時34分 月没:  18時08分 月齢:  28.39 潮汐:  中潮 干支:  癸巳 六曜: 仏滅 今日のあれこれ: 入道雲 「夏の風景 入道雲」 https://youtu.be/gvHG9f8cCwM 『夏図鑑「入道雲」 晴れわたった真っ青な空に、突如として姿を現わす入道雲は...

… 続きを読む

2020/08/18 () 旧暦:  629日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  502分 日没:  1826分 月出:  334分 月没:  1808分 月齢:  28.39 潮汐:  中潮 干支:  癸巳 六曜: 仏滅


今日のあれこれ: 入道雲

「夏の風景 入道雲」


https://youtu.be/gvHG9f8cCwM



『夏図鑑「入道雲」

晴れわたった真っ青な空に、突如として姿を現わす入道雲は夏の雲の代表的存在。そもそも「入道」とは仏門に入った人のことをいうが、入道雲の場合は、「坊主頭をした妖怪・入道」が語源。たしかに、現れたとたんに、もくもくと巨大化するようすは、まさに妖怪変化。気象学的にいえば「積乱雲」で、雲底の高度は2000メートル、雲頂の高度は1万メートルにも達する。ちなみに、日本で見える飛行機雲の高度は5000メートルから1万3000メートルで、入道雲の偉容がわかろうというもの。俳句の季語では「雲の峰」と称されるが、いわれてみれば空にそそり立つ山のような存在。それに由来してか、入道雲は「山」と同じように「一座、二座」と数えられる。』
Summer Memories
http://www.discovernippon.jp/Summer/book/nyuudou.html
より転載)



入道雲の俳句:


・入道雲磐梯山を一掴み  五十嵐みい


・入道雲時機到来と立ち上がる   大橋晄


・入道雲癒えよ生きよと窓覗く  秋澤猛




夏の雲の季語としては、雲の峰が良く使われる。
個人的には入道雲のほうが好きだ。

雲の峰は雲が大きく広がる大画面の景観がある、峰と言う文字があるが山ではなく大きな雲だ。
表現もおシャレで、積乱雲と言った科学用語と比べて情趣を感じられる。

入道雲は、大きな景観も無くはないが、主役は雲そのもの。
ムクムクとして、柔らかで、明るい白の光が詰まる生き物のような雲が、青い空を背景に仁王立ちになっている。
夏の持つムンムンとした生命力を感じさせる。


入道雲が好きなのは、個人的な経験に拠っている。
北海道、新潟と10年近く北国に暮らした経験がある。
北国の生活は楽しいことも多い、自然の幸に恵まれ、肉も魚も野菜も果物も美味しく、何より日本酒が美味しい。
スキーもすぐに行く事ができ、春と夏が一緒にやってくると花々が一斉に咲き乱れる自然が美しい。
 ただ、太平洋側に生まれ育った人間には、曇り空に閉じ込められる数ヶ月は心理的には鬱陶しくもあった。
 
新潟を離れて移り住んだ沖縄の最初の夏。
青い空とエメラルドグリーンの海を舞台に登場する入道雲に見とれて過ごした。

ある日、ランチを食べて外に出た時、何時ものように入道雲に見とれていると同僚のウチナンチューに言われた。
“何を見ているの?

それで沖縄の入道雲の魅力について話した
青空と海を舞台に登場する主役の入道雲の生命の躍動感を。
 彼は“そうですかね~と言い、黙った。
 沖縄に生まれ育った彼にとっては、普通のありふれたものでしか無かったかもしれない。


今年の6月はじめ、自粛宣言が解除された間隙を縫って、矢も盾も堪らず沖縄に出かけた。
 もう梅雨が明けた沖縄は夏だった。古宇利島にドライブに行き、島を車で回る途中、サトウキビ畑の上の空に入道雲が居た。

これだ、これこれ!
車を道路横に停め、外に出て、入道雲を見続けた...






2020-08-17 (Mon)

2020/08/17  日記  落蝉

2020/08/17  日記  落蝉

2020/08/17 (月) 旧暦:  6月28日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  5時01分 日没:  18時28分 月出:  2時28分 月没:  17時21分 月齢:  27.39 潮汐:  中潮 干支:  壬辰 六曜: 先負 今日のあれこれ: 落蝉 「【セミ爆弾】死にかけの蝉を触ってみた【セミファイナル】」 https://youtu.be/h6T-oKq_68U 『「落蝉」は、寿命を終えて地面に落ちた蝉...

… 続きを読む

2020/08/17 () 旧暦:  628日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  501分 日没:  1828分 月出:  228分 月没:  1721分 月齢:  27.39 潮汐:  中潮 干支:  壬辰 六曜: 先負


今日のあれこれ: 落蝉

「【セミ爆弾】死にかけの蝉を触ってみた【セミファイナル】」

https://youtu.be/h6T-oKq_68U



『「落蝉」は、寿命を終えて地面に落ちた蝉のことです。たいていは仰向けに落ちていて、死んでいるかと思うと、ジージー叫びながら激しくもがくものもいて、哀れです。
 蝉は羽化してから一週間ほどで死んでしまいますから、夏でも落蝉をよくみかけますが、蝉は短い夏の象徴としてとらえられることが多いので、落蝉は秋の季語として詠まれます。
 『広辞苑』にも載っておらず、歳時記でも収録されていないものが多いようですが、よく使われている季語なのではないでしょうか。
...』
(感動を表現する推敲の仕方 石田郷子
http://www.izbooks.co.jp/ishida032.html#:~:text=%E3%80%8C%E8%90%BD%E8%9D%89%E3%80%8D%E3%81%AF%E3%80%81%E5%AF%BF%E5%91%BD,%E3%81%9F%E8%9D%89%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82&text=%E8%9D%89%E3%81%AF%E7%BE%BD%E5%8C%96%E3%81%97%E3%81%A6,%E5%AD%A3%E8%AA%9E%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E8%A9%A0%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82
より転載)



落蝉の俳句:


・掃き溜めてありしみくじと落蝉と  後藤比奈夫


・落蝉のあっけらかんと乾きゐる  酒井裕子


・落蝉にいつもの空があり真青  高澤良一




古い公園の高い樹の下の道を歩いていると、白い腹を見せて蝉が横たわっている。
 よく知られている通り、蝉の一生は数年と長いが殆ど土の中の暮らしだ。
 時が来て地上に出て、脱皮をして蝉に生まれ変わる。皮は空蝉となり、蝉は残りの10日程を鳴き続ける。

寝転がった蝉に首尾よく最後の仕事に成功したか?
と訊いても答えることもない。
 昔、死んでいると思って、靴の先で道路端に移そうとした処、突然、ジ、ジと声を出して飛び去ったことがあった。
 最後の夢を見ていることもあるから、その儘触らず通り過ぎた。

先週、子どもたちが網竿を持って、樹を見上げながら公園内を探し歩いていた。
 そのせいか、最近は騒がしい油蝉の鳴き声は無くなり、公園は静かになったようだ。

高澤が詠むように、役目を終えた落蝉に関わることもなく夏の空は青い。
 それは人でも同じだ。人がこの世の役目を終え、この世から去っても、夏の青空は青く、自然の営みは変わらない。

今日もまた猛暑が続く。
多くの人が熱中症で運ばれ、かなりの人が亡くなるだろう。




2020-08-16 (Sun)

2020/08/16  日記  送り火

2020/08/16  日記  送り火

2020/08/16 (日) 旧暦:  6月27日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  5時00分 日没:  18時29分 月出:  1時30分 月没:  16時29分 月齢:  26.39 潮汐:  中潮 干支:  辛卯 六曜: 友引 今日のあれこれ: 送り火 「2020年 送り火」 https://youtu.be/LWAc_EM4ZlI 『送り火: 魂送り   初秋 盆の十五日または十六日に先祖の魂を送るために焚...

… 続きを読む

2020/08/16 () 旧暦:  627日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  500分 日没:  1829分 月出:  130分 月没:  1629分 月齢:  26.39 潮汐:  中潮 干支:  辛卯 六曜: 友引


今日のあれこれ: 送り火

2020年 送り火」


https://youtu.be/LWAc_EM4ZlI



『送り火: 魂送り

  初秋

盆の十五日または十六日に先祖の魂を送るために焚く火。豆殻、苧殻などを家の門のところで焚く。』
(季語と歳時記)



送り火の俳句:


・夜の海に泡盛注ぎ魂送り  沢木欣一


・母と居る送り火の燠消ゆるまで   田代貞枝


・父母の送り火ひと日遅らせて   富田要


・燃え尽きし送り火にまだ跼み居り  菖蒲あや


・送火をたき一人居の戻り来し   唐戸正子




御魂をお迎えし共に過ごしたお盆も終りがあり、今日は御魂をお送りしなければならない。
 あの世は兎も角、この世を生きる人には制約がある。
生きていくには働かなければならない。
 心残るが終わらなければならない。

俳人たちも名残惜しいが、それぞれの仕方で御魂とお別れをしている。
 一日遅らせた人もいれば、消えてしまった送り火をまだ見つめている人もいる。

送り火が終わり、火の後始末を終える。
そして、またこの世の暮らしが始まる。





2020-08-15 (Sat)

2020/08/15  日記  敗戦の日

2020/08/15  日記  敗戦の日

2020/08/15 (土) 旧暦:  6月26日 祝日・節気・雑節・朔望:  月遅れ盆、終戦の日 日出:  4時59分 日没:  18時30分 月出:  0時38分 月没:  15時33分 月齢:  25.39 潮汐:  若潮 干支:  庚寅 六曜: 先勝 今日のあれこれ: 敗戦の日 「全国戦没者追悼式 天皇陛下おことば全文(20/08/15)」 https://youtu.be/myKHlSNonVw 『終戦記念日: 敗戦忌/終戦...

… 続きを読む

2020/08/15 () 旧暦:  626日 祝日・節気・雑節・朔望:  月遅れ盆、終戦の日 日出:  459分 日没:  1830分 月出:  038分 月没:  1533分 月齢:  25.39 潮汐:  若潮 干支:  庚寅 六曜: 先勝


今日のあれこれ: 敗戦の日

「全国戦没者追悼式 天皇陛下おことば全文(20/08/15)


https://youtu.be/myKHlSNonVw



『終戦記念日: 敗戦忌/終戦の日/敗戦の日/八月十五日

  初秋

八月十五日。昭和二十年のこの日、日本はポツダム宣言を受諾して第二次世界大戦は終了した。
 戦争の誤ちを反省し、平和の希求を確認する日。
各地で戦没者を追悼する催しが行われる。』
(季語と歳時記)



敗戦日の俳句:


・遺骨まだかへらぬ父や敗戦忌   石橋邦子


・火の記憶終生消えず敗戦忌   坂本哲弘


・一杯の井戸水供ふ敗戦日   木下節子


・球児みなくりくり坊主敗戦忌   瀧春一


・御魂みな故郷にあり敗戦忌   山田智子




今日は終戦記念日と言う表現が新聞などの表現で、敗戦記念日というのは一般的ではない。

八月十五日は終戦の日。
八月十五日は敗戦の日。

と、読み比べてみると、敗戦の日は矢張りしっくりこない。
敗戦という言葉には勝ち負けに拘る語感がある。
確かに事実は負けた戦争だったのだから、終戦という言葉にはまやかしがあると考えるのも理解できる。

例句を読んでみて、敗戦記念日の季語を使う句が多いのが意外だった。
 だが、勝ち負けには拘らないほうが良い。


明日、16日以降中国は禁漁期間の解除をして、尖閣諸島周辺の海域に漁船を200隻以上送り込み操業させる可能性がある。
 その為海上保安庁や自衛隊が尖閣に派遣されていると報道されている。
 中国は、多くの国や地域と国境問題を引き起こしている。
インドとの紛争でインド兵を殺害したことは最近のことだし、幸福の国ブータンとも自国の領土だとして主張している。
 南シナ海での武力を背景にした領海の現状変更を着々と行っている。
 東シナ海も同様の行動を取る可能性は高い。
共産主義・社会主義国家と言う名前とは似ても似つかない、武力で他国を侵略した過去の帝国主義国家だ。

難しいことだが武力衝突は避けなければならない。
75
年の平和な日本を終わらせることになってはいけない。
そう祈りたい。

戦争なんか終わってしまったほうが良い。




2020-08-14 (Fri)

2020/08/14  日記  猛暑・極暑・酷暑

2020/08/14  日記  猛暑・極暑・酷暑

2020/08/14 (金) 旧暦:  6月25日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  4時59分 日没:  18時31分 月出:  ---- 月没:  14時34分 月齢:  24.39 潮汐:  長潮 干支:  己丑 六曜: 赤口     今日のあれこれ: 猛暑・極暑・酷暑   39度超に「溶けそう...」 猛暑日は200地点以上「」   https://youtu.be/HZM3Dhpijf0   ...

… 続きを読む

2020/08/14 () 旧暦:  625日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  459分 日没:  1831分 月出:  ---- 月没:  1434分 月齢:  24.39 潮汐:  長潮 干支:  己丑 六曜: 赤口

 

 

今日のあれこれ: 猛暑・極暑・酷暑

 

39度超に「溶けそう...」 猛暑日は200地点以上「」

 

https://youtu.be/HZM3Dhpijf0

 

 

 

『極暑: 酷暑/猛暑

 

  晩夏

 

七月の末から八月の上旬にかけて、きびしい暑さになる。暑さの極みのことをいう。』

(季語と歳時記)

 

 

 

猛暑・極暑・酷暑の俳句:

 

 

・狛犬もよそよそしかりみな猛暑  丸山佳子

 

 

・蓋あけし如く極暑の来りけり  星野立子

 

 

・酷暑くる島豆腐屋の臼に罅  比嘉 安

 

 

 

今日も暑い日だった。

この暑さの中では、コロナより熱中症のほうが危険だ。

意識を失って倒れ発見が遅れればあの世へ直行だ。

 

水を飲んで、塩分をとって、エアコンの助けをもらうしか方法はない。

 天気予報では9月までは暑いという。今年はコロナも梅雨も猛暑もシツコイ。

 

猛暑は季語としては物足りないようで、俳人たちは極暑・酷暑を好んで使うようだ。

 

猛暑というのでは日常的すぎるのか。