菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page » Next
2019-06-19 (Wed)

2019/06/19  井岡一翔  日本初の4階級制覇達成

2019/06/19  井岡一翔  日本初の4階級制覇達成

KO率75%の強打者パクりテにどう戦うのかがポイントだった。結果は井岡らしい戦い方で勝利ができた。パクりテは井岡には戦いやすいタイプだったのかも知れない。相手のパンチを躱し、防御しながら隙きを見て攻める、左ボデーブローでスタミナを奪うのが井岡流だが、7Rを除き9回までは打ち合いを避けてきた。 7回は打ち合ったが、井岡もダメージを受けたようだった。10R、疲れが見えたパクリテにフックが当たると、井岡は珍しく一気...

… 続きを読む


KO
75%の強打者パクりテにどう戦うのかがポイントだった。

結果は井岡らしい戦い方で勝利ができた。
パクりテは井岡には戦いやすいタイプだったのかも知れない。

相手のパンチを躱し、防御しながら隙きを見て攻める、左ボデーブローでスタミナを奪うのが井岡流だが、7Rを除き9回までは打ち合いを避けてきた。
 7回は打ち合ったが、井岡もダメージを受けたようだった。

10R
、疲れが見えたパクリテにフックが当たると、井岡は珍しく一気呵成にラッシュをかけ顎、こめかみに集中してパンチを当て、レフリーが試合を止めた。

9R
までは技術的な評価はできるとしても、井岡らしい面白味のない試合だったが、今日の10Rの井岡は気迫が満ちていて良かった。



『井岡「感謝しか」10回TKO日本男子初4階級制覇
[2019
6192211]
 
clip_image001
パリクテ対井岡 1回、パリクテ(左)に左ボディーを放つ井岡(撮影・小沢裕)


clip_image002
 
パリクテ対井岡 10回、井岡(左)はパリクテからTKO勝ちを収める(撮影・小沢裕)

<プロボクシング:WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦>◇19千葉・幕張メッセ

WBO
世界スーパーフライ級2位井岡一翔(30Reason大貴)が、再挑戦で日本男子初の4階級制覇を達成した。

同級1位アストン・パリクテ(28=フィリピン)との王座決定戦。長身で強打の強敵を相手に技術を生かして10146秒でTKO勝ちした。

試合を終えた井岡は「感謝の言葉しかない。支えてきてくれた人にこの勝利を捧げたい。このベルトを取るためにすべてを懸けてきた。日本の地で4階級制覇できてうれしい。久しぶりに日本のリングに立って背中を押してもらった」と声をはずませた。

1
度引退から昨年の4階級初挑戦は失敗も、22カ月ぶりの日本で令和初の新王者にもなった。世界戦通算15勝目で具志堅を抜き、国内最多記録も更新。今後は海外を舞台にビッグマッチを目標にする。

井岡がついに4本目のベルトつかみとった。昨年大みそかの復帰2戦目の初挑戦は12の判定負け。すぐに訪れた再挑戦のチャンス。それも22カ月ぶりとなるホームの日本で、令和になって7人目の挑戦で新王者にも輝いた。

30
歳の大台初戦に「ラストチャンス」と、決意を胸にしてのリングだった。8年前の世界初挑戦から指導するイスマエル・サラス・トレーナーもその決意は感じていた。1度は失敗したが「近道を選ばないのが成功の道」と、井岡の発したこの言葉に勝利を確信していた。

4
20日から10日まで米ラスベガスで最長8週間キャンプした。1695センチと長身で強打のパリクテ対策を徹底して練習した。パリクテとは41センチ差も、180センチある双子の米国代表らを相手に、110回のスパーリングをこなしてきた。

パリクテは上から打ち下ろし、ラビット気味に頭へガンガン打ち込んでくる。その対策には10センチ以上の厚底シューズを特注。履くのはミットを持つサラス・トレーナー。パンチを受けるだけでなく、まき割りのようにミットを振り下ろし、打ち下ろし対策を実践してきた。

サラス・トレーナーは「パリクテは後半落ちる。パワーはすごいが、技術とフィットネスで殺せる」と話していた。約400メートルの坂道ダッシュ10本で心拍数は214まで記録して体力アップ。井岡も「質のいい充実したトレーニングで自信を持って臨める」と手応え十分だった。

13
日には5050勝無敗で5階級制覇のメイウェザーと対面し、「5階級を狙え」とエールを送られた。「人間パワースポット」というあこがれの人。「自分を信じろ」と同じ考えをアドバイスされたことも、大きな力になっていた。

昨年大みそかから井岡を含め日本勢は黒星続き。井上の実質2団体統一戦、田中と田口の日本人対決を除き、日本人の挑戦は11連敗だった。世界戦15勝目で具志堅を抜いて日本人最多勝利も更新。当時最速の3階級制覇も「海外では無名だった」と振り返る井岡。日本人初の看板を手にし、現役復帰の最大の目標である海外でビッグマッチを目指す。』
(日刊スポーツ)




2019-06-19 (Wed)

2019/06/19 日記 鮎

2019/06/19 日記 鮎

2019/06/19 (水) 旧暦: 5月17日 祝日・節気:  日出: 4時25分 日没: 18時59分 月出: 20時38分 月没: 5時48分 月齢: 15.71 干支: 丁亥 六曜: 先負 九星: 四緑木星 今日のあれこれ: 鮎 「阿仁川アユ遡上2019-6月9日根小屋堰堤」 https://youtu.be/2ECb32-RIRc 『鮎(あゆ) 三夏 子季語: 香魚、年魚、鮎生簀 関連季語: 若鮎、落鮎、鮎狩、鮎汲、通し鮎 解説: 夏の川魚の代表。川...

… 続きを読む

2019/06/19 (水) 旧暦: 517日 祝日・節気:  日出: 425分 日没: 1859分 月出: 2038分 月没: 548分 月齢: 15.71 干支: 丁亥 六曜: 先負 九星: 四緑木星


今日のあれこれ: 鮎

「阿仁川アユ遡上2019-69日根小屋堰堤」


https://youtu.be/2ECb32-RIRc



『鮎(あゆ) 三夏

子季語: 香魚、年魚、鮎生簀
関連季語: 若鮎、落鮎、鮎狩、鮎汲、通し鮎
解説: 夏の川魚の代表。川の水や苔の香りのするところから香魚と呼ばれる。味は淡白で上品。
塩焼き、鮎鮓、鮎膾、うるかなど、食べ方はいろいろある。余すところなく食べられ、はらわたの苦味は珍味とされる。鮎漁の解禁は、川によって異なるので注意。
来歴: 『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
文学での言及: 松浦河河の瀬光り年魚釣ると立たせる妹が裳の裾濡れぬ『万葉集』
隼人の瀬戸の巌も年魚走る芳野の瀧になほしかずけり 大伴旅人『万葉集』
実証的見解: アユ科の魚。川の下流域で孵化した稚魚はいったん海に入りプランクトンなどを食べて成長する。五センチくらいに成長した鮎は川に戻り、三月から五月ころにかけて遡上を始める。川の上流から中流域にたどり着いた幼魚は櫛形に変形した歯で、岩などに付着したケイソウ類を主食とする。一段と大きくなった鮎は縄張りを作るようになり、縄張りに入ってくる別の鮎に攻撃を仕掛ける。この性質を利用した釣が「友釣り」である。秋になると鮎は、体が橙と黒の婚姻色に変化し、産卵のため下流へ落ち始める。このころの鮎は「錆鮎、落鮎」と呼ばれる。産卵した鮎は、体力を消耗して多くは死んでしまう。それゆえ鮎は、年魚ともいわれる。』
(季語と歳時記)



鮎の俳句:


・激流をあらがひぬくかのぼり鮎  銀林晴生


・鮎上り初めたる水の色となる  北川一深


・若鮎のひかりを水にもどしけり  吉野俊二


・鮎のぼる川音しぐれと暮れにけり  石橋秀野


・行くさきのあるごとし鮎のぼりつぐ  岡田銀渓




狭い岩場や堰の高い堤を自分の身の丈の何倍もの高さを飛び越えようと挑戦を繰り返す鮎。

丁度この頃は、鮎のドラマが最高潮になる。

若さとか飛躍とか挑戦とか鮎の姿は、健気でもあり崇高でもある。
 人はそれ程の努力もせずに生きていかれる。

鮎は自分の努力だけで目的の上流まで登り続ける。

この今も上り続けているだろう。





2019-06-18 (Tue)

2019/06/18 日記 花菖蒲

2019/06/18 日記 花菖蒲

2019/06/18 (火) 旧暦: 5月16日 祝日・節気:  日出: 4時24分 日没: 18時59分 月出: 19時48分 月没: 4時57分 月齢: 14.71 干支: 丙戌 六曜: 友引 九星: 五黄土星 今日のあれこれ: 花菖蒲 「2019 堀切菖蒲園 花菖蒲祭り」 https://youtu.be/mHNRBaPypZI 「花菖蒲(はなしょうぶ、はなしやうぶ) 仲夏 子季語: 菖蒲園、菖蒲池、野花菖蒲、菖蒲見、菖蒲田、白菖蒲、黄菖蒲 関連季語:...

… 続きを読む

2019/06/18 (火) 旧暦: 516日 祝日・節気:  日出: 424分 日没: 1859分 月出: 1948分 月没: 457分 月齢: 14.71 干支: 丙戌 六曜: 友引 九星: 五黄土星


今日のあれこれ: 花菖蒲

2019 堀切菖蒲園 花菖蒲祭り」


https://youtu.be/mHNRBaPypZI



「花菖蒲(はなしょうぶ、はなしやうぶ) 仲夏

子季語: 菖蒲園、菖蒲池、野花菖蒲、菖蒲見、菖蒲田、白菖蒲、黄菖蒲
関連季語: かきつばた、あやめ、菖蒲
解説: 梅雨のころ、各地の菖蒲園などで大きくあでやかな紫や白の花を咲かせる水辺の草。水中や湿地で栽培されるが、陸でもよく育つ。剣状の直立する葉が菖蒲に似ていることから、端午の節句の菖蒲と混同されるが別物。
来歴: 『増山の井』(寛文7年、1667年)に所出。
文学での言及:   
実証的見解: アヤメ科の多年草。野生のノハナショウブの改良種の園芸植物。高さは八十センチくらいで、まっすぐに立った茎の頂点に、白や紫の花びらをつける。他のアヤメ科の花同様、三枚の外花被片(外の花びら)とそれよりも小さな三枚の内花被片(内の花びら)を持つが、アヤメやカキツバタとは違い、内花被片が比較的大きく、外側へそり曲るものが多い。外の花びらのつけ根から花びらの中央に掛けて淡黄色の斑紋があるのも、この花の特徴である。」
(季語と歳時記)



花菖蒲の俳句:


・堀切や菖蒲花咲く百姓家   正岡子規


・水染めて舞ひ立たんとす花菖蒲   清水明子


・凛として水面に映えし花菖蒲   小野喬樹


・風の道自づとありぬ花菖蒲  林富佐子


・命名は男の美学花菖蒲   阪本哲弘




花には名前が必要だ。
桜も、桜は一般名だが、染井吉野と言えばイメージが浮かぶ。

花菖蒲は、夥しい名前の花菖蒲が存在する。
「あ」から始まる名前の花菖蒲を、ネットで少し調べただけでもたくさん見つかる。

・ 愛知の輝
・ 愛知の光妙 
・ 葵 形
・ 葵 祭
・ 葵の上
・ 旭丸
・ 旭錦
・ 葦の浮船
・ 綾衣
・ 綾瀬川
・ 安積
・ 安曇野
・ 安濃の乙女
・ 暁の園
・ 暁の海
・ 暁の絞り
・ 暁の泉
・ 暁の峰
・ 暁烏
・ 暁鳴海
・ 荒 磯  
・ 秋の曲
・ 秋の錦
・ 青 根
・ 青海原
・ 青柴垣    
・ 青柳
・ 青柳染 
・ 赤石岳 
・ 赤蜻蛉   
・ 浅妻舟
・ 相 生
・ 相生錦
・ 相生里
・ 淡雪桜
・ 淡仙女
・ 淡路島
・ 朝の光
・ 朝戸開
・ 朝神楽
・ 朝日の雪
・ 朝日の峰
・ 朝日の里
・ 朝日空
・ 朝霧の桜
・ 天 晴
・ 天津風
・ 東の風
・ 東鑑
・ 東鹿の子 
・ 敦 盛
・ 尼化粧
・ 明化粧 
・ 明石
・ 明石潟
・ 揚 羽
・ 嵐 山
・ 藍草紙


作り出した人が、子供の名前を考えるように、花菖蒲の将来を想って命名するのだろう。

優雅な名前も花菖蒲の魅力の一つだ。

菖蒲園で、名前が書かれていない花菖蒲の群生があると悲し気がする。
 大都会で名前のない人がすれ違うように。

花菖蒲の前に立つ時には、つけられた名前を呼んでやりたい。
君が「藍草紙」か
と。





2019-06-17 (Mon)

2019/06/17 日記 玉葱

2019/06/17 日記 玉葱

2019/06/17 (月) 旧暦: 5月15日 祝日・節気: 望 日出: 4時24分 日没: 18時58分 月出: 18時52分 月没: 4時09分 月齢: 13.71 干支: 乙酉 六曜: 先勝 九星: 六白金星 今日のあれこれ: 玉葱 「SLICES OF SPRING ONION (新玉ねぎのスライス)」 https://youtu.be/v-Fkc3veqKM 『玉葱(たまねぎ)三夏 2011/04/21 【子季語】葱頭 【解説】中央アジア原産。 春蒔、秋蒔した苗を畑に植えて夏に...

… 続きを読む

2019/06/17 (月) 旧暦: 515日 祝日・節気: 望 日出: 424分 日没: 1858分 月出: 1852分 月没: 409分 月齢: 13.71 干支: 乙酉 六曜: 先勝 九星: 六白金星


今日のあれこれ: 玉葱

SLICES OF SPRING ONION (新玉ねぎのスライス)」


https://youtu.be/v-Fkc3veqKM



『玉葱(たまねぎ)三夏
2011/04/21

【子季語】葱頭
【解説】中央アジア原産。
春蒔、秋蒔した苗を畑に植えて夏に収穫することが多い。明治初年に渡来し、西洋料理、肉料理の普及により、一般の家庭に大いに利用されている。
【科学的見解】
タマネギは、ユリ科ネギ属の一年生もしくは二年生の草本植物である。本種は、秋播き型(秋播き夏採り)と春播き型(春播き秋採り)に大きく分けられている。秋播き型タマネギの代表品種は、泉州黄(せんしゅうき)や愛知白(あいちしろ)、春播き型タマネギの代表品種は、札幌黄(さっぽろき)が知られている。タマネギに含まれている硫化アリルは、消化を助ける作用があるとされている。(藤吉正明記)』
(季語と歳時記)



玉葱の俳句:


・さくさくと新玉葱の朝餉かな   須賀敏子


・玉葱のスライス透けて素数かな   小枝恵美子


・玉葱のグラタンに舌焼いてをり   本郷桂子


・玉葱の掻揚げ塩でソーダー水   安部里子


・玉葱は我が妙薬や今朝今宵   覚本秀子




新玉葱が大量に出荷され、買いやすくなっている。
玉葱のスライスは、普通の玉葱でも水に晒せば辛味が取れ、甘くはなるが、新玉葱のフレッシュな癖の無い甘さは格別だ。加えて、サクサクとした柔らかい食感が快い。

生でも、焼いても、煮ても、揚げてもそれぞれ美味しい。
小ぶりの新玉葱なら、バターと濃縮出汁をかけて、ラップして電子レンジでチンするだけで美味しい。

新物は味がまだ粗粗しい場合が多いが、新玉葱は粗粗しさがなくフレッシュで爽やかだ。
 楽しめる時期には楽しまなくては。

俳人たちも同感の思いを句にしている。





2019-06-16 (Sun)

2019/06/16 日記 父の日

2019/06/16 日記 父の日

2019/06/16 (日) 旧暦: 5月14日 祝日・節気: 父の日 日出: 4時24分 日没: 18時58分 月出: 17時52分 月没: 3時26分 月齢: 12.71 干支: 甲申 六曜: 赤口 九星: 七赤金星 今日のあれこれ: 父の日 「父の日にお酒をプレゼント【日本酒編」 https://youtu.be/w4swVBKcqAM 『父の日(ちちのひ)は、父に感謝を表す日。アメリカのドッド夫人が『母の日』にならって、父親に感謝するために白いバラを贈っ...

… 続きを読む

2019/06/16 (日) 旧暦: 514日 祝日・節気: 父の日 日出: 424分 日没: 1858分 月出: 1752分 月没: 326分 月齢: 12.71 干支: 甲申 六曜: 赤口 九星: 七赤金星


今日のあれこれ: 父の日

「父の日にお酒をプレゼント【日本酒編」


https://youtu.be/w4swVBKcqAM




『父の日(ちちのひ)は、父に感謝を表す日。アメリカのドッド夫人が『母の日』にならって、父親に感謝するために白いバラを贈ったのが始まり。

主な父の日
6
月第3日曜日
1909
年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド[1]Sonora Smart Dodd)が、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。彼女が幼い頃南北戦争が勃発。父ウィリアムが召集され、彼女を含む子供6人は母親が育てることになるが、母親は過労が元でウィリアムの復員後まもなく亡くなった。以来男手1つで育てられたが、ウィリアムも子供達が皆成人した後、亡くなった。

最初の父の日の祝典は、その翌年の1910619日にスポケーンで行われた[2]。当時すでに母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まった。

1916
年、アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンは、スポケーンを訪れて父の日の演説を行い、これにより父の日が認知されるようになる[2]

1966
年、アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンは、父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日を父の日に定めた。1972年になり、アメリカでは正式に国の記念日[3]に制定される[2]

母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラ。ソノラ・スマート・ドッドが、父の日に父親の墓前に白いバラを供えたからとされている。[要出典]1910年の最初の祝典の際には、YMCAの青年が、父を讃えるために、父が健在の者は赤いバラ、亡くなった者は白いバラを身につけたと伝えられる[2]

8
8
台湾の父の日(父親節)は88日である。これは、「パパ」(表記は爸爸)と中国語での「八八」の発音が似ていることに由来している。

8
月第2日曜日
ブラジルでは、母の日の3ヶ月後の8月第2日曜日が「父の日」(Dia dos Pais)である。ただし、国の休日ではない。1950年代に Sylvio Bhering が、聖ヨアキムを彰して提唱した。

2
23
ロシアでは、223日が「祖国防衛の日」(День защитника Отечества)とされ、軍人・退役軍人に感謝する他に、父親・夫・男性に感謝する日となっている。これと対となる母親・妻・女性の日は、38日の国際女性デーである。

元はソ連の祝日で、1918223日に赤軍が初の対独戦闘に勝利したことを記念し「赤軍の日」(День Красной Армии)として制定され、1949年に「ソビエト陸海軍の日」(День Советской Армии и Военно-Морского флота)と改名された[4]。ソ連崩壊後の2002年に、現在の名称でロシアの祝日となった[5]

聖ヨセフの日
イタリアやスペインなどカトリック系の国では、319日聖ヨセフの日が父の日である。

昇天日
ドイツでは、国の休日である昇天日(復活祭の39日後の木曜日で、早ければ430日、遅ければ62日)が、「父の日」(Vatertag) でもある。「男の日」(Männertag) や「紳士の日」(Herrentag)とも呼ばれる。
...』
Wikipedia



父の日の俳句:


・父の日を腕白連れて長子来る   落合絹代


・父の日の夕映長し夫恋し   澁江阿喜子


・亡き夫への父の日の供華気張りけり   新堀満寿美


・父恋のつとにつのる日父の日来   辻由紀


・父の齢越えて父恋ふ父の日よ   阪上多恵子




今日、6月第3日曜日は父の日。
昨日の雷雨は低気圧と共に去り、今日はお天気が回復舌が、風は突然台風のような唸り声をあげて吹いている。
まだ、穏やかな日とは言えない。

お天気は荒れ模様だが、父の日は何事もなく平穏だ。

父の日の句を読んでいて、感じた。
いつも感じることでもあるが...

故郷も父も遠くに在りて想うもの

妻も娘も
恋しく想ってもらえるのは、あの世へ行ってから。




2019-06-15 (Sat)

2019/06/15 日記 さくらんぼ

2019/06/15 日記 さくらんぼ

2019/06/15 (土) 旧暦: 5月13日 祝日・節気:  日出: 4時24分 日没: 18時58分 月出: 16時49分 月没: 2時48分 月齢: 11.71 干支: 癸未 六曜: 大安 九星: 八白土星 今日のあれこれ: さくらんぼ 「甘~い!園児らサクランボ狩りに笑顔/八戸」 https://youtu.be/pfIkFdFxz_I 『桜桃の実: 桜桃、さくらんぼ    仲夏 一般にさくらんぼと呼ばれているものは、西アジア原産の西洋実桜と...

… 続きを読む

2019/06/15 (土) 旧暦: 513日 祝日・節気:  日出: 424分 日没: 1858分 月出: 1649分 月没: 248分 月齢: 11.71 干支: 癸未 六曜: 大安 九星: 八白土星


今日のあれこれ: さくらんぼ

「甘~い!園児らサクランボ狩りに笑顔/八戸」


https://youtu.be/pfIkFdFxz_I



『桜桃の実: 桜桃、さくらんぼ
   仲夏

一般にさくらんぼと呼ばれているものは、西アジア原産の西洋実桜とその改良栽培種。やや黄味がかったみずみずしい赤い実が、二つに分かれた細く長い柄の先に垂れているのは、何とも可憐。』
(季語と歳時記)



さくらんぼの俳句:


・さくらんぼこの国いまだ捨て難し   徳田千鶴子


・こんな日のためのお皿やさくらんぼ   丸山佳子


・さくらんぼころころ笑ふ人とゐる   高野春子


・さくら咲くおくれて笑ふ老婆にも  長谷川双魚


・よく笑ふ嬰のてのひらさくらんぼ   竹内悦子


・さくらんぼさくらんぼ笑みが自づから   滝沢伊代次




スーパーの果物コーナーにさくらんぼのパックが大量に並び始めた。
 この前までは、初物の貴重品として展示されていたのだが、最盛期になったようだ。

出荷が増えれば価格も下がり、奥さんが買うことができる。
主婦が買えば、子どももおばあちゃんも食べることができる。

さくらんぼの句を読んでいると、さくらんぼの性格がわかる。

さくらんぼは近づいた人の表情を変えることができる。
笑顔にすることができる。
笑えば心も笑顔になる。





2019-06-14 (Fri)

2019/06/14 日記 穴子

2019/06/14 日記 穴子

2019/06/14 (金) 旧暦: 5月12日 祝日・節気:  日出: 4時24分 日没: 18時57分 月出: 15時45分 月没: 2時12分 月齢: 10.71 干支: 壬午 六曜: 仏滅 九星: 九紫火星 今日のあれこれ: 穴子 「あなご漁」 https://youtu.be/TkqUgtucOc4 『アナゴ(穴子[1]、海鰻、海鰻鱺[2])は、ウナギ目アナゴ科に属する魚類の総称[3]。ウナギによく似た細長い体型の海水魚で、食用や観賞用で利用される種類を...

… 続きを読む

2019/06/14 (金) 旧暦: 512日 祝日・節気:  日出: 424分 日没: 1857分 月出: 1545分 月没: 212分 月齢: 10.71 干支: 壬午 六曜: 仏滅 九星: 九紫火星


今日のあれこれ: 穴子

「あなご漁」


https://youtu.be/TkqUgtucOc4



『アナゴ(穴子[1]、海鰻、海鰻鱺[2])は、ウナギ目アナゴ科に属する魚類の総称[3]。ウナギによく似た細長い体型の海水魚で、食用や観賞用で利用される種類を多く含む。30以上の属と150以上の種類が知られる。好みの環境や水深は種類によって異なり、砂泥底、岩礁域、浅い海、深海と、様々な環境に多種多様な種類が生息する。

マアナゴ、ゴテンアナゴ、ギンアナゴ、クロアナゴ、キリアナゴ、チンアナゴなど多くの種類があるが、日本で「アナゴ」といえば浅い海の砂泥底に生息し、食用に多く漁獲されるマアナゴ Conger myriaster を指すことが多い。
...

生態
夜になると泳ぎだして獲物を探す。食性は肉食性で、小魚、甲殻類、貝類、頭足類、ゴカイなどの小動物を捕食するが、チンアナゴ類はプランクトンを捕食する。

昼間は海底の砂泥中や岩石のすき間にひそむ。砂泥底に生息する種類は集団を作り、巣穴から頭だけ、もしくは半身を海中に乗り出している。和名の「アナゴ」はこの生態に由来する[4]

産卵は小卵多産で、浮遊卵を産卵する。卵から生まれた稚魚はレプトケファルスの形態をとり、海中を浮遊しながら成長する。変態して細長い円筒形の体型になると底生生活に移り、各々の種類に適した生息域に定着する。

利用
漁獲
食用となる種類が多く、特にマアナゴは日本各地で多く漁獲される。その他の種類も魚肉練り製品の材料などにされる。また、レプトケファルス(通称ノレソレ、一部地方ではハナダレとも)はシラス漁で混獲されるなどして食用となる高級魚である。アナゴを対象とした日本の代表的な漁法は底びき網である[要出典]が、漁期によっては小さなアナゴが逃げるように網目を大きくする資源管理の方法が試みられている。網によらない漁獲方法としては、ポリ塩化ビニルなど合成樹脂製で、入り口に「かえし」がついた筒に餌となる魚(主にカタクチイワシ)の肉を入れ、アナゴをおびき寄せて閉じ込める筒漁(一種の罠)がある。アナゴと同じく魚体が細長いウツボやヌタウナギも混獲されることがある。東京湾では幼魚が脱出できるように、水抜き穴の大きさを13ミリメートル以上と定めている[5]

韓国でも漁獲され、韓国の漁師は日本の漁業水域を侵犯しての密漁も行っている。韓国の密漁者は、上記のようなアナゴ筒を大量に用いる陥穽漁法(かんせいぎょほう)を日本の漁業水域内で行い、筒を回収できない場合は放置している。筒が大量に遺棄されると、中で死んだアナゴの肉が餌代わりとなって半永久的に大量のアナゴが犠牲になるとみられ、これは資源量の減少を招くおそれのあるゴーストフィッシングであり、違法行為は取り締まりが行われている[6][7]。 また、韓国産は日本産よりも仕入れ値が安いこともあり、韓国産を日本産と偽って、日本で流通する場合もある[8](産地偽装や偽装表示も参照)。

食材
日本料理において、マアナゴはウナギと同様に開き、天ぷら、蒲焼、煮穴子、寿司種、八幡巻(牛蒡をアナゴの身で巻いたもの)などで食べられている。一本丸ごと揚げた天麩羅は天丼や天ぷらそばなどに乗せると丼からはみ出す様が見栄えがし、価格も手ごろなため、名物としている店も多い。

江戸時代から東京湾の羽田沖で捕れたものが江戸前の本場物とされ、現在でも東京湾岸各地で漁場となっている。また、瀬戸内海で捕れたものなども地元や関西地方で珍重されている。

岡山県の郷土料理として生の幼魚(ノレソレ)をポン酢で食べる「ベタラ」がある[1]

広島県の廿日市市宮島・宮島口では穴子の蒲焼を飯に載せた「あなご飯」が名物である。山陽本線宮島口駅の駅弁として考案されたのが元祖で、宮島名物として定着した。千葉県富津市ではアナゴのことを「はかりめ」と呼ぶ[9]。はかりめ丼も参照。
...』
Wikipedia



穴子の俳句:


・一舟の夜へつづくなり穴子筒  柴崎七重


・竿先の鈴闇に鳴る穴子釣  松本幹雄


・穴子焼く素焼照焼派と分くる   飛鳥由紀




個人で穴子を捕るのは釣りになるが、漁師は筒を使うことが多いのだろう。
 筒の中の餌を取りに入るのは鰻と同じで、形が似ていれば習性も似るのだろうか。

動画の漁師の筒には一杯穴子が入っていて、豊漁だ。
他の動画では入っていない筒も多く見られたが、腕が良いのかポイントが良いのか何匹も入っていて、、こんな漁ならやり甲斐がある。

飛島の素焼派照焼派もその通りだが、その前に焼派なのか煮派なのかの分かれ道がある。
個人的には煮る方が好きだ。





2019-06-13 (Thu)

2019/06/13 日記 短夜

2019/06/13 日記 短夜

2019/06/13 (木) 旧暦: 5月11日 祝日・節気:  日出: 4時24分 日没: 18時57分 月出: 14時40分 月没: 1時38分 月齢: 9.71 干支: 辛巳 六曜: 先負 九星: 一白水星 今日のあれこれ: 短夜 「Cry baby 生まれたての赤ちゃんの、産声」 https://youtu.be/Dn4QnUlDtsU 『短夜   三夏 短い夏の夜をいう。春分の日から昼の時間が長くなり夜の時間は夏至にいたって、もっとも短くなる。その短...

… 続きを読む

2019/06/13 (木) 旧暦: 511日 祝日・節気:  日出: 424分 日没: 1857分 月出: 1440分 月没: 138分 月齢: 9.71 干支: 辛巳 六曜: 先負 九星: 一白水星


今日のあれこれ: 短夜

Cry baby 生まれたての赤ちゃんの、産声」


https://youtu.be/Dn4QnUlDtsU



『短夜
  三夏

短い夏の夜をいう。春分の日から昼の時間が長くなり夜の時間は夏至にいたって、もっとも短くなる。その短さ、はかなさを惜しむ気持ちを重ねて夏の夜を呼んだのが短夜という季語である。』
(季語と歳時記)



短夜の俳句:


・産声に短夜ぎゆつと緊まりけり   布川直幸


・午前二時短夜の恋動き出す   稲畑廣太郎


・早発ちの目覚め短夜なりしこと   稲畑汀子


・短夜に背な丸くして読みふける   中野辰子


・短夜のかけ違えたるボタンかな   吉田希望




赤ちゃんが生まれる時間は、自然分娩の場合は深夜から午前中にかけてがお多いそうだ。
 夏の場合は、夜が短い。
赤ちゃんも生まれてくるのが忙しくて、生まれた後は安心して産声をあげるのだろう。

夜生じる出来事が予め決められているのであれば、夜が短い夏の夜は忙しい。
 次々に出来事は起きて来る。

俳人たちも短夜の様々なことを報告している。

吉田は何をかけ違えたのだろう。
まさかボタンではあるまい。




2019-06-12 (Wed)

2019/06/12 日記 茄子

2019/06/12 日記 茄子

2019/06/12 (水) 旧暦: 5月10日 祝日・節気:  日出: 4時24分 日没: 18時57分 月出: 13時35分 月没: 1時05分 月齢: 8.71 干支: 庚辰 六曜: 友引 九星: 二黒土星 今日のあれこれ: 茄子 「《簡単レシピ》お酒のおつまみ!!超万能ソース♬茄子のえのきソース和え」 https://youtu.be/w7c8yQPsoyo 『茄子(なすび) 晩夏 子季語: なす、長茄子、丸茄子、青茄子、初茄子、茄子汁、巾着茄子...

… 続きを読む

2019/06/12 (水) 旧暦: 510日 祝日・節気:  日出: 424分 日没: 1857分 月出: 1335分 月没: 105分 月齢: 8.71 干支: 庚辰 六曜: 友引 九星: 二黒土星


今日のあれこれ: 茄子

「《簡単レシピ》お酒のおつまみ!!超万能ソース茄子のえのきソース和え」


https://youtu.be/w7c8yQPsoyo



『茄子(なすび) 晩夏
子季語: なす、長茄子、丸茄子、青茄子、初茄子、茄子汁、巾着茄子、白茄子、千生茄子
関連季語: 茄子漬、茄子の鴫焼、しんきあへ、茄子の花、茄子苗
解説: 茄子紺というとおり、光沢のある濃紺のひょっとこ形の実。広葉に隠れるように実り、つやつやとした皮が雨滴や露をはじく。茄子汁や焼き茄子、茄子の鴫焼、茄子漬など食べ方もさまざまある。初物は「初茄子」という。
来歴: 『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
文学での言及:   
実証的見解: 茄子はナス科の一年草として栽培されるが本来は多年草。原産地はインドの東部。日本には平安時代に伝わったとされる。高さは一メートルほどになる。葉は大きな楕円形で、葉柄は長く先端部分はとがる。夏から秋にかけて、葉腋に淡紫色の花をつけ、その後紫紺の実を結ぶ。長茄子、丸茄子、一口茄子など果形、大きさはさまざま。花は千にひとつの仇がないといわれ、ほとんどが実となる。』
(季語と歳時記)



茄子の俳句:


・一献に豆腐一皿と茄子煮かな   新実貞子


・加茂茄子の田楽と鱧の吸物と   斉藤陽子


・加茂茄子の箸にくづるるうまし酒   杉浦典子




肌の光を失っていない捥ぎたての茄子は光り輝いている。
茄子の俳句を読んでいると、酒の肴に詠んでいる句が散見された。

かしこまらない気楽な野菜の茄子は、晩酌に使いやすい。
レシピも多いようだ。

季節の茄子を肴に一献の新実の得心は理解できる。





2019-06-11 (Tue)

2019/06/11 日記 入梅

2019/06/11 日記 入梅

2019/06/11 (火) 旧暦: 5月9日 祝日・節気: 入梅 日出: 4時24分 日没: 18時56分 月出: 12時29分 月没: 0時31分 月齢: 7.71 干支: 己卯 六曜: 先勝 九星: 三碧木星 今日のあれこれ: 入梅 「関東甲信、東海、北陸、東北南部が梅雨入り(19/06/07)」 https://youtu.be/YZXZ__GqndY 『入梅(にゅうばい、ついり、つゆいり)は、梅雨入りの時期に設定された雑節である。現在の日本では、太陽黄経が80°...

… 続きを読む

2019/06/11 (火) 旧暦: 59日 祝日・節気: 入梅 日出: 424分 日没: 1856分 月出: 1229分 月没: 031分 月齢: 7.71 干支: 己卯 六曜: 先勝 九星: 三碧木星


今日のあれこれ: 入梅

「関東甲信、東海、北陸、東北南部が梅雨入り(19/06/07)


https://youtu.be/YZXZ__GqndY



『入梅(にゅうばい、ついり、つゆいり)は、梅雨入りの時期に設定された雑節である。現在の日本では、太陽黄経が80°の時[1]またはその日である。新暦(グレゴリオ暦)で611日ごろ。

対義語は出梅(しゅつばい、つゆあけ)だが、日本ではほとんど使われない。

気象上の入梅
本来は「梅雨入り」の漢語表現である。もちろん、地域と年により日付は異なる。

西関東方言では、梅雨の季節全体を「入梅」と呼ぶ。普通にいう「梅雨入りする」は「入梅に入る」という[2]

時候の挨拶で用いる「入梅の候」は、宛先の地で梅雨入りが発表されていることが前提となる。

暦学上の入梅
その名のとおり、梅雨入りの時期を前もって示すために導入された雑節である。農家にとって梅雨入りの時期を知ることは田植えの日取りを決めるのに重要だった。

ただし、入梅の厳密な定義は一定していなかった。

貞享暦以前
『日本歳時記』(1688) によると、和漢のさまざまな文献で、入梅・出梅の日は一定せず、以下のような諸説があった[3]

立夏後の最初の庚の日(510日ごろ)が入梅、芒種後の最初の壬の日(610日ごろ)が出梅 - 『埤雅』(1125)、閩人について
芒種後の最初の丙の日(610日ごろ)が入梅、小暑後の最初の未の日(712日ごろ)が出梅 - 『神枢』
芒種後の最初の壬の日(610日ごろ)が入梅、夏至後の最初の庚の日(626日ごろ)が出梅 - 『碎金録』
芒種後の最初の壬の日(610日ごろ)が入梅、小暑後の最初の壬の日(712日ごろ)が出梅 - 『本草綱目』(1596)
芒種後の最初の丙の日(610日ごろ)が入梅、出梅に関する引用なし - 『三元帰正』
付記した日付は、新暦(グレゴリオ暦)での日付のおよその平均である。節気は恒気で求め、節気当日をありうるとしている。ただしこれは平均で、いずれの入梅・出梅も十干を用いているため10日の幅があり、新暦側の置閏法の誤差なども加えて、±6日程度の変動幅がある。

なお、『本草綱目』での入梅を「芒種前の壬の日」とする文献がある[4]が、間違いのようである。

貞享暦以後
日本では、貞享暦[5](1685) のころから暦に入梅が載るようになった。

その定義は「芒種後の最初の壬の日」だった[6][5]。なお、芒種は太陽黄経75°の日。「壬(みずのえ)」は五行でいえば水の陽にあたる。

芒種が壬だった場合の扱いは、芒種当日とするか10日後の次の壬とするかは混乱があったが、しだいに芒種当日とするようになった。すなわち、芒種当日から9日後までである。新暦ではおよそ64日から616日までを変動し、平均すれば610日ごろとなる。

出梅は暦には載らなかったが、「小暑後の最初の壬の日」とされていた[6][5]。この入梅と出梅の組み合わせは中国の『本草綱目』と同じである。

渋川則休
渋川則休は延享元年 (1744/45)、入梅の日と梅雨の日数を(すなわち間接的に出梅の日も)、次のように唱えた[7]

甲乙年は、芒種後の2番目の壬の日が入梅、梅雨は21日間
丙丁年は、芒種後の2番目の申の日が入梅、梅雨は7日間
戊己年は、芒種後の2番目の庚の日が入梅、梅雨は14日間
庚辛年は、芒種後の2番目の戌の日が入梅、梅雨は21日間
(壬癸年に関する言及なし)

天保暦
1844
年の天保暦では入梅は「太陽黄経80°の日」とされた。以前の(貞享暦以来の)入梅の定義には十干が使われていたため10日幅の変動があったが、それを均した日にほぼ一致する。
...』
Wikipedia



入梅の俳句:


・入梅にかけがへのなき晴一と日   稻畑汀子


・入梅の瀬音高しや渡月橋   新実貞子


・おほさかをけむらしゐたる入梅かな   今井妙子




今日は節気の入梅。
と言っても、沖縄では516日梅雨入り、
東海、北陸、甲信越、東北南部は、67日に梅雨入りとなっている。

昨日までは名古屋は梅雨らしい天気だったが、今日は朝から晴れて、洗濯日和になった。
 家庭の奥様の心も晴れた日になった。
しかし、夜は雷雨の予報だった。

梅雨前線が南に下ったため、西日本の梅雨入りは来週以降になりそうだ。

雷雨、豪雨は困るが、雨は自然に必要なので、節度のある降り方であれば暦の通り降らせてもらいたい。

雨に煙る大阪も風情があり、雨の中に佇む花菖蒲も艶やか。





2019-06-10 (Mon)

2019/06/10 日記 時の日

2019/06/10 日記 時の日

2019/06/10 (月) 旧暦: 5月8日 祝日・節気: 時の記念日、上弦 日出: 4時24分 日没: 18時56分 月出: 11時22分 月没: ---- 月齢: 6.71 干支: 戊寅 六曜: 赤口 九星: 四緑木星 今日のあれこれ: 時の日 「近江神宮 漏刻祭」 https://youtu.be/d2Ury0zN-Xc 『時の記念日(ときのきねんび)は、日本の記念日の1つ。毎年6月10日である。日本で初めて時計装置が使われた日を記念日として制定している。 ...

… 続きを読む

2019/06/10 (月) 旧暦: 58日 祝日・節気: 時の記念日、上弦 日出: 424分 日没: 1856分 月出: 1122分 月没: ---- 月齢: 6.71 干支: 戊寅 六曜: 赤口 九星: 四緑木星


今日のあれこれ: 時の日

「近江神宮 漏刻祭」


https://youtu.be/d2Ury0zN-Xc



『時の記念日(ときのきねんび)は、日本の記念日の1つ。毎年610日である。日本で初めて時計装置が使われた日を記念日として制定している。

制定の経緯と意義
1920
年に東京天文台(現在の国立天文台)と文部省の外郭団体である財団法人の生活改善同盟会によって制定された。日本国民に「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」と呼びかけ、時間の大切さを尊重する意識を広めるために設けられた。記念日ではあるが、法定された国民の祝日ではない。現在の日本では6月に国民の祝日がないため、時の記念日を6月の国民の祝日にすべきとの意見も多いが、実現には至っていない[1]

生活改善同盟会が、1920年(大正9年)516日から74日まで東京教育博物館で「時の展覧会」を開催し、期間中の610日を時の記念日として設定し、行事・宣伝を行ったのに始まる。

1921年(大正10年)以降20年以上にわたり生活改善同盟会を中心に全国各地で記念行事が行われた。外地の台湾総督府や朝鮮の京城、大連などでも関連行事が実施された。

戦後は時計の業界団体をはじめ各種の民間団体が関連行事を行っている。特に東経135度の子午線上にある明石市の時のウィークや、天智天皇をまつる大津市の近江神宮の漏刻祭もある。

由来
『日本書紀』天智天皇十年四月辛卯条(天智天皇10425日(グレゴリオ暦671610日))に、

「置漏尅於新臺。始打候時動鐘鼓。始用漏尅。此漏尅者天皇爲皇太子時始親所製造也[2]。云々。」
(漏尅を新しき台に置く。始めて候時を打つ。鐘鼓を動す。始めて漏剋を用いる。此の漏剋は、天皇の皇太子に爲(ましま)す時に、始めて親(みづか)ら製造(つく)りたまふ所なりと、云々(うんぬん)。
訳:坂本太郎・家永三郎・井上光貞・大野晋校注『日本古典文学大系68 日本書紀 下』 岩波書店

とあり、日本初の時計が鐘を打った日が610日であることからこの日となった。なお、「漏尅」すなわち「漏刻」とは水時計のことである。また、下記脚注のとおり、斉明天皇6年の条にも「漏尅」創設の記述があるが、天智天皇10年の記述との関係は不明。前者には日付がないので、後者の日付が採用されたものと考えられている。
...』
Wikipedia



時の日・時の記念日の俳句:


・家中の時計を正す時の日に   坂口三保子


・時の日の刻をころがし豆を煎る  太田邦武


・いのち尊し時の記念日めぐり来て   丸山佳子



今日は時の記念日。
日常、時刻は常に念頭にある、それを忘れるとバスに乗り遅れたりする。
 しかし、「時」はあまり注意していない。

時刻を知らせるのが時計だから、これが狂っていたら、生活が流れなくなる。
 家中の時計を正しくするのは重要なことだ。今では、事だったというべきかもしれない
 時刻は、時計よりスマホやTVで確認することが多いからだ。

しかし、家の中には時計がある。
それもデジタル時計ではなく文字盤のある時計だ。
1
12時間の文字盤には過去もあり未来もある。
今しか表示されないデジタル時計には「時」がない。

人が生まれて死ぬまでの時間を、一生とか生涯とか表現するが、「時」のことだ。

ダリの絵の中の止まった時計の世界は止まっている。
「時」は「変化」と同じものだから、変化しなければ、時の終わり、死に至る。

・心臓は打つ回数が決められている
・命のローソクがどこかにあり、その灯火が尽きたら終わる
とか言われる。
だが、本当かわからない。

大田は豆を転がしながら、丸山はいのちを転がしながら、「時」を見ている。




2019-06-09 (Sun)

2019/06/09 日記 百合

2019/06/09 日記 百合

2019/06/09 (日) 旧暦: 5月7日 祝日・節気:  日出: 4時24分 日没: 18時55分 月出: 10時14分 月没: 23時55分 月齢: 5.71 干支: 丁丑 六曜: 大安 九星: 五黄土星 今日のあれこれ: 百合 「雨音から蝉時雨へ・・・ 深谷グリーンパーク AQUAPARADISE Patioのユリ園 〜2016年・夏〜」 https://youtu.be/xR-bKitU7kM 『百合の花(ゆりのはな) 仲夏 子季語: 鬼百合、鉄砲百合、笹百合、...

… 続きを読む

2019/06/09 (日) 旧暦: 57日 祝日・節気:  日出: 424分 日没: 1855分 月出: 1014分 月没: 2355分 月齢: 5.71 干支: 丁丑 六曜: 大安 九星: 五黄土星


今日のあれこれ: 百合


「雨音から蝉時雨へ・・・ 深谷グリーンパーク AQUAPARADISE Patioのユリ園 〜2016年・夏〜」

https://youtu.be/xR-bKitU7kM



『百合の花(ゆりのはな) 仲夏

子季語: 鬼百合、鉄砲百合、笹百合、姫百合、車百合、山百合、鹿の子百合、透百合、白百合
解説: 百合は夏、ラッパ形の香り高い花を咲かせる。白に紅の斑がある山百合、黄赤に紫の斑がある鬼百合、花が大砲の筒のような鉄砲百合など、原種だけでも百種以上を数える。「ゆり」の語源は「揺り」で、「百合」の字を当てるのは、ゆり根の鱗茎の重なりあうさまか
らきている。
来歴: 『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
文学での言及: 道の辺の草深百合の花笑みに笑みしがからに妻と言ふべしや 作者不詳『万葉集』
夏の野の茂みに咲ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものぞ 坂上郎女『万葉集』
実証的見解: 百合はユリ科の球根植物の総称で、アジア、ヨーロッパ、北アメリカなどの北半球に広く分布する。地下に球状の鱗茎をもちそこから茎が伸びる。五月から八月にかけて一茎に一個または数個の花を咲かせる。ヤマユリは日本原産でおもに本州の山地に自生する。六片の白い花びらに赤い斑点が持ち、高さは百五十センチくらい。花は大輪で二十センチにもなり、強い香りを放つ。オニユリは、古く中国から渡来したものと考えられ、日本全国に
広く自生する。六片のオレンジ色の花びらに黒い斑点を持ち、花びらは中ほどから外側へ反り返る。

(季語と歳時記)



百合の俳句:


・雨しとど御堂の蔭の百合にほふ   水田清子


・雨粒を留めしままに百合開く   与川やよい


・鬼百合のどこから来しか庭に咲く   井関祥子


・うたたねをして百合の香に包まるる   山田暢子


・皆帰り白百合ひとつ開きけり   平間裕子




東海地方に梅雨入り宣言が出てからお天気がそれらしくなった。
 今日も朝から雨になった。

この季節は百合の花。
沖縄の伊江島のゆり祭りは全国で一番早いゆり祭りだが、今年も同島のリリーフィールド公園で420()から56()まで開催された。

「伊江島の百合祭りに行ってきました」

https://youtu.be/ddTuom9FHMQ


本土では、これからが百合の季節。
千葉県八千代市の村上緑地公園では、「ユリまつり」が昨日68日(土)から始まった。


百合の句を読むと、この季節だからこそ雨にもくじけず雨の中でも美しい。
 また、独りの刻をも寄り添ってくれる様だ。





2019-06-08 (Sat)

2019/06/08 日記 鰆

2019/06/08 日記 鰆

2019/06/08 (土) 旧暦: 5月6日 祝日・節気:  日出: 4時25分 日没: 18時55分 月出: 9時06分 月没: 23時15分 月齢: 4.71 干支: 丙子 六曜: 仏滅 九星: 六白金星 今日のあれこれ: 鰆 「【特集】この先も瀬戸内海と③ 親子二人三脚のサワラ漁 香川・東かがわ市」 https://youtu.be/-bgUiQ3rces 『サワラ(鰆)、学名 Scomberomorus niphonius は、スズキ目・サバ科に属する海水魚の一種。細長...

… 続きを読む

2019/06/08 (土) 旧暦: 56日 祝日・節気:  日出: 425分 日没: 1855分 月出: 906分 月没: 2315分 月齢: 4.71 干支: 丙子 六曜: 仏滅 九星: 六白金星


今日のあれこれ: 鰆

「【特集】この先も瀬戸内海と③ 親子二人三脚のサワラ漁 香川・東かがわ市」


https://youtu.be/-bgUiQ3rces



『サワラ(鰆)、学名 Scomberomorus niphonius は、スズキ目・サバ科に属する海水魚の一種。細長い体の大型肉食魚で、食用に漁獲される。

成長するに従ってサゴシ(青箭魚)(サゴチとも・40-50cm)、ナギ(50-60cm)、サワラ(60cm以上)と呼び名が変わる出世魚でもある。体長が細長く「狭い腹」から「狭腹(サワラ)」と呼ばれるようになったとする説がある。他の地方名にはサーラ(各地)、ヤナギ(若魚:近畿・四国)などがある。なお、石川県の方言では「サワラ」はカジキを指す。

特徴
最大では全長115cm・体重12kgの記録がある。また、メスの方がオスよりも大型になる。近縁種も含めサバ科の仲間でも特に前後に細長い体型で、左右に平たい。地方名のサゴシは「狭腰」、サワラは「狭腹」の意である。

口は大きく、顎には鋭い歯がある。側線は波打ち、枝分かれが多い。第二背鰭・尻鰭と尾鰭の間には小離鰭が並ぶ。また、体内には浮力を調整する鰾(うきぶくろ)がなく、鰓耙もごく少ない。体色は背側が青灰色、腹側が銀白色で、体側には黒っぽい斑点列が縦方向に7列前後並ぶ。

生態
北海道南部・沿海地方から東シナ海まで、東アジアの亜熱帯域・温帯域に分布する。これらは日本海南部・黄海・東シナ海に分布する系群と、瀬戸内海から西日本太平沿岸に分布する系群の二つに分けられる。前者は黄海、後者は瀬戸内海を産卵場としている。

春から秋にかけては沿岸の表層を群れで遊泳するが、冬は深場に移る。食性は肉食性で、おもにカタクチイワシやイカナゴ等の小魚を捕食する。

産卵期は春から初夏で、何回かに分けて産卵を行う。仔魚は当初から鋭い歯をもち、自分と同じくらいの大きさの他魚を貪欲に捕食する。生後1年で46cmほどに成長し、以後は268cm378cm484cmほどとなる。成長は温暖な時期に顕著で、冬は成長しない。寿命はオス6年、メス8年ほどである。

利用
身の見た目はさほど赤くなく白身魚として取り扱われる事も多いが、成分から見ると赤身魚である。日本では一般に焼き魚、西京味噌を使った「西京焼き」、唐揚げ(竜田揚げ)などで食べられる。身が軟らかく崩れやすいので煮物には向かないと言われることもある。岡山県周辺では鮮度の良いものを刺身で食べる。香川県などではサワラの卵巣を使ってカラスミをつくる。まだ脂分が少ない年齢のサゴシは、出汁をとるための煮干しとして近年商品化されている[1][2]

刺し網、定置網、引き縄(トローリング)などの沿岸漁業で漁獲される。春が旬の魚とイメージされているが、本当に味が良いのは秋・冬である。特に冬は脂が乗り、「寒鰆」と呼ばれて珍重されるが、この季節には活動が鈍るため漁獲量も減る。サワラの漢字は魚偏に春で「鰆」と書くが、これは春に産卵のために沿岸へ寄るため人目に付きやすいことから、「春を告げる魚」というのが字源となった。

20
世紀後半には漁獲量の減少が顕著だったが、漁業規制と種苗放流、更に日本近海の水温上昇(レジームシフト)、それに伴うカタクチイワシの増加が重なり、漁獲量は低位ながら回復傾向にある。なお種苗生産においては稚魚の共食いが激しく、資源維持に向けての課題となっている。
...』
Wikipedia



鰆の俳句:


・瀬戸内の空青ければ鰆打つ  磯貝碧蹄館


・渦潮の鰆とる舟かしぎ舞ふ  山口草堂


・切りてなほ身の盛り上る鰆かな  竹本仁王山



スーパーの魚コーナーに行くと、鰆が切り身ではなく姿ごと売られていた。
 かなり大きいのでサゴシでは無さそうだ。

子供の頃は鰆はあまり食べた記憶はないが、大人になり酒を飲むようになると、鰆は肴としてよく登場するようになった。

新鮮なものなら刺身が美味しいが、そうでなければ焼いても煮ても美味しい。

漁獲量の減少は底を打ったのだろうか。
高級魚でもなかった魚が次々と漁獲量の減少で高騰する昨今。
鰆はそうならないように願いたい。





2019-06-07 (Fri)

2019/06/07 日記 杏

2019/06/07 日記 杏

2019/06/07 (金) 旧暦: 5月5日 祝日・節気:  日出: 4時25分 日没: 18時54分 月出: 7時58分 月没: 22時30分 月齢: 3.71 干支: 乙亥 六曜: 先負 九星: 七赤金星 今日のあれこれ: 杏 「あんず狩り」 https://youtu.be/0CCgxrFXht4 『アンズ(杏子/杏、学名 Prunus armeniaca)は、バラ科サクラ属の落葉小高木である。アプリコットと英名で呼ばれることもある。別名、カラモモ(唐桃)。中国...

… 続きを読む

2019/06/07 (金) 旧暦: 55日 祝日・節気:  日出: 425分 日没: 1854分 月出: 758分 月没: 2230分 月齢: 3.71 干支: 乙亥 六曜: 先負 九星: 七赤金星


今日のあれこれ: 杏

「あんず狩り」


https://youtu.be/0CCgxrFXht4



『アンズ(杏子/杏、学名 Prunus armeniaca)は、バラ科サクラ属の落葉小高木である。アプリコットと英名で呼ばれることもある。別名、カラモモ(唐桃)。中国北部で形成された東洋系の品種群には、ウメとの交雑の痕跡がある。原産地は諸説あるものの、中国の山東省、河北省の山岳地帯から中国東北地方の南部とする説が有力とされる[1]。学名のPrunus armeniaca は、ヨーロッパにおいては近世にいたるまでアルメニア (Armenia) が原産地と考えられていたためつけられたもの(『産地』節も参照)[1]

特徴
アーモンドやウメ、スモモの近縁種であり、容易に交雑する。ただし、ウメの果実は完熟しても果肉に甘みを生じず、種と果肉が離れないのに対し、アンズは熟すと甘みが生じ、種と果肉が離れる(離核性)。またアーモンドの果肉は、薄いため食用にしない。耐寒性があり比較的涼しい地域で栽培されている。春(3月下旬から4月頃)に、桜よりもやや早く淡紅の花を咲かせ、初夏にウメによく似た実を付ける。美しいため花見の対象となることもある。自家受粉では品質の良い結実をしないために、他品種の混植が必要であり、時には人工授粉も行われる事がある。収穫期は6月下旬から7月中旬で、一つの品種は10日程度で収穫が終了する。果実は生食のほか、ジャムや乾果物などにして利用される。ヨーロッパ、中央アジアで発展したアプリコットは甘い品種が多く、東アジアで発展したアンズは酸味が強い品種が多い傾向がある[2]

種子は青酸配糖体や脂肪油、ステロイドなどを含んでおり、杏仁(きょうにん)と呼ばれる咳止めや、風邪の予防の生薬(日本薬局方に収録)として用いられている他、杏仁豆腐(今では「あんにん」と読まれる事が多くなった)の独特の味を出すために使用される。未成熟な種子や果実には、青酸配糖体の一種アミグダリンが含まれる。

育て方
病害虫に注意する。防除体系[3][4](防除暦)に基づき適切な農薬使用を行う[5]。 冷涼地、乾燥地では無農薬栽培が可能。

一年生の植物と異なり、あんずなどの樹木に実る果実はその種を播いても同じ物は実らない。従って苗は接ぎ木によって増やされる。台木には、実生が用いられる。

肥料
ホウ素欠乏土壌では実の外観不良が発生しやすく、ホウ素欠乏抑制のため施肥管理が重要。成木ではカリ、燐酸を多めにする。

産地
日本には古代に中国から伝えられ、『万葉集』には「杏人」の原文表記があり、またカラモモともカラヒトともモモサネとも読まれていて定かではない。[要出典]仮名書きのカラモモは『古今集』に見える。『本草和名』『和名類聚抄』には「加良毛毛(からもも)」[1]、『和名類聚抄』にも同様の記載が見られる[6][7]

ヨーロッパへはイタリア半島にインドやペルシアを通じて伝わった[6]。古代ローマへは紀元前にすでに伝わっていたとも[6]1世紀ごろにギリシャまたはアルメニア経由で伝わったともされる[1]。イギリスへは14世紀の中頃か16世紀の初めに伝わり[1]、フランスでは17世紀にようやく南部で栽培が始まった[6]。アメリカ大陸へはスペイン経由で18世紀に伝わった[1]
...』


杏の俳句:


・杏の実ありあり見えて月のぼる  川崎展宏


・杏熟る夕鐘空にひびき合ひ   渡辺菊子


・この径がすきで杏の落ちる頃  杉浦冷石




杏、梅、李や桃等は生物としては近縁種なのだろうが、この種類は生まれながら恵まれている。

春先には綺麗な花を咲かせ人や鳥や虫を喜ばせ、花が終わり、時期を迎えれば実をたわわに実らせ、再び周囲の生き物はその恩恵に預かることができる。

人は植物ではないが、「花も実もある」と言われる。
1
本の木が花を咲かせ実もつけるように、外観が美しいだけでなく、人間も充実している人を言う。

風姿が良く、立派である上に、人格高潔で度量があり、人に優しく、人情に篤く、人を助けることを厭わない人物を「花も実もある」と表現する。

できれば、杏のような人になりたいものだ。





2019-06-06 (Thu)

2019/06/06 日記 芒種

2019/06/06 日記 芒種

2019/06/06 (木) 旧暦: 5月4日 祝日・節気: 芒種 日出: 4時25分 日没: 18時54分 月出: 6時54分 月没: 21時39分 月齢: 2.71 干支: 甲戌 六曜: 友引 九星: 八白土星 今日のあれこれ: 芒種 「ハスしっとり 小満芒種」 https://youtu.be/XbXABG5Gadk 『芒種(ぼうしゅ)は、二十四節気の第9。五月節(旧暦4月後半から5月前半)。 現在広まっている定気法では太陽黄経が75度のときで6月6日ごろ...

… 続きを読む

2019/06/06 (木) 旧暦: 54日 祝日・節気: 芒種 日出: 425分 日没: 1854分 月出: 654分 月没: 2139分 月齢: 2.71 干支: 甲戌 六曜: 友引 九星: 八白土星


今日のあれこれ: 芒種

「ハスしっとり 小満芒種」

https://youtu.be/XbXABG5Gadk



『芒種(ぼうしゅ)は、二十四節気の第9。五月節(旧暦4月後半から5月前半)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が75度のときで66日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から11/24年(167.40日目で67日ごろ)。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の夏至前日までである。

季節
芒(のぎ 、イネ科植物の果実を包む穎(えい)すなわち稲でいう籾殻にあるとげのような突起)を持った植物の種をまくころ。『暦便覧』には「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時なり」と記されている。実際には、現在の種まきはこれよりも早い。

西日本では梅雨入りのころ。沖縄県では小満から芒種が梅雨の時期に当たり、梅雨のことを沖縄方言で「小満芒種(すーまんぼーすー)」と言う。
...』
Wikipedia



芒種の俳句:


・さらさらと竹に雨くる芒種かな  岸田雨童


・水門に水鬩ぎ合ふ芒種かな  吉田千嘉子


・子のあるは時にせつなし芒種南風  岸本マチ子




今日66日は芒種。

芒のある植物の種を蒔く時期だから芒種というのはわかりやすい。
 ただ、稲に関しては品種改良や温暖化の影響もあるのかも知れないが、種を蒔くどころか田植えまで終わっている。

現在は田植えではなく梅雨入りの時期と考えたほうが良さそうだ。

慣習の面では、この時期は伝統芸能の世界では、芸事を始めるのが6歳の66日とされているそうだ。
 6歳の芒種から本格的に芸を習得するのは、種を蒔いて大きく育てるということなのだろう。

梅雨にめげる必要はないので、何か新しいことにチャレンジするのは芒種からと考えれば楽しくなる。





2019-06-05 (Wed)

2019/06/05 日記 YOSAKOIソーラン祭り

2019/06/05 日記 YOSAKOIソーラン祭り

2019/06/05 (水) 旧暦: 5月3日 祝日・節気:  日出: 4時25分 日没: 18時53分 月出: 5時55分 月没: 20時42分 月齢: 1.71 干支: 癸酉 六曜: 先勝 九星: 九紫火星 今日のあれこれ: YOSAKOIソーラン祭り 「(4K)北海道大学”縁” - 2018年 第27回YOSAKOIソーラン祭り!」 https://youtu.be/zYB6ouVvJpo YOSAKOIソーラン祭りは、今日から9日(日)まで5日間、札幌市で開催される。 大通公園、道庁...

… 続きを読む

2019/06/05 (水) 旧暦: 53日 祝日・節気:  日出: 425分 日没: 1853分 月出: 555分 月没: 2042分 月齢: 1.71 干支: 癸酉 六曜: 先勝 九星: 九紫火星


今日のあれこれ: YOSAKOIソーラン祭り


(4K)北海道大学” - 2018年 第27YOSAKOIソーラン祭り!」

https://youtu.be/zYB6ouVvJpo


YOSAKOI
ソーラン祭りは、今日から9日(日)まで5日間、札幌市で開催される。

大通公園、道庁、すすきのと言った中心部は勿論、琴似、平岸、野幌まで札幌市全域で行われる。

大通公園では5月にライラックまつりが終わったばかり。
ライラックまつりが終わると北海道もようやく春らしくなる。
6
月は梅雨のイメージでは無く、爽やかな風が吹く美しい季節になる。

その季節に、YOSAKOIソーラン祭りは行われる。
戸外で踊るには良い気候だ。


「よさこい」は勿論高知の祭りだが、チームで踊るコンセプトの祭りとしてのよさこいは全国で行われている。
東京、京都でも行われているが、代表的なものは札幌を含めて5つある。

1.<よさこい祭り(高知県)>
本場高知のよさこい祭りは、真夏に行われる。
2019
89日(金)~2日(月)
会場は高知市内16ヶ所。

2018 ほにやよさこい (HONIYA YOSAKOI)

https://youtu.be/QuKOcwmtqBg


2.<にっぽんど真ん中祭り(愛知県)>
愛知県のよさこいも有名だ。
夏の終わりに行われる。
2019
822日(木)~25日(日)
久屋大通公園、名古屋市内各地

「常磐〜花筐〜ど真ん中祭り2018大津通りパレード二日目」

https://youtu.be/OTYnsyiw06w



3.<能登よさこい祭り(石川県)>
能登のよさこいは、札幌と同時に行われる。
2019
67日(金)~9日(日)
場所は、七尾市和倉温泉メインストリート/メインステージ

「【公式】かんしゃら|能登よさこい祭り2018❷





4.<みちのくYOSAKOIまつり>
東北のよさこいは、仙台。
秋のよさいこいになる。
2019
1012日(土)~20191013日(日)
場所は、仙台市内各地(駅周辺、市民広場)

「弘前大学HIRODAI焔舞陣 祭焔 みちのくYOSAKOIまつり2018 定禅寺通りパレード」

https://youtu.be/6ot1GIW4dMo



日本には昔からの夏祭りがある。
京都、福岡、青森、山形、徳島...
お祭り大好きな日本人。

安全で、平和で、皆揃って踊れる場所は、日本では普通だが、外国ではそうではない。

この楽しいダンス祭りに、世界から参加者が訪れるのはそう先のことではないだろう。

皆で楽しく踊れば、争いを起こす必要もない。


【データ】

YOSAKOI
ソーラン 公式サイト
https://www.yosakoi-soran.jp/



熱狂!YOSAKOI絶叫!ソーラン2019  STV
https://www.stv.jp/tv/yosakoi/index.html

サイトで、YOSAKOIソーランの実況中継を見ることができる。





2019-06-04 (Tue)

2019/06/04 日記 月桃の花

2019/06/04 日記 月桃の花

2019/06/04 (火) 旧暦: 5月2日 祝日・節気:  日出: 4時25分 日没: 18時52分 月出: 5時03分 月没: 19時40分 月齢: 0.71 干支: 壬申 六曜: 赤口 九星: 一白水星 今日のあれこれ: 月桃の花 「20140528月桃の花(首里城)」 https://youtu.be/Xe6VzpULsEs 『ゲットウ(月桃)はショウガ科ハナミョウガ属(アルピニア属)の多年草。 学名Alpinia zerumbet。 特徴 地下茎は横に這い、あちこち...

… 続きを読む

2019/06/04 (火) 旧暦: 52日 祝日・節気:  日出: 425分 日没: 1852分 月出: 503分 月没: 1940分 月齢: 0.71 干支: 壬申 六曜: 赤口 九星: 一白水星

今日のあれこれ: 月桃の花

20140528月桃の花(首里城)」

https://youtu.be/Xe6VzpULsEs



『ゲットウ(月桃)はショウガ科ハナミョウガ属(アルピニア属)の多年草。 学名Alpinia zerumbet

特徴
地下茎は横に這い、あちこちから地上に偽茎を立てる。偽茎は高さ2mほどになり、先端の方に互生するように大きな葉をつける。葉は楕円形で緑、やや硬くてつやがある。

5
-6月に偽茎の先端から穂状花序を出す。花序はやや垂れ下がり、赤い縁取りの入った白い苞に包まれた蕾が並び、その先が開くとそこから突き出すように大きな白い花を咲かせる。花弁は厚みがあり、蝋細工のような手触り。唇弁は黄色で、中央に赤い縞模様がある。9-10月に赤い実を結ぶ。

分布
熱帯から亜熱帯アジアに分布し、日本では沖縄県から九州南部に分布。

利用
斑入りのものを黄斑月桃(キフゲットウ / Alpinia zerumbet 'Variegata')といい、観葉植物として栽培される。ゲットウと同じハナミョウガ属にはフイリゲットウという和名の植物(Alpinia sanderae)もあるが、これはゲットウとは別種である。

葉から取った油が甘い香を放つので、アロマオイルや香料として使用する。虫よけの効果もある。特に変種のハナソウカ(Alpinia zerumbet var. excelsa Funak.&T.Y.Ito)には精油含量が多い。

種子は乾燥させ、主に健胃、整腸の効果を持つ薬として使用。または茶として飲用する。

名称について
名前は台湾での現地名で、漢名の月桃の読みから。また、花のつぼみが桃のような形をしていることから「月桃」と名づけられた。など由来の文献はない。荷をくくるのに使うことから大東島や八丈島ではソウカ、小笠原ではハナソウカとも呼ばれる。

沖縄と月桃
名称
沖縄県ではサンニンとも呼ばれる。 由来 ハナミョウガなどの種子塊で、漢方健胃薬で使用される「砂仁(シャジン)」に基づくが、但し解釈は諸説ある。

また、サニ、サニン、サヌイン、サネン、ムチガシャ、ムチザネン、マームチハサーと呼ぶ地域もある(クマタケランも同じくこう呼ばれることがある)。

利用
沖縄県では葉にムーチーを包んで蒸す。沖縄県ではこの用途のために需要が一定存在するが、栽培されることはあまり無く、ムーチーの季節である冬至前になると野生のゲットウが大量に収穫される。沖縄ではこのほかに香り付けを兼ねて饅頭の包装に使用されたり、肉や魚を包んで蒸し焼きにするなど幅広く利用されている。ブルーシールアイスクリームのフレーバーの一つにもなっている。』
Wikipedia



月桃の花の俳句:


・波いちまい月桃ひとふさ夢百夜 野ざらし延男



沖縄の月桃の花はもう盛りを過ぎただろう。
月桃の花が美しいのは、五月初旬から中旬だ。

以前は、この時期本島、宮古島に行った。
理由は連休明けで、宿も飛行機便も取りやすくなるからだ。

ここ2年は4月上旬に沖縄に行っているので、月桃の花の盛りは見ていない。

なにか急に月桃の花が見たくなった。

月桃は沖縄ではありふれた植物で、道端や山肌などに茂っている。 
 葉はもちを包んだりするのに使い実用性の高い植物で、あまり花を鑑賞に習慣はなさそうだ。

個人的には、月桃の花は好きだ。
見ていると初々しさと同時に艶っぽさを感じて。
魅惑される。

動画は2014528日首里城で咲いていた月桃の花。
以前にも紹介したが、道端の月桃とは違い、手入れされた首里城内の月桃は葉が美しく、だから花も美しかった。





2019-06-03 (Mon)

2019/06/03  日記  青梅

2019/06/03  日記  青梅

2019/06/03 (月) 旧暦:5月1日 祝日・節気: 朔 日出:4時26分 日没:18時52分 月出:4時18分 月没:18時35分 月齢:29.18 干支: 辛未 六曜: 大安 九星: 二黒土星 今日のあれこれ: 青梅 「豊後梅の収穫」 https://youtu.be/IrPCPZFPRC8 『梅(うめ)の特徴 梅は大きく食用となる実梅(みうめ)と観賞用の花梅(はなうめ)とに分けら...

… 続きを読む

2019/06/03 (月) 旧暦:51日 祝日・節気: 朔 日出:426分 日没:1852分 月出:418分 月没:1835分 月齢:29.18 干支: 辛未 六曜: 大安 九星: 二黒土星


今日のあれこれ: 青梅

「豊後梅の収穫」

https://youtu.be/IrPCPZFPRC8



『梅(うめ)の特徴
梅は大きく食用となる実梅(みうめ)と観賞用の花梅(はなうめ)とに分けられます。
早春に白や紅色の花を咲かせ、まず視覚で私たちを楽しませてくれます。
果実は、熟すと黄緑色、完熟すると赤みを帯びた黄色になります。小指の先ほどのものから数センチのものまであり、品種によりさまざまです。

梅の実を生で食べることは無く、梅干しや梅酒などに加工することがほとんどです。
「梅は三毒を断つ」といわれるなど、昔からその効能がよく知られています。酸っぱさのもとであるクエン酸などが私たちの体内で果たす役割も近年明らかになりました。

梅の栽培は極東だけに限られていて、欧米では「日本のアンズ」とよばれ、世界に知られる特産品になっています。

国産の梅は高いので、最近は台湾産の輸入ものを扱った加工品も増えています。

梅(うめ)の旬
旬は5月下旬から7月上旬頃まででピークは6月です。この時期以外には出まわりません。
まず5月下旬頃から小粒種の少し色づいた小梅などが、6月中旬にはかたい青梅、少し遅れて黄色の南高梅などが出回ります。

梅(うめ)の種類
梅は古い樹木であるために地方品種が多く、あんずに近い種なのであんずとの雑種も多く見られます。

食用の実梅(みうめ)と観賞用の花梅(はなうめ)を合わせると品種は大変多く、現在確認されている品種は約350種類ぐらいです。

品種が著しく増えたのは江戸時代からで、現在の園芸分類は、1901年(明治34)に小川安村が「梅譜(ばいふ)」で343品種を分類したのがもとになっています。

大粒品種では「白加賀(しろかが)」、「藤五郎(とうごろう)」、「南高(なんこう)」、「鶯宿(おうしゅく)」、「豊後(ぶんご)」など、中粒品種では「長束(なつか)」、「薬師(やくし)」など、小粒品種では「甲州最小(こうしゅうさいしょう)」などが良く知られています。

青梅というのは品種名ではなくて熟す前の青い実のことを言います。主に梅酒作りに適しています。生の核には青酸をつくる酵素が含まれています。
...』
(おいしいねっと
https://o-e-c.net/syokuzai/ume
より転載)



青梅の俳句:


・帰りきし家青梅の輝けり  板橋昌子


・何でもない日暮青梅転がりぬ  高野春子


・青梅に雨滴かがよふ行宮址  渡辺周子


・青梅にあを深まりぬ雨雫  早崎泰江


・青梅のしづく翡翠に染まり落つ  中野英歩



青果物コーナーに行くと、青梅が袋に入って売られている。
ホワイトリカーやブランデー、氷砂糖も近くに置いてあり、買えば直ぐ梅酒を作ることができる。今は便利になっている。

今年は、梅酒を作ることにした。
毎年、青梅が出来ているのだが、忙しかったり、ただのものぐさだったりで、最近は作っていなかった。
知らないうちに熟して落下した黄色い梅の実はやがて茶色に成り腐ちていく、そんな事が続いていた。

今年は、青果コーナーで見かけたこともあり、梅の木の下に立って見上げると、下に落ちたものとは別に青い梅が葉の間に見えた。

折角、毎年実をつけてくれているのに、何もしないのは悪いと思った。
高枝鋏を取り出して、11個収穫する。1時間も上を見上げ続けると疲れる、まだ上の方にはあるが切り上げた。

早速、酒屋にホワイトリカーを買いに行く、酒屋でも広口瓶、氷砂糖を売っているので、店を回る必要はなかった。


少し面倒なのは、梅の実のヘタを取り、洗うこと。
水気が飛ぶまで乾かせば後は瓶に入れるだけ。

clip_image002

やっと完成した。
完成するのは1年後だ。





2019-06-02 (Sun)

2019/06/02 日記 田植

2019/06/02 日記 田植

2019/06/02 (日) 旧暦: 4月29日 祝日・節気:  日出: 4時26分 日没: 18時51分 月出: 3時39分 月没: 17時31分 月齢: 28.18 干支: 庚午 六曜: 友引 九星: 三碧木星 今日のあれこれ: 田植 「《上越妙高百景》妙高市土田 田植え」 https://youtu.be/OD8JSNg-5hs 『田植え(たうえ)は、水田にイネの苗を植えること 概要 水田でイネを栽培する水田稲作において、通常は、苗代に種籾を撒き...

… 続きを読む

2019/06/02 (日) 旧暦: 429日 祝日・節気:  日出: 426分 日没: 1851分 月出: 339分 月没: 1731分 月齢: 28.18 干支: 庚午 六曜: 友引 九星: 三碧木星


今日のあれこれ: 田植

「《上越妙高百景》妙高市土田 田植え」


https://youtu.be/OD8JSNg-5hs



『田植え(たうえ)は、水田にイネの苗を植えること

概要
水田でイネを栽培する水田稲作において、通常は、苗代に種籾を撒き、育った苗を本田に移し植える移植栽培の田植えが一般的であり、種籾を直接本田に撒く稲作の直播栽培は、日本においては特殊事情などによりごく一部の地域で行われるのみである。また、これまで日本列島に稲作が伝来した当初の栽培方法は直播栽培であり奈良時代に入り田植えが本格化したと考えられてきたが、近年の考古学の発掘成果で、縄文時代晩期から古墳時代にかけての水田遺構が日本各地で発見され、移植栽培の痕跡とみなされる株跡が数多く検出されており、日本でも田植えが古くから行われていたことが裏付けられている。

時期
かつて田植えは、梅雨の季節に集中的に行われており、初夏の風物詩の一つであった。田植え時期が早まるようになったのは、昭和二十年代以降、冷害に強い保温折衷苗代の発明や品種改良が進む中でイネの早植が可能になってからであり、地域によっては一カ月程繰り上がるようになった[1]

労働条件
田植えは、非常に重労働であり、家族労働力だけでは乗り切ることができず、雇用労働力を用いたり、結と呼ばれる労働力の交換組織を結成し親類や近隣で助け合ったりしながら行っていた。また、田植え労働の中心的な担い手は早乙女と称された女性たちであり、男性は苗代での苗取りや苗運び、本田での代かき・整地などに従事した。田植え労働の軽減をもたらす移植栽培の機械化は、稲作の栽培過程のなかで最も遅れた作業部門であり、ようやく1970年代(昭和40年代中頃)に田植機が登場した。

田植えと文化
田植えは田楽・御田植祭などのように農村芸能や稲作をめぐる予祝行事ともなった。』
Wikipedia



田植の俳句:


・畏みて御空深くへ田植歌   横田初美


・お赤飯供へ田植の始まりぬ   熊倉志津


・お田植の少女蹴出しに羞へり   荒川文雄


・牛が鳴けば何で可笑しい御田植は   松山律子




昨日郊外を車で走ると機械で田植えが行われていた。
その先の田はもう田植えが終わり、ヒョロヒョロと頼り無げな苗が風に揺らいでいた。水の中に苗を植えるのは風よけだと聞いたことがある。

田植えは、昔は地域のお祭であり神事であった。
今では、機械化が進み村総出とか一家総出とかは行われなくなっているのだろうか。

平野の広い田であれば機械で一挙に行えば効率的だが、山間の狭い田や棚田では機械化は難しい。
そうした地域では昔ながらの田植えが行われているのだろう。





2019-06-01 (Sat)

2019/06/01 南の海では珊瑚の産卵が始まっている

2019/06/01  南の海では珊瑚の産卵が始まっている

珊瑚は、5から6月に、満月前後の大潮の日の夜に卵と精子を一斉に出して受精させる習性があるそうで、今年もその時期が来て沖縄の海では神秘的な自然の営みが見られる。『〝神秘〟サンゴの産卵 大潮の満月前後の夜の海ってこんなに美しい 沖縄・渡嘉敷で確認2019年5月30日 12:05大潮の満月前後の夜、大量に産卵するミドリイシサンゴの仲間=22日、午後10時20分ごろ、渡嘉敷村阿波連ビーチ(松田崇さん撮影) 【渡嘉敷】渡嘉敷村...

… 続きを読む


珊瑚は、5から6月に、満月前後の大潮の日の夜に卵と精子を一斉に出して受精させる習性があるそうで、今年もその時期が来て沖縄の海では神秘的な自然の営みが見られる。


『〝神秘〟サンゴの産卵 大潮の満月前後の夜の海ってこんなに美しい 沖縄・渡嘉敷で確認
2019
530 12:05

clip_image001
大潮の満月前後の夜、大量に産卵するミドリイシサンゴの仲間=22日、午後1020分ごろ、渡嘉敷村阿波連ビーチ(松田崇さん撮影)



 【渡嘉敷】渡嘉敷村阿波連ビーチで2223日の夜、サンゴの産卵を地元のダイビングショップ「リラックスアイランド」代表の松田崇さん(46)が確認した。

 サンゴは、1年に1度だけ、56月の大潮時の満月前後の夜に卵と精子を海中に出して受精する。

 松田さんは、2223の両日午後10時ごろ、阿波連ビーチのサンゴ産卵を調査中にミドリイシサンゴ、スギノキミドリイシ(枝サンゴ)の大量産卵を確認した。

 松田さんは「サンゴの産卵は毎年見ているが、いつ見ても感動的だ。卵が水面にどんどん上がる様子はとても神秘的」と声を弾ませた。
 (米田英明通信員)

(琉球新報)


youtube
を探してみると、今年の動画もあった。

「サンゴの産卵2019 阿嘉島」

https://youtu.be/MxHROy2QdXw


自分では夜の海の中に潜ることはできないから、こうした動画で産卵の様子を見せていただけるとありがたい。

陸にいる蟹が一斉に海に行く様な事があるが、こうした習性は、一斉に行われることで数が多くなれば、成功率が上がり、生き延びる確率が上がるからだろうか。

何かの合図や言葉がある訳ではないのに、どうして一斉が可能になるのか不思議だ。