2024/04/21 日記  穀雨 - 菜花亭日乗

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2024/04/21 日記  穀雨
2024-04-21 (Sun)  19:25

2024/04/21 日記  穀雨

2024/4/21()   旧暦:   313         祝日・節気・雑節・朔望:             日出:   500         日没:      1819       月出:   1550       月没:   339         月齢:   12.36    潮汐::  中潮           干支:   乙卯     六曜:   先負


今日のあれこれ: 穀雨


《 二十四節気「穀雨」初夏直前の“豊かな春” 》

https://youtu.be/u4xNEBZ0R6E?feature=shared



『穀雨(こくう)  晩春

【解説】
 
二十四節気のひとつ。
旧暦三月の中、太陽暦では四月二十日ころ。
穀物の種や芽を潤す暖かい雨。』
(季語と歳時記)



穀雨の俳句:


・伊勢の海の魚介ゆたかにして穀雨   長谷川かな女


・三合の米研ぐ日々や穀雨かな  鎌倉喜久恵


・穀雨止み田畑の実りを祈るのみ  東秋茄子




日曜日に雨は、避けて欲しいところだが、
昼過ぎまでは、大丈夫だった。
公園では、多くの人が、サッカー、野球、テニス、スケボー、ドッグランなどを楽しんでいた。

季節的には、この雨は穀雨。
農作物には大切な潤いの雨。

穀物を育て、若葉を鮮やかにし、花を咲かせ、
その上、迷惑千万な黄砂も洗い流してくれる雨。

天地の潤いに感謝して、手を合わせ、
「実りを祈るのみ」だ。

穀雨に感謝!
ありがたい雨。





関連記事

最終更新日 : 2024-04-21

Comment







管理者にだけ表示を許可