2024/04/20 日記  花水木 - 菜花亭日乗

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2024/04/20 日記  花水木
2024-04-20 (Sat)  19:37

2024/04/20 日記  花水木

2024/4/20()   旧暦:   312         祝日・節気・雑節・朔望:  郵政記念日      日出:   501           日没:   1818       月出:   1454       月没:   316         月齢:   11.36    潮汐::     中潮     干支:   甲寅     六曜:   友引


今日のあれこれ: 花水木


《 ハナミズキ 到来 2024 》

https://youtube.com/shorts/H4BldPCnrrk?feature=shared



『花水木(はなみずき/はなみづき)  晩春

【子季語】
 アメリカ山法師

【解説】
 ミズキ科の落葉低木。北アメリカ原産。高さは五~十メートル位で、日本の山法師の花によく似ている。四、五月頃、枝の先に四枚の白色の苞葉に包まれた花が開く。中心には緑黄の小花が集まっている。青い葉との対称がよい。

【科学的見解】
 花水木の標準和名は、アメリカヤマボウシであり、花が美しく管理がしやすいために、近年全国的に公園木や街路樹として植栽されている。近縁種としては、本州から沖縄まで分布するヤマボウシが挙げられる。ヤマボウシの果実は食用となるが、アメリカヤマボウシの果実は食用とならない。(藤吉正明記)』
(季語と歳時記)



花水木の俳句:


・花水木れんぐわ造りの多き街  稲畑廣太郎


・一点の雲無く晴れて花水木  廣瀬雅男


・花水木きのふと違ふ空の色  今村千年


・花水木耳たぶ紅き少女かな  竹内慶子


・家裏に廻る夕日や花みづき   草間時彦




花水木は、突然咲く。

買い物をして自転車で帰る途中、
マンションの並ぶ通りを走る。

薄茶色のマンションに挟まれた道は
殺風景なものだ。

突然、道が花水木の並木道に変身していた。

この道に花水木が植えられていたのだと
驚ろかされた。

両側の白の花水木に祝福されて、
走っていくと、

穏やかで、爽やかな風を感じた。





関連記事

最終更新日 : 2024-04-20

Comment







管理者にだけ表示を許可