2024/03/22 日記  木の芽時 - 菜花亭日乗

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2024/03/22 日記  木の芽時
2024-03-22 (Fri)  19:51

2024/03/22 日記  木の芽時

2024/3/22        ()      旧暦:   213         祝日・節気・雑節・朔望:  放送記念日      日出:   541    日没:   1754       月出:   1507       月没:   422         月齢:   11.75    潮汐:      中潮     干支:   乙酉     六曜:   友引

 

 

今日のあれこれ: 木の芽時

 

《 平年より早い開花予想…桜の“つぼみ”ふくらみ始める 鶴舞公園で「桜まつり」のライトアップ準備 》

 

https://youtu.be/o6O8juK4S5E?si=kgRXJB7q2UWUzOMx

 

 

 

『木の芽時(このめどき)  三春

 

【子季語】

木の芽雨、木の芽晴、木の芽風、木の芽山、芽立前、木の芽冷え、芽立時

 

【解説】

春になり、さまざまな木が芽吹く頃のこと。』

(季語と歳時記)

 

 

 

木の芽季の俳句:

 

 

・日当りて山が膨らむ木の芽時  伊藤敬子

 

 

・小流れに日の斑躍らせ木の芽時  水原春郎

 

 

・子ら集ふ秘密の山の木の芽時  永峰久比古

 

 

・口笛の一音たかく木の芽時  那須淳男

 

 

・木の芽どき腕まくりして硝子拭く  塩川君子

 

 

 

13日には、用水路沿いの道に、白木蓮が白い花を空にかざしていた。

 

今日は、緑地公園の道に、紫木蓮が艶やかに花を飾っていた。

 

急に寒波が来て、気温が下がったので、桜の蕾は身を竦めてしまった。

 

しかし、時は木の芽時。

あちらでも、こちらでも、春の光に誘われて

芽が膨らみ、伸びる日々が続く。

 

新しい春を迎えるために、前向きにならなければ!!

 

 

関連記事

最終更新日 : 2024-03-22

Comment







管理者にだけ表示を許可