2024/02/21 日記 雨水 - 菜花亭日乗

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2024/02/21 日記 雨水
2024-02-21 (Wed)  21:12

2024/02/21 日記 雨水

2024/02/21      ()      旧暦:   112         祝日・節気・雑節・朔望:             日出:   622           日没:   1727       月出:   1413       月没:   436         月齢:   11.17    潮汐:      中潮     干支:   乙卯     六曜:   赤口


《 「タイヤが外れるんじゃないかと…」例年春先にみられるはずが…季節外れの寒暖差でアスファルトに亀裂や穴 》

https://youtu.be/b4g3tcHFR0Y?si=KQR2uqBqPsDJKPNv



『雨水(うすい)  初春

【解説】
 二十四節気のひとつ。立春の後十五日、二月二十日頃。
氷雪が溶け水となり、雪が雨に変わること。
草木の芽生えが始まり農耕の備えを始める目安になる。』
(季語と歳時記)



雨水の俳句:


・けぶりゐる筑波の二峰雨水かな  山本無蓋


・屋根雪の雨水の水が樋を出づ  田中武彦


・桑の瘤芽吹くきざしの雨水かな   芋川幸子


・大楠に諸鳥こぞる雨水かな   木村蕪城


・雨水には雛出すならひ守りたる  吉田節子




今年の二十四節気の「雨水」は、219日だった。
暦の上では雪が雨に変わり、草も木も鳥や動物も冬から目覚めて春に向かう転換期になる。
北海道も雪が溶け、バシャバシャだったそうだ。

今日も、真夜中、夜明け、日中、雨が降り続いた。
気温が急上昇し、北国では雪が溶けて、スキー場は営業できない事態に追い込まれている。

暦に従えば、この雨も春に向かう道標となる。
そう思えば、降る雨を楽しく見ることができる。





関連記事

最終更新日 : 2024-02-21

Comment







管理者にだけ表示を許可