2022/01/13 日記 雪国 - 菜花亭日乗

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/01/13 日記 雪国
2022-01-13 (Thu)  19:38

2022/01/13 日記 雪国

2022/01/13 () 旧暦: 1211日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 650分 日没:  1648分 月出:  1304分 月没:  239分 月齢:  10.35 潮汐:  若潮 干支:  丙寅 六曜:  仏滅 九星:  三碧木星


今日のあれこれ: 雪国

「【冬のエブリイ車中泊】想像以上の寒さ…雪国の冬山はやっぱり寒かった…」

https://youtu.be/82LVc75rQD4



『雪国(ゆきぐに)

降雪量の多い地域のこと。豪雪地帯。』
Wikipedia



雪国の俳句:


・あくがれし雪国に来て飛雪の夜  大島民郎


・近づく雪国 座席で躍るハートのA  花谷和子



・子が泣きやみ雪国の雪降りはじむ  川崎展宏


・雪国に来て雪のほか何も見ず   石川英利


・雪国の雪が減らずに日の暮るゝ  右城暮石




雪国は訪れる処であっても、暮らす処ではない。
と思う。

春、夏、秋は良いが、冬は雪が積もる。
雪降ろし・雪掻きが大変だ。
それに危険だ。

自然には厳しさがある。
これは、雪国では当たり前のこと。

酒に酔ってベンチでごろ寝。
これは那覇では許されるかも知れないが、札幌では許されない。

北海道に住んでいた時、家族が急病になり病院へ行った時のこと。

大きな病院ではあるが、救急車がしきりにやってくる。
夜になると急病人も多いのだと思った。
後で聞くと、そうではなかった。
酔っ払いだった。
冬、酔って外で寝れば間違いなく死ぬ。
酔いつぶれている人がいれば、見た人が通報するのだった。

那覇に住んだ時は、地面に寝ている酔っぱらいは何度も見た。
 南国の自然は人に優しいのだ。

例句の下3句は、雪国の暮らしを詠んでいる。





関連記事

最終更新日 : 2022-01-13

Comment







管理者にだけ表示を許可