2008/06/24 日記 泰山木の香り流れ - 菜花亭日乗

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2008/06/24 日記 泰山木の香り流れ
2008-06-24 (Tue)  23:20

2008/06/24 日記 泰山木の香り流れ


2008/6/24(火) 旧暦5月21日  日出:4時26分 日没:19時00分 月出:22時30分 月没:9時17分 月齢:20.32 乙未(いつび,きのとひつじ) 先勝 不成就日




今日の花: 泰山木(たいざんぼく)の花、大山木の花


 



  (季節の花300より転載)



『タイサンボク(泰山木、大山木、学名:Magnolia grandiflora)とはモクレン科の常緑高木。




特徴
北米中南部原産。花期は5~7月頃。20m以上にもなる高木であるので家庭での栽培には向かない。葉の表面には光沢があり、裏面は毛は密生しており金色に見える。よく、公園樹として使われる。



近縁種にヒメタイサンボク(学名M. virginiana)があり、こちらは落葉小高木である。』(Wikipedia)




泰山木の俳句:



 ・泰山木の大き花かな匂ひ来る 臼田亜浪



 ・壷に咲いて奉書の白さ泰山木 渡辺水巴



 ・雲流れ泰山木の花のころ 柴田白葉女



 ・ロダンの首泰山木は花得たり 角川源義


 



名古屋の大通りを歩いていると、良い香りがした。
この排気ガス一杯の通りに良い花の香りがする。
どこからかと見回すと。左の木の奥、道路に近いところに白い花が見えた。
 泰山木であった。良い香りの花である。



 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可