2017/12/26  日記  年忘れ - 菜花亭日乗

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2017/12/26  日記  年忘れ
2017-12-26 (Tue)  19:35

2017/12/26  日記  年忘れ

2017/12/26 (火) 旧暦:119日 祝日・節気: 上弦 日出 :648分 日没:1634分 月出:1142分 月没:2351分 月齢:7.85 干支: 丁亥 六曜: 先勝 九星: 六白金星

今日のあれこれ: 年忘れ

clip_image002
(沖縄・那覇の「花咲か爺さんの家」の赤提灯)



『年忘(としわすれ)

【子季語】
忘年会、別歳、除夜の宴
【解説】
年末に一年の労苦をねぎらうために開く酒宴。忘年会。その年の労苦を忘れ、また息災に年末を迎えたことを祝う気持ちがある。年末に連歌の興行をしたことに始まるという。 』
(季語と歳時記)



年忘れの俳句:



・橋詰の赤き提灯年忘れ  鷹羽狩行



・歌舞伎座の絨毯踏みつ年忘 渡邊水巴



・寒いねとまづ言ひ合ひて年忘れ  鎌倉喜久恵



・句会果てみな意気の合ふ年忘れ  佐藤健伍



・佳きことの指折りありぬ年忘れ  池崎るり子





今日は、1226日。
クリスマスも終わり、今年ももう残すところ1週間を切ってしまった。

忙しい忙しいと言いながら、各地の赤ちょうちんは人で溢れている。
かしこまった忘年会はともかく、楽しい忘年会は気心の知れた仲間と飲みたい。
仲間なら前提もいらず誤解もない。どこへボールを打っても返ってくる。

沖縄は本土とは違った文化・風習が多くあるが、居酒屋の赤提灯は同じだ。
街灯の少ない暗い空間に下げられた赤ちょうちんは、人を呼び入れる力を持っている。
那覇の「花咲か爺さんの家」は、今日も満席で賑やかに宴は始まっているはずだ。




満たされぬ日を指折っても仕方がない。
上手く行ったあの日、佳い日だったこの日を数えて、今年を締めくくりたい。





関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可